« 栂池自然園スキー散歩:軽快にテレマーク革靴・ステップソール板にて | Main | 大阪の裏山にて山菜採り »

April 22, 2024

シャルマン火打スキー場から放山

白馬2連戦の後は、シャルマン火打スキー場から放山を往復し、日本離れした景色を堪能してきた。

【日程】2024年4月15日(月)
【山域】頸城・海谷
【場所】放山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク
【コースタイム】ゲレンデトップ8:54〜放山9:57-10:15〜ゲレンデトップ10:46〜駐車場11:05

白馬2連戦を終え(2024年4月13日14日の記録、糸魚川の能生にて、地魚の刺身と信州の地酒で1人宴を行ったが、翌日は平日の月曜日であった。もちろん休暇は取得済みである。そのまま帰路につくのはもったいないので、シャルマン火打スキー場から放山をスキーで往復することにした。春の放山は9年ぶりであるが(2015年3月21日の記録)、7年前の厳冬期にシャルマン火打スキー場から空沢山への往復を行った際にも放山を通っている(2017年1月3日の記録)。それ以来の実に久しぶりのシャルマン火打スキー場と放山であった。

Img_6589

8時にシャルマン火打スキー場に到着する。周囲の雪融けは進んでいる。

P4150031

8時半からリフトが動き出す。平日ということもあり、スキー・ボード客は多くはない。入山届をレンタルコーナーに提出し、1回券600円を購入してゲレンデトップに上がる。パトロールの詰所の横から入山する。

P4150032

すぐに雪が途切れる。

P4150034

池からシール登行を開始する。

P4150036

とりあえず、登りやすそうな所を選んで、高い方へ登っていく。

P4150038

スタートしてから1時間ほどで放山に到着する。放山往復ならば、かなりお手軽なBCである。

Img_6617

北方向の眺め。

Img_6616

北東方向の眺め。

Img_6615

東方向の眺め。

Img_6614

南方向には、火打山や焼山の眺め。日本離れした風景である。

Img_6613

南西方向には、焼山から昼闇山などの眺めである。

Img_6612

西方向の眺め。

P4150039

滑走へ。

P4150040

快適ザラメ雪であった。

P4150042

あっという間に池まで戻る。これから長距離の車移動が待っているので、寄り道せずに下山することにする。シールを貼ってゲレンデへ登り返す。

P4150043

途中、雪が途切れているので板を外す。あとは面倒なので、そのまま板を担いでゲレンデに出た。

P4150045

パトロールに下山連絡を行ってから、最後はシャバ雪のゲレンデを滑走し、センターハウスに滑り込んだ。

信越スキー遠征3連戦が終わった。今回はソロということもあり、マッタリ系のバックカントリースキーにした。自分の年齢を考えると、連戦の場合はこの程度で良いのかもしれない。次はゴールデンウィークの立山が待っている。

|

« 栂池自然園スキー散歩:軽快にテレマーク革靴・ステップソール板にて | Main | 大阪の裏山にて山菜採り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 栂池自然園スキー散歩:軽快にテレマーク革靴・ステップソール板にて | Main | 大阪の裏山にて山菜採り »