September 10, 2018

地図読み実習にて高丸山登山

先週は公務にて兵庫県香美町の美方高原自然の家へ。ここで3泊4日の生態学と分類学についての実習を行なう予定だったが、台風21号の通過により実習スタートを1日遅らせて、2泊3日の短縮日程にて行った。

その実習の中で、地図読み実習を行った。地図読みは登山だけでなく野外調査を行ううえでも身につけておくべき技術。

P9060001

目的地は高丸山。ハチ高原スキー場のゲレンデ内にあるピークである。

P9060003

美方高原からは谷地形に入り。

P9060006

谷地形の登りは、つづら折りの急登。

P9060008

尾根に出て、尾根と谷の違いを学ぶ。

P9060010

途中、いいブナ林があり。

P9060012

尾根と尾根の合流地点を目指す。自分の位置を知るポイントごとに地図で確認してもらう。

P9060015

尾根上にある東屋で休憩。

P9060016

目的地の高丸山。左にある小ピークは斜面をトラバースする。

P9060017

トラバースは藪が少々うるさい。

P9060019

高丸山手前の稜線鞍部に出て、鉢伏山方面。

P9060020

高丸山は鉢伏山とは反対方向にあるすぐのピーク。

Img_3663

兵庫県最高峰の氷ノ山。

P9060022

展望のよい高丸山に到着。

P9060024

山頂からは鞍部である小代越えに下る。ここでコンパスの使い方についても指導。

P9060025

さらに北方向にある林道へ下る。

P9060026

来た道を振り返る。あとは林道を美方高原まで下る。

P9060028

美しい赤色のマユミの実。

3時間ほどのお手軽なハイキングでしたが、地図読みは理解できたかな?

| | Comments (0)

September 09, 2016

兵庫県香美町の美方高原自然の家で野外実習

たまには本業の方の記録をアップします。

Img_1086

毎年9月第1週に、兵庫県香美町の美方高原自然の家にて、生物科学課程在籍の大学3年生を対象に野外実習を行っています。生態学・分類学の実習が中心ですが、野外活動でのリスク管理として地図読みなどの実習も行います。

信濃俣河内での沢登りでの滑落事故による臀部の負傷が癒えていない状態でしたが、なんとか4日間の実習を終えることができました。

以下は実習中に出会った生物たち。

Beetle

コアオハナムグリ

Hanaabu

ハナアブの仲間

Hirata

ヒラタアブの仲間

Moth

ホウジャクというガの仲間。ハチドリのようにホバリングしながら花の蜜を吸います。

Swallowtail

カラスアゲハ

Tora

トラマルハナバチのワーカー

Tora2

トラマルハナバチのオス。以上は花に来た昆虫たちでした。

次は、葉を利用する昆虫たち。

P8300051

マイナー(ハモグリ虫)が入ったヌルデの葉。主にガや甲虫の幼虫が葉の内部組織を食べ進んでいくことで、葉にお絵かきしたようになります。

Gall2

ゴール(虫こぶ)ができたヤマブドウの葉。これはタマバエが産卵したことで、葉の組織が異常増殖してコブ状になったもの。昆虫の幼虫がこのコブ状組織の中を食べます。昆虫による植物細胞の操作です。

Gall

こちらはヌルデの葉にアブラムシが作ったゴール。この中でアブラムシが単為生殖で増えていきます。

Worm

ススメガの幼虫。これは普通に葉を囓って食べるタイプ。

3番目は鳴く虫たち。

P8300070

キリギリスのメス

Kantan

産卵中のカンタン。コオロギの仲間ですが、植物の茎に産卵します。オスはルルルルルと女性的な美しい鳴き声です。

最後は番外編。

P8310006

アキアカネ

Mamushi

ネットでわかりにくいですが、マムシ。

P8310010

登山実習での地図読み。

Img_1087

鉢伏山に登りました。

P8300036

氷ノ山もクッキリ。

Img_1091

天体観測。土星の輪と流星群が見えました。

Img_1094

最後の晩は打ち上げを兼ねてバーベキュー。お酒の飲み方をしっかり学びましょう。

Img_1095

最後は自由課題研究の発表会。

Img_1100

多少のトラブルはありましたが、無事4日間の実習が終了しました。

| | Comments (0)

September 16, 2011

比良 蛇谷ヶ峰

私が担当する学科には野外実習という実験科目がある。
その科目名の通り、野外で生態学と分類学の実習を行うのである。
場所は滋賀県高島市の朽木いきものふれあいの里で、2泊3日で行う。
もう1週間以上経ってしまいましたが、今年度も9月6日〜8日の日程で行ってきました。

この実習の期間中に必ず登るのが、宿泊地のすぐ裏にある蛇谷ヶ峰(902m)です
比良全山縦走路の最も北側にある山です。

いつも実習2日目の早朝に希望する学生と登ってきます。
今回も4名の学生と朝5時出発で登ってきました。

登山口からはしばらく林道を進み、それから尾根に取り付きますが、結構急です。

P9070578

途中で日の出を迎えました。

P9070579

出発してから1時間半で山頂に到着。

P9070582

下りは1時間もかからずに7時半前に宿舎に戻りました。

それから朝食を食べて、学生は実習を行う。
ちなみに実習風景はこんな感じです。

P9060576 P9070586

実習3日目の午前中の空き時間を利用して、今度は私1人で蛇谷ヶ峰をトレランスタイルで往復してきました。
45分で登頂でした。下りは30分かかっていないかな。合計90分ほどでした。

実習ではスラックラインも。

P9080590

今年は台風後の実習だったので、ヒルにやられた学生が多かった。

P9080587 スミナガシ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2010

研究室忘年会のご案内

業務連絡です。

研究室の忘年会の日時・場所が決まりました。

研究室忘年会
日時:12月21日(火) PM7時〜
場所:かいゆう亭(南海高野線白鷺駅から徒歩5分)
    二次会は中百舌鳥周辺で考えています。

研究室出身者および研究室に多少でも関わりのある人であれば参加できます。
予約の都合上、参加希望者は12月16日(木)までにご連絡下さい。
二次会からの参加も歓迎です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2010

金剛山で学生実習

昨日は午後から学生実習のため金剛山へ行きました。
実習目的の1つはフィールドワークで事故を起こさないための読図訓練。
2つめの目的が、フィールドで興味深い自然現象を見つけられる観察力を養うです。

3人ずつで1パーティーとして、計3パーティーで、各パーティーごとに選んだルートで山頂を目指す。
山頂まで行く間に地図とコンパスで現在地の確認を何回か行い、時間と場所を地図に記録する。
また、山頂に着くまでの間に1つ興味深い自然現象を見つけるというもの。

私は女子学生2名を含むパーティーに同行し、妙見谷から山頂を目指しました。
ちなみに妙見谷のルートは地図には載っていないバリエーションです。
沢装備は必要ないが、沢登りの入門的なルートです。
滝もあります。
巻き道はしっかりしていて、補助ロープも付いていますので問題はないですが、ちょっと靴が濡れるのは我慢しなければなりません。

Imgp1353

沢では、枝沢との分岐や沢が大きく方向を変えるところが現在地確認のポイントになります。

事故もなく全員無事に山頂に集合することができました。

Imgp1359

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2010

比良 蛇谷ヶ峰

8月30日〜9月1日の日程で、学科の3回生と滋賀県高島市朽木に来ていました。
目的は野外実習。
昨日は蛇谷ヶ峰へ早朝登山してきました。
朽木いきものふれあいの里から1時間15分で山頂着。
残念ながらガスのために琵琶湖は見えませんでしたが、山頂の爽快さを学生とともに味わいました。
翌日は学生たちは筋肉痛でした。

Imgp1251

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2010

前期終了

今日で担当科目の試験が終わり、ようやく前期終了です。
これから採点です。

大学では2単位の講義は90分15回の講義と1回の試験を行うことを、強く文科省から指導され、10年前と比べても夏休みがだいぶ少なくなっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2010

新年度

雪山から帰ってくると、季節の進行の速さに驚きます。
桜は満開だし、金剛山にはスミレも咲いていた。

4月になり、職場は新年度となっていました。
大学には新入生が入ってきた。
研究室にも新メンバーの卒研生が2名加わりました。
昨日はその新歓。

来週からは講義も始まる。
そう言えば、今年度から准教授になっていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2010

修士論文発表会および学部入試

昨日は修士論文発表会で、今日は学部入試でした。
試験監督を終えたところです。

入試の時は地味な学生が、入学すると大学生らしく少々派手になる。
冬から春にかけては変態の時期なのですね。

修士論文発表会は私の研究室からは1名が発表しました。
中間発表の時よりはましだったかな。
今後の頑張りを期待します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2010

卒業研究発表会

本日は卒業研究発表会でした。
私の研究室の卒研生、なんとか無事に発表を終えました。
卒業研究論文はすでに完成していますので、これで全てクリアーで卒業です。
次は大学院での研究頑張って下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)