March 18, 2024

ワンゲル部3月合宿その3:最後は快晴の大日ヶ岳で、3日連続のパウダー滑走!

ワンゲル部3月合宿の3日目の記録です。合宿最後の山行は、快晴の大日ヶ岳にて、3日連続のパウダー滑走となった。

【日程】2024年3月11日(月)
【山域】奥美濃
【場所】大日ヶ岳
【メンバー】ワンゲル部員3名、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク4
【コースタイム】高鷲スノーパークゲレンデトップ9:22〜前大日9:49〜大日ヶ岳10:09-28〜大日谷1550m地点10:38-49〜大日ヶ岳11:20-52〜叺谷1510m地点12:03-19〜前大日東面1610m地点12:44-56〜高鷲スノーパークゲレンデ復帰1330m地点13:28-31〜高鷲スノーパークセンターハウス前13:45

ワンゲル部3月合宿の3日目の行き先は、野伏ヶ岳が有力な候補地となっていたが、上部が無木立の斜面となるため、雪崩リスクが多少なりとも考えられた。ワンゲル部員の未熟なスキー技術では転倒が多いため、雪面への負荷も大きい。指導者としては安全のマージンを大きく取らざるを得ない。そこで候補となったのは、高鷲スノーパークからの大日ヶ岳であった。大日ヶ岳山頂周辺は、裏山よりも標高が高く、北向きの斜面が多く、樹林帯でもあるため、比較的良い雪が維持されている。前日はさほど気温は上がらなかったことから、ひょっとしたら3日連続のパウダーもあり得る。スキー場からのアクセスのため、エスケープがしやすく、バックカントリー入門者向きのコースである。スキー技術が未熟でBCの経験の少ないワンゲル部員には、むしろちょうどよいのかもしれない。今シーズンは大日ヶ岳を2回ほど滑っているが、いずれも快適なパウダー滑走であった(2024年1月5日27日の記録)。結果論にはなるが、前日とこの日の野伏ヶ岳には多くの登山者やスキーヤーが入山しており、危惧していた雪崩事故は起こらなかったようだ。

ワンゲル部山小屋から高鷲スノーパークまでの移動は、車で1時間もかからない。平日でもあるため、高鷲スノーパークの駐車場には比較的前の方に駐めることができた。春休みということもあり、大学生など若い人たちが多かった。そんな中で、クライミング用のヘルメットを被り、大きめのザックを背負ってセンターハウスに向かうワンゲル部員たちは異色に見えたにちがいない。インフォメーションにて登山届を書き、登山券2500円(預り金500円含む)を購入し、ゴンドラにてゲレンデトップに上がる。平日ということもあり、ゴンドラ待ちの行列はできていなかった。

212939cb30434ddb9847e23f8bfd36f910450000

平日ではあるが、登山者やBCの人たちは結構いた。特にガイドツアーと思われるグループは、ボーダーばかりであった。前日にも多くの人たちが入山したこともあり、トレースはしっかりできており、ラッセルはまったくなかった。

B53ec1d42bea4f75bb9f800eeca31d4210450000

前大日からの大日ヶ岳。

B284540fea254a149d4385564aa0a0fe10450000

前大日からはいったん下りとなるため、シールをつけたままの滑りとなる。そこそこ傾斜があってスピードが出るので、ワンゲル部員たちにとっては、なかなかスピード制御が難しい。

B33eb8edf6774366a9d1eebee55ff1d310450000

ゲレンデトップから1時間もかからずに、大日ヶ岳の山頂に到着した。1月5日に来た時も快晴だったが、この日も見事な快晴であった。今回は、山頂からの360°の展望を、前回よりも細かく、北から時計回りにて以下に紹介する。

Img_6445

白山を中心とした北方向の眺め。

Img_6444

北アルプス北部を中心とした北東方向の眺め。剱岳も見える。

Img_6443

北アルプス南部から御嶽山を中心とした東方向の眺め。槍ヶ岳や中央アルプスも見える。

Img_6442

南東方向の眺め。

Img_6449

南方向の眺め。

Img_6448

福井の山を中心とした南西方向の眺め。

Img_6447

福井の山から奥美濃の山を中心とした西方向の眺め。

Img_6446

白山を中心とした北西方向の眺めで、1周となる。

2b4e71b7b8a845e6804fca28a64884b710450000

最初の滑走は、北面の大日谷へドロップ。前日につけられたシュプールは多かったが、まだまだ滑れるラインは残っている。

3f4522ee357e4b44b57d708f6642dc4110450000

北面だけあって、軽いいい雪だった。これでまさかの3日連続のパウダー滑走となった。大日ヶ岳は嘘つかない!

E3de75277898487183fc91d636008d8810450000

谷が狭くなる所まで標高差150mほどを滑った。スキーにシールを貼って、山頂に登り返す。

53c0690ce55649ba8193f77a49afc07510450000

ひるがの高原からの夏道に出る。

C4aa13cdc74841ba93504fe4e86ab69410450000

2度目の山頂にて、ランチとする。天気も良く、ほぼ無風で過ごしやすい。

2c312365da2e4cd293f1eac39f88d30a10450000

次の滑走は叺谷へドロップ。

1a05407da57d433087e8b4e658fa529910450000

台地状となる標高1510m地点まで標高差200mほどを滑った。上部の雪はよかったが、下部は湿雪で重めだった。私にとっては板が走る悪くない雪だったが、ワンゲル部員たちは苦労していた。

4205500e37584db581ab70203bb6975110450000

前大日方向へ登り返す。

B5e4773ba40c445e820f703609b4255f10450000

前大日の直下まで登り、最後の滑走の準備をする。

72e541bc234040da8ee027d8feabd32f10450000

出だしは往路で登った斜面で、荒れ気味であった。

C54f5bf42ac8460b83163f991483cf0c10450000

そのままトラバース気味に滑るとゲレンデトップに戻れるが、叺谷方向に滑っていく。上部は北面の樹林であったので、軽いよい雪であった。日射を受ける斜面は雪が重くなっていたが、さほど滑りに支障はなかった。

Aab627b4f66042adb4d12c41d8d1c12210450000

そのままシュプールを追っていくと、尾根のトラバースとなる。多くのスキーヤーやボーダーに滑り固められたトレースをボブスレーのように滑っていくと、ゲレンデに出ることができた。あとはゲレンデを滑って、無事下山となった。

3月合宿は4日間を予定していたが、翌日は雨予報のため帰阪するだけとなった。当初の予定では、和田山牧場跡でテント泊ベースにて、周辺の野伏ヶ岳や薙刀山の登頂の計画だったが、冬型の気圧配置で大量の降雪が予想されたため、雪崩リスクを回避して、山小屋をベースとした合宿に計画を変更した。結果論にはなるが、計画を変更しなくても合宿は完遂できたかもしれない。前日もこの日も、野伏ヶ岳登って滑った人たちは多かったようだ。しかし、リスクを考えた行動はやはり重要である。少なくとも安全に3日間ともパウダー滑走ができたこと、そして山小屋の裏山にて新たなルート開拓ができた成果は大きく、ワンゲル部員の安全を第一に考えたうえでの意思決定に問題はなかったと思う。

| | Comments (0)

March 15, 2024

ワンゲル部3月合宿その2:再び山小屋裏山スキーツアーで新規ルート開拓

P3100029

ワンゲル部3月合宿の2日目は、一昨日の夜からの雪が朝まで降り続いた。この日は天気は回復に向かうが、気温は上がらなそうなので、雪質は維持されそうだ。本日も前日に引き続き、雪崩リスクがほぼない裏山ツアーで充分であるだろう。天気の回復が見込まれるので、もっと上まで行けるにちがいない。余裕があれば、今シーズンは雪不足で諦めていた新たな裏山スキールートの開拓もできるかもしれない。裏山スキーツアーとしては早めの8時に山小屋を出発した。

P3100030

前日につけたトレースの上にも10cm以上の積雪が乗っていた。

P3100031

時折、青空が除く。アプローチの林道を進むが、前日につけたトレースのおかげでラッセルはほぼない。

P3100036

前日に到達した台地状の小ピークを巻き気味に過ぎると、トレースがなくなるのでラッセルとなる。本日も現役部員3名にてラッセルを回してもらう。深いところで、膝ぐらいのラッセルになった。

P3100041

本日は時間があるので、いつもの裏山ピークを過ぎて、さらに上を目指したが、雪不足のためスキーでは進めず、某ピーク手前までとした。前日は強かった風は、本日は弱くなっていた。

P3100043

時間に余裕があるので、新ルートの開拓を行うことにした。某谷の源頭から某谷に滑り込み、別の尾根から稜線に登り返す。地形図で見て、このルートが想定できたが、今シーズンは雪不足のために挑戦を控えていた。問題はボトム箇所の沢割れだ。登り返す尾根に取り付くには、なんとか沢を渡らなければなあらない。沢を渡れない場合は、往路を戻れば良いだろうということで、ワンゲル部員たちと冒険してみることにした。

P3100045

上部は急だったが、途中から木の間隔が開いた滑りやすい斜面が現れた。雪質も良い。

P3100046

快適に滑り降りてくるワンゲル部員たち。

P3100048

問題の沢の横断箇所は、スノーブリッジがあり、無事渡ることができた。

P3100049

さて、登り返すとするか。

P3100051

登り返しに使った尾根も、快適に滑れそうな斜面であった。

P3100053

上部はやや藪が濃いめだったが、平年ぐらいの積雪があれば、これらの藪は埋まると思われる。

P3100054

裏山のピークに戻ったところで、シールを外し、山小屋までの最後の滑走に入る。

P3100057

いつもの斜面を滑る。少々雪は重くなっていたが、スキーが走るクリーミーな雪であった。

P3100060

今回の私は、新雪滑走を期待して、センター110mmの板を使ったが、実に快適であった。

P3100062

ワンゲル部員たちは時折転けながらも、楽しそうに滑っていた。

P3100069

山小屋まで滑り込み、この日の行動が終了した。

2日連続での嬉しいパウダー滑走となり、標高差約800m、7時間弱の行動時間であった。新たなルートを開拓したことにより、裏山スキールートはより充実したものとなった。今後のシーズンが実に楽しみである。なお、裏山のスキーツアールートについては、諸事情のため公開はしていない。

今後の自分の予定を考えると、裏山スキールートに行けるのも、これが今シーズン最後かもしれない。明日は晴天予報のため、標高が低く南斜面である裏山は、雪は湿った思い雪になってしまうだろう。3月後半の気温上昇で、雪融けは急激に進むに違いない。この積雪量では、ザラメになるまでは残雪は維持できない。次は、標高の高い山域に活動を移して行くことになるだろう。

ワンゲル部3月合宿その3につづく

| | Comments (0)

March 14, 2024

ワンゲル部3月合宿その1:3月のワンゲル部山小屋裏山にて、まさかの2週連続のパウダー滑走!

ワンゲル部山小屋の裏山にてパウダー滑走を楽しんだのが、ちょうど1週間前だった。裏山では今シーズン最初で最後のパウダーと思っていたが、今回も冬型の配置になり、まさかの2週連続のパウダーを当てることができた。

今回は現役部員の3月合宿(2024年3月9日〜12日)での技術指導のために同行した。1月と2月は冬とは思えない暖かい日が多かったが、3月に入ってから冬らしい寒い日が続いていた。この週も冬型の気圧配置になるということで、全国的に雪崩事故が多発した前の週と同じ気象条件が想定された。当初の予定では、奥美濃石徹白の和田山牧場跡をベースキャンプとし、野伏ヶ岳や小白山など周辺の山を滑る予定だった。しかし、これらの山々の上部は無木立の斜面が多く、雪崩リスクが多少なりあった。特に野伏ヶ岳南面は数年に1回は大きな雪崩が起きており、木々が折れた跡が残されていることが多い。山仲間とのスキー山行の計画ならば、とりあえず現地へ行ってみて、現場で雪の状態をみて意思決定することを選んだかもしれない。しかしながら、スキー技術がまだ未熟で雪山の経験の少ないワンゲル部員との山行計画については、指導者として安全のマージンを多く取らざるを得ない。積雪が維持されているならば、山小屋の裏山でも充分に滑れるに違いない。今回は安全を優先して、山小屋をベースにスキー山行をすることにした。結果論にはなるが、野伏ヶ岳には多くの登山者やスキーヤーが入山し、危惧していた雪崩事故は起こらなかったようだ。

3月8日の夕月に堺を発ち、奥美濃へ向かったが、現地へ近づくと、天気が雨から雪に変わった。夜遅くなるほど雪の降りは酷くなり、前の週とは比較にならない大雪となった。車がスタックするリスクがあったため、夜のうちに山小屋入りすることは諦め、麓の道の駅での車中泊を選択した。翌朝は、道路の除雪が終わった頃に出発し、無事山小屋に上がることができた。

Img_6342

この1週間は天気が良くなく、前の週に降った雪はそれほど溶けずに、今回の降雪で、明らかに山小屋周辺の積雪は増えていた。新雪が30cm程度は積もっていた。

P3090002

前の週はかなり出ていたササも、大部分が再び雪の下に埋まっていた。一休みしたところで、裏山へ偵察へ行くことにした。

P3090004

前の週は途切れかけていた裏山へのアプローチの林道もまた雪がつながっていたが、今シーズンの雪不足で目立つ段差が解消されるほどではなかった。ラッセルはやや重めの雪であったが、現役部員3名にラッセルを回してもらうので、私は楽に後ろをついていくのみ。

P3090005

下部の植林内も積雪が増えたことで、だいぶ滑りやすくなっていた。

P3090009

念のため、コンプレッションテストをやってみた。新雪と旧雪の結合が悪そうだが、それほど明瞭な反応ではなかった。樹林帯の中であれば問題はなさそうだ。

P3090010

さらに登るが、稜線に近づくと、風が強くなる。

P3090011

風も強く上部の視界がよくないので、いつものピークまでは上がらず、途中の台地状の小ピークまでとした。

P3090013

期待した通りにふわふわの軽いパウダー滑走となった。

P3090018 

そうであれば、登り返してもう1本滑りたくなる。すでにトレースをつけていくので、登り返しは高速道路を進むようで楽だ。登り返していくと、さらに風が強くなり、風で動いた雪で、すでにトレースが消えかかっていた。

P3090020

再び台地状の小ピークに着くと、視界が悪く、本日はこれぐらいにしておいた方がよさそうだ。

P3090023

再びよい雪を滑る。

P3090025

下部の植林も良い雪だった。ここまで下ってくると、実に気象条件は穏やかになる。

P3090028

山小屋に滑り込み、本日の行動が終了した。

Img_6371

結局、雪は1日中降り続いた。山小屋に帰ってからも、これまでの融雪が回復するぐらいの見事な降りが続いた。この気象条件であるならば、よい雪は翌日も維持されるにちがいない。翌日も雪崩リスクがほぼない裏山ツアーで充分であるだろう。天気の回復が見込まれるので、もっと上まで行けるにちがいない。今シーズンは雪不足で諦めていた新たな裏山スキールートの開拓もできるかもしれない。

Img_6372

冷えた体を薪ストーブで外から温めて、お酒で内部から温める。雪は翌朝まで降り続いた。

ワンゲル部3月合宿その2につづく

| | Comments (0)

March 06, 2024

ワンゲル部山小屋の裏山で今シーズン最後のパウダー?

残っていたウイングヒルズ白鳥スキー場の前売券を前日に無事消費することができたが、この日(2024年3月2日)の行き先は直前まで決めかねていた。ちょうど北海道遠征中だった2月18日前後に全国的な気温上昇があり、その後は冷え込んだ。そして、この週末は冬型の気圧配置になる予報だった。そこそこの積雪が期待されるので、ひょっとしたらパウダーが期待できるかもしれない。しかし、極端な気象条件の変化は雪崩リスクを高める。気温上昇後の急な冷え込みは雪崩の滑り面となるクラストした雪の層を作ってしまう。その上には表面霜ができやすい。クラストした雪の層の上に新雪が乗れば、積雪内部では急な温度勾配により、雪の再結晶化も起こりやすい。これらは弱層の原因になる。冬型の気象は強風を伴い、風によって移動した雪によって、面発生雪崩の原因となるスラブが形成されやすい。よって行き先は慎重に判断して決めねばならない。近くの野伏ヶ岳や高鷲スノーパークからの大日ヶ岳に加えて、飛騨の日照岳や野谷荘司山なども候補に挙がったが、雪崩リスクと同行者のYukaの滑走技術を考慮すると、大日ヶ岳とワンゲル部山小屋の裏山の2つに絞られた。結局は近くてお手軽ということで、裏山に滑りに行くことに決めた。

裏山は、ワンゲル部の山小屋からドア to ドアで滑りに行けて、ワンゲル部関係者以外が入山することはまずもってないので、ワンゲル部のプライベートゲレンデとなっている。山小屋から単純に裏山のピークを往復で、標高差500mほどは滑れる。登り返せば、そこそこ充実したバックカントリースキーとなる。樹林帯のため雪崩リスクはほぼない。ただし、今シーズンは雪不足のため、例年よりも少々藪は濃い。今シーズンは4回ほど裏山を滑っているが、1回を除き、いずれも厳冬期とは思えない気温上昇のため、生コン雪状態となった悪雪の滑走だった(2023年12月2024年2月その1その2での悪雪滑走の記録)。唯一良かった1回は、クラストした雪が緩んだクリーミーな雪の滑走だったが、厳密にはパウダーではなかった。裏山は南向きの斜面が中心で標高も1000m少しの低山なので、晴れて気温が上昇すると、すぐに雪が湿雪となり重くなってしまう。しかし、今回は冬型の気圧配置で日中でも気温はさほど上がらない予報のため、よい状態の雪が維持されているだろうと判断した。なお、裏山のスキーツアールートについては、諸事情のため公開はしていない。

1

8時過ぎに裏山へのアプローチの林道ゲートに到着する。雪融けが進んでいたので、ゲート前に駐車できた。本当はゲートの奥に駐車したかったのだが、凍結していたためゲートが開かなかった。

P3030003

ワンゲル部の山小屋前を通過する。今回は泊まらずで、小屋内には内部の点検のためだけに入った。水道など特に小屋内に問題はなかった。

P3030004 P2120040_20240305170301

雪融けが進んだこともあり、林道脇のササが結構出ていた(左の写真)。右の写真は2月12日に撮影したものだが、左の写真の真ん中の木が、右の写真の右端に見えているが、ササは雪に埋まっていたことがわかる。

P3030005

雪融けで山小屋の水源も出ていた。

P3030006

アプローチの林道も雪が途切れそうである。おそらく一度は雪が途切れたのだろうが、今回の新雪の積雪によってかろうじてつながった感じだ。

P3030008

奥美濃の山は下部が植林であることが多いが、裏山もそうである。雪融けが進んでいることもあり、切り株やループ状になったササなどトラップが多い。

P3030010

植林を抜けると広葉樹林になる。雪の状態はよさそうだ。

P3030012

ブナの木にクマの爪痕があった。

P3030013

爪痕のある木の上にはクマ棚があった。

P3030014

さらに登るが、少々藪が濃い。

P3030015

最後の急斜面をキックターンを繰り返して登る。

P3030017

ゆっくり登っても、スタートから3時間ほどで裏山のピークに到着した。昼食の時間だったが、少々風が強めだったので、風が弱まるところまで滑ってからにする。

P3030020

シールを外して滑走に入る。予想したとおり、裏山にはよい状態の雪が積もっていた。新雪は10〜20cm程度で底付きは若干あるが、滑りには問題なかった。Yukaには少々障害物が多かったようだ。

P3030022

ランチを終えたら、再び滑走に入る。

P3030025

気持ちよくパウダーを滑る。

P3030027

植林内では、トラップに注意して、あまり飛ばさずに滑る。

P3030029

山小屋前に滑り込む。

P3030031

駐車地点まで滑り込んで終了となった。

裏山は、2月に来た時と比べると、だいぶ積雪量は減っていたが、今シーズンの裏山では最初で最後となるであろうパウダー滑りを気持ちよく楽しむことができた。次に気温が上昇したら、融雪が一気に進み、裏山は滑れる状態ではなくなるにちがいない。近くの野伏ヶ岳や、大日ヶ岳の上部はまだ行けるかもしれないが、それでも例年よりは賞味期限は短そうだ。そろそろ遠出をして標高を上げないと駄目だろうか。

| | Comments (0)

March 05, 2024

ウイングヒルズ白鳥で新雪滑り:前売券の消化にて、またも奥美濃へ

顧問をしているワンダーフォーゲル部では、山小屋に隣接するウイングヒルズ白鳥スキー場でスキー練習をしている。そのために格安な前売券を、ワンゲル部としてシーズン入り前にまとめて購入している。今シーズンは合宿中に発熱で滑れなかった部員がいた関係で、使い切れなかった前売券が残っているということで、2枚ほど買い取ることにした。

この週末(2024年3月2日〜3日)はそのリフト券の消化で、通い慣れた奥美濃へ行くことにした。それがなければ、白馬で開催されるテレマークスキーイベントのfrieに行きたかったのだが、翌週末も翌々週末も予定が詰まっており、暖冬によるウイングヒルズのゲレンデコンディションを考慮すると、この週末しかその機会は残っていなかった。リフト券2枚を消費しなければならないのだが、一人だと土日共にゲレンデ練習となってしまう。やはり土日のどちらかは山を滑りたい。ワンゲル部の前主将のYukaに声をかけてみると快い返事であった。

この週末は冬型の天気となり、そこそこの積雪も期待される。ひょっとしたらパウダーも期待できるかもしれない。ただし、注意が必要だ。ちょうど北海道遠征中だった2月18日前後に全国的な気温上昇があり、その後は冷え込んだ。そして、この週末は冬型の気圧配置になる予報だった。極端な気象条件の変化は雪崩リスクを高める。気温上昇後の急な冷え込みは雪崩の滑り面となるクラストした雪の層を作ってしまう。その上には表面霜ができやすい。クラストした雪の層の上に新雪が乗れば、積雪内部では急な温度勾配により、雪の再結晶化も起こりやすい。これらは弱層の原因になる。冬型の気象は強風を伴い、風によって移動した雪によって、面発生雪崩の原因となるスラブが形成されやすい。よって行き先は慎重に判断して決めねばならない。土曜日は様子見ということもあり、前主将とウイングヒルズ白鳥スキー場にてゲレンデ練習とし、日曜日は雪崩リスクが高くない山でのバックカントリーという選択にした。

Img_6331

桧峠への県道は朝は積雪路で凍結していて、道路上でチェーンを装着している車を数台ほど見かけた。朝には雪はほぼ止んでいたが、野伏ヶ岳方面は雪雲に覆われていた。前夜の降雪で、ゲレンデは5〜10cmの新雪が積もっており、ひじょうによいコンディションだった。

Img_6332

時折、青空がのぞくこともあった。非圧雪のバーンでは、なんとパウダー滑走ができた。ただし、パウダーはあっという間に食われてしまい、午後にはちょっと荒れた圧雪バーンと化してしまった。

Img_6333

Yukaのテレマークスキー練習の指導も行った。だいぶ上達したが、まだまだ課題は多い。この日はややお客さんは多かったが、ゴンドラ待ちはさほどでもなく、午前9時から午後3時までしっかり滑って終了とした。帰りの県道は、路面温度が高いためか、雪はほぼ溶けて、ドライな状態になっていた。

Img_6339 Img_6341

夜はスキー場に隣接するワンゲル部の山小屋に泊まってもよかったのだが、白鳥の町に下りて、北濃にあるさんたべーるで呑みながらのディナーとした。夜からはまた雪が降り出した。

ワンゲル部裏山で今シーズン最後のパウダー!につづく

| | Comments (0)

February 25, 2024

つながろうテレマーク!全員集合!:盛況のうちに終了!

関西・北陸・中京地区のテレマーカーによる合同イベント「つながろうテレマーク!全員集合!」が、2月24日に福井和泉スキー場で開催され、盛況のうちに終了した。

Img_6318 P2240001_20240225170801

当日は天気にも恵まれ、関西・北陸・中京地区だけでなく,遠くは岡山や徳島から、合計40〜50人ほどのテレマーカーが集まった。「つながろう!」というテーマのもと、普段は一緒に滑らない他地区のテレマーカーと一緒に滑って交流・親睦を深めた。

P2240003_20240225171801

会場となった福井和泉スキー場はリフトは2本しかないものの、コースはバラエティに富み、駐車場からゲレンデはすぐで、なかなか良いスキー場であった。中部縦貫道が九頭竜まで伸びて、アクセスも格段に良くなった。元々は西部資本のスキー場だったようだが、現オーナーが個人で買い取って営業を続けている。

P2240004_20240225171901

オーナーはイベントに協力的で、参加者たちにわざわざ挨拶までしてくださった。それだけでなく、スキー場全体に我々の集合のための放送までしてくれた。

Img_6322

朝のうちは硬かったゲレンデも、好天に恵まれて、昼ぐらいには雪が緩み、まるで春山のような様相となった。細革スタイルにちょうど良い状況だ。スポーツのマンゾクさんとブルーモリスさんによる細板の試乗、さらには革靴のレンタルもあり、ゲレンデには多数の細革スタイルのテレマーカーが滑っていた。私も午後からは今シーズン初の細革スタイルで滑った。同行したワンゲル部前主将も初の細革スタイルを体験した。最初のうちは産まれたばかりの子ヤギさん状態だったが、そのうちにターンを決めるようになる。よい経験になったのではないだろうか。

428692041_4397553023802416_2743328366375

時の開会式と、11時に再集合して集合写真を撮った以外は、特に行事は行わなかったが、みんなで一緒に滑ることで、他地区とのテレマーカーたちと充分につながることはできたのではないだろうか。しばらく会えなかったテレ仲間とも久しぶりに会えたりもした。

なかなか楽しく盛り上がった1日も、あっという間に終了となった。来年度もこのスキー場でのイベント開催を考えてもよいだろう。今から来年度のイベント内容を煮詰めていきたい。

| | Comments (0)

February 20, 2024

ワンダーフォーゲル部2月山小屋合宿5日目:ゲレンデ練習AGAIN

Img_6253

ワンゲル部2月山小屋合宿の最終日である5日目は、ゲレンデでの滑走練習で締めた。

Img_6254

今シーズンに初めてスキーを経験した新人1名がいたが、プルークボーゲンでゲレンデをある程度は滑れるようになっていたので、テレマークスキーの技術を教え始めることにした。

Img_6256

アルペンポジションでの斜滑降や横滑りから始め、そこにテレマークポジションを入れてみたり、緩斜面をシャフリングで滑ってもらったりした。

Img_6257

当然、最初からできるわけはなく、もう合宿は終了なので、こういう練習をしておけということで終了とした。あとは個人練習をしっかりしてもらって、多少のことができるようになったら、また見るつもりだ。自主的に練習しないならば、うまくはならないだろうし、そういう者を雪山に連れて行く気にはならない。

暖冬ということもあり、雪にはいまいち恵まれなかったが、ワンゲル部員たちにとっては濃厚な5日間だっただろう。この経験が将来に活かせてもらえるとよいのだが。

| | Comments (0)

ワンダーフォーゲル部2月山小屋合宿4日目:雪上訓練2(雪崩レスキュー・積雪の観察・スキー登行)

ワンゲル部2月山小屋合宿4日目は、2回目の雪上訓練を行った。1回目の雪上訓練歩行練習と滑落停止そしてビバーク訓練を行ったが、今回は雪崩関係とスキー登行の訓練を中心とした。

Img_6249

前夜から朝にかけて10〜20cm程度の降雪があり、雪崩関係の訓練にはよい状況となった。

P2120041_20240219191701

まずは山小屋の周辺にある雪原を使って、雪崩事故のコンパニオンレスキュー訓練を行った。ビーコンを複数埋めて、複数人でビーコンで捜索する。ビーコンとプロービングで埋没位置を特定したら、掘り出しを任せて、次に埋まっている人のビーコン捜索に入る。要領は得なかったが、それなりに短時間で全員の埋没位置の特定はできた。

P2120044_20240219191801

コンパニオンレスキューの訓練を終えたら、裏山へ移動する。

P2120045_20240219191901

降雪直後で、いいラッセル訓練になる。楽なキックターンの仕方などをアドバイスしながら、裏山を登る。

P2120057

クマ棚。

移動途中で、雪崩の直接的な証拠を示すクラス1データ(雪崩跡、シューティングクラック、ワッフ音)があるかを確認することも必要だ。歩きながら、積雪の観察や、雪崩地形や地形の罠などの地形にも注意を向けてもらう。

P2120046

裏山の小ピーク手前で斜度が上がるので、適当な斜面にてピットを掘って、積雪を観察することにする。

P2120050

コンプレッションテストなどで積雪の安定性も評価してもらった。コンプレッションテストでは、雪面から20cm下に結合の弱い層があり,最初の1回で簡単に破断した。さらに雪面から50cm下のクラストした層の下で、強い衝撃を与えた場合に不明瞭な破断も起こった。2日前の1回目の雪上訓練の終了前に雪が降り出し、降雪は肉眼でもはっきりわかる大きな樹枝状結晶だった。その後に10〜20cmの積雪が一晩であった。翌日は日中は晴れて、気温はそこそこ上がった。その晩からまた当日の朝までに10〜20cmぐらいの積雪があった。おそらく20cm下のところは、2日前の夕に降った大きな樹枝状結晶が弱層となっているのではないかと思う。50cm下のクラストは連休前の気温上昇と雨が原因でできたもので、クラスト下で雪の再結晶化が起こっている感じがする。今シーズンのように気象の変化が大きいと、弱層の形成が生じやすいのかもしれない。今後しばらくこれらの弱層について気をつけた方がよいだろう。雪山で遊ぶ者は山行前1週間ぐらいから行き先の気象条件をしっかり把握し、積雪の成り立ちについて意識することも必要だ。

P2120055

最後は、シールを外してスキー滑走にて山小屋に戻る。

P2120056

新雪滑走の練習のはずだったが、正午ぐらいに急激に気温が上がり、あっという間に新雪は重い湿った生コン雪に変わってしまった。部員たちは、山では雪質の変化が大きいことは実感できただろう。とにかく山では、どんな滑り方でも良いから下りることができないといけない。

P2120058

上級者でもうまく滑れないほどの悪雪だったので、当然ながらワンゲル部員たちは転けまくった。それでも若いから体力だけはある。

P2120060

転びながらもしっかり高度を下げて、山小屋に無事帰還することができた。スキーは技術を身につけるほど面白くなるので、ぜひともその境地を目指してほしいと思う。そして安全に雪山を楽しんでほしい。

ワンダーフォーゲル部2月山小屋合宿5日目につづく

| | Comments (0)

February 19, 2024

テレマークスキーイベント「テレマークスキーだよ!全員集合!」に参加

ワンゲル部2月山小屋合宿3日目は、ゲレンデ練習でしたが、私は部員2名と共に前夜のうちに抜け出して、富山県のあわすのスキー場で行われたテレマークスキーイベント「テレマークスキーだよ!全員集合!」に参加してきた。

Img_6232 Img_6234

積雪時に行くのは、実に10年ぶりのあわすのスキー場だった。10年前もテレマークスキーイベント「AWAスノー・パイプライン・マスターズ'14」に参加のためだった。その時も盛り上がったが、今回もまた楽しく盛り上がった。

Img_6235

前夜から朝まで降雪があり、上部ゲレンデは非圧雪部分が多く、撮影してもらいながら、ゲレンデパウダーを味わえたのはなかなかだった。あわすの恐るべき。

撮ってもらった動画です。

Img_6238

フリー滑走を終えたところで、開会式が始まる。

Img_6247

みんなで集合写真を撮る。

Img_6233_20240219175301

今回は、最近のテレマークスキーイベントでは恒例となったスポーツのマンゾクさんとブルーモリスさんの試乗会に加えて、自作TTSビンディングを取り付けた板の試乗会までもあった。私は普段は22デザインリンクスをつけた板を使っているので、TTSは実に新鮮で、リンクスにも劣らない軽さと滑走性を感じた。次回の板の購入時にはTTSも選択肢の1つになるだろう。

Img_6239

午後は、スポーツのマンゾクさん主催によるヒールフリースキーのレース「ネオ・クラシックス・オープン」が開催された。写真は競技説明の様子である。レースは4人1組のチーム対抗リレー形式の勝ち残りトーナメント方式で行われる。

Img_6242  Img_6243

コースは、ランセクションの登りからスタートし、スラロームセクションをテレマークターンで滑走し、バンクからのランセクションでゴールとなる。

Bank

私はセンター95mmのフラットソール板で参加したが、これは明らかな道具選択の失敗で、登りがあることを考えると、ステップソールの細板が正解だったかもしれない。おかげでランセクションでは心臓バクバクになり、最後はヘロヘロでゴールとなってしまった。

Img_6245

表彰式の風景。残念ながらチームは1回戦敗退で、敗者復活戦も敗退となった。それでも参加賞がもらえたのは嬉しかった。白熱した戦いで優勝チームが決まり、おおいに盛り上がった。楽しい1日も表彰式と閉会式で終了となった。イベントは来年も若い人によって継承されるということなので、次回はしっかり準備と戦略を立ててレースに臨みたいと思う。

Photo_20240219184301

次は、2月24日に福井和泉スキー場にて、関西、中京、北陸地区のテレマーカーの合同イベントが行われる。そちらもぜひとも盛り上げていきたい。

ワンダーフォーゲル部2月山小屋合宿4日目につづく

| | Comments (0)

ワンダーフォーゲル部2月山小屋合宿2日目:雪上訓練1(歩行・滑落停止・ビバーク)

ワンゲル部2月山小屋合宿2日目は、裏山にて雪上訓練を行った。

P2100004

雪上訓練は2日間を予定していて、1日目は、主に歩行練習と滑落停止そしてビバーク訓練が目的である。

P2100009

まずはアイゼンをつけずに登下降にトラバース、そしてキックステップの練習を行った。

P2100015

それからアイゼンを装着して、同様な歩行練習を行った。

P2100019

シートラでの歩行練習も行った。

P2100022

滑落停止練習は林道下の斜面を使った。

P2100024

ピッケルでの滑落停止としては、いろいろな状況を想定して、頭が下向きになった状態やシートラ状態でも行った。

P2100025

2人で登っている場合を想定して、ロープを使ってのスタカットビレイも行った。ピッケルを埋めて、セルフビレイ用の支点を作る。

P2100028

まずは肩がらみでの確保練習。

P2100031 

次にスタンディングアックスビレイでの確保練習してもらった。肩がらみよりだいぶ楽に止められる。

P2100033

スノーボラートを作って懸垂下降の練習も行おうとしたが、雪が柔らかすぎた。ロープでドーナツが切断されてしまう。しっかり踏み固めるか、ドーナツの直径を大きくする必要性があった。

P2100038

最後に斜面でシール登行の練習を行い、基本的なシールでの歩き方やキックターンのやり方などを練習してもらった。そのまま滑走して山小屋に戻った。

Img_6230

山小屋に戻ってからは、小屋横でビバーク訓練。ブロックを積んだり、ツエルトを張る練習を行った。実際に主将にはツエルトで1晩過ごしてもらった。

テレマークスキーイベント「テレマークスキーだよ!全員集合!」に参加につづく

| | Comments (0)

より以前の記事一覧