« 比良 明王谷 口ノ深谷 | Main | 金剛山 高天谷 左俣:ラバーソール沢靴のデビューにて »

August 10, 2022

比良 明王谷 白滝谷:まったりと水と戯れる!

口ノ深谷を遡行した翌日は、当初の予定では奥ノ深谷に行くはずだった。しかしながら、2人とも前日の疲れがだいぶ残っていたこともあり、急遽、当日の朝に癒やし系の白滝谷に行き先を変更した。疲労抜きを兼ねて、水と戯れながらマッタリと沢登りを楽しんだ。

【日程】2022年8月7日(日)
【山域】比良
【渓谷名】安曇川水系 明王谷 白滝谷
【メンバー】Oさん、マメゾウムシ(OMUNWV部)
【天候】曇りのち晴れ
【コー スタイム】坊村(葛川市民センター)駐車場8:37〜白滝谷入渓地9:32-58〜白石谷出合11:56〜白滝下12:50-13:06〜夫婦滝下13:35-40〜夫婦滝上13:50-14:17〜オトワ池14:49〜白滝山15:05〜わさび天滝15:52〜伊藤新道出合16:22〜坊村17:00

前日の口ノ深谷の遡行の疲れと飲み過ぎのため、すっかり朝は寝坊してしまった。前日は久しぶりの登攀系の沢だったこともあり、2人とも体はバキバキであった。テンションも低いので、行き先を、当初の奥ノ深谷から癒やし系の白滝谷に変更することにした。白滝谷は過去に2回遡行したことがあるので、概要はわかっている(2015年6月27日2020年7月24日の記録)。この日は、疲労抜きを兼ねながら、白滝谷で水と戯れながらマッタリと沢登りを楽しむことにした。前日と異なり、この日は沢登りと思われる人たちが駐車場には結構いた。

P8070060

前日と同じく明王谷沿いの林道を進み、口ノ深谷出合より少し奥にある白滝谷出合より入渓する。この日はヒルは靴にくっついていなかった。

P8070062

岩の上にウスバカミキリがいた。大型のカミキリムシである。

P8070064

朝のうちは曇りだったが、だんだんと日差しも出てきて、水と戯れるにはちょうど良いぐらいの暑さになってきた。

P8070072

早速、チョックストン3m滝の釜に入るOさん。

P8070079

いったん右から滝を越えた後に、再び釜に飛び込み、今度は左から越えるOさん。前日の疲れはどうなった?

P8070084

積極的に水線を攻める。年寄りも若者に付き合わされる。

P8070085

白石谷出合に到着する。奥には布ヶ滝25mが見える。

P8070086

岩肌に滑る3m滝。

P8070087

3m滝は穴を潜って越える。

P8070088

2条5m滝は左を登る。

P8070090

7m斜滝も左を登る。

P8070091

2段4m斜滝も左を登る。

P8070092

次々と滝が現れるので飽きない。どの滝も登れる。

P8070097

大岩帯を通過する。

P8070098

潜って越えたり。

P8070099

白滝8mに到着する。

P8070102

白滝の釜で泳ぎの練習をするOさん。

P8070104

白滝を左岸から巻くと、ナメ滝3段12mが現れる。

76d45f65681e42e7a117fb4e02567dcb

Oさんはナメ滝でウォータースライダーを楽しむ。ナメ滝は左からフリクションを効かして登る。

P8070108

斜滝15mが現れるが、左を簡単に登れる。

P8070115

廊下状の流れを越えると、2段2条18mが現れる。高さはあるが、中央を直登する。

P8070117

遡行終了点である夫婦滝2条25mに到着する。

P8070119

夫婦滝の釜でも水と戯れるOさん。

P8070121

遊びに飽きたところで、夫婦滝を左岸から巻く。探勝道があるので、容易に滝上に上がれる。

P8070123

滝上には壊れかけた御堂があり、沢装備を解除する。下山は沢沿いの登山道も取れるが、白滝山を経由することにした。

P8070125

沢沿いのやや不明瞭な登山道を登り、オトワ池に出る。

P8070126

白滝山への道も不明瞭だが、だいたいの方向を進めばなんとかなる。

P8070127

あまり整備されていない伊藤新道を下山した。途中にあったわさび大滝。やはり白滝谷沿いの道を沢装備のまま下山した方が速くて楽だったかもしれない。

ワンゲル部員のOさんに付き合わされて、積極的に水線通しに進むのは楽しかった。水と戯れる若者は、なんとも可愛らしいものだった。

YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 比良 明王谷 口ノ深谷 | Main | 金剛山 高天谷 左俣:ラバーソール沢靴のデビューにて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 比良 明王谷 口ノ深谷 | Main | 金剛山 高天谷 左俣:ラバーソール沢靴のデビューにて »