« 立山下山後はワンゲル部山小屋へ | Main | 今シーズンのゲレンデ初滑り »

December 06, 2023

アシ谷林道から岩湧山

本格的な冬山に入る前に体力をつけなければということで、マイナールートであるアシ谷林道から岩湧山へ登ってみた。寒い日だったこともあり、ハイカーも少なく、静かな山歩きが楽しめた。

【日程】2023年12月2日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【山名】岩湧山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ時々曇り
【コー スタイム】天見駅10:44〜砥石谷林道入口分岐11:01〜根古峰12:27〜五ツ辻12:58〜岩湧山13:25-29〜五ツ辻13:55〜岩湧山三合目14:30〜ダイトレ砥石谷道分岐14:48〜砥石谷林道入口分岐15:40〜天見駅16:01

先月は3年ぶりに立山初滑りができたが、課題は体力であった。本格的な冬山が始まる前に体力を上げておかなければということで、岩湧山にトレーニングに行くことにした。ルートは渋くマイナーなアシ谷林道からとした。

F75c1caba1964934a977526e0495a9f013960000

南海高野線の天見駅からスタートする。この日は冬型で気温の低い日で、出発してから、手袋もなく少々薄着だったことを後悔したが、冬山に向けての耐寒訓練と思うことにした。

72bda1fbfb9d4c93b9801647ee6b37e113960000

流谷の集落からアシ谷林道に入る。

4c236ac95cd74c4ca31ef1a55a58d97d13960000

林道を30分ほど歩くと、倒木があるが、下を潜って進める。

82e48527473146e2978c9989aa02a78b13960000

さらに5分ほど歩くと、林道終点となる。

12cc0214b77e475d94f41521b4460cf213960000

少しばかり谷の左岸側を登ると、急斜面の九十九折りとなる。

E95212bc0617413bb5da499e316162d013960000

尾根に上がる。登山道というよりかは踏み跡に近い。

32c6b0024df74d60a4c249a289a0bc1f13960000

しばらく進むと、再び急斜面の九十九折りの登りになる。

2734d868966d4d8daf04477a19c0474c13960000

登り切ると、根古峰のプレートのある場所に出る。そのまま進むとダイトレに出る。林道入口からダイトレに出るまでは誰とも会わなかった。

Da7358475a494353bcac705810b4d6d913960000

あとはダイトレを進む。寒い日ということもあり、ダイトレを歩くハイカーは少なめだった。

57a24846c5b84d148d8e40cc9ee7b6d613960000

岩湧山に到着。山頂からは台高や大峰の山々が見える。

Img_6029

山頂北東側の眺め。金剛山、葛城山に加えて、遠くに台高の高見山や伊吹山も見える。

Img_6028

山頂東側の眺め。台高の高見山から山上ヶ岳など大峰の山々が見える。

Img_6030

山頂南東の眺め。ハ経ヶ岳など大峰の山々の他に伯母子岳も見える。

E4b461d09ac941cb98053cae34ac7bf913960000

下山はダイトレを戻る。紅葉は終わりかけである。

Fda2e030e6c24d2faa4aa49eab30a3d213960000

砥石谷林道へ進み、途中で少々、写真撮影などして天見駅へ戻った。

A7c11862b5f94949ba339cd63ba6914113960000

流谷の集落からの眺め。

寒い日だったこともあり、ハイカーも少なく、静かな山歩きが楽しめた。総距離14.7 km、経過時間5時間17分、累積標高差951mと、そこそこの負荷もかかり、多少は体力向上に役立っただろう。

|

« 立山下山後はワンゲル部山小屋へ | Main | 今シーズンのゲレンデ初滑り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 立山下山後はワンゲル部山小屋へ | Main | 今シーズンのゲレンデ初滑り »