« 岩湧山で地図読み実習と自然観察 | Main | アントニオ猪木さんが亡くなる! »

September 30, 2022

増水した前鬼川本流で沢登り

9月の最後の3連休は4年ぶりに前鬼川へ。直前の台風接近がもたらした大雨は、台風通過後2日目でも前鬼川の増水は完全には引かず、遡行の難易度を上げたのだった。

【日程】2022年9月25日(日)
【山域】大峰
【渓谷名】北山川水系 前鬼川本流
【メンバー】ゆか、マメゾウムシ(OMUNWV部)
【天候】晴れ
【コー スタイム】前鬼林道駐車地点8:34〜本流出合8:47〜2段10M滝下9:24〜箱状廊下10:56〜垢離取場12:03-13:14〜閼伽坂峠13:41〜小仲坊14:10〜駐車地点14:47

Img_4367d

9月最後の3連休は、ワンゲル部員から前鬼ブルーを見たいというリクエストがあったこともあり、師弟コンビにて1泊2日で前鬼川孔雀又谷右俣を遡行する計画を立てていた。金曜日は天気が悪く、土日は晴れ予報とのことで、金曜日の午後にのんびり出発で現地へ向かった。ところが、突然発生した台風の近畿地方への接近は大雨をもたらし、国道169号が通行止めとなってしまい、現地入りすることができないという事態が発生した。おかげで、だいぶ手前にて車中泊を余儀なくされた。これだけ雨が降ると、前鬼川の増水は間違いない。あえなく沢泊計画は流れたのであった。今シーズンの沢泊計画は流れ続けて、このまま沢泊行をせずにシーズンは終わりそうだ。おかげでその夜は完全に宴会モードに移行し、翌朝は台風一過の見事な晴れであったが、のんびり起床となったのであった。

Img_4374

翌日は、沢に入れないというテンションの低さであったが、晴れているのにダラダラと停滞するのはもったいない。大台ヶ原でも行くかということで、ほとんどデートハイクみたいなことになってしまった。

ようやく前鬼川に入渓したのは、出発日の明後日のことであった。前鬼川本流の日帰りコースは4年ぶりのことであり(2018年9月23日の記録)、合計3回目の遡行となる。孔雀又谷右俣を沢泊で遡行できなかったのは実に残念であった。

P9250002

まずは黒谷に入溪し、出合まで下降する。台風通過後ということもあり、水量は多い。

P9250004

前鬼川本流に入る。

P9250007

早速、前鬼ブルーが迎えてくれる。

P9250009

1mほどのナメ滝は、左の庇状の岩の下を潜って通過する。

P9250010

美しい流れである。

P9250012

2段10m滝が現れる。水量が多くて近づけない。

P9250013

2段10m滝は、フィックスロープがある右を登る。

P9250015

2段10m滝の深い釜を見下ろす。

P9250016 

滝上の徒渉箇所は水量が多くて、徒渉は困難であった。失敗したら、そのまま流されて、滝を落ちてしまう。

P9250019

左岸を高巻く。下降場所にはロープがフィックスされていた。

P9250020

川幅いっぱいのナメ床となる。

P9250021

水量の多いナメ床は、通れる箇所が限られる。

P9250023

美しいナメがつづく。

P9250025

本来は水線通しで進める所でも、水量多くて小滝や淵を越えられず、巻かざるを得ない場合が何回かあった。

P9250026

どこを通って行けばよいかというルートファインディングも必要である。水量が多くて流れが速いので、徒渉箇所ではスクラムを組むこともあった。

P9250029

風呂かい!

P9250031

前鬼ブルーは美しく癒やされる。

P9250039

面白い形の岩があった。よくバランスが取れているな。

P9250040

またも水線通しで進めず。

P9250041

滝を巻く。

P9250044 

前鬼川のハイライトとも言える箱状廊下が現れる。

P9250048

周囲からの流れが箱状廊下に落ちていく。

P9250049

箱状廊下の左岸に水が湧いている所がある。

P9250051

箱状廊下の上は大岩帯となり、どこを通るべきかルートファインディングに悩む。

P9250055

斜滝5×8m。

P9250057

垢離取場で緊張から解かれる。遡行はここまでとする。増水した前鬼川の遡行に疲れたので、三重滝の見学は今回は省略する。

P9250058

下山は沢を戻らずに、前鬼への道を使う。

P9250061

閼伽坂峠を越える。

P9250062

チチタケ。ちょっと触っただけで倒れてしまった。傘からチチタケの名称の由来となった乳液が出てきた。

P9250063

歴史のある前鬼宿坊「小仲坊」を通る。

Snake_20220930071701

ヤマカガシが逃げていった。近畿地方は黒っぽい個体が多い。

P9250065

最後は林道を歩いて、駐車地点に戻る。下山後に沢靴をチェックすると、小さなヒルが1匹ついていた。ワンゲル部員の足には見事にヒルのかみ跡がついていた。

前鬼川本流の日帰りコースは、平水であれば、デート沢であったのだが、台風接近後の2日目であっても水量はまだだいぶ多く、遡行難易度は上がっていた。おかげでワンゲル部員との2日連続のデートは避けられた。普段であれば簡単に徒渉できる所でも、スクラム徒渉をしたり、普段は水線通しに行ける所が通れずに巻いたりと、少々苦労と緊張をさせられた。それでも前鬼ブルーを見ることができて心が癒やされた1日であった。

|

« 岩湧山で地図読み実習と自然観察 | Main | アントニオ猪木さんが亡くなる! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 岩湧山で地図読み実習と自然観察 | Main | アントニオ猪木さんが亡くなる! »