October 26, 2016

烏帽子岩にて:たまにはクライミングも!

冬山に向けて、トレランで体力向上をはかっていますが、バックカントリースキーは体力だけでなく、バランス感覚も必要。トレランでもバランス感覚はそこそこ上がると思うのですが、クライミングもよさそう。そんなわけで、たまにはクライミングもしてます。と言っても、クライミングに自分が向いていないことは若いときからわかっているので、難しい所を登るというわけではない。あくまで沢登りやバックカントリースキーのためのバランス感覚の向上とロープワークの確認ですね。

Img_1234

10月16日(日)に行ったのは、兵庫県の烏帽子岩。JR福知山線(宝塚線)の道場駅の近くにある岩場です。道場駅周辺には他にもクライミングができる岩場がいくつかかあります。日曜日なので大勢のクライマーで賑わってました。

Img_1235

同行のSさんのお知り合いがいましたので、ご指導いただきました。またトップロープをかけていただいたりしました。どうもありがとうございました。

Img_1240

登ったのは簡単なところだけですが。

Img_1241

クライミング終了後は道場駅でまず一杯ですが、Sさんはビールではなく発泡酒を買って来やがった!

Img_1244

梅田で1人で飲み直しとなりました。その後、トレラン帰りのKさんが合流し、2人飲みとなったのでした!

| | Comments (0)

September 16, 2016

北陸テンカラ・グルメ遠征2:雑穀谷クライミングと富山グルメ

遠征2日目からは平日なので、休暇取得しています。前泊地は立山駅の駐車場でした。富山のクスミンと合流して、雑穀谷へクライミングへ。雑穀谷は6月以来です。

P9050002

ガンガン登るというよりかは、ロープワークやビレイ方法の確認中心でした。私はまだ8月末に信濃俣河内で負傷したお尻の傷が治っていないので。

14194222_948462161932655_444551521_

それでも登ってみせないと。右足が負傷のため上げづらいのがきつかった!

Img_1112

クライミングは早めに切り上げて、立山山麓のプモ・リにてスープカレーのランチ。

Img_1113

それから世界一美しいというスターバックス富山環水公園店へ。

Img_1117

概観とメニューは他店と同じです。

Img_1114_2

違うのは周囲の風景ですね。

Img_1118

次は上州屋富山空港通り店へ。

P9100006

テンカラ関係の道具は大阪では手に入りにくいので。

Img_1121

Sさんの友人が嫁いだというすしへ。富山と言えば満寿泉です。

Img_1120  Img_1122

見学させてもらいました。お土産までいただきました。

Img_1123

最後はすし食いねぇでディナー!

Img_1124

北陸は回転寿司でもレベルが高いです。

| | Comments (0)

June 29, 2016

富山の雑穀谷でクライミング:ロープワークの確認

先週末は、スキー仲間でありアルパインクライマーでもある富山のクスミンからお誘いを受け、沢シーズン始めのロープワークの確認も兼ねて、雑穀谷にクライミングに行ってきました。

Img_0983

この岩場は、2年前にクライミングに訪れているが、堰堤工事のために今後登れなくなる可能性がある岩場だ。幸いなことに、建設計画の見直しで工事の着工が延期された。富山県はクライマーに理解を示し、当初予定していた2016年の着工時期や規模を再検討することにしたそうだが、予断は許されない状況は変わらない。

当日は、クスミンと私以外にも、同じくスキー仲間であるレッドバロンさんやヤットシくんや、その友だちなども集まり、合計7人でロープワークやビレイの基本を確認しながら、クライミングを楽しんだ。ロープワークは沢も雪山も基本は同じですが、やはりクライミングで身につけるのが一番。しっかり確認できました。詳細についてはレッドバロンさんのブログにアップされているので、私の方は簡単な報告のみで。

Img_0987

ガンガン登るというよりはロープワークの確認中心なので、易しいAフェイスにて練習。

P6255454

トップロープで1本登って、クライミングの感覚を取り戻したら、やはりリードですね。

P6255457

セカンドのビレイや懸垂下降もしっかり練習。

P6250003

ヤットシくん、体が重そうでしたが、頑張ってました!

P6255449

クスミン手作りのチーズケーキをいただきました。美味しかったです。どうもありがとうございました。

今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、なんとか日中はもちました。

しっかりロープワークを確認し、これからはしばらくは沢中心でいきます。クライミングもそれなりに面白いので、時々はクライミングもやろうかな...

翌日は白山の沢で渓流釣りの予定が、雨で中止に。残念!

| | Comments (0)

November 26, 2014

富山県南砺市でクライミング練習

連休の最終日は、富山県南砺市の桜ヶ池クライミングセンターの人工壁でクライミングの練習をしてきました。

昨晩のキノコ鍋パーティーで飲み過ぎて体は重くキレもない。
当然、登れませんね。
おまけにここの壁はちょっと私の技量ではレベルが高かった。
すぐに腕がパンプ状態に。

クライミング歴の長い同行のお二人はスイスイ登っていきます。

10389557_598440030261412_3019835809

ムーブを体にしっかり覚えさせるためにも、しっかりジムに通わないとダメですね。
この歳でのアルパインクライミングへの再挑戦は無理かな?

| | Comments (0)

September 22, 2014

雑穀谷で久しぶりの外岩クライミング

先週末は、小松ブルーベル山の会のMさんと立山山麓にある雑穀谷の岩場へクライミングの練習に行ってきました。

インドアクライミングは3年前にしていますが、本格的な外岩は実に15年以上ぶりぐらいになります。
いつが最後だったかもあまり覚えていない。
5年ぐらい前に近所の槇尾山の蔵岩に学生と登りに行ったことはあるが、それは本格的とはとても言えないレベルでした。

ブランクがありますので、まずは一番簡単なAフェースから。
右側の簡単なところからトップロープ確保で。

P9200435

20140920_002

20140920_003

登れましたよ。
徐々にグレードを上げていきます。

20140920_004

Aフェースはクリアーということで、レベルを上げて9.10aのルートへ。
さすがにテンションなしでは無理で、何でもありで、なんとか終了点まで行きました。
不思議とムーブは体がまだ覚えている。
クラックを使ってのレイバックもしてしまいました。

さすがはMさん、しっかり登っています。

P9200441

この日に我々以外で来ていたのは山岳救助隊だけで、それも他の岩で訓練していたので、岩は我々の独占でした。
朝の8時から14時までしっかり登って、久しぶりのクライミングを楽しめました。

来年は本チャンに行けるかな?
Mさん、お付き合いいただき、どうも有り難うございました。

| | Comments (2)

September 21, 2011

10年以上ぶりのインドアクライミング

9月3連休初日の17日は、テンカラ名人ナベさんらと白山周辺の沢で渓流釣りの予定でしたが、雨のため中止になり、急遽、予定を変更して、テンコさんと金沢でインドアクライミングをしてきました。

クライミングは3年前に槇尾山の蔵岩で練習して以来ですが、インドアとなるともう10年以上もご無沙汰していました。

最近のトレラン練習で体重がだいぶ落ちたのですが、特に登れるようになってはいなかった。
やはりフリークライミングはそう甘いものではない。
レベル的には昔のままか、登れなくなっている。
おまけにいろいろと忘れていることが多く、テンコさんに注意されることが多かった。

それにしてもテンコさんはうまい。
現状のままだとアルパインクライミングには連れて行ってもらえない。
自宅近くにクライミングジムもあることですから、ハセツネが終わったら真面目にクライミング練習をしてみたくなりました。

P9170635

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

9年ぶりのクライミング(槙尾山蔵岩)

先週は雨で断念したクライミングですが、今日ついにできました。実に9年ぶりのクライミングです。

蔵岩は槙尾山(大阪府和泉市)の山頂近くにある岩場です。後でわかったことですが、先週我々が見た岩は仏岩とのことです。クライミングのレベルは仏岩の方が上で、こちらにはフリーのルートがいくつかあります。

一緒にいったのはまったくの初心者のマリリンさんです。
蔵岩までは施福寺の駐車場からおよそ50分の登りです。この登りは十分な準備運動になりました。ちなみに自宅からここの駐車場までは車で30分ほどかな。

まずは蔵岩の全体と岩の下部への下降ルートを確認し、下部へ降りた。ボルトやハーケンはしっかり打たれており、一応ルートははっきりわかる。とりあえず中央のルートを登ることにする。ハーネスなどの登攀具を身につけ、まずは私がリードで登ることにする。

kuraiwa1

ビレイヤー(確保者)は初心者のマリリンさん。一応、確保ののやり方を一通り教えるが、かなり不安。ためしに最初の確保点を取ったところでぶら下がってみる。案の定、結構ザイルが出てしまったが、なんとか要領はわかった模様。

下部はとりあえず問題はないが、上部に垂直のやらしいところがある。ここが核心部か。それほど難しくはないと思っても、9年ぶりのリードクライミング、おまけに確保が不安。細かく中間確保を取り、ルートをしっかり見極めながら慎重に登り、なんとかクリア。あとは終了点までは問題なし。終了点にトップロープ確保用の支点を取り、ヌンチャクを回収しながら懸垂下降で下る。

さて、次は初心者のマリリンさん。一応、クライミングの基本を教えて、いざチャレンジ。靴が普通の運動靴なので滑りやすいらしく苦労はするが、なんとか核心部までは到達。ここでしばらく立ち往生。なんとかやや右側にルートを取りクリア。下降は練習の意味もあり、そのままクライムダウン。最初のクライミングとしては上出来か。

次は2回目、私もトップロープ確保で行く。さすがにリードとは精神的に違う。難なくクリア。ロワーダウンでおろしてもらうが、いきなりザイルが出てスリルを味わう。
そしてマリリンさんの2回目、やはり核心部で立ち往生。

kuraiwa2

がんばって何度もトライするが、腕がパンプ状態で体があがらないらしい。かなりの時間がんばったが、断念。ロワーダウンで降りてもらう。
この間に気温がだいぶ下がり、手も足もかじかんできた。2本ずつしか登っていないが、これで終了とする。おまけに雪もぱらついてきた。下山は適当についていた道をコンパスを頼りに下り、駐車場付近に下山。

普段のストレス発散には十分になりました。これで明日からの活力が湧いてきました。クライマーとしても復活。ただし、難しいところを登るのなら、最低でももう4キロぐらいは体重を落とす必要がありそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

大阪の天気は悪天

 昨日は学生2名と一緒に槙尾山に9年ぶりのロッククライミングに行く予定でした。ところが朝から天気は雨で、おまけに岩場は自衛隊と警察の合同訓練で占拠されており、入り込める余地もありませんでした。まあ、今後のための下見にはなりましたが、岩の難しさは登ってみないとわかりませんが、見た目は本格的なものでした。ただ混雑すると順番待ちで結構待たされるかもしれません。結局、そのまま我が家へ帰り、屋内でロープの結び方などを学生に教えました。ロープワークは野外調査でも役立つ技術です。結局、昼食がそのまま飲み会となり、夜まで飲み続けてしまいました。おかげで今日は少々調子が悪いです。おまけにだいぶ冷え込んでおり、風も強く今にも雪が降りそうです。ひょっとしたら風邪でも引いてしまったかもしれません。明日は中百舌鳥キャンパスで「生物学2」の講義です。それぐらいはなんとか終わらせなければというところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)