« 滝畑 上山谷:ワンゲル部の沢登り訓練 | Main | 横谷の岩場:ワンゲル部のクライミング講習 »

October 17, 2023

金剛山:カトラ谷からダイトレ縦走で十時峠へ

長い夏が終わり、ようやく低山ハイクができる気温になった。雨上がりの週末の日曜日に、4月の山菜採り以来となるハイクへ行くことにした。

【日程】2023年10月15日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【山名】金剛山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】曇りのち晴れ
【コー スタイム】金剛登山口バス停10:36〜カトラ谷分岐11:04〜水場11:38〜六地蔵12:14〜金剛山12:25〜ちはや園地ピクニック広場12:44-50〜久留野峠13:15〜千早峠13:54-14:01〜行者杉14:30〜杉尾峠14:48〜林道地獄谷線分岐15:22〜十字峠15:44〜天見駅16:36

長い夏が終わり、ようやく低山ハイクができる気温になった。沢登り・渓流釣りシーズンが終わったところで、冬に向けての体力作りも必要である。雨上がりの週末の日曜日に、4月の山菜採り以来となるハイクへ行くことにした。とりあえずは金剛山をカトラ谷から登り、ダイトレを紀見峠方面へ縦走でもしてみることにした。夏の間は高天谷イワゴノ谷など沢にはよく行っていたが、金剛山のピークを踏むのは、昨年の12月以来となる。

E42a21b0100f4108b5ac0c67fc69d8ea18750000

金剛登山口バス停より入山する。

96224f09c79f49878554af670b869c0618750000

カトラ谷に入る。このルートも昨年の12月以来である。

6379c8379f0c4ed89cb7b74d4e170e4518750000

すぐに5m滝が現れる。左から越える。

6ecac29a5da141d893b1d7a76466022e18750000

その上に5m滝。直登はせずに、左岸の踏み跡を登る。

1357bd709b4641d391b1bc39bfdf49e618750000

ミカエリソウが咲いていた。

22c26eacf18b4fb385a1742738b04c0a18750000

いったん沢に下りた後に、また左岸にある踏み跡を進む。沢からの高さがあるので、安全のためにロープがフィックスされている。

C3a6c4e22db74800b65c49be7146184718750000

ハシゴもあり。

7e341cc518094384b8532905199da49918750000

カトラ谷は倒木で荒れ気味だった。

E833b7bc26d144488694958bf6a5edc718750000

二俣が現れ、左俣へ進む。

A2ac40878d844ad7a37cc13c7c509fd218750000

シラネセンキュウが咲いていた。カトラ谷に多く見られる植物である。

526fb6b886a042cf809250cc5e89541918750000

水場を越える。

926d9d5d64ba48b9b732ce7c5f3aa9dd18750000

ネット状堰堤が現れる。左から越える。

Bde08c97033e4e4e9eeec868b72820bb18750000

堰堤の上は二俣になっており、今回は樹林内の右俣へ進む。左にある尾根を進むこともできる(2022年12月11日の記録)。

5461ea5608734993b6c5fb5234a1d88a18750000

ヤマザクラの枯木にヌメリツバタケと思われるキノコが発生していた。

8f214c23c1ec49b39f363a2ea99878c418750000

踏み跡は不明瞭だが、谷状を詰めていく。

Aca79cc7e1524ebfad5a8684e51f155518750000

フィックスロープを見つける。このロープを頼りに滑りやすい泥壁の急斜面を登る。

C22c925771514f209b1389f5a45812ea18750000

樹林の中の急斜面にある九十九折りの踏み跡を登って、六地蔵近くの登山道に出る。ここから山頂広場はすぐである。山頂広場に出ると、周囲は人だらけ。そそくさと通過する。

0a93a83140a24c5e97cf278ef547ab6718750000

金剛山の山頂である葛木神社に到着する。ここからはダイトレの縦走となる。

578ff54b2c904feeb0c79644450f9ff518750000

山頂から1時間半近くかかって、千早峠に到着する。ダイトレに入ると、トレランチックな人たちがやけに多かった。理由は大阪労山のダイトレ縦走大会がちょうど行われていたためだった。

Cd92e8eb8a92419eba499e6567bb0c6c18750000

行者杉には縦走大会のチェックポイントがあり、選手と間違われて、ぜんざいをもらいかける。

3eba4b21c4f04753b72d22cf0d560ac318750000

杉尾峠までは選手たちと一緒に進み、

De1e8e1f7a6343b7a53b6496219fd0f018750000

杉尾峠からは石津川方向に下ることにする。まだ歩いたことのない道である。

997030e7870f4989b9bf4b4e6150dcce18750000

集落に出たところは、林道地獄谷線分岐で、十時峠方向に向かう林道に入る。

0ddd8c0d1c0f4d6fb97e28089e1bf99818750000

十字峠方面へ進む。

E9b10edbb2634521b0dc1d8f8939ef0318750000

十時峠からは天見駅方向に進む。杉尾峠からはマイナーなルートだけあり、静かに山歩きを楽しめた。

05eaa0d0c3e1456081cc821002e6ece118750000

ナナフシがササの切り株にとまっていた。

B7e958a4b5fc425b8b70197dd61b9e9b18750000

沢沿いの林道に出ると、サワガニが歩いていた。

F31e609acf754790b8bbca169d99cb0318750000

無事、天見駅に下山する。

走行距離17.9km、登り累積標高1115m、所用6時間のやや長めのハイクだった。2週間前の上山谷以来の山歩きということもあり、下山中に古傷の左膝が痛くなってしまった。膝痛は数日で回復したのは幸いだった。

|

« 滝畑 上山谷:ワンゲル部の沢登り訓練 | Main | 横谷の岩場:ワンゲル部のクライミング講習 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 滝畑 上山谷:ワンゲル部の沢登り訓練 | Main | 横谷の岩場:ワンゲル部のクライミング講習 »