October 02, 2022

ワンゲル部総会にオブザーバーとして出席し、歴史的イベントに立ち会う!

Img_4390

9月最後の日に、顧問をしているワンダーフォーゲル部の後期想会があり、オブザーバーとして出席した。

私が2017年4月に顧問になったばかりの時は、総会は単に本合宿の報告の場であり、どこが総会だという状況だったが、ここ最近の総会ではようやく報告事項と審議事項のある総会本来の体裁となった。

今回の総会ではワンダーフォーゲル部創部以来の女性主将の誕生があった。コロナ禍があり、年度の途中という変則的な主将交替ではあったが、歴史的なイベントと言えよう。

他にも歴史的なイベントがあった。OBOGたちにとって重要な出来事は、旧部則の第2条の復活であろう。これが新部則の第1条に復活した。誰がどのような目的で改正したかわからないが、旧部則の第2条が簡易なものに変えられていた。OBOGの要望を受け入れ、旧部則の文言そのままを復活させたのだ。以下がその文言である。

「我々は自然なるものへの愛着と憧れを持つ若人の集りである。広く国土を遍歴し、自然を跋渉し、人間と文化を自己の目を通して学び簡素と素朴に生き、グループワークを通じて厳しい困難に耐え抜く力や独立自尊の精神を養い大きな「人間作り」を目的とする。」

この改正は、創設メンバーの意図を重んじ、その精神を代々引き継ぐためである。

それからリーダー会の復活である。私が顧問になった当時はまだリーダー会の名前は残っていたが,機能はしていなかった。いつのまにかリーダー会が無くされ、全員参加の部会が日常的な審議の場となっていた。それはレベルを底辺に合わせることになり、ワンダーフォーゲル部のレベルを下げる結果となっていたように思われる。体育会のクラブとしてはトップダウン的な組織がふさわしい。登山の特殊性としても、経験のない初心者に意思決定を任せることはリスクが大きく適切ではない。リーダー会に権限があれば、目的に向かって一丸となって進みやすくなるだろう。なお、全員参加の部会は審議機関ではなく、報告と意見収集の場とされた。全員参加の審議機関は総会のみとなり、これにより総会の意義も復活すると思われる。

山行スタイルも以下のように区分され定義された。

パートワンデリング(PW)
講習会
合宿
 錬成合宿
 予備合宿
 本合宿
 山小屋合宿
個人山行

各スタイルの説明は省くが、個人山行以外はワンダーフォーゲル部の公式山行とされ、パートワンデリングと一部の講習会を除く公式山行は全部員の参加を必須とすることになった。

これらの改正により、コロナ前の活動に戻り、ワンダーフォーゲル部のレベルが向上することを期待したい。顧問としても一緒に頑張りたいと思う。

| | Comments (2)

アントニオ猪木さんが亡くなる!

16082808087619262703

アントニオ猪木は私にとって青春であり、ヒーローだった。闘病されていたことは知ってたが、ひじょうに残念に思う。主に新日本プロレス時代のことになるが、ストロング小林戦、ビル・ロビンソン戦、タイガー・ジェット・シン、スタン・ハンセン、アンドレ・ザ・ジャイアント、ブルーザー・ブロディとの一連の闘い、ハルク・ホーガンとのIWGP決勝戦での舌出し事件、モハメッド・アリ戦を始めとした異種格闘技戦など懐かしく思いだす。政治家になってからのイラクでの人質解放や北朝鮮での平和の祭典の開催などもあった。このような国民的なプロレスラーはもう現れないだろう。謹んでお悔やみ申し上げます。

猪木ボンバイエ、猪木グレーテスト!

| | Comments (0)

September 23, 2022

岩湧山で地図読み実習と自然観察

登山で最も多い遭難の態様は道迷いである。原因は地図読みをしっかり行っていないところにある。地図読みによって常に自分のいる位置をしっかり把握していれば、決して道迷いを起こすことはない。それは野外で研究を行う研究者や学生にとってもあてはまることである。私は野外実習という実験科目を担当しているが、その授業の中で、野外研究でのリスク管理を目的に、地図読み実習を行っている。

Photo_20220923072501

事前に、2万5千分の1地形図で、自分の位置がわかるポイントをチェックしておく。地形図には磁北線と、経線・緯線を引いておき、自分のいる位置がピンポイントでわかるようにしてある。ざっと以下にあげるようなところがポイントになる。

・道の分岐や方向の変わるところ
・登りや下りが変わるところ→コル・ピーク
・傾斜が変わるところ
・尾根の太さが変わるところ、分岐するところ
・沢の二股、その方向
・地形が変わるところ→尾根・谷・トラバース
・送電線や小屋などの人造物とその方角

このポイントを現場で歩きながら確認してもらう。9月12日に下見、15日に本番の実習を行った。生物学の実習ということもあり、地図読みだけでなく、自然観察も行った。

P9150004

道の方向が変わる所で、自分の位置を確認する。

P9150010

地形図では山頂手前の小ピークだが、広場になっており、ベンチがあり、休憩するならば、こちらの方が山頂よりよい。山頂ではコンパスを使って、山座同定も行った。

P9150014

下山へ。15時台の帰りのバスがないため、14時台のバスに間に合わせようとすると、結構、時間的にタイトだった。

以下は、岩湧山で出会った動植物たち。

P9120008_20220923075501

アオキ

P9120064

ヤマジノホトトギス

P9120021

雨が多いので、キノコも結構出ていた。

P9120037

ニガクリタケ

P9150007

タマゴタケ

P9150008

テングタケの仲間?

P9150001

登山口のトイレにいたウマオイ

P9120009_20220923080301

ミヤマクワガタのメス

P9120019

イタチ類?の糞

P9120039

シマヘビ

P9120050

サナエトンボの仲間

P9120052

ハバヤマボクチ

P9120053

マルバハギとトラマルハナバチ

P9120055

クマバチ

P9120056

キキョウ

P9120057

キリギリス

P9120058

シラヤマギク

| | Comments (0)

遅い夏休み:ワンゲル部山小屋をベースに渓流釣り

ワンゲル部山小屋夏合宿とは時間軸が逆になるが、遅めの夏季休暇を取得し、9月8日〜11日の日程で、奥美濃にワンダーフォーゲル部が所有する山小屋をベースに、まったりと周囲の自然と戯れてきた。

P9100007

ワンゲル部の現役部員が1名同行してくれたので、ロープワーク、沢登り、そしてテンカラ釣りの指導も行った。

P9100003

いつも裏切らないはずのA谷は、水量がいつもより多いためか、流れが速く、釣果はいつもより悪かった。

P9100005

それでもテンカラ歴3ヶ月のワンゲル部員はしっかりイワナを釣り上げた。課題はアタリの取り方とアワセ。まだ修行は必要だ。

P9110012

日程の後半には、かっての教え子のSくんが合流した。Sくんはフライマンでもあるので、一緒に近所の渓の開拓に行ってきた。

306376476_490707959185534_13043905862692

林道を歩いて、枝沢を下降して入渓したが。

P9110017

すぐに滝に阻まれる。滝を巻くが、また滝に阻まれる。地形図ではわからなかったが、どうやらゴルジュチックな箇所に入ってしまった感じ。沢登りのつもりではなかったので、装備は補助ロープだけと不十分。仕方なく、大きな釜でテンカラおよびフライロッドを振るが、イワナはいるにもかかわらず、毛鉤を咥えてくれなかった。こんな場所のイワナでさえもスレているのか。これ以上、滝を巻くのも面倒なので、雲行きが怪しくなってきたのを理由に、釣果なしのまま終了とした。久しぶりのボウズであった。

305871525_803023311147933_79290899068586

やはり谷に沿って林道が通っている渓は競争が激しいのかもしれない。釣り人の乗った車が林道を走って行った。

P9100008

トリカブト

305460846_443564361074574_43012450718561

ヤマアカガエル

305648961_630822345054521_47769110202386

イグチの仲間

P9110015

ボウズだった我々を癒やしてくれたのは、周囲の自然だった。急に現れた鮮やかな緑色のモリアオガエルに驚かされる。

305485685_1133511180613429_6449513641825

我々の目から逃れるために、水中でジッとするモリアオガエルであった。鳴き声はよく聞くが、姿を見るのは珍しい。

今シーズンは週末の天気が悪いことが多く、結構、予定の沢行や釣行ができなかったので、不満の残るシーズンだった。

| | Comments (0)

September 22, 2022

ワンゲル部山小屋夏合宿:山小屋の維持作業

すでに前の記事(アラクラ滝登攀)にて報告済みだが、ワンダーフォーゲル部が奥美濃に所有する山小屋の維持作業のため、9月16日から19日の日程で、ワンゲル部員たちと山小屋にて合宿を行った。当初は20日までの合宿予定であったが、台風接近により、1日前倒しで終了とした。過去2年間はコロナ禍でクラブの対面活動が全面的にできなかったたため、実に3年ぶりの山小屋夏合宿であった。その間はOBOGが中心に維持作業を行った。

維持作業にはどのような作業があるかというと、まずは薪作りである。

Img_4336

OBから作業について説明を受ける現役部員。コロナ禍で現役部員間での作業内容の伝承ができていなかったため、OBからの直接の指導が必要である。

Img_4348

以前に伐採されたカラマツの丸太を運ぶ部員たち。

Img_4341

チェンソーで、丸太をストーブ入るサイズに細かく切っていく。

Img_4349

太い丸太はくさびを打ち込んで割る。

Img_4352

斧でさらに細かく割る。

Img_4353

女子部員も頑張る。

Line_album_220920

私は秘密兵器を使って、より平易に薪を割る。

Line_album_220920_3

これだけの薪ができた。これで安心して冬を迎えられる。

Line_album_220920_2

和室の畳を干す。布団や毛布は屋根の上に干した。

Line_album_220920_1

山小屋の側壁のペンキ塗りも行った。

Img_4354d

周囲の草刈りも行う。これを行わないとササが生い茂ってしまい、クマなどの動物を小屋に近づけることになる。

Img_4344d

夜にはロープワークの練習も行った。

Line_album_220920_0

滞在中の食事は重要である。炭火での焼肉。やはり力仕事には、美味しくボリュームのあるメニューが元気の源になって良い。

Img_4355d

ハンバーグを手作りする日もあり。

Img_4356d

おろしハンバーグとなった。ワンダーフォーゲル部始まって以来の画期的なメニューであろう。今までは山と同じようなメニューを食わされることが多かった。贅沢を言えば、野菜とスープがほしいが、赤ワインで我慢する。

Img_4358d

カレーもボリューミー。他にスパゲッティや鍋のメニューもあった。

台風接近で前倒しで1日早く終了となったが、およそ予定の作業を終えることができた。これで安心して冬を迎えられるが、はたして今シーズンは雪が降ってくれるだろうか。

| | Comments (0)

June 28, 2022

第4回シン沢ヤ交流会

週末は、ワンゲル部のHくん(主将)とOさんを連れて、第4回シン沢ヤ交流会に参加してきました。シン沢ヤ交流会の前身は海外遡行同人で、現在は全国の精鋭沢ヤの情報交換の場となっている。対面では3年ぶりの参加である。

Img_4124d

場所は山梨県韮崎市にある木下道場である。主催者であるキノポンが古民家を買い取り、全国の精鋭沢ヤのベースとなっている。その木下道場に47人もの沢ヤが集まったのだ。

Img_4122d

受付係をするワンゲル部員2名。

Img_4126

今回は4名の発表があり、それに聞き入る参加者たち。

発表内容は以下である。

奥美濃にある根尾谷の明神洞という巨大ゴルジュ内にある雨乞い神事が行われた祠である岩井堂へのルート研究
屋久島キャニオリング
沢開拓のすすめ
辺境クライミングシリーズで奄美大島大滝登り

詳細についてはここでは述べないが、すべてたいへん興味深い話であった。志気も上がる。

発表会後は恒例の懇親会で、道場の広い芝生でバーベキューが行われた。3年前に一緒に参加したMizoくんも長野からかけつけ、思い出話にも花が咲いた。宴は新山で続いた。酔っていたので写真を撮る余裕がなかった。同行したワンゲル部員2名にはよい刺激になったのではと思う。

F3ea95d192d54e1ba7e27458b0aa6451

翌日は、尾白川渓谷の探索へ。

73edfb23049648e6af105e73c6c63ba4

当初は不動滝下まで以降と考えていたが、結構時間がかかるので、途中で引き返して帰路についた。

Img_4127d

中津川までのんびり下道を走ったが、たまたま昼食で立ち寄った伊那の南箕輪村にある権兵衛村という食堂がアタリ。十割ざるそばとミニソースカツ丼のセットをチョイス。蕎麦は喉越しがよく、味もまずまず。ソースカツ丼はミニなのに大きめのカツが2枚入っていて、肉はジューシーで味もまずまず。なかなかボリューミーだった。感じのよい老夫婦がやっていて、コーヒーのサービスまでしてくれた。

Img_4128

この食堂の不思議なところは、アルパカを飼育していることだった。

Img_4129

4頭のアルパカがいて、夏仕様なのか頭の毛だけを残して毛は刈られていた。

| | Comments (0)

June 24, 2022

ワンゲル部員のテンカラ釣りデビュー

カンバタ谷に行った翌日は、ワンゲル部員1名と山小屋近くの某谷へテンカラ釣りへ行ってきた。同行の部員は20歳女子で、今シーズンにテレマークスキーデビューを果たし、最近は沢登りのデビューを果たしたばかり。そして今度はテンカラ釣りのデビューと、何でも積極的に挑戦する。私がワンゲル部の顧問になって今年が6年目だが、ここまで積極的なタイプの部員はこれまでほとんどいなかった。正直なところ、そのような部員を待ち望んでいたこともあり、私も指導に熱が入る。ワンゲル部だけでなく、これからの日本の山岳界を引っ張ってくれる人材になってくれることを期待したい。

P6190089

最初にキャスティングを教えてから、ポイントを説明しながら、指示する所に毛鉤を投じてもらう。なかなか目的のところに毛鉤が入らないが、それでもアタリは何回かある。課題はアワセ。アワセが弱いので針のかかりが浅く、何度かバラしてしまう。

P6190092

そしてついに人生初のイワナを釣り上げる。彼女の釣果はこの1匹だけだったが、すぐに上手くなるだろう。今後の成長を期待したい。

P6190087

教えながらも、私も釣る。釣果としてはポンポンとはまではいかなかったが、今シーズン初のツ抜けを達成した。

P6190095

最後に35cmの尺上イワナを釣り上げた。なかなかの引きに興奮した瞬間だった。

Line_album_220621_14

イワナだけの写真では魚の大きさが伝わらないが、人と一緒の写真ならばイワナが大きいのは何となくわかる。

P6190090

私の腕にとまって、汗を吸うヤマキマダラヒカゲ。

この日の行動時間は9時間半で、ちょっと丁寧にやりすぎたようだ。

| | Comments (0)

May 19, 2022

山菜採り in ワンゲル部山小屋

先週末はワンゲル部員と立山でのスキーを予定していたのですが、日曜日は晴れ予報ではあるが、土曜日は天気の回復が遅れるとのこと。そこで立山は日曜日に日帰りするとして、土曜日は、奥美濃にあるワンゲル部山小屋の周辺で、山菜採りを行うことにした。

Img_3899

すっかり周囲の雪も消えて、夏仕様となったワンゲル部の山小屋「桧山荘」。

Img_3888

ウドがちょうど出始めの時期だった。

Img_3889

コシアブラはちょうど旬。

Img_3890

コゴミはちょっと成長し過ぎていたが、先端部はまだ食べられる。

Img_3892

希少なハリギリ。

Img_3893

ハンゴンソウ。アクは強いが、天ぷらならばいける。

Img_3896

リョウブ。

Img_3895

エンレイソウが咲いていた。これは有毒植物なので食べない。

Img_3898

本日の収穫。2人で食べるにはちょっと多め。

Img_3901

天ぷらにしていただいた。

今回、気になることがあった。山小屋の周辺は本来静かな環境なのだが、異様に多くの人たちが山小屋の周辺に入ってくるのを目撃した。目的は明らかに山菜採り。隣接するウイングヒルズ白鳥スキー場では、来場者からお金を取ってゲレンデ内で山菜採りをさせているのだが、その客の一部がこちらの敷地まで侵入してきたようだ。山小屋の周囲は、ウイングヒルズの敷地ではないので、山菜採り目的の侵入は謹んでもらいたい。その旨はウイングヒルにも申し入れるつもりだ。

| | Comments (0)

May 02, 2022

山菜採りAGAIN in 裏山

ゴールデンウィークに突入した。しかし、今年はカレンダー通りの休みで、連休になるのは前半と後半の3日間ずつのみ。前半は生憎の雨予報なので、遠出はやめておくことにした。4月30日のみ晴れ予報だったので、先週に引き続き、裏山へトレーニングを兼ねて山菜採りへ行くことにした。

Img_3839

先週が旬だったコシアブラは伸びすぎで、ほぼ終了。タカノツメも同様に終了。

Img_3840

シハイスミレ。

Img_3841_20220502173901

ウドが結構出てきていた。

Img_3843

終了しているだろうと思っていたタラは2番芽が出ていたので、そこそこ採れた。

Img_3844

シャガで吸蜜するサカハチョウ。

Img_3847

そんなに期待していなかったが、結構採れた。その晩は先週に引き続き、山菜の天ぷらでお酒が進んだ。

| | Comments (0)

April 24, 2022

裏山にて山菜採り

ゴールデンウィーク1週間前のこの週末は遠出せずに、裏山にて山菜採りをすることにした。

昨年と一昨年のこの時期は緊急事態宣言が出ていたため、4月中は遠出せずに毎週のように裏山にて山菜採りをしていた。今年は、まん延防止等重点措置が解除されたので、コロナ前のように頻繁にバックカントリースキーに出かけていることもあり、なかなか裏山へ行く機会はなかった。時期的に裏山での山菜の旬は最も標高の高い所へ移っている。そのため、今年の裏山での山菜採りは、今回が最初で最後となりそうである。

Img_3804

アプローチではマムシに遭遇。こちらに気づいたマムシは鎌首をもたげて威嚇姿勢に入り、ガラガラヘビのように尻尾を立てて、小刻みに震わせていた。

Img_3807

最初の収穫はリョウブ。幹に特徴のある樹木で、幹がツルツルのためサルスベリと言われることもある。

Img_3809

定番のコシアブラ。裏山では一番たくさん採れる。

Img_3810

タカノツメ。これも裏山では結構採れるが、今回歩いた所ではそんなに多くはなかった。

Img_3811

定番のタラ。タラは知っている人が多いためか、すでに採られていたものが多かった。それでも藪にちょっと入ることで、そこそこ採ることができた。

Img_3814

ウドも出ていた。

Img_3816

ハイカーの少ないエリアなので、トレイルは笹に覆われていたりする。

Img_3818

沢に降りれば、ウルイも採れる。

Img_3819

ユキノシタ。

Img_3822

選別して採っても、これだけの収穫となった。晩はこれらを天ぷらにしてお酒が進んだ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧