« November 2023 | Main | January 2024 »

December 19, 2023

第6回雪崩リスクを考える学生の会

Img_6062

先週末は、関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスで開催された「第6回雪崩リスクを考える学生の会」に、顧問をしているワンゲル部の部員たちと参加してきた。この集まりの主催は、特定非営利活動法人日本雪崩ネットワークと関西学院大学体育会ワンダーフォーゲル部であり、冬季の登山や山スキー等をされている大学生あるいは高校生を対象に、学生自らが主体的に山岳に存在する危険について考えることで、雪崩リスクの低減について学ぶ場として開催された。

Img_6063

第1回が行われたのが関西学院大学で、その後は、関東と関西の大学で隔年ごとに行われている。関西で行われた第3回第5回にはオブザーバーとして参加している。ところが、コロナ禍によって、第5回が行われてから4年間も開催が途切れていた。コロナ禍においては、各大学のワンダーフォーゲル部や山岳部などの山岳系クラブは、合宿禁止など活動の制約を受け、衰退が進んでしまったところが多い。コロナ禍の終わったこの時期に、このような近隣の大学の山岳系クラブが集まる機会を持つことは、お互いに良い刺激となり、全体のレベルの底上げにつながると思われる。

Img_6064

講師は、日本雪崩ネットワーク代表の出川さんとガイドの旭さんが担当された。午前は雪崩知識と事前対策について講義がなされ、午後はビーコンの基礎知識についての講義と実習訓練が行われ、最後に雪崩事故の事例と事後対策についての講義があった。

大きな事故はグループマネージメントと地形とのミスマッチによるものが多い。意思決定においては、リーダーだけに頼るのではなく、パーティメンバー同士のコミュニケーションも重要であり、特にThink Snowにおける4つの問いの習慣化が必要であるだろう。4つの問いについては、リンク先にある説明を読んでほしい。

Img_6066

ビーコンの実習訓練は当初は屋外で行う予定だったが、雨のため体育館で行われた。

Img_6067

屋内ということで、結構ビーコンがノイズなど干渉を受けたが、ビーコンの使い方やビーコンが出す電波の特製については充分に理解できたのではと思う。

Img_6068

プローブの使い方についても説明がなされた。今回学んだことをベースに、スコップによる掘り出しなども含めて、実際に雪山で練習しておく必要はあるだろう。

Gbepun7bgaaaaxy

一通りの講義・実習が終了した後には、参加者全員で記念撮影が行われた。14団体60人の大学・高校生の参加であった。関西だけでなく、鳥取大学と岐阜大学からの参加もあった。質問もたくさん出て、普段の講義の風景からは考えられない積極性が彼らに感じられた。

Img_6070

記念撮影の後には、学生交流会が行われた。大人たちは途中で退席したが、よい情報交換の場になったに違いない。ここから大学間の交流がさらに進むことを願いたい。

Img_6071

関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスは日本一美しいキャンパスと言われている。クリスマスが近いからなのか、時計台をはさむ2本のヒマラヤスギがクリスマスツリーとして電飾されていた。その美しさを写真に撮りに来ている人もいた。

Img_6072

学生たちとは別に、日本雪崩ネットワークの出川さん・旭さん、関学ワンゲル部の監督・コーチ陣たちと、会場を移して懇親会の場をもった。ワンダーフォーゲル部や山岳部など山岳関係のクラブは、指導者がいない、パートナーがいない、技術の伝承ができないなど様々な問題を抱えている。コロナ禍はそのような問題をさらに大きくし、クラブを弱体化させ、存続をも脅かすほどであった。実際にハイキングクラブのような同好会レベルになってしまったクラブもある。お互いに協力して1つのネットワークを作り、互いにサポートし合える体制を作ることは急務かもしれない。学生だけでなく地域の指導者なども含めたネットワーク作りができないかと想像を膨らませている。とりあえずは、私が顧問をしている大阪公立大中百舌鳥ワンゲル部と関学ワンゲル部の交流から始めて、そこから学生間・クラブ間のネットワークを広げていければと思う。そのような話ができた懇親会はたいへん有意義な場であった。

| | Comments (0)

December 15, 2023

今シーズンのゲレンデ初滑り

報告が遅くなったが、先週末は白馬五竜スキー場にて今シーズンのゲレンデ初滑りを行ってきた。

Img_6035

12月とは思えないほど気温は高めだった。

Img_6038

ゲレンデの雪は硬めだったが、練習にはこれぐらいがよい。

Img_6041

ランチは、ゲレンデから車で虹屋丼丸白馬店に移動して、海鮮丼を食べた。ゲレンデの食堂よりも値段が安く、ボリュームもあってよい。

Img_6040

雲1つない好天で、後立山もくっきりと拝めた。

Img_6042

今宵は民宿に宿泊である。白馬五竜観光協会で紹介している初滑りリフト2日券付き1泊プランを利用して、1人14,300円という安さだった。

Img_6044

夕食には赤ワインを1本付けた。

Img_6045

朝食も豪華であった。

Img_6046

翌日は、久しぶりに75mmテレマークブーツとケーブルビンディングで滑った。前日はNTNブーツと22デザインリンクスの組み合わせで滑ったが、その時と比較すると、75mmの方が足の動きの可動域が広く、柔らかく感じた。個人的には75mmの方が好きなのだが、75mmは今後の道具の確保が問題になってくるかもしれない。

Img_6048

2日目は早めに切り上げて、帰路についた。初滑りは順調な滑り出しだったが、暖冬予報の今シーズンであるので、西日本や奥美濃あたりで、これから雪が積もってくれるかが危惧するところだ。

| | Comments (0)

December 06, 2023

アシ谷林道から岩湧山

本格的な冬山に入る前に体力をつけなければということで、マイナールートであるアシ谷林道から岩湧山へ登ってみた。寒い日だったこともあり、ハイカーも少なく、静かな山歩きが楽しめた。

【日程】2023年12月2日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【山名】岩湧山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】晴れ時々曇り
【コー スタイム】天見駅10:44〜砥石谷林道入口分岐11:01〜根古峰12:27〜五ツ辻12:58〜岩湧山13:25-29〜五ツ辻13:55〜岩湧山三合目14:30〜ダイトレ砥石谷道分岐14:48〜砥石谷林道入口分岐15:40〜天見駅16:01

先月は3年ぶりに立山初滑りができたが、課題は体力であった。本格的な冬山が始まる前に体力を上げておかなければということで、岩湧山にトレーニングに行くことにした。ルートは渋くマイナーなアシ谷林道からとした。

F75c1caba1964934a977526e0495a9f013960000

南海高野線の天見駅からスタートする。この日は冬型で気温の低い日で、出発してから、手袋もなく少々薄着だったことを後悔したが、冬山に向けての耐寒訓練と思うことにした。

72bda1fbfb9d4c93b9801647ee6b37e113960000

流谷の集落からアシ谷林道に入る。

4c236ac95cd74c4ca31ef1a55a58d97d13960000

林道を30分ほど歩くと、倒木があるが、下を潜って進める。

82e48527473146e2978c9989aa02a78b13960000

さらに5分ほど歩くと、林道終点となる。

12cc0214b77e475d94f41521b4460cf213960000

少しばかり谷の左岸側を登ると、急斜面の九十九折りとなる。

E95212bc0617413bb5da499e316162d013960000

尾根に上がる。登山道というよりかは踏み跡に近い。

32c6b0024df74d60a4c249a289a0bc1f13960000

しばらく進むと、再び急斜面の九十九折りの登りになる。

2734d868966d4d8daf04477a19c0474c13960000

登り切ると、根古峰のプレートのある場所に出る。そのまま進むとダイトレに出る。林道入口からダイトレに出るまでは誰とも会わなかった。

Da7358475a494353bcac705810b4d6d913960000

あとはダイトレを進む。寒い日ということもあり、ダイトレを歩くハイカーは少なめだった。

57a24846c5b84d148d8e40cc9ee7b6d613960000

岩湧山に到着。山頂からは台高や大峰の山々が見える。

Img_6029

山頂北東側の眺め。金剛山、葛城山に加えて、遠くに台高の高見山や伊吹山も見える。

Img_6028

山頂東側の眺め。台高の高見山から山上ヶ岳など大峰の山々が見える。

Img_6030

山頂南東の眺め。ハ経ヶ岳など大峰の山々の他に伯母子岳も見える。

E4b461d09ac941cb98053cae34ac7bf913960000

下山はダイトレを戻る。紅葉は終わりかけである。

Fda2e030e6c24d2faa4aa49eab30a3d213960000

砥石谷林道へ進み、途中で少々、写真撮影などして天見駅へ戻った。

A7c11862b5f94949ba339cd63ba6914113960000

流谷の集落からの眺め。

寒い日だったこともあり、ハイカーも少なく、静かな山歩きが楽しめた。総距離14.7 km、経過時間5時間17分、累積標高差951mと、そこそこの負荷もかかり、多少は体力向上に役立っただろう。

| | Comments (0)

« November 2023 | Main | January 2024 »