« 13年ぶりの加賀禅定道しかり場:一里野スキー場からスキーで往復 | Main | 福井観光:恐竜博物館・一乗谷朝倉遺跡・福井駅 »

April 09, 2024

扇ノ山:落枝だらけの中を軽快にスキーで往復

テレマーク革靴とステップソール板の軽快な組み合わせで、2年ぶりに春の扇ノ山を上山高原から往復してきた。想定よりは残雪は多かったが、落枝だらけで、まともに滑れた所は少なかった。

【日程】2024年4月7日(日)
【山域】中国東部
【場所】扇ノ山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク
【コースタイム】上山高原避難小屋7:30~小ズッコ登山口8:26~小ズッコ8:55~大ズッコ9:34~扇ノ山10:04-28~大ズッコ10:52~河合谷牧場1160m小ピーク11:16~~小ズッコ11:32〜小ズッコ登山口11:47~上山高原避難小屋12:22

今シーズンは雪不足ということもあり、関西以西では滑る機会がなく、4月を迎えてしまった。そろそろ賞味期限ではあるが、ダメ元で扇ノ山に行ってみることにした。春の扇ノ山には毎年のように通ってはいたが(2022年4月10日の記録)、昨シーズンは行く機会がなかったので、2年ぶりのことになる。上山高原からならば、テレマーク革靴とステップソール板の組み合わせにて、シール無しで軽快に往復できる山である。

P4070001_20240409160601

7時に上山高原に到着する。すでに車が2台駐まっていた。

Nosuri

スキーを担いで歩き出すと、空の高いところを比較的大型の猛禽類が飛んでいるのに気がついた。上山高原はイヌワシの生息地でもあるので、その可能性はあるが、トビの可能性もある。

P4070006

思ったよりは林道上に雪が残っている。

P4070005_20240409165301

早速、スキーを履く。ステップソール板なので、緩斜面であればシール無しで登れる。

P4070007

やはり雪は途切れたが、3ピンビンディングなので、スキーの脱着は簡単である。おまけに今回は山岳スキー競技用のザックを持ってきたので、スキーのザックへの装着もスピーディーにできる。

P4070009_20240409165701

林道には計2箇所の雪が途切れている所があった。

P4070011_20240409165901

歩き出して1時間ほどで、小ヅッコ登山口に着く。

P4070012_20240409170101

例年であれば夏道を行かずに、谷の左岸側のオープンな斜面を登るのであるが、雪不足で藪が濃い。夏道も同様な感じだったので、藪漕ぎ覚悟でいつもの谷の左岸側の斜面に取り付いた。

P4070014_20240409170401

スキーを脱ぐことなく、藪を掻い潜りながら、なんとか小ヅッコ付近に出ることができたが、残雪は少ない。

P4070015

道標が出ている。

P4070020_20240409170601

大ヅッコを通過する。この辺りは雪の上に落枝が多い。3月のドカ雪で折れたのだろうか。それとも雪融けで雪の中から現れたのだろうか。大ヅッコからは山頂手前のコルへまで下りとなるが、これらの落枝が障害となり、まともに滑れなかった。復路の滑りでも苦労しそうだ。

P4070022_20240409170801

山頂までの最後の登りに入る。だんだんと尾根が狭くなっていき、進路を藪に阻まれる。

P4070024_20240409171401

藪を掻い潜って進むと、避難小屋が現れる。ここが扇ノ山の山頂である。上山高原から2時間半での到着であった。誰もおらず、本日の山頂一番乗りのようだ。時間的には10時と早いが、ランチタイムとする。朝食を取ったのが5時なので、間隔としては悪くはない。

Img_6564

山頂南側には氷ノ山が眺められる。

Img_6565

氷ノ山の右側には東山などの眺め。それでは滑走へ。

P4070025

山頂からそのまま往路を戻るのは藪が鬱陶しそうなので、山頂の東側の斜面を滑ることにする。3ターンぐらいであったが、今回唯一まともに滑れた斜面だった。

P4070026

その後はトラバース気味にコルへ向けて滑るが、落枝が多すぎて、まともな滑走ラインが取れない。

P4070027_20240409173501

大ヅッコに登り返しても、状況は変わらない。

P4070028_20240409173601

キックターンを入れたりしながら、それでもなんとか滑っていく。途中で4〜5人ほどの登山者やスキーヤーとすれ違った。

P4070029

いつも帰りに滑って遊ぶ河合谷牧場も雪が少なく、遊べなかった。

P4070032_20240409173801

小ヅッコからは藪を掻い潜りながら滑っていく。滑るというよりかは歩いているという感じだが。

P4070033_20240409173901

なんとか林道に出る。

P4070034_20240409174001

あとは林道を滑っていくだけ。正面からBCクロカンを履いた人が来ると思ったら、テレ仲間のタイスケくんだった。今回テレマークデビューする新人を1名連れていた。山頂までは行かないそうで、まずはスキーで歩く練習とのこと。

P4070035_20240409174501

林道からのしょうぶ池の眺め。

P4070037

林道上では2回スキーを脱いだが、それでもスキーで滑ると断然速い。上山高原へ滑り込んで終了となった。13時前の下山でだった。落枝でまともに滑れなくても、テレマーク革靴とステップソール板という軽快な道具で、山頂往復をスピーディーに行うことができ、そこそこ楽しむことはできた。こういう楽しみができるのも、テレマークスキーの良いところである。このような軽快な道具で、この春はもう少し遊んでみたい。

Img_6558

帰りに、麺屋てんかむてき村岡店に寄って、但馬黒そばを食べてみた。麺は太麺と細麺から選べるが、お勧めは太麺とのことで、太麺をチョイスした。濃い醤油味のスープで、麺と独特のぶつ切りのネギは但馬産とのこと、山スキーで汗を流した後にはしょっぱいのも悪くはない。ただし、流石にスープは飲み干せなかった。高血圧でもあるので。サービスでいただいた唐揚げも美味しかった。

|

« 13年ぶりの加賀禅定道しかり場:一里野スキー場からスキーで往復 | Main | 福井観光:恐竜博物館・一乗谷朝倉遺跡・福井駅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 13年ぶりの加賀禅定道しかり場:一里野スキー場からスキーで往復 | Main | 福井観光:恐竜博物館・一乗谷朝倉遺跡・福井駅 »