« 今シーズン初の立山でスキー | Main | 立山AGAINで、2021-2022シーズンファイナルスキー »

May 27, 2022

金剛山で沢入門:妙見谷遡行・ツツジオ谷下降

気温が高い日が多くなってきたこともあり、ワンダーフォーゲル部の希望者を対象とした沢入門を行い、金剛山の妙見谷を登り、ツツジオ谷を下降してきました。

【日程】2022年5月21日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 妙見谷
【メンバー】ワンゲル部員5名、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】金剛登山口バス停9:42〜妙見滝下10:18〜山頂広場12:07-47〜ツツジオ谷出合12:53〜腰折滝13:50〜金剛登山口バス停14:27

個人的にはすでに金剛山の高天谷にて今シーズンの沢始めは済ませているが、そろそろワンダーフォーゲル部の方でも沢始めをしたいところだ。いまだ大学は課外活動における宿泊は認めておらず、近場の日帰り山行しかできない。これから盛夏に向かって気温がどんどん高くなってくるが、近場の低山では不快な山行となりがちで、熱中症のリスクも高くなる。そういう状況では、近場でも行ける沢登りに活路を見いだすのは、ワンダーフォーゲル部としてのレベルを維持するためには重要なことだろう。

妙見谷は、沢装備無しでも遡行できる入門レベルの沢であり、沢経験のないワンゲル部員にとっては、まさにうってつけの沢である。今回はワンゲル部の希望者5人とともに、妙見谷を遡行し、バリエーションルートのツツジオ谷を下降することにした。私にとっては2年ぶりの妙見谷である(2020年7月の記録)。

87bc5e0126ff46438fa8e80e425dbd9e

アプローチは公共交通機関にて。河内長野駅から金剛山ロープウェイ行きのバスに乗り、金剛登山口バス停で下車する。

1548cbd76cbc4aec8d29bbbbf528b3ed

バス停からはロープウェイ方面に車道をしばらく歩くと、左に妙見谷出合の林道ゲートがある。ゲートには入山禁止の看板があるが、4年前に妙見谷で死亡事故があった時に設置されたようだ。

83d2e7351d834b05af5ccb915a9da60e

最初は沢沿いの林道を進むが、林道が終わると、斜面をトラバースする細い道となり、途中にハシゴ場もある。

8832ca0437f6415eabc8ddcfe8fec774

妙見滝の手前は2年前から倒木で埋まっているが、うまくかいくぐって通過はできる。

Ad22449f0e1f4c469eb2fe551e9c2406

倒木帯を超えると、妙見滝15mが現れる。

99d419ef8dd24c85b232722ffaf20e71

妙見滝は左岸から巻く。フィックスロープはあるが、古いのであまり頼らない方が良い。

8748469bff324265843e147dff571a94

妙見滝の上にはゴルジュがある。

Ed3c6f47734c44bf8220e65b2f60db42

2段6m滝が現れる。妙見谷の核心部である。

Bcf66990a2614eac8e75af0404a908dd

2段6m滝の下段は右岸を登る。ここにもフィックスロープはあるが、古いので頼らない方が良い。ホールドとなる木の根を掴めば問題ない。

5bd7cbb626c2478a8760c9d80330f03a

上段は右岸を巻く。

9052035fa959421fb04a7ada1c02075e

その後も小滝は続く。

A78647e6beae4e52b9f493e24783c142

沢装備無しで濡れないようにいこうとすると、意外と難しい登りを強いられたりする。

1bd67e8917e143bc8e7ba57ec6739fd6

急に上が開ける。

7f18130a19d14ce4a29f85e7ddc21442

この部分は二俣のようで、4年前に死亡事故があった崩壊地に引き込まれやすいが、立入禁止のロープが張ってある。崩壊地に入ると急なガレ場となり危険である。

74daabe179cb48d4a2ffe1d6403d1d40

崩壊地で咲いている花はヒメレンゲである。

629f93d23fb043bf899aca7697b5de1b

崩壊地の右にある本流が正しいルートであり、再び樹林の中に入る。

99e7abf2d495479abb578a7dd7ed2115

すぐに源頭の雰囲気となり、ガレ場となる。

302f8b1304544870815a6a34c2f85e7a

斜度が増してくるが、落石を起こさないように登る。

36f284319ef443b39b2c2b33774dd11a

やがて踏み跡が明瞭な道となり、そのまま詰めていくと山頂広場に出る。

283033312_4652864891485552_7854297913252

山頂広場のライブ映像に映り込んで記念撮影代わりにする。

Cf7f7f8832684407a5a177697515984e

下りはバリエーションルートのツツジオ谷を下降する。千早本道の楽な道の途中から、ツツジオ谷源頭に入る。

7d2666e9bca948de9b9d0cba1af648dd

要所要所にはフィックスロープがある。

96b0df6e301e429884ce54021490446a

滝が出てくるが、巻き道はついている。

A9d0c3d18a124a7eb4385d8fd80c091a

道は明瞭になるが、滝の巻き部分は高度があるので、滑落には注意しないといけない。

34c05dd151ea41dcb28c8c19a270eba7

下部は堰堤が多い。

5c381a49dead49af8600a091f90885cb

腰折滝を巻き下りる。

B5328e1e139d40a78a46a94a16e0ee34

ツツジオ谷入口で一般ルートの登山道に出る。あとは登山道を下っていけば、車道に出て、バス停に戻れる。

沢装備がなくても、特に問題なく遡行・下降ができた。ワンゲル部員にとって、次は沢装備での本格的な沢登り入門となるだろう。

YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 今シーズン初の立山でスキー | Main | 立山AGAINで、2021-2022シーズンファイナルスキー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今シーズン初の立山でスキー | Main | 立山AGAINで、2021-2022シーズンファイナルスキー »