« ワンゲル部3月合宿その1:3月のワンゲル部山小屋裏山にて、まさかの2週連続のパウダー滑走! | Main | ワンゲル部3月合宿その3:最後は快晴の大日ヶ岳で、3日連続のパウダー滑走! »

March 15, 2024

ワンゲル部3月合宿その2:再び山小屋裏山スキーツアーで新規ルート開拓

P3100029

ワンゲル部3月合宿の2日目は、一昨日の夜からの雪が朝まで降り続いた。この日は天気は回復に向かうが、気温は上がらなそうなので、雪質は維持されそうだ。本日も前日に引き続き、雪崩リスクがほぼない裏山ツアーで充分であるだろう。天気の回復が見込まれるので、もっと上まで行けるにちがいない。余裕があれば、今シーズンは雪不足で諦めていた新たな裏山スキールートの開拓もできるかもしれない。裏山スキーツアーとしては早めの8時に山小屋を出発した。

P3100030

前日につけたトレースの上にも10cm以上の積雪が乗っていた。

P3100031

時折、青空が除く。アプローチの林道を進むが、前日につけたトレースのおかげでラッセルはほぼない。

P3100036

前日に到達した台地状の小ピークを巻き気味に過ぎると、トレースがなくなるのでラッセルとなる。本日も現役部員3名にてラッセルを回してもらう。深いところで、膝ぐらいのラッセルになった。

P3100041

本日は時間があるので、いつもの裏山ピークを過ぎて、さらに上を目指したが、雪不足のためスキーでは進めず、某ピーク手前までとした。前日は強かった風は、本日は弱くなっていた。

P3100043

時間に余裕があるので、新ルートの開拓を行うことにした。某谷の源頭から某谷に滑り込み、別の尾根から稜線に登り返す。地形図で見て、このルートが想定できたが、今シーズンは雪不足のために挑戦を控えていた。問題はボトム箇所の沢割れだ。登り返す尾根に取り付くには、なんとか沢を渡らなければなあらない。沢を渡れない場合は、往路を戻れば良いだろうということで、ワンゲル部員たちと冒険してみることにした。

P3100045

上部は急だったが、途中から木の間隔が開いた滑りやすい斜面が現れた。雪質も良い。

P3100046

快適に滑り降りてくるワンゲル部員たち。

P3100048

問題の沢の横断箇所は、スノーブリッジがあり、無事渡ることができた。

P3100049

さて、登り返すとするか。

P3100051

登り返しに使った尾根も、快適に滑れそうな斜面であった。

P3100053

上部はやや藪が濃いめだったが、平年ぐらいの積雪があれば、これらの藪は埋まると思われる。

P3100054

裏山のピークに戻ったところで、シールを外し、山小屋までの最後の滑走に入る。

P3100057

いつもの斜面を滑る。少々雪は重くなっていたが、スキーが走るクリーミーな雪であった。

P3100060

今回の私は、新雪滑走を期待して、センター110mmの板を使ったが、実に快適であった。

P3100062

ワンゲル部員たちは時折転けながらも、楽しそうに滑っていた。

P3100069

山小屋まで滑り込み、この日の行動が終了した。

2日連続での嬉しいパウダー滑走となり、標高差約800m、7時間弱の行動時間であった。新たなルートを開拓したことにより、裏山スキールートはより充実したものとなった。今後のシーズンが実に楽しみである。なお、裏山のスキーツアールートについては、諸事情のため公開はしていない。

今後の自分の予定を考えると、裏山スキールートに行けるのも、これが今シーズン最後かもしれない。明日は晴天予報のため、標高が低く南斜面である裏山は、雪は湿った思い雪になってしまうだろう。3月後半の気温上昇で、雪融けは急激に進むに違いない。この積雪量では、ザラメになるまでは残雪は維持できない。次は、標高の高い山域に活動を移して行くことになるだろう。

ワンゲル部3月合宿その3につづく

|

« ワンゲル部3月合宿その1:3月のワンゲル部山小屋裏山にて、まさかの2週連続のパウダー滑走! | Main | ワンゲル部3月合宿その3:最後は快晴の大日ヶ岳で、3日連続のパウダー滑走! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル部3月合宿その1:3月のワンゲル部山小屋裏山にて、まさかの2週連続のパウダー滑走! | Main | ワンゲル部3月合宿その3:最後は快晴の大日ヶ岳で、3日連続のパウダー滑走! »