December 27, 2021

ワンゲル部の六甲岩場トレ2:菊水ルンゼと妙号岩

ワンゲル部員の技術力向上のために、OBOGたちのサポートのもとで、岩場などのバリエーション講習を行ってきた。その最後のシメということで、菊水山のバリエーションルートである菊水ルンゼを登り、最後は妙号岩でのクライミング練習で締めた。最初は岩場でぎこちなかった部員たちだったが、安定した歩きができるようになっていた。

【日程】2021年12月25日(土)
【山域】六甲
【山名】菊水山
【メンバー】ワンゲル部員4名、ワンゲル部OB2名、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】鈴蘭台駅10:13〜菊水ルンゼ取り付き10:50-11:00〜菊水山西の小ピーク11:48-12:02〜菊水山12:12-27〜石井ダム下12:59〜妙号岩(クライミング練習)13:21-15:47〜鈴蘭台駅16:21

コロナ禍で活動の制約が続いた結果として先輩後輩の技術差が無い状態が生じてしまったワンダーフォーゲル部。その改善と部員の技術力向上のために、OBOGたちのサポートのもとで、岩場などのバリエーション講習を行ってきた。今回はその最後のシメということで、菊水山のバリエーションルートである菊水ルンゼを登ることにした。それだけだと短時間で終わってしまうので、菊水山の山麓にある妙号岩でクライミング練習も行うことにした。

Img_3349

神戸電鉄の鈴蘭台駅に集合。別な改札口に行ってしまった部員がいたり、新開地駅の乗り換えに間に合わなかった部員がいたりなどトラブルはあったが、全員が揃った。テレ仲間のW夫妻に会うという偶然もあった。

Img_3353

石井ダムへの道を進む。ゲートがあり、一般車が進入できないようになっている。人や自転車はゲートの横を通ることができる。

Img_3354

さらにもう1つゲートがあるので、横を通って進む。

Img_3355

ダム湖を渡る烏原大橋の所まで来る。正面には妙号岩が見える。

Img_3356

菊水ルンゼに行くには、橋を渡らずに、橋の手前の左側にある踏み跡をたどる。

Img_3357

踏み跡は斜面をトラバースするようにつけられている。所々にテープで目印はつけられている。

Img_3358

烏原大橋手前の入口から5分ほどで、菊水ルンゼの取り付きに到着する。谷になっているので、地形的にはわかりやすい。うっすらと水も流れている。念のため、ここでヘルメットやハーネスを装着する。

Img_3360

水量は少ないが、沢登りのような感じで、急な岩場を登っていく。

Img_3363

水が流れている所は滑りやすそうだが、ホールドとスタンスはしっかりしているので、基本的に3点確保をしっかり行って登れば問題はない。

Img_3365

すでに六甲の地獄谷や横谷の岩場を経験している部員たちには問題はなく、ロープを出す必要もなかった。

Img_3369

途中から菊水山の尾根に逃げるルートは取れたが、せっかくなので、谷に忠実に進み、菊水山の西にある小ピークを目指すことにする。

Img_3371

岩場が終わり、少々藪がうるさい所を小ピークを目指して進む。

Img_3373

菊水山の西にある小ピークに到着。ここでランチとする。この日は冬型の気圧配置で、気温が低かった。谷の中では風の影響はなかったが、さすがにピークでは多少の風があり、寒さを感じた。

Img_3374

六甲全縦で通る菊水山のピークは小ピークから10分ほどであった。

Img_3375

生憎の曇り空であったが、淡路島まで眺めることができた。

Img_3376

六甲全縦路を鵯越駅の方向に下りる。

Img_3378

石井ダムの下に出る。なかなか迫力があるダムの風景である。時間はあるので、妙号岩でクライミングをすることにする。しかし、それにはこのダムの上に上がる必要があった。

Img_3379

この日の行程で一番息が上がったのは、高さ66mで約300段のこのダムの階段登りであった。

Img_3380

階段を登り切って、ダムの上から下を覗く。

Img_3382

烏原大橋まで戻ると、対岸には先ほど登った菊水ルンゼが眺められる。

Img_3383

後ろを振り向くと、妙号岩である。岩には「南無阿弥陀仏」の文字が彫られている。この文字を掘ったのは、極楽寺の修誉締善和尚で、文久年間に、1文字の1辺を1m以上もの大きさで、自ら祈りを込められて彫られたらしい。

Img_3384

妙号岩の入口は、烏原大橋の手前左側にある。注意書きがあり、「南無阿弥陀仏」の文字の所は登らないようにと書かれている。このルートは「罰当たりルート」と呼ばれていて、過去には登られていたようだ。

Img_3385

「南無阿弥陀仏」の文字の真下から見上げる。妙号岩は、「前の壁」「中の壁」「奥の壁」の3つのフェースで構成されている。高さは20〜50mほどある。「南無阿弥陀仏」と刻まれているのは「前の壁」で、我々は比較的壁が立っていない「中の壁」でクライミング練習をすることにした。「奥の壁」では、1パーティーがアッセンダーでのロープ登行の練習をしていた。

Img_3390

まずは私がリードで登ってトップロープをかける。五十肩で左腕に力が入らない状態でありながらも、なんとか登って、ロープを支点にかけることができた。あとはトップロープ確保で部員たちに登ってもらう。

Img_3392

部員たちはこれまで何度かクライミング練習をしてきたので、だいぶ岩慣れした感があった。

Img_3386

リードのビレイを任せるのはまだ不安ですが、トップロープ確保であれば、しっかりこなせる。

Img_3394

パワーで登るタイプとバランスで登るタイプがいて、見ていてなかなか面白い。本格的にクライミングをしていくならば、パワーだけでは限界があるので、ムーブも覚えていかなければならない。

全員が1回ずつ登ったところで、適当な時間になったので終了とし、鈴蘭台駅に戻ることにした。当初は岩場で歩きがぎこちなかった彼らだったが、今では安定した歩きができるようになっていた。ロープワークにも慣れてきた感じだ。次は雪山やスキー技術の向上を目指すことになるだろう。

| | Comments (0)

December 15, 2021

ワンゲル部の六甲岩場トレ:地獄谷からキャッスルウォール・ブラックフェースを登る

ワンゲル部員への岩場技術の指導のため、11月末に下見した六甲の地獄谷と荒地山周辺の岩場を再訪した。岩場とロープワークに慣れていないメンバーが5名もいると、さすがに時間がかかり、ヘッデン下山となった。

【日程】2021年12月11日(土)
【山域】六甲
【山名】荒地山
【メンバー】ワンゲル部員5名、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】芦屋川駅9:40〜高座の滝10:03〜小便滝10:29〜A懸垂岩基部10:43〜A懸垂トップ10:49〜B懸垂岩跡11:15〜ピラーロック11:46-12:13〜キャッスルウォール基部12:32〜ブラックフェース基部14:52〜ブラックフェーストップ15:15-16:14〜荒地山16:31-38〜七右衛門嵒16:57〜高座谷への分岐17:33〜高座の滝17:47〜芦屋川駅18:13

顧問をしているワンダーフォーゲル部は、コロナ禍にあって、この2年ほどはまともな活動ができていなかった。そのため、先輩後輩の技術差がなく、全員の経験値が低い状態である。登山の技術は、ある程度は独学で身につけることができるが、ハイキングを超えるレベルになると、やはり経験者から指導を受けることが安全で効率的であり、技術習得の近道になる。そんな訳で、経験のあるOBOGや、顧問自らが技術指導を行う場が増えている。今回は学生からの要望もあり、岩場練習に付き合うことにした。場所は六甲の地獄谷と荒地山周辺の岩場である。11月末に下見も行っている。比較的難しくない岩場は、ロープを出して直登させようと考えていた。

Img_3260

遅刻者・欠席者もなく、全員が阪急芦屋川駅に9時半に集合した。

Img_3262

まずは高座滝まで舗装路を歩く。

Img_3263

地獄谷に入る。週末だけあり、登山者は多い。我々のように訓練目的らしいパーティーもいる。

Img_3265

早速、滝が出てくる。

Img_3266 Img_3269

特に問題なく、直登で超えていく。

Img_3270

目の前に堰堤が現れ、左岸から入る支谷に小便滝を発見する。下見に来た時には気づかなかった滝だが、名称の由来はよくわかる。

Img_3272

下見の時は堰堤の上から直接にA懸垂岩に取り付いたが、今回は支谷からA懸垂岩の基部に向かう。

Img_3273

A懸垂岩の基部に到着する。1組が岩に取り付いていた。ここを直登することも考えていたが、巻いてA懸垂岩のトップに向かうことにする。

Img_3274_20211215072201

A懸垂岩のトップから、これから向かうB懸尾根とピラーロックまでの展望を見る。

Img_3275

反対側は神戸港の眺め。

Img_3277

B懸尾根のアップダウンを進む。

Img_3279

こんな狭く深い通路も通る。

Img_3280_20211215072701

急な岩場はステップが刻まれているので、登るのは難しくない。岩質は花崗岩で脆い。

Img_3282

いったん谷に下りて、登り返すとピラーロック(万物相)である。下見の時は谷に下りずに、そのまま尾根を進んだので、ピラーロックは省略していた。

Img_3284

日本離れした風景のピラーロックにてランチとする。

Img_3287_20211215135801

高座谷に下降して、キャッスルウォールに向かう。

Img_3289_20211215135801

キャッスルウォールではすでに1組がクライミングの練習をしていた。

Img_3288

下見の時にもいた同じネコが我々を出迎えてくれた。前回の時は、ネコは近づいては来るが、体は触らせてはくれなかった。しかし今日は、体を触らせてくれるだけでなく、スリスリもしてくれた。

Img_3290

キャッスルウォールは、前回はノーロープにて左端の階段状を登った。さすがに岩慣れしていない部員にそうさせるわけにはいかない。まずは私がトップで登って、ロープをフィックスする。そのロープにフリクションノットで確保を取って登ってもらった。2ピッチに切ったので、全員が登り終えるのに1時間以上もかかってしまった。そのまま登っていって、いったん荒地山への登山道に出る。

Img_3291

岩梯子の手前で、ブラックフェースに向かう踏み跡に入る。ブラックフェースの基部に到着すると、誰も取り付いていなかった。これはぜひとも中央を登りたい。

Img_3294

キャッスルウォールの時と同様に私がトップで登り、ロープをフィックスする。トップまではちょうど50mロープいっぱいの距離だった。登攀レベルとしては易しかったが、ビレイヤーが慣れておらず、ロープをうまく出してくれないこともあり、ロープを引っ張り上げながらの登攀となった。

Img_3297

部員たちにはフリクションノットで確保を取って登ってもらったが、やはり5名全員が登り終えるまで1時間ほどかかってしまった。ほぼヘッデン下山は確実となったが、それは最初から想定内のことであった。荒地山の山頂まではさほど時間はかからないので、とりあえずは山頂を踏むことにする。

Img_3300

トカゲ広場に出ると、前回もいた同じ毛並みのネコ3匹が出迎えてくれた。

Img_3301

16時半に荒地山の山頂に到着。この時間でも1名の登山者が山頂にやって来た。

Img_3302_20211215143801

下山途中で日の入りとなった。ヘッデン下山とはなるが、安全のために、暗くなる前に岩梯子は通過したい。

Img_3303_20211215144301

テーブルロックを通過する。

Img_3304_20211215144001

登りではわかりやすい七右衛門嵒は、下りではわかりにくかった。先行した部員たちがルートを見失っていたが、1度通ったことのある私が見つけるのは易しかった。

Img_3306

だいぶ暗くなってきたが、岩梯子を無事に通過する。あとは普通の登山道であるので、暗くても問題はない。部員たちのもっているヘッドライトの明るさが暗いのが気になった。

Img_3308

途中から見えた神戸の夜景はきれいだった。

Img_3310_20211215144901

時間短縮のため、途中の分岐から高座滝に下りて、芦屋川駅に下山した。

今回は、山頂を目指す中で、途中にある岩場を直登していくというアルパインクライミング的な山行を行った。岩場とロープワークに慣れていないメンバーが5名もいると、さすがに時間がかかり、ヘッデン下山となったが、内容的に濃い充実した山行ではあっただろう。ワンゲル部員たちにとって良い経験となったにちがいない。彼らの課題は、まずはクライミングとロープワークの技術の向上だろう。それには経験を積むしかない。1年後には、易しい岩場ならばリードできるようになってもらいたい。地図による位置確認の習慣化も重要である。私個人としてもリードができたので、そこそこ楽しめた1日であった。

Img_3311d

解散後は、飲仲間のKさんと合流して、炭火串焼と旬鮮料理の店「炭旬」 芦屋店にて一杯! 地酒が選べる日本酒飲み放題が2時間で1800円は実にリーズナブルであった。もちろん飲み過ぎたが。。。

| | Comments (0)

December 03, 2021

六甲岩場巡り:地獄谷からキャッスルウォールを経て荒地山

ワンゲル部の岩場練習場所候補の下見も兼ねて、平日にのんびりと、六甲の地獄谷・荒地山周辺の岩場巡りに行ってきた。

【日程】2021年11月29日(月)
【山域】六甲
【山名】荒地山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】芦屋川駅9:50〜高座の滝10:18〜地獄谷堰堤10:47〜A懸垂岩11:08〜B懸垂岩跡11:23-31〜風吹岩11:56〜奥高座の滝12:18〜キャッスルウォール基部12:26〜七右衛門嵒13:04〜荒地山13:18-42〜荒地山への分岐14:01〜横池(雌池)14:15〜打越峠14:33〜八幡滝15:07〜阪急岡本駅15:31

11月末は立山に初滑りの計画があったのだが、あまりに大量の積雪があったため、雪崩リスクもが高く、アルペンルートの富山側が11月末日まで運休となったこともあり、中止とした。そのためにすでに休暇を取得していたのだが、取り消すのも何なので、ワンゲル部の岩場練習場所候補の下見も兼ねて、六甲の地獄谷・荒地山周辺の岩場巡りに行くことにした。人の少ない平日に、のんびりと岩場を歩くのは悪くはない。六甲に行くのも実に久しぶりで、おそらく2017年4月以来のことである。

Img_3177

堺の自宅を8時過ぎに出たので、阪急芦屋川駅をスタートしたのは10時近くであった。実にのんびりスタートであるが、地獄谷・荒地山周辺だけで遊ぶのであれば、時間的に問題はない。

Img_3178

最初に高級そうな住宅地の中を歩くのは、六甲ならではのこと。

Img_3180

高座滝の茶店に到着。平日ということもあり、店は閉まっていたが、ハイカーはそれなりにいた。

Img_3181

高座の滝。

Img_3182

高座の滝前を横切り、階段を登る。

Img_3183

登り切ったところから、一般ルートを離れ、地獄谷に下りる。

Img_3184

堰堤上の河原に下りたところ。

Img_3185

針金が張られている。この針金を2回越えるが、土石流のセンサーらしい。

Img_3187

すぐに滝が出てくる。足下は沢装備ではなくトレランシューズだったので、巻き道があるかと思って探してみたが、見つからず。直登で問題なく行けた。

Img_3190_20211202092701 Img_3191

小滝が続くが、どれも問題なく直登できる。

Img_3193

一応、ゴルジュである。

Img_3195

渇水気味でもあり、トレランシューズでも問題なく行けた。増水時は結構濡れそうだ。

Img_3197

正面に堰堤が現れる。

Img_3198

事前にルートの下調べをあまりしていなかったこともあり、堰堤の上に上がってみた。堰堤を越えて、そのまま谷筋に踏み跡は続いていたが、目的としていた岩場は通らなそうなので、いったん堰堤に戻る。

Img_3200

堰堤手前の左岸から支谷が入っていたが、そちらの方向から回り込んで岩場を登ってみた。どうやらこれがA懸垂岩で、支谷から入るのが正規のルートらしい。平日にもかかわらず、岩に取り付いているクライマーがいた。

Img_3201

展望が広がると、神戸の町並みが見えた。

Img_3204

A懸垂岩のトップから、これから向かう万物相までの景色。

Img_3205

こんな花崗岩の岩場の中のアップダウンを進む。踏み跡が多数あって、迷いやすいが、方角が合っていれば、基本的に大丈夫である。

Img_3206

A懸垂岩を振り返ると、クライミング中のパーティーがいた。

Img_3207

B懸垂岩跡への登り。ステップがついているので、そこに足を置いていけば問題ない。

Img_3208

B懸尾根のアップダウンを進む。踏み跡は多数あるが、尾根上を進めばよい。

Img_3209

途中、大きな段差を木につかまりながら下りる所があり、それを通過すると万物相への分岐があった。下調べ不足のため、そのまま尾根を進んでしまい、万物相を省略してしまった。万物相は次に来るときの宿題だ。

Img_3210

高座滝からの一般ルートと合流し、風吹岩に到着する。

Img_3211

風吹岩の正面には鉄塔があり、そこからの神戸港の景色。

Img_3213

登山道を少し戻って、高座谷への下降路に入る。

Img_3214

高座谷に出る。

Img_3215

堰堤上で休んでいたら、ネコがどこからかやって来た。

Img_3216

奥高座の滝へ行ってみることにする。ここまでネコが一緒についてきた。

Img_3217

奥高座の滝まではすぐであった。渇水のため迫力はない。

Img_3218

奥高座の滝の右側。ここを登って行くと、どうやらブラックフェースに行けるらしい。

Img_3219

戻って、キャッスルウォールへ。クライミングのルートが整備されている。

Img_3220

また同じネコが現れた。こんな感じでハイカーやクライマーに餌をねだっているのか。

Img_3221

キャッスルウォールの右奥にも行ってみた。ここもクライミングのルートになっている。

Img_3223

キャッスルウォールの左端の階段状のところを直登した。技術的に問題はなかったが、高度があり、ノーロープだと緊張した。

Img_3224

そのまま踏み跡をたどっていくと、登山道に出た。登山道を荒地山に向けて登る。

Img_3225

岩梯子を登る。階段状なので問題ない。一応、右に迂回路はある。

Img_3226

目の前に七右衛門嵒が現れる。ザックを下ろして七右衛門嵒の穴を通過した。

Img_3227

大きな岩を越える。鎖があるので、それを頼ることもできる。

Img_3228

次は、今にも壊れそうな木のハシゴが出てきた。なくても登れるとは思うが。

Img_3229

急な岩場が終わると、トカゲ広場に出る。キャッスルウォールにいたのと同じ毛並みのネコが3匹いて、仲良くハイカーがあげたであろう餌を食べていた。ここら辺に居着いているネコは血縁関係があるみたいだ。

Img_3230

トカゲ広場から10分ほどで,荒地山に到着する。本日の最高地点である。特に下りのルートを決めていなかったが、打越峠を経て、八幡谷を下りることにした。

Img_3231

横池の雌池。

Img_3232

紅葉は低い所へ移っている。

Img_3233

八幡滝前には廃墟となった神社がある。

Img_3235

渇水の八幡滝。水量が多ければ3条の滝となるようだ。

Img_3234

八幡滝の下流部はゴルジュとなっている。

Img_3236

沢沿いの道を下りていくと、住宅地に出た。あとは舗装路を阪急岡本駅まで歩くだけ。

Img_3237

下山後は飲仲間のKさんと合流して、六甲道駅周辺にて一杯となった。今回は全体的に変化があり、面白いルートであった。六甲も捨てたものではない。

| | Comments (0)

November 28, 2021

横谷の岩場にてクライミングの基礎講習

この週末は、顧問をしているワンダーフォーゲル部にクライミングの基礎講習を行った。場所は2週間前に下見を行った河内長野市の横谷の岩場である。目的は、本格的なクライミングを目指すためではなく、縦走登山などで遭遇する岩場を安全に登下降するための技術向上のためである。

Img_3161

ほとんどの部員がクライミングの未経験者ということもあり、前日に学内で基本的なロープの結び方について講習を行った。

Img_3168

当日は、初心者向けの易しい岩場であるゲートロックにて主な講習を行った。トップロープ確保の支点を作るためにリードしたが、五十肩の痛みを堪えながらのクライミングとなった。

Img_3167

ワンゲル部員には、三点確保と、細かなスタンスでの立ち方を意識してもらった。クライムダウンについても練習を行った。

Img_3165d

うまく登る部員もいるし、そうでない部員もいて、レベルは多様だった。樹林の斜面を使って懸垂下降の練習も行った。

Img_3169d

全員が一通りの練習を終えたら、実践編としてゴジラの背に移動。まずは徒渉あり。

Img_3170

ゴジラの背の一般ルートを登る。2週間前はゴジラの背でマルチピッチのクライミングをしたが、一般ルートはロープがフィックスされたていて、ノーロープで登れる。

Img_3172

ゴジラテラスから岩湧山を眺める。

Img_3174

最高地点である奥立山に到着。実は、翌日から立山での初滑りを計画していたのだが、あまりに大量の積雪があったため、雪崩リスクもが高く、アルペンルートの富山側が11月末日まで運休となったこともあり、中止とした。長野側からテントを担ぎ上げようとも思ったが、体は故障だらけで、1泊のためにそれを行うほどの意欲はわかなかった。10年前の自分だったら、行っていたとは思うが。とりあえず、大阪の立山に登ったことで、これで立山に行ったことに...今シーズンの初滑りはいつになるだろうか。

奥立山からは、そのまま一徳坊山への登山道まで踏み跡をたどり、日野に下山した。今回の講習で、ワンゲル部員たちは少しは岩場に慣れてくれただろうか。

| | Comments (0)

November 19, 2021

久しぶりにクライミング練習:横谷の岩場

先週末は立山に初滑りに行くには良いチャンスだったのですが、残念ながら所用ありでした。土曜日は、ワンゲル部OBのHくんと、現役部員の岩登り練習場所候補の下見に行ってきた。場所は河内長野市の滝畑ダムの近くにある横谷の岩場である。5月に下見に行ったところである。河内長野駅から滝畑ダム行きのコミュニティバスに乗り、滝尻バス停で下車する。

Img_3093

まずはゲートロックという岩に行ってみた。取り付きがわかりにくく、1回通り過ぎてしまった。ヨコタニ27番鉄柱が目印である。

Img_3094

ゲートロックは取り付きからすぐの所にある。初心者向けの易しい岩場であるので、ワンゲル部の岩場練習に使えないかと考えている。ただし、待機場所のスペースが狭いので、大人数には向いていない。ゲートロックは樹林帯の中にあって、日当たりが悪いので、冬は寒そうだ。

Img_3095 Img_3096

試登してみたが、手頃なレベルで使えそうだ。ゲートロックの左側は容易に登れたが、右側は少々難しかった。学生と来るときは、トップロープをかけて確保したらよいだろう。

Img_3102d

懸垂下降で下りてくるHくん。Hくんのリード練習も行った。

Img_3104

ゲートロックの試登を一通り終えたところで、ゴジラの背に行ってみた。

Img_3109

前回は背びれ岩沿いにあるハイカー向けの整備されたルートを登ったが、今回はクライミングで登るルートを試登してみた。マルチピッチルートだが、手頃なレベルで、なかなか展望の良いルートだった。

Img_3110

終了点にあるゴジラテラスで休憩。

Img_3111

岩湧山の眺めがよい。

Img_3112

クライミング装備を解除して、そのまま稜線に登っていくと、奥立山というピークに出る。初滑りではないが、これで立山に行ったことに。

Img_3114

紅葉がよい感じ。そのまま山越えして、三日市町駅まで徒歩で歩いた。

Img_3115

下山後はもちろん。ようやく時間を気にせずに飲めるようになったが、この状況が続いてほしいものである。

Img_3118

日曜日は、ワンダーフォーゲル部OBOG会の総会があった。私はワンゲル部顧問なので、オブザーバーとして現役部員と一緒に参加してきた。来年4月に公立2大学の統合があるのだが、両方の大学にワンゲル部があるため、統合後に2つのワンゲル部がどういう方向に進むかが、OBOGたちの大きな関心事である。しばらくは別団体として、活動は一緒にという方向で統合に向けて進んでいくことになると思われる。

初滑りの方は、アルペンルートの11月末日の営業終了までに、もう1回降雪の機会があるかである。天気予報では来週の前半に雪が降るらしい。とりあえず、いつでも滑りに行ける準備はしておいて、チャンスを窺うことにしたい。

| | Comments (0)

June 03, 2021

横谷の岩場

大阪府河内長野市の滝畑にある横谷の岩場には、初級から上級までの多様なクライミングルートがある。1週間前に岩湧山から権現尾根を下った際に、権現山から奥立岩の全貌を眺めたが、今回は、さらに岩場の取り付きまで行ってみた。

【日程】2021年5月30日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【コー スタイム】滝尻バス停9:43〜権現滝9:56-59〜ゲート・ロック入口10:25〜フナサコルート分岐11:21-26〜フナサコ林道合流12:08〜ゴジラの背びれ岩分岐12:16〜奥立山13:16〜一徳坊山分岐13:41〜日野(登山口)14:33〜三日市町駅15:26

滝畑へは、河内長野駅から日野・滝畑コミュニティバスにてアクセスできる。緊急事態宣言下でキャンプ場も閉鎖中なので、そんなに乗客はいないだろうと思っていたが、9:04発の始発便は、中高年のハイキンググループや若い外国人グループで、まさかの密状態の満車であった。次の便が11:02発ということもあるが、みんなもう我慢の限界なのかもしれない。とりあえず感染していないことを祈る。そんな混雑したバスから滝尻バス停で下車したのは私1人であった。

P5300001

横谷林道に入る。前回は気がつかなかったが、林道に入ってすぐのところに、白骨化したアマゴの像がある。かっては横谷にアマゴを放流していたようだが、前回も今回もアブラハヤとカワムツしか見ていない。

P5300008_20210602192201

比較的すぐのところに、権現滝への下降点がある。うっかりしていると見過ごしやすい。

P5300004

下りてみると、権現滝が現れる。落差は10mで、なかなか立派な滝である。対岸に権現山への道がある。

P5300010_20210602192501

林道から権現滝の上へ回り込むと、ゴルジュになっていた。

P5300012

林道に戻って、上流方面に歩いて行くと、左側に南まんだら岩方面(権現滝尾根)の入口がある。今回は見過ごしたが、横谷林道の入口と権現滝の間には滝尻尾根の入口がある。

P5300015_20210603131901

さらに上流に歩いて行くと、左にゲート・ロックと松の木テラス方面への入口がある。

P5300013_20210603132101

ヨコタニ27番鉄柱がこの入口の目印である。

P5300016_20210603132201

登っていくと、すぐにゲート・ロックが現れる。

P5300017

ゲート・ロックは初心者向きの岩場であり、しっかり整備されている。ワンゲル部の岩場練習にはよさそうである。

P5300018_20210603132601

踏み跡をたどって、ゲート・ロックのトップに立ってみる。

P5300019_20210603132701

さらに目印を頼りに登っていく。

P5300020_20210603132701

奥立岩下部の取り付きに出ると、クライミングルートの案内が木につけられている。

P5300021_20210603132801

写真でもルートが示されていて、たいへん親切である。

P5300022_20210603132901

これがS字ルンゼ。クライマーがいたので、挨拶をする。

P5300023_20210603133101

ルートにはボルトが打ち込まれていて、しっかり整備されている。

P5300025_20210603133201

奥立岩を下から回り込むように登っていく。このまま進むと松の木テラスに出るようだ。

P5300026_20210603133301

右寄りのロープがフィックスされたルンゼを詰める。このルンゼも初心者のマルチピッチ練習に使えそうだ。

P5300027

奥立岩上部壁に出る。クライマーが登っていた。上部壁の下側をトラバースする道もある。

P5300028

稜線に出る。

P5300029_20210603133601

上部壁の上から覗き込む。なかなか高度感がある。

P5300031

フナサコ林道への道に入り、いったん下ることにする。

P5300033_20210603133801

途中にあったネズミ岩。

P5300034

岩場にはお助けロープが取り付けられている。

P5300035_20210603133901

ここにもロープがある。

P5300036_20210603133901

下りきると、沢に出る。

P5300037

目の前の沢を徒渉して、ふなさこ林道に出る。

P5300038_20210603134401

ふなさこ林道を滝尻方向に進むと、横谷林道と合流するが、滝尻方向に進んだところに、7台程度の駐車スペースがある。

P5300039

そのまま滝尻方向に進むと、1週間前に権現山から下山してきた地点を左側に見る。

P5300040_20210603134901

その地点のちょうど右の沢側に、ゴジラの背びれ岩への入口がある。次はここを登る。

P5300041_20210603135201

ゴジラの背びれ岩へは、この沢を徒渉する。

P5300042_20210603135201

目印に従って登っていく。

P5300043_20210603135301

急な箇所にはロープがフィックスされている。

P5300044

ゴジラの背びれ岩に出る。

P5300045_20210603135401

対岸には、1週間前に登った権現山と、権現岩が見える。権現岩にもクライミングルートがあるが、最近は登る人はほとんどいないようだ。

P5300046_20210603135501

ゴジラの背の右寄りにはフィックスロープが張られており、ハイキング感覚で登れる。ゴジラの背びれ岩を直登すれば、クライミングルートとなる。

P5300047_20210603135701

ゴジラテラスと思われるところに出る。なかなか高度感がある。そのまま登り続けると、稜線に出て、最初に登った地点に合流する。

P5300048_20210603135801

さらに登ったところにあるピークが奥立山である。富山の立山へは行けなかったが、大阪の立山には登れた。

P5300049

そのまま稜線を進む。

P5300051_20210603140101

小ピークを越えると、急に藪が濃くなる。ヤマウルシが多いので、かぶれないか心配になる。

P5300052_20210603140201

一徳坊山への登山道に合流すると、普通の登山道になる。一徳坊山とは反対方向に進み、日野に下山することにする。

P5300053

日野に下山したが、これで終了ではない。さらに住宅地を三日市町駅まで1時間近く歩かねばならなかった。

近くに住んでいながら、横谷の岩場の存在を最近まで知らずにいた。せっかく近くにこのような岩場があるのだから、今後はワンゲル部のトレーニングの場としてうまく活用できればと思う。

| | Comments (0)

October 22, 2019

ジャンダルム:奥穂高岳から西穂高岳へ縦走

Oさんよりジャンダルム登山のお誘いがあり、奥穂高岳から西穂高岳への縦走で行ってきた。流石に一般ルート最難関と言われるだけあり、終始息の抜けないルートだった。特に序盤の馬の背の下りは両側が切れ落ちていることもあり、スリル抜群であった。ルート的にはホールドもスタンスも充分にあり、クライミングの基本がしっかりできていれば特に通過には問題はないだろう。要所には鎖もあったし、マーキングも結構ある。槍ヶ岳北鎌尾根のようなルートファインディングの難しさはないが、縦走路だけあり、登りと同じぐらいにクライムダウンが多かったのが、結構、精神的にも肉体的にも疲れた。おかげで、翌日は激しい筋肉痛であった。

【日程】2019年10月16日(水)〜17日(木)
【山域】北ア・南部
【場所】奥穂高岳・ジャンダルム・西穂高岳
【メンバー】Oさん、マメゾウムシ
【天候】10/16 晴れ、10/17 晴れのち曇り
【コー スタイム】
10/16 新穂高温泉無料駐車場5:56〜穂高平小屋6:58〜白出沢出合7:43-53〜重太郎橋8:55-9:14〜荷継小屋跡10:09-18〜アブナイヨ岩12:00〜穂高岳山荘13:56
10/17 穂高岳山荘5:30〜奥穂高岳6:15-29〜ジャンダルム7:57-8:14〜天狗のコル10:01-10:11〜天狗の頭10:28〜間ノ岳11:29〜P1(赤岩岳)12:53〜西穂高岳13:01-07〜西穂独標14:21〜西穂山荘15:13-25〜西穂高口16:28

****************************************************************
1日目(10月16日)

3000mの高山では、いつ雪が降ってもおかしくない10月中旬。この時期は降雪がなくても、高山では凍結しているリスクは高い。奥穂から西穂の縦走路は一般ルートとは言え、アルパインクライミングなみに技術的にも体力的にも高いレベルが求められる岩稜ルートである。山のキャリアはまだ浅いOさんであるが、無雪期は私が沢登りを中心に指導をしてきたこともあり、技術的にはこのルートを充分にクリアできるレベルと判断した。一方で、体力面、特にスピードに少々危惧を感じるところはあったが、時間がかかった場合は西穂山荘に宿泊すればよい。あとは私のサポートがあれば、なんとか行けるだろうと判断した。日程は平日の晴れ予報の日を休暇取得で選んだが、凍結のリスクは行ってみないとわからない。風が強い場合や凍結している場合は、奥穂高岳ピストンに変更もありいうことで、とりあえず奥穂高岳までは行ってみることにした。

Img_9640

新穂高温泉よりスタート。車は登山者用無料駐車場に駐めた。平日だけあり、駐車している車は少なかった。

Pa160001

右俣林道を進む。

Pa160003

穂高平小屋を通過。

Pa160005

白出沢出合にて休憩していると、年輩の男性が追いついてきた。そのおじさんもジャンダルムに行くとのことだが、ヘッデンの乾電池を忘れたらしい。翌朝はヘッデンを点けて日の出前に早立ちする必要があるので、ヘッデンは必需品である。おじさんは穂高岳山荘に乾電池があるか電話をした際に、ジャンダルムの状況も聞いていた。小屋の人からは、凍結しているかもしれないので、止めたほうがよいと言われたそうだ。その後、そのおじさんは登ってこなかったので、どうやら諦めて引き返したらしい。少々不安な情報を聞いてしまったので、私たちもテンションが下がるが、とりあえず奥穂高岳への登山道を進むことにする。

Pa160006

後ろを振り返ると、笠ヶ岳と抜戸岳。

Pa160007

先日の台風による被害があったのか、登山道上に倒木あり。

Pa160009

白出沢に下りる。

Pa160011

重太郎橋を対岸に渡る。

Pa160013

白出沢の右岸につけられた石切道を進む。

Pa160015

鉱石沢を渡り、その後は樹林帯を登る。

Pa160016

荷継小屋跡で休憩。

Pa160017

荷継沢を対岸に渡る。

Pa160019

このあたりの紅葉の色づきはちょうどよい。

Pa160020

白出沢の長い登りが始まる。

Pa160021

標高差800mの単調なガレ登り。

Pa160025

稜線は見えているが、なかなか近づかない。ガレ登りもルートファインディングが大事で、大きな岩のある所を登っていく方が足下が安定していて楽である。

Img_9701

アブナイヨ岩を通過。ここから穂高岳山荘まで130分らしい。

Pa160027

少しずつ稜線に近づいていく。

Pa160030

ついに穂高岳山荘が目の前に。ここまで凍結箇所もなく、ほぼ無風で寒さは感じない。明日もこの天気ならば、ジャンダルムへは行けそうだが。

Pa160033

本日の宿である穂高岳山荘に到着。新穂高温泉から8時間が経っていた。

Pa160032

涸沢カールを見下ろす。

Pa160035

前穂北尾根。

Img_0987

早速、宴会開始。平日だが、人気エリアだけあり、宿泊客はそこそこ多かった。

Img_0988

穂高岳山荘の夕食。翌日に備えてご飯のお替わりを2回もしてしまった。寝不足だったこともあり、夕食後はすぐに寝入ってしまったが、深夜に目が覚めてしまった。

****************************************************************
2日目(10月17日)

深夜に1度目が覚めてからは、そのまま起きたり眠ったりを繰り返して、起床時間の4時半を迎えてしまった。

Pa170036

外はすぐに白み始めた。

Img_0989

穂高岳山荘名物のお弁当である朴葉寿司を食べてから出発。結構ボリューミーで朝からガッツリという感じ。

Pa170037

まずは奥穂高岳を目指して登る。天気は今のところ良好だが、午後からはガスが出る予報だ。

Pa170039

奥穂高岳へ登る途中で日の出を迎える。

Pa170040

目的地であるジャンダルムが見えた。

Pa170046

槍ヶ岳もくっきり。

Pa170047

奥穂高岳に到着。凍結箇所もなく、風の強さも気温的に充分に耐えられる程度だ。これならば行けると確信し、ジャンダルムへ進むことを決断する。先行者も1名いた。

Img_9758

念のため、ハーネスを装着して、ジャンダルムへの縦走路に入る。いよいよ馬の背の下りだ。

Pa170048

両側が切れ落ちている高度感抜群の狭い尾根をクライムダウンする。

Pa170049

3点確保で一歩ずつ慎重に下れば問題はない。

Pa170050

馬の背を無事下り終わると、次は奥穂高岳とロバの耳との鞍部を目指す。落石が起きやすそうな岩場を下る。

Pa170051

正面にジャンダルム。

Pa170053

鞍部からはロバの耳とジャンダルムを見上げる。

Pa170054

鞍部からはロバの耳への登り。その後、ロバの耳の鎖場のトラバースに入り、最後はジャンダルムとの鞍部に下りる。

Pa170056

ジャンダルムは基部をトラバースして、西穂側から登りやすそうな所を登った。後で気がついたが、正規ルートはもっと西穂側へ回り込んでいた。このあたりからガスが出始める。

Pa170057

正規ルートで縦走路へ戻ったが、最後は少々ショートカットした。

Pa170058

天狗のコルへの下りに入る。

Pa170060

垂直な鎖場の下り。スタンスはあるので問題ない。

803ea08a997a4ee58db5e97060c3c48f

ガスの中の狭い稜線歩き。

Pa170064

正面に天狗の頭。

Pa170066

天狗のコルに10時に到着。ここから岳沢へエスケープは可能だが、縦走を続ける。ここまで2名とすれ違う。

Pa170067

天狗の頭への急な登り。

Pa170068

天狗の頭に到着。

Pa170070

次は間ノ岳を目指す。

Pa170071

逆層スラブの長い鎖場の下り。登山靴のソールのフリクションを使って下る。

Pa170072

正面に間ノ岳。

Pa170074

間ノ岳を越える。

Pa170077

鎖場のトラバース。

Pa170078

鎖場の垂直な登り。

Pa170079

西穂高岳方面がガスの中にうっすらと見えた。

Dc4d1a722f7f402b9f44e8cdc346e26441380000

P1に到着。西穂高岳はいよいよ次のピークだ!

Pa170080

シラタマノキ。サロメチールの匂いがする。

Img_9817

ついに西穂高岳に到着。

Pa170085

ガスの中を下る。独標までは岩場が続くが、緊張感は多少は和らぐ。

Pa170086

西穂高岳独標を通過。西穂高岳からここまで11のピークを越える。ここからロープウェイ駅まではコースタイムで2時間。ロープウェイの最終時刻は16時45分で、現在の時刻は14時21分。はたして間に合うだろうか?

Pa170087

ロープウェイの西穂高口駅が見えた。

Pa170088

雲の下に出て、丸山を通過。

Pa170089

正面に焼岳と左に上高地。

Pa170090

西穂山荘に到着。ここからロープウェイの駅まで1時間だが、まだロープウェイ最終時刻まで1時間半ほどの余裕がある。なんとか間に合いそうだ。

Pa170092

Oさんはお疲れ気味だが、もう少しのガンバ!

Pa170093

ロープウェイ最終時刻の15分前に西穂高口駅に到着し、無事最終便に乗ることができた。ここまで11時間行動だった。

Img_0991

下山後は、新穂高温泉のひがくの湯で汗を流す。入浴料は750円だが、登山者は自己申告にて700円に割引される。うまい棒も食べ放題である。平日で時間も遅かったので、浴槽は独り占めだった。夕食もここでいただいた。

今回は10月中旬といういつ雪が降ってもおかしくない時期でありながら、稜線の気温は0℃ぐらいで、降雪も凍結箇所もなく、風もそれほど強くもなかったのは幸いだった。縦走日は午後からガスは出たものの、無事、ジャンダルムの頂に立ち、西穂まで縦走することができた。この縦走に時間がかかった場合は西穂山荘泊も考えていたが、最終のロープウェイ時刻になんとか間に合うことができ、その日のうちに新穂高温泉に下山できたのはよかった。Oさんにとっては9月の鳶谷での沢登りに引き続き、ハードな山行の連続になってしまったが、どちらもしっかり成功させたことは自信になるだろう。

奥穂高から西穂高までの縦走路は流石に一般ルート最難関と言われるだけあり、終始息の抜けないルートだった。特に序盤の馬の背の下りは両側が切れ落ちていることもあり、スリル抜群の高度感であった。一方で、ルート的にはホールドもスタンスも充分にあり、クライミングの基本がしっかりできていれば特に通過には問題はないだろう。要所には鎖もあったし、マーキングも結構ある。槍ヶ岳北鎌尾根のようなルートファインディングの難しさはないが、縦走路だけあり、登りと同じぐらいにクライムダウンが多かったのが、結構、精神的にも肉体的にも疲れた。おかげで、翌日は激しい筋肉痛であった。一般ルートとは言え、今回の縦走成功の達成感は高く、たいへん充実した山行であった。

動画も少し撮っていたので、スライドショー的に編集してみました。

| | Comments (4)

December 04, 2018

安全登山サテライトセミナー(大阪)に参加

先週末は、ワンダーフォーゲル部の顧問という立場から、国立登山研修所が主催する安全登山サテライトセミナーに参加して勉強してきました。

このセミナーは、高等学校等において登山の指導的立場にある教職員や大学生、一般登山者、登山用具
店の担当者、トレイルランニング愛好家、バックカントリー愛好家等を対象に、安全で安心
な登山を実施するために必要な知識や理論を普及することを目的として、東京、名古屋、大阪にて無料で行われるものです。 私は大阪在住ですので、モンベル本社を会場とする大阪に参加し、2日間充実した時間を過ごしてきました。

3会場とも同じ内容と思いきや、開催概要を見ると、およそ2/3の内容は会場ごとに異なっていました。ちなみに大阪会場は以下の内容でした。

12/1(土)
「安全登山の仕組みとプランニング」北村 憲彦 氏
「登山指導者の法的責任~山岳ガイド、教師、インストラクター、登山リーダーはどのように法律に備えるべきか~」溝手 康史 氏
グループディスカッション「登山客から自立した登山者へ~PDCAサイクルに基づく安全登山~」司会進行 北村 憲彦 氏

12/2(日)
「役に立つ登山のリスクマネジメントのキーワード」 村越 真 氏
「登山における積雪の雪崩の基礎知識」飯田 肇 氏
事例から学ぶ山の医学~怪我への対応と低体温症~」 大城 和恵 氏

Img_3902

1日目の開始は午後1時から。最初に国立登山研修所の宮﨑豊所長の開会挨拶。

Img_3903

最初の講義は名古屋工業大学教授の北村先生。登山にリスクはつきものだが、貴重なデータでリスクについての説明。対策としては登山者の安全力を高めること。リーダー・フォロワー・チームワークをしっかり育成して、仲良しグループからタフな登山パーティーになる。リスクマネージメントからダメージコントロールへなど、安全登山のプランニングについて説明していただいた。

Img_3904

次は弁護士の溝手先生による登山指導者の法的責任についての講義。個人的に重要と思ったのは、大学山岳部の事故の場合、大学生は大人に近い扱いのため自己責任が原則であること。大学には学生の安全管理義務はあるが、それは重いものではない。リーダーには安全確保義務はないという点では、山岳会のリーダーと同じ扱いであること。そうであるならば、ワンゲル部員達にも自分たちの活動が自己責任による自主登山であることを自覚させておく必要があるだろう。

またツアーなどで書かされる免責同意書には法的な意味がないことを知ることができた。引率登山の場合には主催者に安全管理義務があるとのこと。

Img_3915

1日目の最後はグループディスカッション。グループに分かれて、ヒヤリ・ハットを1人ずつあげてもらい、それを発生確率とダメージの程度から分類分けする。そしてそれがPlan(先読み)、Do(ルート維持)、Check(現地確認)、Act(修正)のいずれの時に発生したかを確認するというもの。同じヒヤリ・ハットでも、人によってはダメージの程度を異なって評価していたりなど個人の技量による違いもあることを感じた。ワンゲル部でもぜひ実践してみたいグループディスカッションであった。

これで1日目が終了。翌日に備えて素直に帰宅しました。

Img_3917

翌日は9時から講義開始で、まずは静岡大学教授の村越先生から、キーワードを使ったリスクマネジメントの啓蒙法について学んだ。前日の北村先生によるグループディスカッションとは異なる方法であるが、こちらもワンゲル部で実践してみたいリスクマネジメントの啓蒙法である。

Img_3918

次は富山県立立山カルデラ砂防博物館の飯田先生による雪崩の基礎知識についての講義。雪崩についてはJANのアバランチナイトやセイフティキャンプなどでよく学んでいたことでもあったが、知識の整理と復習という意味で役立つ内容であった。

61xxhzqwr5l

お昼休みをはさんで最後は、日本最初の山岳医である大城先生による登山での怪我と低体温症への対応法についての講義。直前に著書である「登山外来へようこそ」を読んでいたので、話しを聞くのを楽しみにしていた先生である。プレゼンは実にハキハキとして刺激的で、現場で実践できる重要な内容であった。ぜひともその知識をしっかり身につけておきたいと思う。なお、プレゼンは撮影禁止で、資料も禁転載・複製とのこと。これは間違った解釈や知識の普及を防ぐためと、個人情報等があるため。

これで2日間のセミナーが終了。実に充実した内容であった。たいへん残念なのは我がワンゲル部員が1人も参加していなかったことである。だいぶ早い時期から参加を勧めていたにもかかわらずである。彼らにはきつく注意をしておく必要があるだろう。

Img_3926

セミナー終了後は、名古屋からセミナーに参加していたBC仲間のむねちさん、そして以前に所属していた山岳会の後輩であるKさん(現在は非会員)がたまたま出張で大阪に来ていたので、ミナミで久しぶりに一緒に一杯。次は雪の上でお会いしましょう。今回の安全登山サテライトセミナーで学んだ知識を活かして、今シーズンも安全に雪山を楽しみたいと思う。

| | Comments (0)

October 25, 2018

百丈岩でマルチピッチクライミングの練習

先週末は、2週連続になりますが、百丈岩にてクライミングをしてきました。

Pa200007_3

前回はワンゲル部へのクライミング講習でしたが、今回は、若きOBのぬーいくんとマルチピッチクライミングの練習。

Img_3775

まずは前回も登った中央稜下部壁から。

44389161_482575428907840_7828749254

リードはぬーいくん。私はセカンドで、まあ、なんとか。

Pa200008

ビレイ中のぬーいくん。

Pa200009

今回は、結構、大勢の人たちが登ってた。

Pa200012

次は中央稜ダイレクトルートに取り付くが、結構難しいではないですか! 我々がフリーで登るには少々レベルが高いので、途中敗退。

Img_3776

右クラックルートに転進。

ぬーいくんはフリーでリードしたが、ロートルの私にはフリーは無理。何度か落ちたので、最後はスリングをアブミにして核心部をなんとかクリア。アブミ登攀は実に20年以上ぶりであった。

Pa200013

なんとか登り切ったが、完全に腕の筋肉を消耗尽くした。改めてクライミングが自分に向いていないことを痛感。

Pa200014

帰りがけに中央ルンゼを上から覗く。

Pa200015

百丈岩を振り返る。ぬーいくんには物足りないだろうが、これで今日は終了。

Img_3777

梅田の行きつけの店に行ったが、店名とメニューが変わっていた。ちなみに以前の店名は「エキベーコン」だったが、「Beer Bar 肉彩」に。グラスのベルギービールは以前はヒューガルデン・ホワイトだったが、ヴェデットエクストラホワイトに変わっていた。

Img_3778

店名に肉がついたことからも、肉メニューが増えた感じ。

適当なところで切り上げて、大阪駅前第1ビルの地下へ移動。特に行き先は決めていなかったので、新たな店を開拓へ。

Img_3779

入った店は、白いおでん丸善酒店。香川のお酒である金陵の飲み比べセットをまず試す。

Img_3780

明石だこの刺身は美味かった! 肝心の白いおでんは残念ながら写真を撮らなかったが、簡単に言えばシチューに入ったおでん。

Img_3781

最後は、大阪駅前第2ビルの地下にあるサバ6製麺所にて鯖醤油ラーメンにて締めました。

クライミングのマルチピッチよりも夜のマルチピッチがメインだったような...

| | Comments (2)

October 15, 2018

百丈岩にてクライミング講習会 for ワンゲル部

先週の土曜日は(10月13日)、兵庫県の百丈岩にてワンゲル部のクライミング講習会を行った。

本格的なクライミングというよりも、沢登り、もしくは普段の山行における緊急時に使えるロープワークの習得が目的です。

学生だけでバリエーションルートに行ったり、緊急時に安全確保やセルフレスキューが行えるためには、リード、トップの確保、セカンドの確保など基本的なロープワークがしっかり習得できている必要がある。

Img_3746

9時3分にJR道場着の電車にて集合。道場駅前は多くのクライマーやハイカーで賑わっていた。

Img_3747

百丈岩の入口には大阪労山の施設である百丈やぐらがある。これは確保訓練施設であり、この日は大阪府岳連が使用していた。

Img_3749

午前中は林内の急斜面にてロープワークの確認。まずはトップを確保するために、木を支点として、スリングでセルフビレイを取る。

Img_3750

トップは中間支点を取りながらリードする。

Img_3755

沢登りの高巻きを想定。トップはメインロープでセルフビレイを取り、セカンドを確保する。

Img_3753

懸垂下降も練習。セルフビレイは下降器をセットするまで外さない。

Img_3754

懸垂下降。

Img_3757

午後は実際の岩場にてクライミング練習。OBのぬーいくんがリードしてトップロープをかける。

Img_3758

トップロープ確保にて現役部員が練習。

Pa130012

私がリードして右にもう1本トップロープをかける。

Pa130016

全員一通り登った所で、さらに右にあるワンランクグレードが高い岩場へ移動して同様に練習。

Pa130014

ガンバ!

Img_3760

16時過ぎたところで終了。

初めてクライミングを経験した部員もいましたが、いい経験になった感じ。内容的にも充実した1日でした。このような練習は定期的にやって、しっかり技術を習得してほしい。

Img_3761

お疲れ様でした!

Img_3762

解散後はOBのぬーいくんと2人で梅田の行きつけの居酒屋へ。

Img_3763

ほろ酔い気分でお開きとしました。

クライミング講習会の様子を動画にしてみました。

| | Comments (0)