« 白馬コルチナスキー場から裏コルチナ・雨中ゲレンデ周回 | Main | 氷ノ山:ホワイトアウトでわさび谷へエスケープ »

January 16, 2022

裏ヒヨでまさかのパウダー滑走!

1月3連休最終日は、栂池高原スキー場より裏ヒヨへ。連休中は天気には恵まれたが、1月8日の夜に降雪が少しあっただけで、正直、最終日の雪は期待していなかった。ところが、ヒヨドリ峰の北面には極上のパウダーが維持されていた。

【日程】2022年1月10日(月)
【山域】北ア後立山
【場所】ヒヨドリ西峰
【メンバー】Sさん、Bちゃん、マメゾウムシ
【天候】晴れ時々霧
【装備】テレマーク1、ATスキー2
【コースタイム】栂の森ゲレンデ林道入口9:31〜ヒヨドリのコル10:28-47〜北面1810mまで2回滑走10:47-12:08〜ヒヨドリ西峰12:37-51〜栂の森ゲレンデ林道入口13:08〜栂池高原スキー場ボトム13:30

2022年1月の3連休中の1日目2日目は、天気とよい雪に恵まれたが、降雪が期待できない予報だったので、正直、最終日の雪は期待していなかった。実際に、降雪は1月8日の夜にわずかにあっただけである。最終日にパウダーが維持されているとしたら、北面の樹林帯に限られ、標高は高い方がよいだろう。連休初日に天狗原から親沢を滑って激パウだったこともあり、帰路につく時間も考えると、選択肢はヒヨドリ峰北面しかなかった。考えることは同じで、最終日に一緒に行動することを考えていたKaoriさんやF社軍団も裏ヒヨという結論とのこと。ただし、まったく一緒だと人数が多くなりすぎるので、当日は別パーティーで行動することにした。

P1100063

連休初日と同じくポイント券を購入して、ゴンドラとリフトを乗り継いで栂の森ゲレンデのトップに上がり、林道入り口に滑り込んだ。遅れて、kaoriさんやF社軍団もやってきた。ここで突然声をかけられた。かってアバランチナイトで一緒にスタッフをしていたTガイドであった。久しぶりの再会であった。林道脇の雪は見事なモナカ雪だった。

P1100068

林道を早稲田小屋まで進んだら、ヒヨドリのコルを目指して急斜面を登る。3連休最終日ということで、すでに高速道路はできていたので、ラッセルはない。

P1100069

ヒヨドリのコルに到着。シュプールだらけだが...

P1100071

バックカントリーデビュー2日目のSさんがいるので、一番緩いコルから北面にエントリーする。なんと北面は極上のパウダーではないですか!

P1100073

標高1810mの台地状のところまで滑走する。ちょっとガスが出たが、視界は問題なかった。

P1100075

F社軍団も滑り降りてきた。帰路もあるので、1回の滑走で終わりのつもりでいたが、こんなよい雪ならば、もう1回滑らねばということで、コルまで登り返す。

P1100077

2回目の滑走へ。

P1100079

2回目も極上のパウダーで、浮遊感のある滑りができた。

P1100082

再びヒヨドリのコルに登り返す。

P1100084

そのままヒヨドリ西峰のピークまで登る。

P1100085

栂池高原スキー場に戻るには南面を滑らねばならない。南面の雪は北面とは正反対の湿雪重雪だが、これは想定していたことだった。モナカ雪よりはマシである。悪雪に苦労するSさん。

P1100086

骨折後復帰戦のBちゃんは、だいぶ慣れてきた感じ。もう大丈夫だろう。

林道まで滑り降りて、ゲレンデに戻ったら、足がパンパンになる長いゲレンデ滑りが待っていた。それでも20分でボトムに到着して、3連休のBCツアーが終了した。

Img_3472

帰りに、テレ仲間の間で話題になっていた虹屋丼丸白馬店に遅めのランチで寄ってみた。テイクアウトが中心のようだが、イートインもある。虹屋丼丸白馬店は、2019年1月にオープンした海鮮丼のお店である。丼丸はチェーン店ではあるが、各オーナーが「丼丸+屋号(独自の店名)」をつけた 一切制約のない完全独立型店舗とのことで、メニュー、価格はオーナーによって違うようである。白馬店は虹屋丼丸2号店で、1号店は長野市にあるらしい。メニューが豊富で、550円でほとんどの丼が買えてしまう。高級ネタの丼もそんなに高くはない。今回は満腹丼をネタ大盛りにて注文した。満腹丼はデフォルトでご飯が大盛りで、ネタ大盛りでも値段は770円。味よし、値段よしで、ひじょうに満足なランチだった。

3連休は天気にも雪にも恵まれ充実したバックカントリーが楽しめた。アキレス腱痛もだいぶよくなってきており、これから調子を上げていけそうだ。

YouTubuにアップした動画ですが、前の記事にてリンクした動画と同じものです。

|

« 白馬コルチナスキー場から裏コルチナ・雨中ゲレンデ周回 | Main | 氷ノ山:ホワイトアウトでわさび谷へエスケープ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 白馬コルチナスキー場から裏コルチナ・雨中ゲレンデ周回 | Main | 氷ノ山:ホワイトアウトでわさび谷へエスケープ »