« おじろスキー場で新雪滑り! | Main | 氷ノ山スキー2:好天の東面パウダー »

February 14, 2023

氷ノ山スキー1:視界不良でデンジェラスなわさび谷滑走

すでに1週間以上も前の記録になってしまいましたが、年末年始以来となる1ヶ月ぶりのバックカントリースキーに氷ノ山へ行ってきました。まずは視界不良で少々デンジャラスだったわさび谷滑走の記録です。

【日程】2023年2月4日(土)
【山域】中国東部
【場所】氷ノ山
【メンバー】たっさん、マメゾウムシ
【装備】テレマーク1,ATスキー1
【天候】曇り
【コースタイム】わかさ氷ノ山スキー場リフトトップ9:14〜三ノ丸避難小屋10:34-11:04〜わさび谷ドロップ地点11:20-32〜ゲレンデ12:11〜わかさ氷ノ山スキー場パトロール事務所前12:15

前回にアップしたおじろスキー場での新雪滑りだが、実はその翌日には氷ノ山でのバックカントリースキーを予定していた。その時はなかなかの大雪で、安全に若桜まで移動する自信がなく、やむなく中止とした。その時のリベンジということで、氷ノ山に滑りに行くことにした。パートナーはATスキーヤーのたっさんである。私にとっては、年末年始以来となる1ヶ月ぶりのバックカントリースキーである。たっさんも久しぶりのバックカントリーということもあり、お互いにブランクもあるので、お手軽にわかさ氷ノ山スキー場から氷ノ山にアクセスすることにした。

A14e4431eb2a494fb2b7faba38e56a42

パトロール事務所にて登山届を提出し、リフト1回券300円を2枚買って、ゲレンデのトップに上がる。降雪はなかったが、雲が厚く、視界は悪そうである。

18dd7e3ba4774375a1e96f3b563a551e

植林の狭く急な尾根のシール登行から始まる。雪は良さそうであるが、いきなりの急登で息が上がる。

9bfcae5ddfb241f4ad7bea993fc79ea3

稜線に出ると、傾斜が緩んでホッとするが、風はそこそこ強かった。

705f8140644f45d88fdee9c354c29652

おまけに、木がないところでは、ほぼホワイトアウト状態だった。

Ee18050d9a694db98260b1e8da262a96

積雪は例年より少ないようで、笹が完全には埋まっていなかった。

E89025f38b364437853e09fa24f99867

三ノ丸避難小屋に到着する。当初は三ノ丸からの東面滑走を予定していたが、この視界不良ではまともに滑れない。

B58b7f9706734dfca1e32c5765c0378d

三ノ丸避難小屋の中で待機して、しばらく様子を見ることにした。

C690cfcec3bc4a57bd6fc61dbc5a4925

30分ほど待機してみたが、視界はそれほどよくはならなかった。仕方なく、予定していた東面滑走は諦めて、早々とわさび谷を滑って下山することにする。三ノ丸の標識は埋まりきっていなかった。

5862c14f91764ce1b5ad01dbc81566fc

わさび谷のドロップポイント地点にてシールを剥がす。

511f5bc8062f419998ae24c54423fc53

わさび谷の滑り出しの雪はパウダーでよかったのだが。

0a7a52a0f14b4dd282d5f9acb267c4a6

積雪が例年より少ないためか、わさび谷の地形の段差が埋まって切っていない。視界不良ということもあり、大きな段差を飛んでしまい、1回転してしまった。そこからは慎重な滑りに変えた。滑り降りていくうちに雪質も重雪に変わる。

Ed65d1bcaae345cdadb1cc199be779d3

わさび谷の下部は沢が埋まっておらず、終盤の斜面のトラバース中心の滑りは結構デンジェラスだった。

B7c35244ee0d4935bd1c7a5d04a58b6b

最後の杉林は雪がカリカリだった。

53d04c713ecd44bb84aa8b14888bae5b

ゲレンデに無事出たが、わさび谷は全体的にテクニカルな滑りが要求された。

Img_4868

下山が12時半と早かったこともあり、ゆはら温泉ふれあいの湯で体を温めてからではあるが、早々と車中で宴会を始めた。

Img_4870

長々と持久戦に突入してしまった。

氷ノ山スキー2につづく

|

« おじろスキー場で新雪滑り! | Main | 氷ノ山スキー2:好天の東面パウダー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おじろスキー場で新雪滑り! | Main | 氷ノ山スキー2:好天の東面パウダー »