« July 2021 | Main | September 2021 »

August 18, 2021

新型コロナワクチン接種の副反応

お盆に日本付近に現れた停滞前線により、災害レベルの大雨が続いている。せっかくのお盆休みも山に行けず、山行記録をブログに書くこともできないので、たまには日常的な話題を書こうと思う。

現在、国内での新型コロナウイルスの流行は第5波のまっただ中にあり、1都2府10県に緊急事態宣言が発令されているにもかかわらず、いまだ減少の兆しが見られない。感染力の強いデルタ株による市中感染が進んでいることからも、自分の身は自分で守らなければならない。その自分を守る最有力な方法がワクチン接種である。ワクチン接種は高齢者や基礎疾患がある人から順次進められているが、職場や大規模接種会場では、高齢者ではない人への接種も行われている。私も職域接種にてモデルナ製のワクチンを接種したので、その副反応などについて報告しておこうと思う。

Corona

1回目のワクチン接種は、7月7日に行った。針を刺すときにチクリとはするが、それ以外には痛みを感じることは特になく、呆気なく終わった。その後、接種部位の痛みが出て、肩から首にかけての凝りとそれに伴う頭痛が2日ほど続いた。接種部位の痛みは1週間ほど続いたが、しばらくは接種部位を下にして寝ることはできなかった。発熱は特になかったが、これが1回目の副反応だった。

2回目のワクチン接種は、その4週間後である8月4日に行った。2回目はまったく痛みを感じずに接種が終わった。接種後すぐに接種部位が痛くなる。12時間経過した接種日の晩には37度代に熱が上がる。20時間経過後の翌朝は、接種部位の痛みと、肩から首にかけての凝りは1回目と同じだが、37.7度まで熱が上がり、頭痛もあった。24時間後には38度代に熱が上がり、最高は38.2度まで上がった。普段は風邪も引かず、熱も出したことがないので、結構体にはキツい。ここでバッファリンを飲む。接種から30時間経過すると、ようやく36.9度まで熱が下がり、だいぶスッキリした。翌々日は気分爽快で、接種部位の痛みもだいぶ治まり、首から肩への懲りも回復したが、これらの症状の改善は1回目接種より早かった。

モデルナ製コロナワクチンの接種は、2回目接種の翌日に発熱を伴う副反応が強く出るようだ。冷たいスポーツドリンクを用意しておくことをお勧めする。発熱中は解熱鎮痛剤の服用もあり得るだろう。ワクチン接種が進むことで集団免疫ができて、コロナウイルスの流行が終息することを期待したい。

話は変わるが、今回のような大雨を伴う長雨などの異常気象が毎年のようにように起こっているが、地球温暖化によってもたらされた異常気象であることは確かだろう。このまま策を講じずにいると、今後はさらに酷い異常気象に見舞われるかもしれない。世界各国が国をあげて二酸化炭素の排出削減を目指さねばならず、もう一刻の猶予もないかもしれない。個人レベルでも自然に負荷をかけない生活を心がける必要があると思っている。

| | Comments (2)

August 11, 2021

笠形山 根宇川 滝ノ谷

先週の倉谷川に引き続き、2週続けての兵庫の沢へ。笠形山に詰め上がる根宇川の滝ノ谷を遡行した。滝ノ谷の前半は大岩と大滝中心の荒々しい渓相だったが、後半はナメ中心の癒やし系の沢であった。

【日程】2021年8月8日(日)
【山域】兵庫
【渓谷名】市川水系 根宇川 滝ノ谷
【メンバー】どうちゃん、ばるちゃん、マメゾウムシ
【天候】晴れのち曇り
【コー スタイム】グリーンエコー笠形9:43〜オウネン滝10:33-47〜扇妙の滝11:04-13〜五合目12:01-13〜遡行終了750m地点12:34〜笠形山北西尾根810m12:43-13:01〜笠形山13:19-30〜五合目13:52〜三合目14:12〜笠形山登山口14:32〜グリーンエコー笠形14:45

笠形山は、兵庫県神崎郡神河町と多可郡多可町との境に位置する山である。標高は939.4mで、山頂からは播磨平野を望むことができる。滝ノ谷は笠形山の西に詰め上がる沢である。

P8080001

集合は、グリーンエコー笠形の駐車場に9時。大阪堺からは2時間程度はかかる。ここで、先週に引き続き、どうちゃん・ばるちゃん夫婦と合流した。グリーンエコー笠形はアウトドア施設で、キャンプや水遊びができるため、朝から家族連れで賑わっていた。総合案内所で登山者も入村料200円を支払う。駐車場代と思えば、良心的な値段だ。

P8080003

沢沿いの林道を進んで、適当な所から入溪した。

33694dcefa944ed5b4c88656cc34e8bf

大岩がゴロゴロと横たわる沢をしばらく進むと、二俣になる。本流は右俣であるが、左俣である滝ノ谷を進む。

P8080006

すぐに林道が沢を横切る。

P8080008

ナメ滝3mを超える。

P8080010

大岩の間にチョックストン滝2m。

P8080011

子育て観音への遊歩道が横切る。

P8080012

サワガニ。

P8080014

いきなり大きな滝が現れる。オウネン滝25mだ。

P8080016

オウネン滝は左から木登りで滝を巻けそうだったが、無難に登山道を利用して右から巻いた。

P8080017

オウネン滝の上は渇水なのか、ほぼ伏流と化していた。大岩がゴロゴロと横たわる中を進む。3段7mの滝があったようなのだが、わからなかった。

P8080019

突然に目の前に大きな滝が現れた。滝ノ谷で一番の大きな滝である扇妙の滝2段65mだ。下段の25mほどしか見えない。水量が豊富であれば、さぞかし豪快な滝なのだろう。渇水の現状では、下段は登れそうな感じもするが、上段の様子がわからない。

P8080020

無難に右のンゼから巻くことにする。

P8080021

踏み跡をたどっていったら、うまい具合に落ち口に出た。

P8080022

ヘルメットにとまるミヤマカワトンボ。

P8080023

ナメ滝4m。

P8080024

扇妙の滝の上はナメ中心の渓相に変わる。

P8080025

渇水なので、もう少し水流があった方がよい。

P8080026

ナメがつづく。

P8080032

10m滝が現れる。左から超える。

P8080034

ナメ滝5m。

P8080036

トイ状の流れになる。

P8080037

登山道と合流して、五合目だった。登山者2名がちょうど下りてきた。

P8080038

その上もナメがつづく。

P8080040

690m二俣を右俣へ進む。

P8080041

次の710m二俣は左俣へ進む。

P8080042

沢筋に倒木などが多くなり、歩きにくくなってくる。

P8080043

適当な所で沢筋を離れて、笠形山の北西に延びる尾根を目指す。藪漕ぎはないのがよい。

P8080044

標高810m付近で尾根に乗ると、明瞭な道がついている。

P8080045

そのまま進むと、笠形山の山頂に到着した。

P8080047

山頂には東屋もある。登山者が2名登ってきた。

P8080048

下山は、山頂から西へ赤テープをたどって下る。六合目で正規の登山道に合流した。

P8080049

そのまま登山道をたどって、登山口に下山。あとは車道を下り、グリーンエコー笠形の駐車場に戻った。

滝ノ沢は扇妙の滝までの前半は巨岩歩きで、後半は一転してナメ中心の癒やし系だった。沢自体は遡行は容易だったが、変化のある面白い沢だった。

| | Comments (0)

August 01, 2021

段ヶ峰 倉谷川遡行・旗谷コース下山

先週末の土曜日は、沢登りとしては初めての西へ向かう。兵庫県朝来市と宍粟市の境にある段ヶ峰の倉谷川を遡行し、旗谷コースを下山した。実は兵庫県の沢は初めてだった。先週の4連休の奥美濃でのダメージがいまだ取れず、満身創痍だったが、リハビリにはよい癒やし系の沢だった。

【日程】2021年7月31日(土)
【山域】兵庫
【渓谷名】市川水系 倉谷川
【メンバー】どうちゃん、ばるちゃん、マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れ
【コー スタイム】林道駐車地点9:37〜入渓地点9:49〜一ノ滝下10:29〜二ノ滝下11:00〜670m二俣11:45〜稜線12:44〜段ヶ峰山頂12:52-13:20〜千町峠13:40〜林道14:41〜林道駐車地点15:09

段ヶ峰は、兵庫県朝来市と宍粟市の境にある1103.41mの山である。よく行く金剛山と標高的にほとんど変わらないが、金剛山に比べるとかなりなだらかな山容である。大阪堺からは150kmほどの距離があるが、遅い出発でも充分に往復できるので、当日の朝発で行くことにした。9時に播但線の生野駅前のローソンで、テレ仲間のどうちゃん・ばるちゃん夫妻と合流し、倉谷川沿いの林道へ向かった。

P7310001

対向車が来ると少々困る狭い林道を進み、標高470m地点近くの空き地に駐車した。

P7310002

沢装備を装着して、しばらく林道を進んだところから入渓した。

P7310005

最初は平凡な沢歩きだが、やがて大岩が多くなってくる。

P7310009

イワタバコの花が咲いていた。昼からトラツグミが「ヒュー・ヒュー」と鳴いていた。

P7310008

すると、目の前に一ノ滝15mが現れた。右のルンゼが登れそうだが、無難に右から踏み跡をたどって巻いた。

P7310011

一ノ滝の落ち口のテラスにある不動尊。

Hikigaeru

大きなヒキガエルがいた。

P7310014

美しいナメが現れる。

P7310017

途中、土砂で埋まっている箇所があった。かっては広大なナメがあったようだが、かなりの部分が土砂の下になってしまっているのが残念だ。

P7310019

ナメ滝5m。

P7310020

5m斜滝が現れ、

P7310021

その上にも5m斜滝。

P7310023

その上に倉谷川最大の二ノ滝30mが現れた。

P7310025

二ノ滝の左側はフリーで登れそうだったが、念のためロープをフィックスした。

P7310027

三ノ滝と思われる15m斜滝は難なく越える。ここまで明るく広い谷だった。

P7310028

あっけなく670m二俣に到着する。本流は右俣だが、平凡な沢歩きになるようなので、変化のある左俣へ進む。

P7310029

左俣の出合には5m滝がかかる。金剛山や滝畑あたりの滝に似ている。この先はこのような滝が続いたが、直登は難しくなかった。

P7310033

上部に林道が見えると、その直下は15m滝だった。

P7310034

林道下のトンネルをくぐる。先行者がいないようで、クモの巣がうるさい。

P7310036

林道を見下ろす。

P7310041

壁のような6m滝を右から越える。

P7310043

ほぼ水流がなくなる。シカが多いためか、下草が食べられていていて、藪漕ぎはない。シカはここまでに3回ほど目撃し、鳴き声も頻繁に聞いた。

P7310044

先週の奥美濃の疲れが残っていて、ヒーヒー言いながら、稜線直下に出る。

P7310045

稜線に出た所から段ヶ峰の山頂はすぐであった。山頂にはアンテナが立ててあって違和感を感じたが、すぐ横にテントが張ってあって、アマチュア無線をしている人がいた。発電機もあって、どうやら自分でここまでアンテナ、無線機、発電機を持ち上げたようだ。千町峠までは車で入れるので、そこから何回か往復して持ち上げたのだろう。趣味のためにここまでするのに凄さを感じてしまう。私たち山屋も似たようなものだが。

P7310046

下山は旗谷コースからだが、まずは千町峠へ登山道を進む。

Hyomon

交尾中のオオウラギンスジヒョウモン。

P7310050

千町峠にあった悠々山荘。この日は無人のようだったが、定期的に音楽会を開催しているらしい。

P7310051

千町峠からは谷筋の不明瞭な道に入る。上部は不明瞭な箇所が多いが、迷ったら沢沿いに下降すれば何とかなりそうだ。

P7310052

途中から地肌むき出しの真新しい林道を歩き、真新しい伐採跡を見る。周辺での伐採が進んでいるようで、木を切るチェーンソーの音と、木が倒れる音がしていた。やがて行きに歩いた林道と合流し、駐車地点に戻った。

Img_2781

今年初の支度へのお持ち帰りもあったが、行動中に被害はなかった。

倉谷川は初めての兵庫県の沢だったが、リハビリにはよい癒やし系の沢だった。きれいなナメは山容のなだらかさ故だろうが、部分的に土砂で埋まっていたのは残念であった。今後、気候変動によって台風などの被害も大きくなることを考えると、ナメがさらに埋まってしまうのを危惧してしまう。

| | Comments (0)

7月4連休は、奥美濃にてワンゲル部山小屋ライフ:3日間のテンカラ釣り三昧

7月の4連休は、奥美濃にあるワンゲル部山小屋に山仲間たちと滞在し、釣りや沢登りなど沢遊び三昧だった。最終日に小白山谷を遡行したことはすでにアップ済みですが、テンカラ釣り三昧だった最初の3日間について簡単に報告しておきます。

Img_2772

その前の週末にもワンゲル部山小屋をベースに今季初のテンカラ釣りをしたので、なか3日での再訪でした。今年の6月に山小屋の周囲の木々が伐採されたので、見通しがよくなっている。夜には星空も眺められる。

P7220002

1日目は、山仲間2人と山小屋から歩いて行けるC谷にて渓流釣り。

P7220006

ところが、クモの巣地獄。クモの巣があるのは、先行者がいない証拠だが、張りすぎは困る。ただでさえ藪沢なのに、これではテンカララインが振れない。私の釣果は1匹のみで、ルアーのSさんに軍配があった。

Img_2774

終盤に雷が鳴り出したが、なんとか降られる前に山小屋に戻ることができた。沢装備を解除したら、早速、乾杯となった。

P7230010

2日目は先週に爆釣りしたA谷に再び入る。

P7230013

A谷は裏切らず、またもや爆釣り。20匹以上のイワナを釣り上げて、尺も3匹ほど。Sさんと合わせると40匹ぐらいか。

P7230014

最後の魚止では34cmが出た。

Img_2775

この日も山小屋に戻ってから夕立あり。テレ仲間のTさんがお友達と遊びに来てくれたので、この晩は盛大な宴となった。

P7240002_20210801121901

3日目は、先週に引き続き、A谷の隣のB谷へ。前回は上流部を残してしまったので、今回は上流部の調査へ。上流部はイワナの魚影はあるものの、木々の枝葉が沢を覆っていて、テンカララインを振れないところばかりで、提灯釣り向きの谷であった。かろうじて2匹を釣った。

P7240001

最初の1匹目はオレンジ色が強く、朱点の鮮やかなイワナだった。

P7240003_20210801122801

上流部はあまりに木々の枝葉が濃いので、これ以上進んでもテンカラ釣りは無理という判断で、下流部に移動して仕切り直しをした。前日のようにポンポンとは釣れず、渋かったが、5匹ほどは釣れた。テンカラ釣り初めてのKさんも1匹釣り上げることができた。

この日の晩も雨が降った。翌日は真面目に小白山谷での沢登りを予定していたので、早めに宴は切り上げた。

| | Comments (0)

« July 2021 | Main | September 2021 »