February 16, 2018

ワンゲル部2月石徹白合宿3日目&4日目:ラッセル&スキー訓練

ワンゲル部2月石徹白合宿の3日目は3連休の最終日。スキー訓練のために残るメンバーを除いて全員がこの日に帰路につく。午前中は、雪山登山希望者3人のために山小屋の裏山へラッセル訓練に。

P2120036

年末にもラッセル訓練は行ったが、今回はその時よりも倍以上にたいへん。前夜の降雪でさらに深雪に。私がスキーで膝ラッセルのに対して、スノーシューの彼らは膝上ラッセルに。ちなみに年末は臑程度のラッセルでした。ラッセル訓練としては最高の日ではありますが。

P2120038

植林の中の登り。しっかりコンパスを合わせて目的地を目指す。

P2120040

植林から広葉樹に変わると斜度が増し、ラッセルもより深くなる。頑張れ!

P2120041

目指す小ピークは近い!

P2120042

標高差250mを2時間18分かかって目的地の小ピークに到着。午前中だけでは行けないかと思いましたが、さすが若者で体力ありますね。ちなみにスキーで私が登るときはいつも1時間ほどでここまで来られますが、今回はもうちょい時間がかかるでしょう。積雪深をプローブで測ると2m50cmでした。この小ピークは平で幕営適地でもありますが、雪洞を掘ることも十分にできます。次回は雪洞訓練ですね。

P2120043

帰りは往路のトレースを使って下れば速い!

P2120044

45分ほどで小屋まで下れました。

Img_2787

午後は、帰路につく学生を見送ってからゲレンデへ。結構な風雪で視界も不良。数本滑っただけで終了としました。道路は除雪が追いつかず、スタックする車が多数あったようです。

*************************************
翌日(合宿4日目)は残った学生とスキー練習。一晩で70cmも雪が積もったので、ゲレンデパウダーでした。

Img_2790

ゴンドラ頂上駅真下の急斜面でさえ深雪過ぎて直滑降でないと滑らないぐらい。多くのスキーヤー・ボーダーが雪に埋もれていました。

Img_2789

ウイングヒルズ白鳥スキー場名物のウイングバーガー。なかなか絶品でした!

午後は早めに切り上げて、小屋の片付け。帰路はスタッドレスタイヤにチェーンを巻いて国道まで走りました。たぶんスタッドレスタイヤだけならばスタックしていたでしょう。なかなか雪に恵まれすぎた合宿4日間でした。

| | Comments (2)

ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その2:雪上泊訓練

水後山バックカントリーから帰ってきたら、山小屋の屋根の雪下ろしはすでに終了していました。現役部員、お疲れ様でした!

Img_2782

現役部員の一部は、今晩は雪上テント泊。彼らにとっては初めての体験になる。外張りではなく、フライシートですが、定員ちょうど入れば、そう寒くはないでしょう。

Img_2785

降雪の方が酷くなってきたので、テントが潰れないように時々雪掻きは必要でしょうね。

Img_2780

一方、山小屋残留組はストーブを囲んでマッタリ過ごしている。女子1名はこの後、テントへ移動となりましたが。

年寄りはこの後も飲み続けました。

ワンゲル部2月石徹白合宿3日目&4日目につづく

| | Comments (0)

水後山バックカントリー:ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その1

ワンゲル部2月石徹白合宿2日目は、ウイングヒルズ白鳥スキー場のゴンドラを使って、お手軽バックカントリーの水後山へ。スキー場トップから水後山まで標高差230m登って、水後川を県道314号まで滑走すると、標高差900m近い滑走ができます。

【日程】2018年2月11日(日)
【山域】奥美濃
【場所】水後山
【メンバー】コージさん、マメゾウムシ
【天候】雪
【装備】テレマーク2
【コースタイム】ウイングヒルズ白鳥スキー場トップ9:33〜水後山10:38-58〜県道314号12:39-47〜ウイングヒルズ白鳥スキー場13:44


ワンゲル部現役部員は午前中は山小屋の屋根の雪下ろしということで、私とコージさんの2名で水後山BCへ行くことに。

P2110004

ウイングヒルズ白鳥スキー場のゴンドラでスキー場のトップに上がる。

P2110005

クルージングコースをちょっと滑って、ゴンドラ駅を回り込んだ所がシール登行開始地点になる。先行者が3名登っているところでした。

P2110008

先行者3名は神戸山スキークラブのパーティーでした。2週間前の氷ノ山でお会いしているようです。ちょうど彼らが雪上訓練をしていたところを私たちが通過し、ちょっと挨拶を交わしています。ここからは5人でラッセルを交替しながら進む。

P2110009

標高差230mを1時間ほどで水後山に到着。風は強いですが、耐えられる程度。早速、滑走準備に入る。

P2110010

濃いめの樹林をコルまで滑って下りる。

P2110011

コルから水後川を覗くと、良さげなオープンバーンだが、雪崩リスクが少々ある。まずは神戸山スキークラブの3人が1人ずつドロップ。気持ち良さげに滑って行く。積雪は安定していそう。

P2110013

我々2人も続く。深雪に板を取られて1回転倒してしまったが、悪くはないパウダー! コージさんも続く。滑走シーンは動画をご覧下さい。

P2110015

こんなに広いバーンもある!

P2110017

神戸山スキークラブの3人です。

P2110024

沢筋は穴が結構開いていてリスキーなので、途中から林道を滑ることに。

P2110018

斜度が緩い所は深雪のために下りラッセルとなってしまう。またも神戸山スキークラブのメンバーと一緒に、5人で先頭を交代しながら下りラッセル。2番目以降は滑れますがね。

P2110022

下部は植林に変わる。

P2110025

仲良く5人一列で!

P2110030_3

やがって別荘地が見えて、ちょっと進むと県道314号に出た。これで滑走終了! 神戸山スキークラブの3人とはここでお別れ。お疲れ様でした!

Img_2777

我々2人はスキーを担ぎ、県道を歩いてウイングヒルズ白鳥スキー場に戻ることに。

P2110033

1時間ほどの歩きでウイングヒルズに戻れました。距離にして2.7kmですが、登りでしたので少々しんどかった。

Img_2778

休憩せずに滑って、戻ってきたので、空腹! 3連休中日で混雑したスキー場でしたが、すでに14時近くになっていたので、食堂には空席がありました。遅めのランチには、もちろんこれでしょう!

今回は深雪過ぎて、後半は下りラッセルになってしまいましたが、お手軽にそこそこ楽しめたバックカントリーでした。

YouTubeにアップした記録動画です。

ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その2につづく

| | Comments (2)

February 15, 2018

ワンゲル部2月石徹白合宿1日目:ゲレンデで細革練習!

2月の3連休プラス休暇1日の4日間で、石徹白にあるワンゲル部の山小屋でまた合宿してきました。年末、年明けと合宿したので、この冬3回目になります。豪雪の奥美濃地方ですので、小屋の屋根の雪下ろしが最重要任務になります。その任務に付随してスキーや登山の訓練も楽しんできました。

P2100001

初日の2月9日(土)は4時に現地着。路面は乾いていて、チェーン無しに上がってこられました。

P2100002

まだ暗いですが、山小屋へ荷物の搬入。

Img_2772

一段落したところで朝酌。それから仮眠。

Img_2774

この日はのんびり遅めにウイングヒルズ白鳥スキー場のゲレンデへ出る。

Img_2773

道具は今シーズン初の細板革靴テレマークにて。こういう軽快な道具こそテレマークらしさが発揮できますね。久しぶりに履いたので、ちょっと筋肉痛になりました。

Img_2775

昼に小屋に戻ると、学生たちが屋根の雪下ろしを始めたところでした。

午後も細革で2時間ほど滑る。

Img_2776

初日の夕食は、ワンゲル部前主将のお父さんで、テレ仲間であるコージさんが作ってくれました。なんと本格的カレー料理。鶏キーマカレー、豆カレー、プラオ(スパイスを入れたご飯)、カチュンパルサラダの4品。山小屋でこんな美味しい料理が食べられるとは。現役部員もOBもみんな満足した食事でした。宴はその後も続いたのでした!

ワンゲル部2月石徹白合宿2日目その1につづく

| | Comments (0)

January 21, 2018

新年石徹白合宿その2

新年石徹白合宿の3日目と4日目の報告です。

***************************************
3日目(1月13日):裏山バックカントリーAGAIN

【日程】2018年1月13日(土)
【山域】奥美濃
【場所】水後山周辺
【メンバー】Fukikoさん、マメゾウムシ
【天候】曇り時々雪
【装備】テレマーク2
【コースタイム】檜山荘9:24〜水後山への稜線上11:17-12:29〜檜山荘13:04

3日目も前夜の飲み過ぎによる寝坊で、遅めのスタート。学生は5時から早朝営業しているゲレンデに滑りに行っていたから、そこは若さの違いか。

P1130004

前日と同じルートで裏山BCへ。前日に高速道路を作っておいたので、ラッセルはほぼ無し。

P1130021

2時間かからずに稜線上の小ピークに到着。今日は気温がそんなに低くなく、風もなかったので、のんびりと長居しました。

Img_2624

今日もいい雪を滑り、小屋に戻る。小屋の勝手口上の積雪が気になったので、

Img_2625

雪下ろししておきました。

Img_2626

遅めのランチはビールと一緒に。関西のテレ仲間のFukikoさんが合流し、晩はキムチ鍋で3晩続けての大宴会となりました。

**************************************
4日目(1月14日):水後山まで足を伸ばして裏山BC

【山域】奥美濃
【場所】水後山周辺
【メンバー】Fukikoさん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク2
【コースタイム】檜山荘8:55〜水後山への稜線上11:03〜水後山12:06-33〜檜山荘13:53

P1140027

滞在4日目にしてようやく晴れました。起床すると、すでに学生は早朝営業のゲレンデに行ってしまっていた。さすがに若者は元気ですね。

P1140030

今日は沢から稜線へ詰めてみることにしました。その分、ラッセルになりますが。

P1140033

沢に穴が開いているところがありますが、注意して進めば問題なし。木の間隔も適当なので、充分に滑るルートにも使える。

P1140034

このあたりの斜面はどこでも滑れそうです。

P1140038

尾根上に出て前日までのトレースに合流。ここからはラッセルが楽になります。

P1140043

小屋から2時間かからずに稜線に出ました。水後山まで足を伸ばしてみることにします。

P1140048

水後山方面への稜線はスノーシューのトレースが伸びていた。はるか先に1名の登山者が登っているのが見えた。

P1140050

稜線に出てから1時間ほどで水後山に到着。展望もいい。

Img_2627

右に御嶽山、左に乗鞍岳!

Img_2628_2

野伏ヶ岳と薙刀山!

P1140051

東側に雪庇ができている稜線を滑って戻る。気温が上がって雪は湿雪重雪に。ちょっとテクニカルな滑走が要求される。おまけに雪がゲタのようにソールにくっつくのには難儀しました。

P1140053

樹林帯の雪はちょっとクラスト気味。悪雪も悪くない! 冷凍状態のムキタケがナラの木に。

P1140056

天気の良い最終日でしたが、その分、雪の方は悪くなってしまいました。前日までの3日間でパウダーが滑れたのでよしとしましょう。


YouTubeにアップした記録動画です。

| | Comments (0)

新年石徹白合宿その1

正月の信州遠征を終えて、2日間出勤しただけで、今度は研究室の学生4名と4日間のスキー合宿を行いました。場所は、年末を過ごした奥美濃の石徹白にあるワンゲル部の山小屋「檜山荘」。滞在中、2人の山仲間が、入れ替わりで、差し入れを持って遊びに来てくれました。

**************************************
1日目(1月11日):ゲレンデ滑走

早朝に白鳥から石徹白に向かう県道に入り、雪道を走っていたら、坂道を登れず、車が止まってしまった。車体が重くパワーのないFF車のヴォクシーハイブリッドでは凍った路面は登れない。チェーンを装着して、なんとか登れました。

Img_2601

研究室の学生は山屋ではないので、足下はなんと運動靴。それでつぼ足ラッセルして小屋入りしました。最初は大変でしたが、荷物の搬入のために、つぼ足で何度も歩けば、高速道路は出来上がります。ちなみに私はスキーを履いていました。

Img_2602

小屋への荷物の搬入が終わったら、ウイングヒルズ白鳥スキー場でのんびりとゲレンデ滑走。平日は空いていていいです!

Img_2603

滑るのは、やはり圧雪されていないところがいい!

Img_2604

昼食はスキー場のレストランにて。

Img_2605

山仲間のダルさんも合流したら、やはりコレでしょう!

Img_2606

夕食は大量に買った食材で坦々鍋。6人で食べるには結構な量でした。ビールや日本酒などお酒も豊富で、つい飲み過ぎてしまいました。こういう環境に慣れていない学生にはかなり寒そうでしたが、みんなしっかり夜は眠っていました。

**************************************
2日目(1月12日):裏山バックカントリー

【日程】2018年1月12日(金)
【山域】奥美濃
【場所】水後山周辺
【メンバー】ダルさん、マメゾウムシ
【天候】雪
【装備】ATスキー1、テレマーク1
【コースタイム】檜山荘10:09〜水後山への稜線上12:28-46〜檜山荘13:24

Img_2611_2

前日は徹夜状態で小屋入りしていたので、この日の起床は8時過ぎ。みんなよく寝ていました。学生達はいかにも寒そうな格好。とりあえず、鍋を温め、ラーメンを投入して朝食。朝からしっかりボリュームのある朝食でした。

P1120001

前夜から激しく雪が降り続けている。なんと大雪で北陸道が通行止めになっているようだ。学生はゲレンデへ。私とダルさんは、年末に私が開拓したルートで小屋の裏山へバックカントリーに行くことに。

P1120002

年末に小屋の屋根の雪下ろしをしたばかりなのに、すでにこれだけの雪が積もっています。

P1120005

ドカッと降ったので、深雪ラッセルを強いられます。場所によっては膝ラッセル!

P1120009

2人でラッセルの先頭を代わりながら、ジリジリと進む。

P1120010

標高差500mのルートとは言え、ラッセルがキツいとなかなかハード!

P1120012

もう一頑張り。

P1120016

小屋から2時間20分ほどかかって、水後山への稜線上にある小ピークに着きました。それでは滑走へ!

P1120019

激パウと言えるいい雪でしたが、ちょっと深雪過ぎて斜度がない所ではスピードが出ないのが...

P1120021

平坦なアップダウンの通過は、ATスキーのダルさんはちょっと苦労。

YouTubeにアップした記録動画です。

Img_2614

小屋に戻ったら、ダルさんはそのまま帰路につき、私は軽くランチ。

Img_2615

玄関の屋根上の積雪量が気になったので、

Img_2617_2

雪下ろししておきました。

Img_2618

夜はダルさんが差し入れしてくれた鹿肉を酒のアテに。

Img_2619

5人前としては充分な量のちゃんこ鍋で、今晩も満腹でほろ酔い気分に!

新年石徹白合宿その2につづく

| | Comments (0)

January 10, 2018

ワンゲル部年末石徹白合宿3日目:ラッセル訓練

ワンゲル部年末石徹白合宿の3日目は最終日。スキーの上達や訓練メニューを考えると、ちょっと合宿としては期間が短い。越年してもよいと思うのだが、最近の学生は正月は山で過ごすよりも家族と一緒に過ごす方がよいらしい。まあ、日程を含めて考え直す必要はあるだろう。

公共交通機関で帰る学生も多いので、今日は午前中しか使えない。ラッセル訓練とのことだが、実質的にはラッセル体験というのが正しいだろう。

Pc310029

ラッセルの足回りはスノーシュー。小屋から歩き出して、斜面を登る。私はスキーでラッセル隊の横を歩きながらアドバイスをする。

Pc310030

前日の晴天で雪の表面はクラストして、モナカ雪状態。

Pc310031

針葉樹の中はまだパウダーが維持されていました。

Pc310032

下りもラッセルして、山小屋へ戻りました。もちろん私は滑ってですが...

3日間お疲れ様でした。1月は学期末試験もあるので、彼らは次は2月に小屋入りします。

最後に残った学生とOBと小屋掃除と戸締まりを終えたら解散。私はそのまま白馬方面へ。他は関西へ戻っていったのでした。

| | Comments (0)

ワンゲル部年末石徹白合宿2日目:バックカントリールート開拓!

ワンゲル部年末石徹白合宿の2日目は、午前中は学生はスキーの自主練.その間に私は、学生のバックカントリースキー訓練もしくは雪山訓練に使えて、山小屋から直接取り付けるルートの開拓に行ってきました。
事前に地形図でルートは決めていましたので、木の間隔、斜面の具合、危険な箇所はないかなど確認を行いながらそのルートをトレースしてみました。
なお、諸事情によりルートの詳細については伏せておきます。

【日程】2017年12月30日(土)
【山域】奥美濃
【場所】水後山周辺
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク1
【コースタイム】檜山荘7:50〜水後山への稜線上10:18-45〜檜山荘11:26

Pc300003

我らワンゲル部の山小屋です。だいぶ屋根に雪が積もっています。今日は天気もいいので楽しめそう。

Pc300005

小屋の周囲は無雪期は激しい笹藪なのですが、藪が雪で埋まると、木の間隔は滑るにはなかなかいい感じになってます。

Pc300006

途中、沢を渡る所があります。スノーブリッジを見つけて渡る。

Pc300008

下部は植林が多いのですが、木の間隔は悪くないです。前夜は雪が降っていたので、新雪です。もちろんラッセルですが、今日は雪も軽く、それほど苦にはなりません。斜度は緩いので、このあたりはシール登行初心者でも問題なさそう。

Pc300009

登るにつれて、針葉樹からブナなどの広葉樹に変わります。

Pc300010

途中、平坦なアップダウンを進む。

Img_2554

大日ヶ岳方面が見えます。

Pc300014

ちょっと斜度が上がってきます。キックターンを交えながら登ります。

Pc300016

登り切ると,水後山への稜線上に出ました。ここまで標高差500m、2時間半の1人ラッセルでした.稜線上には雪庇ができていて、水後山へ向かうスキーヤーのトレースがありました。さて、登って来た斜面を滑るとしますか!

Pc300020

激パウと言えるいい雪です! 上部は30度ほどの斜度がありましたが、最高です!

Pc300021

途中の平坦地のアップダウンはテレマークならば問題ないです。

Pc300023

植林の中も板の走るいい雪でした。

Pc300024

沢を渡る所だけは、安全のためにシールをつけて通過しました。

Pc300025

あとは小屋まではすぐ。

Img_2558

小屋では学生が屋根の雪下ろしをしていました。今回は屋根の雪下ろしも重要な目的です。

下りはスキーで40分ほど。バックカントリー初心者向きのいいルートと思います。雪上歩行の練習にも良いでしょう。

午後は学生のスキー指導の続き。

Img_2560

スキー初心者のMくんのプルークボーゲンもだいぶ安定してきました。テレマーク姿勢はなかなか難しいようで、両膝に前後差をつけることが課題ですね。

Img_2561

アルペンの学生の指導も。ちょっと1人でアルペンとテレの両方を見るのはキツい! レベルもばらついているし。次回は指導者の助っ人がほしいところです。

Img_2562

まあ、見た目はよくはなっています。あとは自主練しっかりしましょう!

ゲレンデではKPUWV部の学生にも会いました。KPUWV部の山小屋も石徹白にあり、うちとの交流もあります。今日会った彼はテレマーク4日目にして、そこそこの滑りをみせる。若いテレマーカーが誕生しています!

ワンゲル部年末石徹白合宿3日目につづく

| | Comments (0)

ワンゲル部年末石徹白合宿1日目:3人のテレマーカーの誕生!

2017年の年末はワンゲル部の山小屋での合宿に同行し、スキー・雪山技術の指導をしてきました。

1日目は、早朝に奥美濃石徹白にあるワンゲル部所有の山小屋入り。
仮眠をしてから、小屋から歩いて行けるウイングヒルズ白鳥スキー場でスキー指導を開始。

テレマークスキーの希望者が1回生2名と若いOB1名(院生)の3人。
事前にテレ仲間から道具を寄付していただいたりして、学生には経済的負担無しでテレデビューさせられました。
ご協力いただいた方々にお礼申し上げます。

Img_2548

まったくのスキー初心者が1名いたので、まずは平坦地で歩くこととから始める。レベルが揃っていないし、指導者が1名では教える効率が悪い。
他の2名もテレの道具で同様な事をしてもらう。

Img_2550

プルークボーゲンができるようになったところで、テレマーク姿勢の取り方を教える。
まあ、1日ではこの程度までかな。

Img_2549

お昼は昼食券1000円を利用して贅沢に飛騨牛ステーキ丼。生ビールもつける。ちょっと量が少ないのは価格的に仕方がないか。

Img_2553

夜はワンゲル部員達とお酒を飲む。スキー場に近い冬の山小屋もいいです。

ワンゲル部年末石徹白合宿2日目につづく

| | Comments (0)

January 06, 2018

謹賀新年 および 年末年始スキー山行(速報)

すっかりご挨拶が遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。

今年も例年通りの雪国での年明けとなりました。

昨年の4月からワンダーフォーゲル部の顧問になった関係から、今年はそのワンダーフォーゲル部の技術指導に費やす時間が多くなるものと思われます。その分、自分の山行に費やす時間は少なくなるわけですが、自分の得た技術や経験を後進にしっかり伝えることこそが自分の年齢的に重要な役割と思うこの頃です。昨今は国民全体が安定志向で、若者が挑戦や冒険を敬遠する傾向が目立つ気がします。若者がそのような状況では、今後の国の発展は望めず、どんどん国は衰退していくだけのように思います。せめて私が顧問をしているワンダーフォーゲル部だけでも、挑戦や冒険ができる機会を提供できるようにはしたい。もちろん挑戦や冒険にリスクはつきものではあるが、そのリスクをできる限り低くするためにもしっかり技術や体力を身につけさせる。そのような方向で、今年はワンダーフォーゲル部の活動の幅を広げていきたいと思います。

それとは別に、テレマークスキーの普及活動とバックカントリースキーでの安全啓蒙も昨年同様に続けていきます。

そんな訳で、今回の年末年始スキー山行遠征は、ワンダーフォーゲル部の奥美濃石徹白にある山小屋での冬合宿から始まり、年明けは信州に移動してバックカントリースキーを楽しみました。

以下、速報です。

12月29日 ワンゲル部冬合宿1日目:学生へのテレマークスキー指導
12月30日 ワンゲル部冬合宿2日目:バックカントリーのルート開拓と学生へのスキー指導
12月31日 ワンゲル部冬合宿3日目:学生へのラッセル指導
1月1日 白馬 天狗原・裏ヒヨBC
1月2日 小谷 ハクノリスキー場から若栗の頭BC
1月3日 平湯 久手牧場から大崩山・猫岳方面BC
1月4日 黒姫山南西尾根BC

追々記録をアップしていきます。

今年もよろしくお願いします。

2018

| | Comments (2)