October 11, 2021

iPhone 13 Proの購入とデータ移行、そして落下防止対策など

アップルストアで購入したiPhone 13 Proが自宅に届いた。

Img_2906d

歴代のiPhoneはキャリアであるNTTドコモで購入していたが、256GBモデルの価格を比較すると、アップルストアの方がドコモより3万円近く安い(参照ページ)。一方で、ドコモには、たまったdポイントをスマホの購入に使える、あるいは、36回の分割払いで購入した対象機種をドコモに返却した場合、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)の支払いが不要になるという「スマホおかえしプログラム」を利用できるというメリットはある。しかしよく考えると、「スマホお返しプログラム」というのは、結局はキャリアに縛られるプログラムで、それまでの2年縛りとそんなに大差はないように思われる。iPhoneはメリカリやヤフオクで売れば、そこそこ高値で売れるので、分割払いの残額免除よりも得である。dポイントは普段のショッピングにも利用できるので、スマホの購入に限定することもない。そんな理由で、今回はアップルストアで一括払いにて、SIMフリー版のiPhone 13 Proを購入した。なお、現在ではどのキャリアもSIMロックが設定されていないスマホを売っている。

Img_0143

左は今回アップルストアで購入したiPhone 13 Proで、右は2年前にドコモオンラインショップで購入したiPhone 11 Proである。iPhone 13 Proは、11 Proよりもカメラのレンズが大きくなっていることからも、それだけカメラの性能が上がっていることが想像できる。

Img_0144

まずは旧機種からのデータ移行を行う。これまで、iPhoneの移行作業では、いったんパソコンやiCloudにバックアップを行い、それを新しいiPhoneで復元する方法が一般的だったが、iOS 11からは旧機種の設定を利用して新iPhoneを設定する「クイックスタート」が登場した。さらに、iOS 12.4以降であれば、いちいちバックアップをせずとも、iPhone間で直接写真やアプリといったデータの移行が可能になっている。早速、その「クイックスタート」にてデータ移行を行った。移行手順自体はとても簡単であり、1時間もかからなかったが、データ移行の詳細については、参照ページを紹介するに留めておく。

データ移行が済んだ後は、SIMカードを旧機種から新機種に入れ替える。これで通話とデータ通信は一応可能となるが、このままでは最新の5G通信はできない。iPhone 13 Proは5G端末ではあるが、SIMカードは4G契約のままであるからだ。ドコモでは、5G端末と4G契約SIMの組み合わせは動作保証対象外としている。そのため5Gサービス契約への変更手続きが必要となる。この手続きはドコモショップに行かなくても、ドコモインフォメーションセンターに電話することで手続きできる。その際に事務手数料3,000円がかかる。なお、ドコモオンラインショップで端末購入と同時に手続きする場合は、この手数料が無料となる。iPhone 11 Proで使っていたSIMカードは、そのままiPhone 13 Proで利用できる。

旧機種のiPhone 11 Proは、「スマホおかえしプログラム」にてドコモに返却する。iPhone 13 Proが届くタイミングがちょっとズレて、36回分割払いの最大12回分の免除とはならなかったが、11回分は免除となりそうだ。ただし画面割れがあるので、その分の査定は低くなるかもしれないが、ケータイ補償サービスに加入していたので、2,000円の自己負担だけで済むと思われる。これで、端末については、ドコモの縛りから解放されることになる。

Img_0145

私は、日常生活だけなく、登山においても常にiPhoneを持ち歩くが、これまで、雪山で紛失したり、沢登り中にボチャンと釜に落としたり、岩の上に落として画面割れなど、何度かトラブルに見舞われた。いずれも落下防止対策をしていたならば避けることができたことである。まずは本体と画面の保護のために、ケースとガラスフィルムを、iPhone 13 Proに取り付けた。

選んだケースは、ROOT CO.製のGRAVITY Shock Resist Case +Hold. for iPhone13Proである。このケースは、米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure Ⅳ」の耐衝撃試験に準拠しており、落下衝撃に強いだけでなく、持ちやすくスリムな形状の軽量構造である。カラビナループ搭載で、ザックなどへの装着も容易。一応、MagSafeにも対応となっている。アップルマークが見えるクリアな背面パネルにて、iPhoneのデザインが活かされている。アウトドアライクではあるが、カジュアルにも使えるタフケースである。

ガラスフィルムも、ケースとの互換性を考えて、ROOT CO.製のGRAVITY Tempered Glass Film (クリア)を貼った。

Img_0146

落下防止の要であるカラビナとして、ROOT CO製のマグネット内蔵カラビナリール GRAVITY MAG REEL 360 (ブルー/グロス)も購入した。少々高価だが、伸縮自在なリールは登山や渓流釣りには使い勝手がよい。

盗難・紛失に備えて、AppleCare+盗難・紛失プランにも加入しておいた。2年間で26,800円で、月1,120円ほどと少々高いが、万が一の時の保険である。以前はAppleCareに盗難・紛失プランがなかったので、ドコモのケータイ補償サービスに入っていたが、雪山でiPhoneを紛失した際にはたいへん助かった。同様な保険制度がアップルにもできたので、迷わずに2年は入っておくことにした。

iPhone 13 Proとともに、日常生活、そして山にスキーを楽しみたい。

| | Comments (0)

September 23, 2021

越前大野でぶらり

日本列島を台風14号が横断した日は、奥美濃から白山麓を目指して加賀へのんびり移動していた。その途中、福井県の大野市を通るのだが、ぶらっと立ち寄ってみた。

Img_2826

まずは、2021年4月22日に新しくできた道の駅越前おおの荒島の郷に立ち寄った。

Img_2823

大きな道の駅で、なんとモンベル越前大野店も入っていた。道の駅の建物内では、地元の新鮮な野菜や加工品などを販売しており、フードコートまでもあった。

Img_2824d

九頭竜川淡水魚ミニ水族館があり、水槽の中には、イワナやヤマメなど九頭竜川水系に生息する淡水魚が飼育展示されている。

Img_2825d

アユカケという希少な魚。地元ではアラレガコと呼ばれ、生息地が国の天然記念物になっている。

Img_2828d

空ではタカらしき鳥がカラスに追われていた。サイズはカラスより大きかったので、オオタカか?

Img_2827

道の駅でウナギ弁当とマイタケ弁当を買い、モンベルにて沢登りの高巻きで使うチェーンスパイクや登山用衣服など購入し、散財となった。

Img_2829

それから、大野市街に移動し、七間朝市に久しぶりに行ってみた。

Img_2834

「花垣」の日本酒銘柄で有名な南部酒造場にて、新酒の純米無濾過生原酒を購入。大野には南部酒造場の他にも3軒の酒造場がある。

Img_2830

伊藤順和堂で家族へのお土産にいもきんつばを買う。

Img_2831

荒木商店で3年醸造の真っ黒い味噌を買う。ここの味噌は添加物が入っていない。

七間朝市で、この3店に立ち寄るのは恒例のことで、時間があれば、おろし蕎麦を食べるのもよい。

| | Comments (0)

汎用の車中泊用カーテン

車にカーテンがあると、車中泊の時に遮光となり、たいへん便利であるが、ディーラーや販売店オプションで社内カーテンを取り付けると、かなり高額なものとなる。そんなニーズがあることから、安価な汎用の社内カーテンが売られている。試しにアマゾンで購入した以下の社内カーテンをヴォクシーハイブリッドに取り付けてみた。

Img_2820

フロント部分はこんな感じ。取り付けは、付属のフックを各ピラーに差し込んで、コードを引っ掛けるだけで、極めて簡単だった。

Img_2821

リア部分。少々隙間はできてしまうが、フロント用とリア用を合わせて6000円以下と思えば、完全なものは求めない。車内の光は、外からはわかる。

Img_2822

落ち着いて車内で宴会もできる。もちろん睡眠も外の光が気にならずによく眠れた。

| | Comments (2)

リニューアルオープンした「美人の湯しろとり かみほの湯」(岐阜県郡上市)

奥美濃にあるワンゲル部の山小屋の近くには満天の湯があるのだが、平日は個室露天風呂のみの営業で、入浴料は700円だが、40分という時間制限がある。日本列島を台風が横断中であるので、温泉でも入ってのんびりしたいところだが、40分ではとてものんびりはできない。そこで3日ぶりに下界に下りて、リニューアルオープンした「美人の湯しろとり かみほの湯」に行ってみることにした。

Img_2818

「美人の湯しろとり」は、2020年に一度閉鎖したが、2021年3月31日に、「かみほの湯」として、フィットネスジムを新たに併設し、装いも新たにリニューアルオープンした。以前は入浴料が750円だったが、700円に値下げされていた。

内部の写真は撮っていないが、以前よりだいぶ綺麗になった感じ。泉質は、炭酸水素塩泉でヌルヌルしていて、浴後は肌がツルツルになる。露天風呂は広く、複数の浴槽がある。サウナも広く、テレビを観ることができる。3回ほどサウナに入り、冷水浴と繰り返した。

Img_2819d

お食事処は、感染対策でテーブルごとに仕切りされている。メニューは以前と同じような感じだった。

休憩スペースには、TV付きリクライナーがあり、仮眠やテレビ鑑賞もできる。おかげで、のんびり過ごすことができた。

| | Comments (0)

August 18, 2021

新型コロナワクチン接種の副反応

お盆に日本付近に現れた停滞前線により、災害レベルの大雨が続いている。せっかくのお盆休みも山に行けず、山行記録をブログに書くこともできないので、たまには日常的な話題を書こうと思う。

現在、国内での新型コロナウイルスの流行は第5波のまっただ中にあり、1都2府10県に緊急事態宣言が発令されているにもかかわらず、いまだ減少の兆しが見られない。感染力の強いデルタ株による市中感染が進んでいることからも、自分の身は自分で守らなければならない。その自分を守る最有力な方法がワクチン接種である。ワクチン接種は高齢者や基礎疾患がある人から順次進められているが、職場や大規模接種会場では、高齢者ではない人への接種も行われている。私も職域接種にてモデルナ製のワクチンを接種したので、その副反応などについて報告しておこうと思う。

Corona

1回目のワクチン接種は、7月7日に行った。針を刺すときにチクリとはするが、それ以外には痛みを感じることは特になく、呆気なく終わった。その後、接種部位の痛みが出て、肩から首にかけての凝りとそれに伴う頭痛が2日ほど続いた。接種部位の痛みは1週間ほど続いたが、しばらくは接種部位を下にして寝ることはできなかった。発熱は特になかったが、これが1回目の副反応だった。

2回目のワクチン接種は、その4週間後である8月4日に行った。2回目はまったく痛みを感じずに接種が終わった。接種後すぐに接種部位が痛くなる。12時間経過した接種日の晩には37度代に熱が上がる。20時間経過後の翌朝は、接種部位の痛みと、肩から首にかけての凝りは1回目と同じだが、37.7度まで熱が上がり、頭痛もあった。24時間後には38度代に熱が上がり、最高は38.2度まで上がった。普段は風邪も引かず、熱も出したことがないので、結構体にはキツい。ここでバッファリンを飲む。接種から30時間経過すると、ようやく36.9度まで熱が下がり、だいぶスッキリした。翌々日は気分爽快で、接種部位の痛みもだいぶ治まり、首から肩への懲りも回復したが、これらの症状の改善は1回目接種より早かった。

モデルナ製コロナワクチンの接種は、2回目接種の翌日に発熱を伴う副反応が強く出るようだ。冷たいスポーツドリンクを用意しておくことをお勧めする。発熱中は解熱鎮痛剤の服用もあり得るだろう。ワクチン接種が進むことで集団免疫ができて、コロナウイルスの流行が終息することを期待したい。

話は変わるが、今回のような大雨を伴う長雨などの異常気象が毎年のようにように起こっているが、地球温暖化によってもたらされた異常気象であることは確かだろう。このまま策を講じずにいると、今後はさらに酷い異常気象に見舞われるかもしれない。世界各国が国をあげて二酸化炭素の排出削減を目指さねばならず、もう一刻の猶予もないかもしれない。個人レベルでも自然に負荷をかけない生活を心がける必要があると思っている。

| | Comments (2)

April 25, 2021

2週連続で裏山散策

新型コロナウイルスの流行や天気がパッとしなかったりで、春休み以降はバックカントリーのための遠出がしにくい状況です。そんな時は、何もしないよりかは、体力と免疫力の維持のために、近場の裏山に散策に行くに限る。裏山はちょうど山菜の時期でもあるので、その収穫も期待できる。裏山というのは、自宅から1時間以内で行ける里山で、ハイカーの少ないマイナーなエリアのことです。

まずは、この時期の花々の紹介。

Img_2429

タチツボスミレ

Img_2440d

シハイスミレ

Img_2437

コバノミツバツツジ

Img_2439

ミヤマシキミ

Img_2441

ショウジョウバカマ

Img_2466

ショウジョウバカマは花が終わると花茎が伸びる。

Img_2445

チゴユリ

Img_2428

シャガ

Img_2459

サツマイナモリ

Img_2463

クサイチゴ

Img_2464

ヤマブキ

Img_2465

ナガバモミジイチゴ

次は、山菜の紹介。

Img_2430

意外な場所にあったセリの群落

P5020016_20210425172201

タラ

Img_2436

コシアブラ

Img_2462

タカノツメ

Img_2472

オオバギボウシ(ウルイ)

Img_2473

ウワバミソウ(ミズ)

Img_2478

ユキノシタ

Img_2443

ワラビ

Img_2467

ゼンマイ

この1週間でタラ、コシアブラ、タカノツメの旬は、標高が200mほど上がり、標高900mあたりがちょうど採れ頃。裏山にはそれ以上の高さはないので、そろそろこれらの山菜は終わりとなります。

| | Comments (0)

開田高原マイアスキー場

春休み4日間の最初の2日間は、奥美濃にて、野伏ヶ岳を滑ったり、テンカラ釣りなどをしてまったり過ごした。4日目に新潟の焼山でのBCを予定していたので、3日目はその移動を兼ねて、開田高原マイアスキー場でゲレンデ練習をすることにした。ちょうど福井在住の山仲間のダルさんも休みということなので、現地合流して一緒に滑ることにした。

Img_2406

マイアスキー場は御嶽山の北面に位置する。ゲレンデトップの標高は2120mもある。この日は天気は良かったが、気温は低めで風は強いので、雪が緩まないのではと思っていた。確かに朝一はカチカチ雪だったが、幸いなことに次第に雪は緩んでいった。

Img_2407

乗鞍岳の眺め。

Img_2409

スキー場から御嶽山への登山やBCは許可していないらしい。正午まで滑って終了とした。平日1日券が2,100円なので、半日でもお得感がある。問題はゲレンデが単調で変化がないところだが、この時期でも滑れるのであれば文句は言えない。

Img_2410

移動途中に道の駅日義木曽駒高原で食べた山賊焼定食。ご飯は無料で大盛りにでき、たいへんボリュームがあった。

Img_2412

白馬・小谷一帯は雪であった。翌日の焼山BCは新雪滑走となるだろうか?

| | Comments (0)

March 31, 2021

伯耆大山遠征3:番外編で足立美術館と米子城跡見学

伯耆大山遠征3日目は、天気予報通りの雨と強風により、バックカントリーは中止となった。せっかく鳥取県まで来ての空いた休日。こんな時にしかできないことということで、隣の島根県にある足立美術館に行くことにした。

大山は鳥取県の西に位置するので、足立美術館までの移動はそんなんに時間はかからなかった。大山地元のpianさんが足立美術館のパートナーズカード会員になっているので、同伴者2名まで入館料が半額となる。ちなみに入館料は大人は2,300円なので、この割引は大きい。

Img_2361

足立美術館は、横山大観をはじめとする近代日本画や北大路魯山人の陶芸などを中心に総数約2000点を所蔵しているが、何と言っても圧巻なのは、5万坪の日本庭園である。ここの庭園は、米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」による庭園ランキングで、18年連続日本一に選ばれているそうだ。

Img_2364

Img_2365

Img_2367

Img_2369

毎朝開館前に職員総出で約1時間かけて掃除をするなどの、美術館の徹底した「おもてなし」の姿勢がある。

Img_2368d

生の掛軸。庭園が絵画のように見える。

それから日本一の横山大観コレクションがあり、「大観美術館」とも呼ばれている。庭園の写真撮影は可能だが、絵画などの美術品の撮影はできない。たっぷり時間をかけて観ることができ、久しぶりに充実した美術鑑賞であった。

Img_2371

帰る途中で、米子城跡にも立ち寄った。

Img_2372

小原家長屋門から入る。

Img_2376

本丸に登る。番所跡からの眺め。

Img_2380

東屋がある。

Img_2381

天守台からの眺め。建物がないので、遮るものがなく、360°の展望である。城内の建物類は明治時代に売却され、取り壊されてしまったそうだ。

Img_2382

大山は雲に隠れていた。米子城跡見学は大山BCのいいクーリングになった。

Img_2383

昼食は、山陰自動車道の途中にある道の駅琴の浦のあかさき亭にて。牛骨ラーメンは鳥取県のソウルフードらしい。

| | Comments (0)

March 11, 2021

岩手八幡平遠征1:爆風で撤退!

前回の近況報告に書いたように、年度末で自転車操業状態が続いていることもあり、なかなかブログが更新できないでいます。タイムリーではありませんが、少しずつ記録をアップしていきます。まずは2月に行った岩手八幡平遠征の記録です。4回に分けてアップしていきます。

Img_2265

今回の遠征メンバーは、私とテレ仲間のどうちゃん・ばるちゃん夫婦の計3人。2月20日(土)に、伊丹空港から花巻空港着の早朝便の空路で岩手へ移動した。私にとって、冬の岩手は実に12年ぶりだった。

Img_2266

早朝便に乗ったということは、初日から山に入るためだったが、残念ながら現地はまさかの雨。この日の気圧配置は南高北低で、気温は高く、西寄りの強い風が吹く予報だった。標高が高いところは雪だろうという予測で、とりあえずは八幡平の御在所までレンタカーで上がってみた。確かに雨は雪に変わっていたが、すごい風だ。この爆風では、とても行動できない。

仕方なく、ゲレンデスキーに転進することにした。安比スキー場に移動すると、こちらも強風のため、上部のリフトが動いていなかった。せっっかく岩手まで来たのに何もできない1日目だった。

早めに宿にチェックインして、早々と飲むぐらいしかすることがない。まあ、たまにはそれもよいだろう。

Img_2268d

宿泊したペンションアサンギの食事は実に豪華で充実したものだった。まずは前菜のサラダ。

Img_2269d

クラフトビールもあり。

Img_2270d

スープ。

Img_2271d

白身魚のパイ生地包み焼き。

Img_2272d

ビーフステーキ。

Img_2273d

デザート。

翌日のためにしっかりエネルギーは補給したが、はたして翌日の天気はどうなるだろうか。

岩手八幡平遠征2:三ツ石山でパウダー!につづく

| | Comments (2)

March 05, 2021

近況報告

ブログの更新は遅れていますが、バックカントリーには行ってます。

2月下旬から3月上旬にかけての記録をリンク付きでまとめておきます。

●2月20日〜23日 岩手遠征

20日 爆風で撤退!
八幡平の御在所に上がるが、爆風のため入山できず、安比スキー場に移動。安比スキー場も強風のため、上部のリフトが稼働しておらず。結局、早めに宿に入り、早々と宴となる。

21日 三ツ石山でパウダー!
網張温泉スキー場から三ツ石山往復。パウダーでした。

22日 春山のような茶臼岳を滑る!
八幡平 茶臼岳。気温上昇で、春のような湿雪滑走でした。

23日 松川温泉の樹林帯でパウダーを滑る!
八幡平の御在所に上がるが、強風のため松川温泉に移動。源太ヶ岳東面の下部樹林帯を滑走。底付きはあったが、よい雪でした。

●2月27日 比良 湖北 乗鞍岳
往復3時間かからないお手軽BCでした。

●2月28日 福井 護摩堂山
こちらもお手軽BCでした。この後、昨年の7月に痛めていたアキレス腱痛が再発して、3日間ほど正常歩行ができない状態になる。

●3月6日 奥美濃 大日ヶ岳
アキレス腱痛のリハビリと若手テレマーカーHくんの練習のため。

●3月7日 奥美濃 桧山荘裏山BC

アキレス腱痛は、現在は痛みは残るものの、正常歩行はできている。いろいろと体のパーツが経年劣化しているが、春スキーに支障が出ないか不安なところ。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧