« 金剛山で沢入門:妙見谷遡行・ツツジオ谷下降 | Main | 金剛山 石ブテ谷 丸滝谷:ワンゲル部員の沢デビュー »

May 31, 2022

立山AGAINで、2021-2022シーズンファイナルスキー

2021-2022シーズンのスキーの最後は、再び立山にて、快晴の中を剱岳に向かって滑走し、悔いなく締めることができました。

【日程】2022年5月28日(土)〜29日(日)
【山域】北ア立山
【場所】立山
【メンバー】マメゾウムシ
【装備】テレマーク
【天候】5/28 曇りのち晴れ、5/29 晴れ
【コースタイム】
5/28 立山室堂8:50〜室堂山展望台9:53-10:07〜雪の大谷上10:20-50〜室堂山2590m11:36-44〜室堂山荘11:49-12:10〜山崎カール2640m台地13:26-40〜雷鳥沢キャンプ場13:59-14:04〜雷鳥荘14:37
5/29 雷鳥荘7:19〜雷鳥沢キャンプ場(浄土沢)7:27-35〜剱御前小舎9:52-57〜剱御前岳10:06-32〜剱沢キャンプ場10:39-52〜剱御前小舎11:38-55〜雷鳥沢キャンプ場(浄土沢)12:19-27〜雷鳥荘12:56-13:06〜みくりが池温泉13:31〜立山室堂13:48

例年ならば6月でも充分に滑れた高山でも、急激に雪融けが進みつつあり、雨溝も発達してきているようだ。シーズン最後はしっかり締めたいという思いで、週末の立山の天気予報を確認するとまずまずではないか。立山は、2週間前に日帰りで、ワンゲル部員1名と一緒に滑りに行っている(2022年5月15日の記録)。その時はまだ雨溝はそんなに発達はしていなかった。この2週間で雪に変化はあったかもしれないが、条件はさほど悪くはなさそうという想定から、立山行きを急遽決めた。

今回もワンゲル部員に同行希望者を募ってみたが、希望者はいなかった。これは久しぶりに単独にて、自分のスキーを楽しむ機会でもある。温泉付き山小屋泊にて、快適に楽しむことにしよう。早速、立山で定宿にしているみくりが池温泉の空室情報を確認すると、あまりに直前過ぎて、残念ながら満室であった。テント泊も考えたが、1泊2日では効率が悪い。試しに雷鳥荘の空室情報を確認すると、相部屋に空きがあった。雷鳥荘はこれまで泊まったことはなかったが、テント泊の際に温泉を利用したことがあり、快適さはみくりが池温泉とさほど変わらなそうである。すぐに1名1泊の予約を入れた。同時に立山駅から室堂往復のWEBきっぷも、立山駅7時20分発のケーブルカーの予約で購入した。土曜日よりも日曜日の方が天気が良さそうだったので、日曜日にメインの剱御前岳からの剱岳に向かっての剱沢滑走とし、土曜日は室堂周辺か山崎カールで遊ぶことにした。

**********
1日目(5月28日)

Img_3986

前夜に立山駅に着いたが、雨がパラついていて、朝も少しパラついていた。曇空の中を室堂に上がると、風は強めだったが、雲の隙間からは青空が見えていて、天気は回復傾向にあることが窺えた。

P5280001

とりあえずは2週間前にも行った室堂山へ登ることにする。前回は気温が低く、クラストした斜面で快適ではなかったが、今回は風は強いながらも気温はさほど低くなく、下部の雪はすでに緩んでいた。

P5280002

しばらくは革靴ばかりを履いていたが、今回は久しぶりにNTNブーツを履いた。やはり最後は、斜度のある斜面をキレのある滑りで締めたいからというのが理由である。この道具ならば、雪がクラストしていても対応できる。

P5280003

上部はまだクラスト気味だった。

P5280006

ガスが晴れて、立山カルデラ内部が見えた。残念ながら、日本オートルートの山々は雲の中で見えなかった。

P5280009

高原道路の方向に滑る。クラストは上部のみで、すぐに雪は緩んだ。

Img_3987

雪の大谷のちょうど上に滑り込む。下部は縦溝が発達していて、ガタガタであった。誤って滑りすぎて、道路に落ちないようにロープは張ってある。雪の大谷には多くの観光客がいて、雪の壁を見学していた。上にいるスキーヤーには気づいていないようだった。

P5280012

そのまま国見岳に登ろうかとも思ったが、思った以上に下部は縦溝が発達していたので、山崎カールに向かうことにし、室堂山方面に登り返す。

P5280014

室堂山荘まで滑ってランチタイムとする。出発する時に、朝に立山駅でもお会いした信テレのYさんがちょうど滑り下りてきたので挨拶を交わす。

P5280015

次は山崎カールを目指す。まずは一ノ越方面へ進む。

P5280016

一ノ越の手前から山崎カールへのトラバースに入る。斜度があるので、少々緊張するが、雪は緩んでいる。

Img_3991

山崎カールに入る。ガスが晴れて、雄山の山頂が見えた。

Img_3992

2640m台地状から滑走する。

P5280025

雷鳥沢キャンプ場まで滑る。山崎カールは概ねフラットで、快適ザラメを滑ることができた。

Img_3994

雷鳥荘に登り返して、1日目の行程が終了。初日でありながら、そんなにパフォーマンスは悪くはなかった。

Img_3995

温泉で汗を流したら、早速、喫茶で生ビールを飲む。至極の一杯であった。

Img_3996

夕食も悪くはなかった。お腹いっぱい食べて、よく飲んで、寝不足だったこともあり、夕食後すぐに眠りに就いてしまった。

**********
2日目(5月29日)

Img_3997

翌朝は実によく寝たこともあり、よい目覚めであった。朝食はビュッフェ形式なので、ガッツリ食べる。これだけ食べると腹持ちがよく、行動食はそんなに食べられなくなる。

P5290026_20220531154301

外は見事な快晴だった。

P5290027_20220531154401

7時台に雷鳥荘を出発したが、まだ雪は緩んでいなかった。雷鳥荘前の斜面は2週間前はフラットな斜面だったのに、今は縦溝が発達している。その凹凸激しいクラストした斜面を雷鳥沢へ向かって滑る。滑ったというよりも、ただ下りただけという感じであった。

P5290029_20220531165801

雷鳥沢の右岸尾根を登る。雪はまだ緩んでおらず、スリップに注意が必要である。クトーを着用しようとも思ったが、面倒なので、そのままシールだけで登ることにする。

P5290030

急斜面の登りも、なんとかクリアする。

P5290031_20220531170501

雪は稜線まではつながっておらず、雪渓末端でスキーを担ぐ。

P5290032_20220531170601

スキーを担いで登る距離はさほどでもなく、すぐに剱御前小舎へのトラバースとなる。

P5290033_20220531170801

トラバース中に雄山方面を眺めると、一ノ越の奥に槍ヶ岳が見えた。

P5290034_20220531170801

剱御前小舎へ到着。ここから剱御前岳へは雪がつながっていそうなので、再びシール登行にて登る。

P5290035

剱御前岳に到着。雪は山頂直下までつながっていた。

Img_4006

剱岳と後立山の展望。ここまで来ないと見られない展望である。

Img_4004

後立山のつづき。

P5290037

剱沢へドロップする。

Img_4001

そこそこ斜度もあり、斜面もフラットで、快適ザラメであった。真ん中が自分のシュプールである。

P5290039

その先は斜度は緩くなるが、剱岳に向かって滑ることができる最高のロケーションである。

P5290040

滑った分だけ登り返さないといけないので、剱沢キャンプまでとする。

P5290041

剱沢を登り返す。

P5290043

剱御前小舎へ戻る。

P5290044

いよいよ今シーズン最後の滑りとなる。雷鳥沢の雪渓の末端まで下りて、雷鳥沢の滑走へ入る。

P5290046

雷鳥沢の上部はまずまずであったが、下部は縦溝が発達していて、ガタガタであった。

P5290048

浄土沢まで滑り込んで、今シーズンのスキーが終了した。雷鳥沢を振り返る。

P5290050

あとは室堂までの登り返しだけである。まずは雷鳥荘へ登り返す。

P5290051

地獄谷と奥大日岳。

P5290053

みくりが池もだいぶ融けてきている。

P5290054

観光客で賑わう室堂に到着。

Img_4003

立山駅に下山し、小腹が空いたので、白海老かき揚げそば850円ををいただいた。今回は動画撮影用のカメラを忘れたので、残念ながら滑走中の動画はなしである。

これで2021-2022シーズンのスキーが終了した。先シーズンと先々シーズンは新型コロナウイルスの流行により、ほとんど春スキーができなかった。今シーズンもコロナの影響はあったが、概ね新雪もザラメ雪も充分に滑ることはできた。最後に、快晴の中を剱岳に向かって滑れたのは、最高のシーズンエンディングとなった。これから沢シーズンとなるが、1日でも早い新型コロナウイルスの終息を願いたい。そして再びよきスキーシーズンを迎えたいものである。

|

« 金剛山で沢入門:妙見谷遡行・ツツジオ谷下降 | Main | 金剛山 石ブテ谷 丸滝谷:ワンゲル部員の沢デビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 金剛山で沢入門:妙見谷遡行・ツツジオ谷下降 | Main | 金剛山 石ブテ谷 丸滝谷:ワンゲル部員の沢デビュー »