« October 2023 | Main | December 2023 »

November 26, 2023

立山下山後はワンゲル部山小屋へ

3年ぶりの11月立山初滑りから下山したら、奥美濃にあるワンゲル部山小屋へ移動した。

Img_5978

立山駅から150kmほどを下道で移動してきたので、入舎したのは20時だった。早速、スーパーで購入したアンガス牛ステーキ肉を焼いて、下山後の後夜祭を行った。

Img_5984

晴天が続いていたが、山小屋の周囲にはうっすらと積雪が残っていた。

Img_5985

山小屋への林道にも積雪があったが、四駆スタッドレスタイヤならば問題はなかった。

Img_5990

問題は小屋の水の出が悪いことだった。水源から引いているのだが、水道管内に空気が入ったためか、ちょろちょろとしか出ない。翌週末に冬仕様への維持作業が予定されているが、その際に空気抜きを行う。そこで水量が回復すれば、安心して本格的な冬を迎えられる。

Img_5991

山小屋の近くで、3年ぶりにナメコを見つけた。この木ならば来年も発生しそうだ。しばらく雨が少なかったためか、ナメコは乾燥気味でヌメリがなくなっていた。

Img_5993

乾燥ナメコは水に浸けるとヌメリは戻り、上等なナメコになった。むしろ乾燥していたことで、質が維持されていた感じがする。

| | Comments (0)

3年ぶりの11月の立山初滑り

以前は毎年の恒例行事だった11月の立山初滑りであったが、ここ数年は雪不足とタイミングが合わずで、行けないことが多かった。今シーズンも暖冬予想でほぼ諦め状態ではあったが、良い具合に雪が降ってくれた。これは行くしかないと、大学の授業調整日の休講日を利用してワンゲル部主将と一緒に滑りに行くことにした。3年ぶりの11月の立山は、パック気味でパウダーとは言い難かったが、板が走る比較的滑りやすい雪で、今シーズンの幸先よいスタートを切ることができた。

【日程】2023年11月21日(火)〜22日(水)
【山域】北ア立山
【場所】立山
【メンバー】ワンゲル部主将、マメゾウムシ
【天候】快晴
【装備】テレマーク1、スプリットボード1
【コースタイム】
11/21 室堂10:18〜みくりが池温泉10:43-11:00〜雷鳥荘11:13-26〜滑走〜浄土橋11:39-11:59〜雷鳥沢右岸尾根2490m付近13:08-34〜滑走〜浄土橋13:43-57〜雷鳥荘14:34〜みくりが池温泉15:00
11/22 みくりが池温泉8:02〜浄土山10:15-40〜滑走〜浄土沢2390m付近10:55-12:09(周辺滑走)〜室堂12:43

以前は毎年の恒例行事だった11月の立山初滑りであったが、ここ数年は雪不足とタイミングが合わずで行けずにいた。今シーズンも暖冬予想でほぼ諦め状態ではあったが、良い具合に雪が降ってくれたこともあり、急遽、これは行くしかないと判断した。ちょうど大学の授業調整日として休講日だったこともあり、ワンゲル部主将もご一緒したいという。ちょうどよい機会なので、平日の休講日2日間を利用して、私としては3年ぶりとなる11月の立山へ、ワンゲル部主将と一緒に滑りに行くことにした。

Img_5968

前夜に立山駅に到着し、そのまま車中泊で朝を迎える。天気は予報通りに良さそうだ。

Pb210001

始発のケーブルカーは8時40分発だが、始発の20分前に切符売場が開く。この時期は立山駅発は当日券のみしかないため、切符を買うために並ばねばならない。平日だったこともあり、それほど待たずに切符を買うことができた。

Img_5969

改札前に富山のテレマーカーのYさんと会う。2月24日にテレマークスキーのイベントをスキージャム勝山で開催する予定だが、その主催にYさんとも関係していることもあり、軽くその件について話ができた。Yさんは今日は日帰りとのことで、すぐに雪山に行ける環境は羨ましい。

Img_5970

室堂に到着する。雲1つない快晴で、気温も高めで、いきなり暑さを感じたので、アウターを脱ぐ。意外と雪は締まっている。

Pb210002

今宵の宿であるみくりが池温泉に立ち寄って、余計な荷物をデポする。

Pb210003_20231126115301

雷鳥沢へ向かうことにする。

Pb210004

今シーズン最初の滑りは、雷鳥荘下の斜面、通称ゲレンデであった。パウダーではなかったが、比較的滑りやすい雪だった。

Pb210005_20231126115601

浄土橋を渡る。この時期は簡易な板と補助ロープだけで、水量もそこそこあり、結構スリルがある。

Pb210006_20231126115901

剱御前岳方面に向けて登る。初日は寝不足、そして高所ということもあり、調子はいつもながらに悪い。おまけに暑いぐらいで、アウターだけでなく、その下のウェアも脱ぐ。雪崩リスクがあるので、谷地形の急斜面は避けたいが、すでに雷鳥沢の中には源頭部からシュプールがついていた。

Pb210007_20231126120201

スピードは上がらないが、マイペースでゆっくり登る。若い主将には離されていく。

Pb210008

標高2490m付近で主将が休んでいたので、本日はここまでとする。

Img_6002

正面に白山が眺められた。

Img_5971 Pb210009_20231126121601

パック気味だが、板が走る比較的滑りやすい雪だった。問題は体力で、休みながら出ないと滑れない。滑り終わったら、すでにヘロヘロであった。

Pb210011

滑った斜面を振り返る。浄土橋を渡ると、この時期にいつも一緒になるRSSAのYさんにお会いする。浄土橋からはシールをつけて、みくりが池温泉までキツい登り返しだった。

T_6b5902d7078176f01594436305cbea4b

みくりが池温泉からの日の入り。

Img_5972

宿に戻ったら、早速、入浴して、一杯始める。

Img_5973

みくりが池温泉は夕食が豪華だが、以前と比べると、品数が少なくなったような。夕食後はRSSAのYさんも交えて、二次会となった。夕食後はお酒の販売はないとのことで、持参したお酒が無くなったところで宴は終了となった。比較的健全な宴ではあった。

Img_5974

2日目もよい天気であった。気温も高めであるが、前日ほどではない。

Pb220013

凍ったみくりが池が朝日で輝く。本日は浄土山へ登って滑ることにする。

Pb220017

前日に雄山の西面でサイズ2の雪崩があり、そのデブリが浄土沢まで流れ込んでいた。

Pb220019_20231126123401

浄土山のボウルに入ったところで、RSSAのYさんと一緒になる。

Pb220020

浄土山への最後の急斜面を登る。1晩過ごして、体が高所に順応したようで、前日ほどの体のキツさはないが、体力不足ではあることは間違いない。

Pb220022_20231126123501

浄土山の山頂部からは剱岳が拝めた。

Pb220023_20231126123601

浄土山からの滑りは、Yさんとのセッションになった。いつも滑るボウルの中は硬そうだったので、比較的雪がよかった登ってきた斜面を滑った。

Pb220024_20231126123801

そのまま浄土沢へ滑り込む。浄土沢もよい雪であった。

Pb220025_20231126123901

標高2390mのブル道が通っているところまで滑った。主将はもう1本登り返す。主将が滑って戻ってきたところで、今回の滑りは終了とし、室堂へ登り返すことにした。

Img_5976

ちょっと早いが、13:30発の高原バスでの下山となった。次は春にまた立山へ来るだろう。

3年ぶりの11月の立山は、パック気味でパウダーとは言い難かったが、板が走る比較的滑りやすい雪で、幸先のよい今シーズンのスタートを切ることができた。これからの本格的なシーズンインに向けて、体力も上げていきたい。

YouTubeにアップした今回の記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧ください。

| | Comments (2)

November 07, 2023

ワンゲル部山小屋をベースにして秋の散策と宴

Img_5933

11月はじめの三連休は、奥美濃にあるワンゲル部の山小屋に滞在していた。例年は、10月末か11月のあたまに山小屋に滞在して、周辺でキノコ狩りを行っていた。以前はナメコがよく採れたのだが、ナラ枯れの終息と共に2020年を最後に全く採れなくなった。ムキタケやクリタケなどのナメコ以外のキノコも以前ほどは採れない。昨年はキノコの発生時期に山小屋に入舎しなかったのだが、現在、山小屋周辺ではキノコはどのような発生状況にあるか、ナチュラリストとしては興味がある。そこでキノコの採れる場所の新規開拓を目的に、2年ぶりに山小屋周辺にてキノコの発生状況を調べることにした。

Mouse

山小屋に入舎すると、お出迎えがいた。玄関前にヒメネズミの死体が横たわっていた。しばらく人が入らなかったので、食べるものがなくて餓死したのだろうか。死体は屋外に埋葬となった。

Img_5932

お出迎えはまだいた。大量のカメムシが窓にたかっていた。越冬のために山小屋内に侵入したようだが、例年に比べると、圧倒的に個体数が多い。カメムシが大量発生すると大雪になるという言い伝えがあるようだが、科学的根拠はない。それでもスキーヤーとしては、そうなることを願いたい。夜になるとカメムシが灯りに向かって飛んでくるので、夕食中はカメムシが体にたかるし、食器に飛び込んだりで実にたいへんであった。うっかり手で掴んでしまうと、臭い匂いが手についてしまう。殺虫剤で殺しても、次々に新手が飛び出してくるのでキリがない。厳冬期もストーブを焚くと、カメムシが飛び回りそうである。

Img_5940

そんなお出迎えがあったが、まずはキノコ狩りに行くことにした。山小屋から近い場所ではキノコの収穫は期待できないので、探索範囲をいつもより広くすることにした。山小屋周辺の紅葉はピークを過ぎた感じである。

Titiawa

まず見つかったのはイグチ系のキノコ。名前がわからなかったので、これは採らなかった。あとで写真から同定したところ、チチアワタケのようだ。チチアワタケならば毒キノコなので、採らなくて正解だった。

Img_5936

沢沿いに探してみたところ、まずは枯木にムキタケが見つかった。

Img_5937

倒木にヒラタケも見つける。山小屋周辺でヒラタケを採ったのは初めてである。とりあえずは新規開拓は成功と言えよう。

Char

溪では、繁殖期を向かえたイワナがペアリング中であった。

Char1_20231107161701

山小屋のすぐ下にある小渓でも、イワナがペアリングしていた。

Img_5942

本日の収穫である。人数的には充分な量である。

Img_5944

きのこ鍋にして美味しくいただいた。

Img_5943

越前大野の地酒が進んだ。

Img_5950

翌朝は、残った鍋にうどんを入れて朝食とした。

Pb040007_20231107161901

翌日は、山小屋から少し離れたところにもキノコを探しに行ってみた。

Bear_20231107162001

山小屋へアクセスするための林道上にクマの新しい糞があった。前日には確認していないため、おそらく前日の夕から今朝にかけて排泄されたものと思われる。この林道を夜間に走行中に、実際にクマを目撃したこともある。山小屋周辺に生息するクマは、どうも夜間に活動している感じがする。暗くなってからの行動は注意が必要だ。

Pb040002_20231107162701

ナラタケが見つかったが、この時は同定に自信がなかったので採らなかった。

Kuritake_20231107162801

クリタケを見つける。他にはムキタケが採れた。

Pb040006_20231107163001

幹が屈曲した木に腰掛けるうワンゲル部員。

Pb040005_20231107163101

裏山である毘沙門岳のピークにも登ってみた。マイナーな山だけあり、連休にもかかわらず、登山者に会ったのは一組だけだった。おかげで静かな山歩きが楽しめた。結局、最も採りたかったナメコは最後まで見つからなかったのだが。

| | Comments (0)

« October 2023 | Main | December 2023 »