« 扇ノ山:落枝だらけの中を軽快にスキーで往復 | Main | 白馬乗鞍岳スキー:1人だけストップ雪? »

April 13, 2024

福井観光:恐竜博物館・一乗谷朝倉遺跡・福井駅

最近は年齢のせいか、山スキーや登山などの連戦では疲れが溜まっていく一方で、若い時のようにガツガツと遊ぶことはできなくなってきている。連戦の場合は、2日に1日ぐらいは休養日があると、だいぶ体も精神も楽である。そんな理由で、3月末に奥美濃の大日ヶ岳野伏ヶ岳を滑った後に、1日休養日を取って、福井観光を行った。これまで福井市は通過することはあっても、泊まったことはなかった。ちょうどこの3月に北陸新幹線が敦賀まで開通し、福井駅周辺も賑わっているとのことで、ちょうど観光にはよい機会だった。観光した翌日は、白山麓に移動して、加賀禅定道のしかり場をスキーで往復したのだった。

Img_6508

福井観光を行ったのは、2024年4月1日である。まず行ったのは、勝山市にある福井県立恐竜博物館である。白山方面やスキージャム勝山スキー場に行く際には、よくこの博物館の前を通るのだが、これまで立ち寄ったことはなかった。見学した人たちの話では、決して子ども向きというわけではなく、内容も充実しており、結構楽しめるらしい。これはぜひとも行ってみなければということで訪れることにしたのである。

博物館の入館には日時指定の観覧券が必要で、ホームページから事前に購入することができる。予約に余りがある時間帯は当日券もあるが、週末や祝日に行くならば、事前に購入した方がよいだろう。常設展の観覧料は一般が1000円であるが、学生や団体、70歳以上の高齢者には割引がある。常設展以外の観覧や利用には別途料金が発生する。

Img_6537

博物館の前からの山並みである。

Img_6509

博物館の入口は建物の3階部分であり、入館するとエスカレーターでB1に下りて、B1から上の階へ進みながら見学していくことになる。平日ではあったが、学校は春休みということもあり、開館時から多くの家族連れで賑わっていた。

Img_6510

常設展示は、恐竜の世界、地球の科学、生命の歴史の3つのゾーンに分けられている。恐竜の世界ゾーンには、恐竜の全身骨格や全身モデルが展示されている。ジオラマや対面スクリーンのダイノシアターもあり、恐竜時代を体感することができる。恐竜の系統関係が示されているのも素晴らしい。福井県の発掘調査で発見された恐竜や他の動植物化石も展示されている。

地球の科学ゾーンでは、地球科学の歴史、陸と海の堆積物、堆積物に埋積された化石、地球の活動、活動でできた岩石や鉱物などを系統的に展示している。

生命の歴史ゾーンは、自然史博物館を感じさせる専門的な内容で、46億年におよぶ長い地球の歴史の中で、生命が誕生し、地球の環境変化の中で進化と絶滅を繰り返し、人類誕生までを時間の流れにそって展示している。私もほぼ同じ内容を自分の授業で解説しているので、生物学を学ぶ学生の学習にも役立つものである。

いずれのゾーンも決して子ども向きではなく、かなり専門的なので、大人や専門家でも充分に楽しめる内容であり、まだ見学したことのない人たちに来館を勧めたい。

Img_6511

恐竜博物館の見学は午前中で終えて、勝山の食堂「徳兵衛」にて、福井名物のソースカツ丼とおろし蕎麦のセットを食べた。まずまずボリュームもあり美味しかった。

Img_6513_20240412071201

午後は福井市にある一乗谷朝倉氏遺跡博物館を見学した。観覧料は一般700円であるが、恐竜博物館の観覧券をもっていると割引がある。また復元町並とのお得な共通観覧券もある。特別展の見学には別に観覧料が発生する。

Img_6512

朝倉氏は織田信長に滅ぼされた戦国大名である。館内には、朝倉氏の歴史と城下町一乗谷について、豊富な出士品をもとに展示紹介している。様々な生活用品や職人の道具、武器武具などのほか、古文書や絵図も展示している。上の写真は、博物館建設の事前発掘調査で見つかった石敷遺構であり、間近で見学できる。朝倉当主の館の一部を原寸で再現していて、その中を歩いて見学できる。

Img_6514

博物館の前を流れる一乗谷川沿いには多数の遺跡がある。その中には復元された当時の町並もある。復元町並の見学には博物館とは別途に入場料(一般330円)が発生する。博物館とのお得な共通観覧券もある。

Img_6516

計画的に造られた道路をはさんで、武家屋敷や庶民の町屋がリアルに再現されている。

Img_6517 Img_6518

再現された家屋の中には展示もある。

Img_6519 Img_6520

復元町並の見学後は、朝倉館跡にも行ってみた。こちらは観覧料はかからない。

Img_6521

最後の当主であった朝倉義景の墓所がある。

Img_6523

朝倉館跡の中には庭園跡がある。

Img_6524

朝倉氏遺跡を見学した跡は、ホテルにチェックインするために福井市街へ。せっかくなので、新幹線が開業した福井駅も見学した。

Img_6525

福井駅前も恐竜がお出迎えしてくれた。動くし、声も出す。ここまで福井県が恐竜に力を入れているのも凄い。

Img_6528

福井市街での宴の場として選んだのは、味処庄屋という店である。価格は比較的良心的で、新鮮な魚介類の刺身や美味しい料理が味わえる。写真は刺身盛合せである

Img_6527 

かにみそ

Img_6529

ワカサギの天ぷら

Img_6530

福井の地酒も揃っている。またリピートしたい店である。

Img_6533

シメは、福井駅近くの麺匠麦之助というラーメン屋のの鶏泡白湯ラーメン。なかなかクリーミーで美味しかった。福井の昼と夜を堪能した1日だった。

|

« 扇ノ山:落枝だらけの中を軽快にスキーで往復 | Main | 白馬乗鞍岳スキー:1人だけストップ雪? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 扇ノ山:落枝だらけの中を軽快にスキーで往復 | Main | 白馬乗鞍岳スキー:1人だけストップ雪? »