January 18, 2023

箱館山スキー場で悪雪練習

先週は気温が高く、日本海側でも雨予報とのこと。そんな週末は、山に入ってもパウダーは期待できず、悪雪が待っていることは予想できる。あえて遠出することもないだろうということで、ワンゲル部OBのHくんと、近場のスキー場にてテレマークスキーの練習でもするかということになった。行き先は、単にWINTER PLUSで電子チケットを比較的安く購入できた箱館山スキー場とした。チケット代は3400円で、当日の購入はできないので、前日までに購入しておく必要がある。

Img_4850

4時起き、5時に堺の自宅を出発し、6時過ぎに宇治在住のHくんをピックアップした。宇治からは下道にて、箱館山スキー場の駐車場には8時前に到着できた。駐車場に入る際に、駐車場代として1000円支払った。

Img_4856

駐車場にはまったく雪がなかったが、ゴンドラに乗ってゲレンデに上がると、滑走できるだけの雪はあった。基本的に緩斜面中心でゲレンデで、家族向きのスキー場である。いつもは週末は混雑するスキー場だが、この日は空いていて、リフト待ちはほとんどなかった。

Img_4852

前日の雨の影響で雪の状態は悪い。朝のうちは凍結により、雪は硬かった。気温は高かったので、10時ぐらいから雪は緩んできた。朝のうちはリフトが2本しか動いておらず、ゲレンデは横移動しかできないので面白くはない。

そのうちに第4リフトが動き出したので、それからは第4リフトを中心に滑っていた。第4リフト側には上級者コースもあるのだが、残念ながら積雪不足でクローズしていた。第4リフトのコースにはピステンのかかっていないところがあるので、悪雪滑りの練習のつもりで滑ってみた。やはり雨で濡れた雪は重かったが、いい練習にはなった。

Img_4855_20230118194301 Img_4858

ゲレンデ上部からは琵琶湖が眺められる。天気がよければ、白山も眺められるかもしれない。

Img_4853

第2ヒュッテで早めの昼食を取った。とんちゃん丼というメニューを食べてみた。とんちゃんというので、豚かとおもったが、鶏肉料理だった。このとんちゃんは高島市のソウルフードのようで、味噌で甘辛く味付けした鶏肉料理である。奥美濃でよく見る鶏ちゃんと同じように思うのだが。奥美濃にはとんちゃんという味噌味の豚のホルモンもあるのだが。

Ab439a597f2e45cfadbfe9eb3e8afd1a

ゲレンデにバリエーションがないので、飽きてきたところで終了とした。まだ13時ぐらいであった。雪質を除けば、人も少なめで、なんとか雨にも降られず、時折、青空も見えたので、そこそこ楽しめたと思う。

| | Comments (0)

January 07, 2023

新年初滑りは毎年恒例の白馬スキー

年末のワンゲル部山小屋合宿を終えた後は、毎年恒例の白馬へ転進した。

Img_4795

車中泊で年越しした我々は、元旦は白馬への移動のみとした。平湯・安房トンネル経由で下道を200km移動したが、途中の平湯手前の久手牧場の入口には、猫岳に向かうトレースと、前日に付けられたと思われるシュプールが残っていた。ちょっと行ってみるかと、同行のワンゲル部主将に聞いてみたが、どうも乗り気でない。残念ながら、ここは素通りすることにした。

Img_4798d

新年最初のランチはステーキ宮豊科店にて、元旦からステーキをいただいた。

Img_4797

空にはハヤブサかチョウゲンボウか、猛禽類が1羽飛んでいた。

Img_4801

夕方にペンションハスキー入りし、毎年恒例の正月メンバーと合流した。メンバーはテレマーカーでもあるが、無雪期はトレラン界で活躍する人たちである。夜はもちろん宴となった。久しぶりに暖かい部屋でのベッドでの就寝となった。

Img_4800

正月は冬型が強まり、山は荒れるという天気予報のため、翌2日は白馬乗鞍スキー場にて、主将と2人でゲレンデ練習とした。他のメンバーは裏コルチナを滑るという予定であった。私と主将も同行を考えたが、ゲレンデのオフピステ斜面で転けまくる主将を見て、まだ時期早々と判断した。もし裏コルチナに行ったならば、主将にはかなりの修行になってしまうだろう。

Img_4805d

夜は「コードネーム」というゲームを楽しみ、お酒に酔いながらも真剣に頭を使った。

P1030005_20230107141201

白馬滞在最終日は、バックカントリーもしたいという主将の希望があり、コルチナスキー場から雨中ゲレンデへ滑りに行くことにした。

P1030008

雨中ゲレンデは廃止されたゲレンデで、オフピステ好きの遊び場になっている。もちろんシールやビーコンなどのバックカントリー装備は必携である。

P1030011

主将が滑り出す。テレマークしている!

P1030012

転けながらも下りてくる。

P1030013

雪まみれになりながらも、ボトムに滑り込んだ主将。

P1030014

シールで登り返して滑るを繰り返す。天気も想定よりだいぶ良く、晴れ間も見えた。

P1030016

最後に登り返して、コルチナスキー場に戻る。これで正月白馬スキーは終了である。

Img_4810d

北陸周りの下道にて帰路につく。途中、あげ藤にて夕食を取る。ご飯、味噌汁、キャベツはお替わりし放題である。各1回ずつお替わりしたことは言うまでもない。

Img_4811d

帰路途中、越前大野で車中泊。

Img_4812

越前大野に立ち寄った目当ては、伊藤順和堂のいもきんつばと、荒木商店の無添加の3年物の味噌であった。

今シーズンも何とかスキーシーズンのスタートを切れた。

| | Comments (0)

January 06, 2023

謹賀新年2023 & 年末のワンゲル部山小屋合宿報告

3181cb28126244fca15400df5738320c

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

Img_4780

昨年末は、ワンダーフォーゲル部が奥美濃に所有する山小屋をベースにした毎年恒例の年末山小屋合宿に、ワンゲル部員へのスキーと雪山の技術指導のために同行した。雪下ろしも合宿の目的の1つだったが、早く入舎した先着隊が済ませてくれていた。

58ce17289d7c4b448d6b636bb7fbdf09

1日目は、山小屋に隣接するスキー場にてスキー練習である。まったくのスキー初心者が3名に、スキー経験者が4名いたが、初心者はスキー準指導員資格をもつSくんに指導をお願いした。ちなみにSくんは私の大学における教え子である。

Img_4776

経験者4名には、私がテレマークスキーの指導を行った。主将については昨年からテレマークスキーを教えているが、他の3人は初めてテレマークスキーを経験する。我がワンダーフォーゲル部は、特にアルペンスキーやボードで上級者でない限りはテレマークスキーを使ったバックカントリーを目指してもらう。やはり最初のうちは、みんな、なかなか膝に前後差をつけられない”なんちゃってテレマーク姿勢”になってしまう。それでも1日の終わりにはテレマーク姿勢らしくはなっていた。新たに誕生した若手テレマーカー3人であるが、シーズン中はゲレンデにてしっかりテレマークスキーの基本を練習して、春には残雪の山を滑れるぐらいにはなってほしいものである。

Img_4775

私にとっては、ようやく今シーズンの初滑りだった。

9674b78d463a466c99ae68726b960570

夕食の準備をするワンゲル部員たち。

Img_4784d

ワンゲル部員7名以外にも、OBが2名、私の教え子のSくん、そして私の山仲間が5名入舎していたので、計16名と賑やかだった。おかげでお酒も進んだ。

0477422413294609a140e50bda0ec6de

2日目は、山小屋の裏山へバックカントリースキーツアーへ。

F9598f9841d04479bac67e18819ec31f

構成は、テレマーク7名、ATスキー2名、スプリットボード1名の総勢10名。裏山にこんな大人数でスキーツアーに行くのは初めてのこと。ワンゲル部現役部員3名は、先シーズン4月の大日ヶ岳でのバックカントリーデビューに続いての新雪デビューとなった。

001d9de1ef3a4080a2fc4a0841868d73

やや重めの湿雪だったが、そんなに悪くはない雪で、何回も登り返して滑りを楽しんだ。

F250db9b73424015b5b3704e52a5204b

スキー初心者と経験の浅いメンバーは、ゲレンデにて前日に引き続いてスキー練習を行った。

7f0d3187672647bbb4d7604b17a068be

その夜はワンゲル部員たちに雪上テント泊も経験してもらった。

Img_4789

夜は主将によるギターの弾き語りもあった。

Deb2bd349ba9449392323a24386c7350

最終日である3日目は大晦日であり、早い時間に帰路につくメンバーもいたが、私をはじめとする4人で再び裏山へスキーツアーへ。滑る斜面はいくらでもあるので、前日とは異なる斜面を滑ることにした。

30a79f424d1e451a974b546a3ad81557

前日と比べると、日射の影響を受けた斜面はだいぶクラストしていたが、樹林の中にはまだパウダーが維持されていた。ただし、新雪経験の浅いワンゲル部員には少々難しかったもよう。何度も転んでも、楽しいと言ってくれるから嬉しい。これでワンゲル部の年末合宿は終了である。事故や怪我もなく終えたことに感謝する。

Img_4794

新年は白馬へ転進である。車中での年越しとなったが、年越し蕎麦だけはしっかりいただいた。

裏山スキーツアーに参加したメンバーが撮った動画を編集しました。滑走の様子はこちらをご覧ください。

| | Comments (0)

December 07, 2022

ワンゲル部山小屋の冬支度

先週末は、奥美濃にワンダーフォーゲル部が所有する山小屋の冬支度を、ワンゲル部のOBOGおよび現役部員と共に行ってきた。

Img_4692

日曜日は天気が悪い予報だったので、天気の良い土曜日のうちにほとんどの作業はやっておきたい。山が呼んでいるが、そこは我慢する。隣接するウイングヒルズ白鳥スキー場は人工雪にてオープンしていたが、ここ最近の気温の高さと雨によって雪融けが進んでしまい、いったんクローズしてしまった。おかげでスキーの誘惑を受けずに済むのはよい。

Img_4693

雪に埋もれない上部に発電機の移動を行ったり、

Img_4696

薪の移動を行った。山小屋の雪囲いもしっかり行った。

Img_4694

改修によって出た廃材を燃やす。

Img_4697d

暗くなると、まるでキャンプファイヤーであった。

Img_4698d

一通りの作業を終えると、すでに夕の良い時間であった。早速、始めるとする!

Img_4699d

現役部員が鍋を作っていたが、つまみが必要なので、アンガス牛のサイコロステーキを焼く。そこそこ酔いが回ったところで、宴はお開きになった。

翌日は、朝から小雨がパラついていた。水源など山小屋周辺の見回りを行った。

Img_4703d

山小屋周辺に作られたクマ棚の調査も行った。ツキノワグマは、樹上で木の芽や実などを食べる際、枝をたぐり寄せて採食する。その時に折れた枝が樹上に鳥の巣のように積み重なったものをクマ棚という。折られた枝は落葉しないため、樹木の落葉後にはその残った枯葉が目立つ。そのため晩秋の落葉後の時期はクマ棚が確認しやすい。今回は、はっきりしたクマ棚は1つしか見つからなかった。どうやら今シーズンは山小屋周辺にはクマはあまり近づかなかったようだ。最初のコロナ禍の年は自粛ムードで人が山に入らなかったこともあり、スキー場のゲレンデや山小屋の周辺に多数のクマ棚が作られていた。どうやら、人の活動に応じてクマも活動範囲を変えているようだ。

あとは雪が降ってくれるのを待つのみ。年末のスキー合宿までには充分な積雪があることを祈りたい。

| | Comments (0)

November 30, 2022

河内長野 横谷の岩場 奥立岩:ワンゲル部主将とクライミング

立山初滑りの便りが気になるこの頃だが、雪が少ないこともあり、わざわざ遠出してまでも滑りに行くことはないだろうということで、今週末は立山行きはやめることにした。代わりに、難しい岩場を登ってみたいというリクエストがちょうどワンゲル部主将からあったので、主将の練習に付き合うことにした。私が顧問をしているワンゲル部ではクライミング練習を時々行っているが、本格的なクライミングというよりかは、縦走時に出遭う岩場を安全に通過するための基本的な岩場技術を身につけることが主な目的であった。よって行く岩場は、初心者向きの易しい岩場ばかりであった。今回、もっと難しい岩場を登ってみたいというので、ワンゲル部顧問と主将との師弟コンビにて、河内長野の横谷の岩場にある奥立岩に行ってみることにした。私は最近の体重増加で難しいルートは登れないので、主にビレイヤー担当である。

Img_4643

まずは下部にある初心者向きの岩場であるゲートロックでウォーミングアップ。こちらは過去に何度か登っていることもあり、問題なくリードで登る主将であった。

Img_4645

次は上部にある今回の目的である奥立岩へ行くと、結構多くのクライマーが岩に取り付いていた。奥立岩の右側の5.7〜5.8ぐらいのルートを何本か登る。それからさらに右奥のルートへ。ここは登れたが、見た目より難しかった。

Img_4646

その上のルートは難しく、途中敗退。彼女は5.7や5.8レベルのルートは登れたが、それ以上のグレードになるとなかなか厳しい。見た目は登れそうでも、登ってみると結構難しかったり、途中敗退もあったりで、フリークライミングはそんなに甘くはないことはわかったようだ。それでも、ムーブを覚えるなど自分の課題がわかったことは進歩である。これからの成長に期待したい。

Img_4648

松の木テラスまで登って休憩する。

Img_4649

松の木テラスからの権現山。

Img_4651

ゴジラテラスまでトラバースしてから、ゴジラの背びれ尾根を下山した。

32417

林道に出た時には、周囲は暗くなっていた。

Img_4652d

下山後の打ち上げ。

Img_4653

ビールに餃子はよく合った。今シーズンの初滑りはいつになることだろうか。

| | Comments (0)

November 17, 2022

JFFA中部支部Meeting in INABEに参加:久しぶりにフライフィッシング!

Img_4579

先週末は、テレマークスキー仲間であるNさんよりJFFA(日本フライフィッシング協会)中部支部のミーティングにご招待いただき、フライフィッシングを経験してきました。テンカラを始める前にフライロッドを振った経験は多少はあったのですが、我流でうまくならず。沢登りついでの源流での釣りがメインということもあり、テンカラ釣りしかしなくなりました。そんな訳で、私にとっては実に10年ぶりぐらいのフライフィッシングとなりました。

Img_4577

開催場所は、三重県いなべ市にある会員制のフライフィッシング専用の管理釣り場であるNorth Mountain Lake

Img_4575

JFFAの中部支部担当の理事であるNさん(写真左)とNorth Mountain Lakeの開設者である寺尾さん(写真右)。

Img_4578

Nさんや寺尾さんを始めとしたベテランのフライマンからアドバイスをいただき、ロールキャストやリトリーブといったフライフィッシングの基本的な技術を初めて学ぶことができました。スキーも、釣りも、我流ではなく、やはりしっかり経験者から教わることが上達の近道ですね。

Img_4581d

夜は寺尾さんの別宅にて懇親会。

Img_4583d

(株)天龍の創設者である塩澤JFFA名誉会長のご挨拶。

Img_4582d

アジメドジョウの天ぷらは絶品だった。アジメドジョウは藻類食のため泥臭さがなく、ドジョウの味ではなかった。おでんや焼き蛤も美味しかった。日本酒がすすみ、翌朝は想定内の二日酔いであった。

313898674_3395063497403765_3488854557443

翌朝はボリューム満点の朝食をいただいた後に記念撮影をする。その後は各自釣りに行き、流れ解散となった。

肝心の釣果ですが、2日目にアタリが1回だけありました。残念ながらアワセ切れでバラしてしまいました。フライはやはり難しく、キャスティングはまだうまくできないが、テンカラでは攻めきれない源流以外の釣りではフライもありかと思いました。

| | Comments (0)

October 02, 2022

ワンゲル部総会にオブザーバーとして出席し、歴史的イベントに立ち会う!

Img_4390

9月最後の日に、顧問をしているワンダーフォーゲル部の後期想会があり、オブザーバーとして出席した。

私が2017年4月に顧問になったばかりの時は、総会は単に本合宿の報告の場であり、どこが総会だという状況だったが、ここ最近の総会ではようやく報告事項と審議事項のある総会本来の体裁となった。

今回の総会ではワンダーフォーゲル部創部以来の女性主将の誕生があった。コロナ禍があり、年度の途中という変則的な主将交替ではあったが、歴史的なイベントと言えよう。

他にも歴史的なイベントがあった。OBOGたちにとって重要な出来事は、旧部則の第2条の復活であろう。これが新部則の第1条に復活した。誰がどのような目的で改正したかわからないが、旧部則の第2条が簡易なものに変えられていた。OBOGの要望を受け入れ、旧部則の文言そのままを復活させたのだ。以下がその文言である。

「我々は自然なるものへの愛着と憧れを持つ若人の集りである。広く国土を遍歴し、自然を跋渉し、人間と文化を自己の目を通して学び簡素と素朴に生き、グループワークを通じて厳しい困難に耐え抜く力や独立自尊の精神を養い大きな「人間作り」を目的とする。」

この改正は、創設メンバーの意図を重んじ、その精神を代々引き継ぐためである。

それからリーダー会の復活である。私が顧問になった当時はまだリーダー会の名前は残っていたが,機能はしていなかった。いつのまにかリーダー会が無くされ、全員参加の部会が日常的な審議の場となっていた。それはレベルを底辺に合わせることになり、ワンダーフォーゲル部のレベルを下げる結果となっていたように思われる。体育会のクラブとしてはトップダウン的な組織がふさわしい。登山の特殊性としても、経験のない初心者に意思決定を任せることはリスクが大きく適切ではない。リーダー会に権限があれば、目的に向かって一丸となって進みやすくなるだろう。なお、全員参加の部会は審議機関ではなく、報告と意見収集の場とされた。全員参加の審議機関は総会のみとなり、これにより総会の意義も復活すると思われる。

山行スタイルも以下のように区分され定義された。

パートワンデリング(PW)
講習会
合宿
 錬成合宿
 予備合宿
 本合宿
 山小屋合宿
個人山行

各スタイルの説明は省くが、個人山行以外はワンダーフォーゲル部の公式山行とされ、パートワンデリングと一部の講習会を除く公式山行は全部員の参加を必須とすることになった。

これらの改正により、コロナ前の活動に戻り、ワンダーフォーゲル部のレベルが向上することを期待したい。顧問としても一緒に頑張りたいと思う。

| | Comments (2)

アントニオ猪木さんが亡くなる!

16082808087619262703

アントニオ猪木は私にとって青春であり、ヒーローだった。闘病されていたことは知ってたが、ひじょうに残念に思う。主に新日本プロレス時代のことになるが、ストロング小林戦、ビル・ロビンソン戦、タイガー・ジェット・シン、スタン・ハンセン、アンドレ・ザ・ジャイアント、ブルーザー・ブロディとの一連の闘い、ハルク・ホーガンとのIWGP決勝戦での舌出し事件、モハメッド・アリ戦を始めとした異種格闘技戦など懐かしく思いだす。政治家になってからのイラクでの人質解放や北朝鮮での平和の祭典の開催などもあった。このような国民的なプロレスラーはもう現れないだろう。謹んでお悔やみ申し上げます。

猪木ボンバイエ、猪木グレーテスト!

| | Comments (0)

September 23, 2022

岩湧山で地図読み実習と自然観察

登山で最も多い遭難の態様は道迷いである。原因は地図読みをしっかり行っていないところにある。地図読みによって常に自分のいる位置をしっかり把握していれば、決して道迷いを起こすことはない。それは野外で研究を行う研究者や学生にとってもあてはまることである。私は野外実習という実験科目を担当しているが、その授業の中で、野外研究でのリスク管理を目的に、地図読み実習を行っている。

Photo_20220923072501

事前に、2万5千分の1地形図で、自分の位置がわかるポイントをチェックしておく。地形図には磁北線と、経線・緯線を引いておき、自分のいる位置がピンポイントでわかるようにしてある。ざっと以下にあげるようなところがポイントになる。

・道の分岐や方向の変わるところ
・登りや下りが変わるところ→コル・ピーク
・傾斜が変わるところ
・尾根の太さが変わるところ、分岐するところ
・沢の二股、その方向
・地形が変わるところ→尾根・谷・トラバース
・送電線や小屋などの人造物とその方角

このポイントを現場で歩きながら確認してもらう。9月12日に下見、15日に本番の実習を行った。生物学の実習ということもあり、地図読みだけでなく、自然観察も行った。

P9150004

道の方向が変わる所で、自分の位置を確認する。

P9150010

地形図では山頂手前の小ピークだが、広場になっており、ベンチがあり、休憩するならば、こちらの方が山頂よりよい。山頂ではコンパスを使って、山座同定も行った。

P9150014

下山へ。15時台の帰りのバスがないため、14時台のバスに間に合わせようとすると、結構、時間的にタイトだった。

以下は、岩湧山で出会った動植物たち。

P9120008_20220923075501

アオキ

P9120064

ヤマジノホトトギス

P9120021

雨が多いので、キノコも結構出ていた。

P9120037

ニガクリタケ

P9150007

タマゴタケ

P9150008

テングタケの仲間?

P9150001

登山口のトイレにいたウマオイ

P9120009_20220923080301

ミヤマクワガタのメス

P9120019

イタチ類?の糞

P9120039

シマヘビ

P9120050

サナエトンボの仲間

P9120052

ハバヤマボクチ

P9120053

マルバハギとトラマルハナバチ

P9120055

クマバチ

P9120056

キキョウ

P9120057

キリギリス

P9120058

シラヤマギク

| | Comments (0)

遅い夏休み:ワンゲル部山小屋をベースに渓流釣り

ワンゲル部山小屋夏合宿とは時間軸が逆になるが、遅めの夏季休暇を取得し、9月8日〜11日の日程で、奥美濃にワンダーフォーゲル部が所有する山小屋をベースに、まったりと周囲の自然と戯れてきた。

P9100007

ワンゲル部の現役部員が1名同行してくれたので、ロープワーク、沢登り、そしてテンカラ釣りの指導も行った。

P9100003

いつも裏切らないはずのA谷は、水量がいつもより多いためか、流れが速く、釣果はいつもより悪かった。

P9100005

それでもテンカラ歴3ヶ月のワンゲル部員はしっかりイワナを釣り上げた。課題はアタリの取り方とアワセ。まだ修行は必要だ。

P9110012

日程の後半には、かっての教え子のSくんが合流した。Sくんはフライマンでもあるので、一緒に近所の渓の開拓に行ってきた。

306376476_490707959185534_13043905862692

林道を歩いて、枝沢を下降して入渓したが。

P9110017

すぐに滝に阻まれる。滝を巻くが、また滝に阻まれる。地形図ではわからなかったが、どうやらゴルジュチックな箇所に入ってしまった感じ。沢登りのつもりではなかったので、装備は補助ロープだけと不十分。仕方なく、大きな釜でテンカラおよびフライロッドを振るが、イワナはいるにもかかわらず、毛鉤を咥えてくれなかった。こんな場所のイワナでさえもスレているのか。これ以上、滝を巻くのも面倒なので、雲行きが怪しくなってきたのを理由に、釣果なしのまま終了とした。久しぶりのボウズであった。

305871525_803023311147933_79290899068586

やはり谷に沿って林道が通っている渓は競争が激しいのかもしれない。釣り人の乗った車が林道を走って行った。

P9100008

トリカブト

305460846_443564361074574_43012450718561

ヤマアカガエル

305648961_630822345054521_47769110202386

イグチの仲間

P9110015

ボウズだった我々を癒やしてくれたのは、周囲の自然だった。急に現れた鮮やかな緑色のモリアオガエルに驚かされる。

305485685_1133511180613429_6449513641825

我々の目から逃れるために、水中でジッとするモリアオガエルであった。鳴き声はよく聞くが、姿を見るのは珍しい。

今シーズンは週末の天気が悪いことが多く、結構、予定の沢行や釣行ができなかったので、不満の残るシーズンだった。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧