« 2021-2022シーズン初滑り in 開田高原マイアスキー場 | Main | ワンゲル部の六甲岩場トレ2:菊水ルンゼと妙号岩 »

December 22, 2021

寒波到来の信州放浪!

開田高原マイアスキー場で初滑りを無事終えて、道の駅で車中泊していると、夜から雨が降り出した。高い山では雪かもしれないが、マイアスキー場あたりだと冷え込みでカリカリ雪となっている可能性が高い。初滑りの翌日は安曇野への移動だけとした。

Img_3325d

安曇野でお世話になるのは、関西のテレ仲間で安曇野に移住したTさん宅である。Tさんお勧めの蕎麦屋にてランチをいただく。

Img_3327

日中は雨がパラついていたが、夜には雪に変わっていた。この日の晩から週末にかけて強い寒波が到来する予報である。雪は期待できるが、悪天過ぎるのも困る。はたして翌日はどうなるだろうか。

Img_3329

深夜に関西のテレ仲間のどうちゃん夫妻も合流し、翌日は白馬へ行くことにした。予報通りの大雪となったが、さすがに雪慣れしている白馬である。除雪はしっかりされていて、特に通行に支障もなく、無事、白馬47スキー場には着くことができた。

Img_3331

問題はスキー場に着いてからであった。ゴンドラの運行が止まっていて、乗り場にはスキーヤー・ボーダーの長蛇の列ができていた。どうやら停電があったらしく、それで乗客が溜まってしまったらしい。ゴンドラはそのうちに動き出し、1時間待ちにて乗車できた。

上部のリフトの混雑はそれほどでもなかった。天然雪を滑れるのは良いが、風は強かった。そのうちに、トップのリフトは強風のため運行を止めてしまった。15時まで滑って終了とした。

Img_3335

その晩は、Tさん宅にて宴となった。Tさん、いろいろとありがとう。お酒が進んだ。

Img_3336

翌日も冬型が続き、Tさん宅の庭には霜柱ができていた。

Img_3337

この日は二日酔いということもあり、スキーには行かず、カモシカスポーツ松本店へ。ちょうど20%OFFのクリスマスフェアをやっていて、つい散財してしまった。

Img_3338

近くの蕎麦屋で昼食をとる。信州らしい山賊焼と蕎麦のセットがあったので、それをチョイスした。なかなかのボリュームであった。昼食後に解散となり、帰路についた。

ゲレンデでの初滑りは終えたが、次は山を滑りたい。年末は奥美濃にあるワンゲル部の山小屋で過ごす予定だが、十分な積雪があることを願いたい。

|

« 2021-2022シーズン初滑り in 開田高原マイアスキー場 | Main | ワンゲル部の六甲岩場トレ2:菊水ルンゼと妙号岩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2021-2022シーズン初滑り in 開田高原マイアスキー場 | Main | ワンゲル部の六甲岩場トレ2:菊水ルンゼと妙号岩 »