« 【速報】信州・伯耆大山スキー遠征 | Main | 白馬 金山沢:灼熱のバックカントリー »

April 07, 2022

小谷 湯峠・鎌池スキーツアー

1週間以上前のことになりますが、平日に休暇を取得して、小谷・白馬方面へのスキー遠征をしてきました。その1日目の記録です。

【日程】2022年3月29日(火)
【山域】頸城・海谷
【場所】湯峠・鎌池
【メンバー】Chiyuki、マメゾウムシ
【天候】曇り
【装備】テレマーク2
【コースタイム】小谷温泉9:05〜林道(1210m)10:33〜湯峠11:07〜1352m小ピーク11:40-55〜鎌池12:19-48〜小谷温泉13:28

最近は年齢のこともあるが、遠征の初日は寝不足でパフォーマンスが悪いのが常である。今回の遠征も初日はウオーミングアップ程度に小谷温泉から湯峠方面へのバックカントリーとした。小谷温泉から湯峠・大渚山方面へのツアーは6年ぶりであるが(2016年3月3日の記録)、今年の正月に大草連から大渚山の往復はしている(2022年1月2日の記録)。今回の遠征のパートナーはChiyukiさんである。かってはよく一緒にバックカントリーに行っていたが、出産・子育てでしばらく山から遠ざかっていた。1週間ちょっと前の3月3連休の奥美濃でのバックカントリーが復帰戦であった。奥美濃ではブランクを思わせない見事な滑りを見せてくれたし、シール登行も問題なかった(毘沙門岳の記録)。

P3290001_20220407054101

小谷温泉山田旅館の裏からスタートする。山田旅館の当主はテレマーカーとしても有名である。

P3290003_20220407054201

ほぼ夏道に沿って登る。所々にこのような標識がある。

P3290006_20220407054501

しばらくは小谷温泉スキー場とよばれる切り開きを登る。気温は高めで、汗が吹き出す。

P3290007_20220407054801

鎌池の近くに来ると、斜度が緩くなる。鎌池には向かわず、鎌池の南にある尾根を登る。

P3290008_20220407054901

標高1210m付近で、湯峠に向かう林道に出る。

P3290009

林道を進むと、左手に正月に滑った大渚山が見えてくる。

P3290010_20220407055201

湯峠が近づく。

P3290011

当初は湯峠から大渚山へ向かう予定でいたが、湯峠から大渚山の往復は滑り的に面白くない。湯峠の東にある1352m小ピークに登り、そこから鎌池に滑り込むことにする。

P3290014

1352m小ピークから見える雨飾山。

Img_3743

戸隠方面の眺め。

Img_3744

正面に見える天狗原山と金山。

P3290018_20220407060001

シールを外して、鎌池へ向けてドロップする。

P3290021_20220407060401

滑りやすい疎林であったが、うっすらと乗る新雪はブレーキがかかり、テクニカルな滑走が要求される。

P3290025_20220407060601

決して易しい雪ではなかったが、問題なく滑り降りる2人であった。

P3290029

凍った鎌池に滑り込み、鎌池上でランチとする。

Img_3745

鎌池からの風景。

S__8110113

凍った鎌池の上を歩く。

P3290031

小谷温泉に向けて疎林を滑る。

P3290040

小谷温泉スキー場とよばれる切り開きは、雪質もザラメで、快適な滑りができた。

P3290042

小谷温泉に下山。

P3290043

雪融けしたところには、フキノトウが出ていた。

Img_3708

下山後には、Zoom会議に参加という仕事が待っていたが、それが終われば宴である。居酒屋ヴォクシーの開店となった。

YouTubeにアップした記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧ください。

|

« 【速報】信州・伯耆大山スキー遠征 | Main | 白馬 金山沢:灼熱のバックカントリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【速報】信州・伯耆大山スキー遠征 | Main | 白馬 金山沢:灼熱のバックカントリー »