« ワンゲル部3月合宿その2:再び山小屋裏山スキーツアーで新規ルート開拓 | Main | 大日ヶ岳:今シーズン4度目は湿雪重雪スキー »

March 18, 2024

ワンゲル部3月合宿その3:最後は快晴の大日ヶ岳で、3日連続のパウダー滑走!

ワンゲル部3月合宿の3日目の記録です。合宿最後の山行は、快晴の大日ヶ岳にて、3日連続のパウダー滑走となった。

【日程】2024年3月11日(月)
【山域】奥美濃
【場所】大日ヶ岳
【メンバー】ワンゲル部員3名、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク4
【コースタイム】高鷲スノーパークゲレンデトップ9:22〜前大日9:49〜大日ヶ岳10:09-28〜大日谷1550m地点10:38-49〜大日ヶ岳11:20-52〜叺谷1510m地点12:03-19〜前大日東面1610m地点12:44-56〜高鷲スノーパークゲレンデ復帰1330m地点13:28-31〜高鷲スノーパークセンターハウス前13:45

ワンゲル部3月合宿の3日目の行き先は、野伏ヶ岳が有力な候補地となっていたが、上部が無木立の斜面となるため、雪崩リスクが多少なりとも考えられた。ワンゲル部員の未熟なスキー技術では転倒が多いため、雪面への負荷も大きい。指導者としては安全のマージンを大きく取らざるを得ない。そこで候補となったのは、高鷲スノーパークからの大日ヶ岳であった。大日ヶ岳山頂周辺は、裏山よりも標高が高く、北向きの斜面が多く、樹林帯でもあるため、比較的良い雪が維持されている。前日はさほど気温は上がらなかったことから、ひょっとしたら3日連続のパウダーもあり得る。スキー場からのアクセスのため、エスケープがしやすく、バックカントリー入門者向きのコースである。スキー技術が未熟でBCの経験の少ないワンゲル部員には、むしろちょうどよいのかもしれない。今シーズンは大日ヶ岳を2回ほど滑っているが、いずれも快適なパウダー滑走であった(2024年1月5日27日の記録)。結果論にはなるが、前日とこの日の野伏ヶ岳には多くの登山者やスキーヤーが入山しており、危惧していた雪崩事故は起こらなかったようだ。

ワンゲル部山小屋から高鷲スノーパークまでの移動は、車で1時間もかからない。平日でもあるため、高鷲スノーパークの駐車場には比較的前の方に駐めることができた。春休みということもあり、大学生など若い人たちが多かった。そんな中で、クライミング用のヘルメットを被り、大きめのザックを背負ってセンターハウスに向かうワンゲル部員たちは異色に見えたにちがいない。インフォメーションにて登山届を書き、登山券2500円(預り金500円含む)を購入し、ゴンドラにてゲレンデトップに上がる。平日ということもあり、ゴンドラ待ちの行列はできていなかった。

212939cb30434ddb9847e23f8bfd36f910450000

平日ではあるが、登山者やBCの人たちは結構いた。特にガイドツアーと思われるグループは、ボーダーばかりであった。前日にも多くの人たちが入山したこともあり、トレースはしっかりできており、ラッセルはまったくなかった。

B53ec1d42bea4f75bb9f800eeca31d4210450000

前大日からの大日ヶ岳。

B284540fea254a149d4385564aa0a0fe10450000

前大日からはいったん下りとなるため、シールをつけたままの滑りとなる。そこそこ傾斜があってスピードが出るので、ワンゲル部員たちにとっては、なかなかスピード制御が難しい。

B33eb8edf6774366a9d1eebee55ff1d310450000

ゲレンデトップから1時間もかからずに、大日ヶ岳の山頂に到着した。1月5日に来た時も快晴だったが、この日も見事な快晴であった。今回は、山頂からの360°の展望を、前回よりも細かく、北から時計回りにて以下に紹介する。

Img_6445

白山を中心とした北方向の眺め。

Img_6444

北アルプス北部を中心とした北東方向の眺め。剱岳も見える。

Img_6443

北アルプス南部から御嶽山を中心とした東方向の眺め。槍ヶ岳や中央アルプスも見える。

Img_6442

南東方向の眺め。

Img_6449

南方向の眺め。

Img_6448

福井の山を中心とした南西方向の眺め。

Img_6447

福井の山から奥美濃の山を中心とした西方向の眺め。

Img_6446

白山を中心とした北西方向の眺めで、1周となる。

2b4e71b7b8a845e6804fca28a64884b710450000

最初の滑走は、北面の大日谷へドロップ。前日につけられたシュプールは多かったが、まだまだ滑れるラインは残っている。

3f4522ee357e4b44b57d708f6642dc4110450000

北面だけあって、軽いいい雪だった。これでまさかの3日連続のパウダー滑走となった。大日ヶ岳は嘘つかない!

E3de75277898487183fc91d636008d8810450000

谷が狭くなる所まで標高差150mほどを滑った。スキーにシールを貼って、山頂に登り返す。

53c0690ce55649ba8193f77a49afc07510450000

ひるがの高原からの夏道に出る。

C4aa13cdc74841ba93504fe4e86ab69410450000

2度目の山頂にて、ランチとする。天気も良く、ほぼ無風で過ごしやすい。

2c312365da2e4cd293f1eac39f88d30a10450000

次の滑走は叺谷へドロップ。

1a05407da57d433087e8b4e658fa529910450000

台地状となる標高1510m地点まで標高差200mほどを滑った。上部の雪はよかったが、下部は湿雪で重めだった。私にとっては板が走る悪くない雪だったが、ワンゲル部員たちは苦労していた。

4205500e37584db581ab70203bb6975110450000

前大日方向へ登り返す。

B5e4773ba40c445e820f703609b4255f10450000

前大日の直下まで登り、最後の滑走の準備をする。

72e541bc234040da8ee027d8feabd32f10450000

出だしは往路で登った斜面で、荒れ気味であった。

C54f5bf42ac8460b83163f991483cf0c10450000

そのままトラバース気味に滑るとゲレンデトップに戻れるが、叺谷方向に滑っていく。上部は北面の樹林であったので、軽いよい雪であった。日射を受ける斜面は雪が重くなっていたが、さほど滑りに支障はなかった。

Aab627b4f66042adb4d12c41d8d1c12210450000

そのままシュプールを追っていくと、尾根のトラバースとなる。多くのスキーヤーやボーダーに滑り固められたトレースをボブスレーのように滑っていくと、ゲレンデに出ることができた。あとはゲレンデを滑って、無事下山となった。

3月合宿は4日間を予定していたが、翌日は雨予報のため帰阪するだけとなった。当初の予定では、和田山牧場跡でテント泊ベースにて、周辺の野伏ヶ岳や薙刀山の登頂の計画だったが、冬型の気圧配置で大量の降雪が予想されたため、雪崩リスクを回避して、山小屋をベースとした合宿に計画を変更した。結果論にはなるが、計画を変更しなくても合宿は完遂できたかもしれない。前日もこの日も、野伏ヶ岳登って滑った人たちは多かったようだ。しかし、リスクを考えた行動はやはり重要である。少なくとも安全に3日間ともパウダー滑走ができたこと、そして山小屋の裏山にて新たなルート開拓ができた成果は大きく、ワンゲル部員の安全を第一に考えたうえでの意思決定に問題はなかったと思う。

|

« ワンゲル部3月合宿その2:再び山小屋裏山スキーツアーで新規ルート開拓 | Main | 大日ヶ岳:今シーズン4度目は湿雪重雪スキー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル部3月合宿その2:再び山小屋裏山スキーツアーで新規ルート開拓 | Main | 大日ヶ岳:今シーズン4度目は湿雪重雪スキー »