« 今季3度目の金剛山高天谷は増水気味! | Main | 奥美濃 石徹白川 小白山谷:詰めは野伏平で激藪漕ぎ! »

July 21, 2021

今季初のテンカラ釣り in 奥美濃

先週末は3ヶ月ぶりに奥美濃にあるワンゲル部の山小屋に入り、今季初の渓流テンカラ釣りをしてきました。緊急事態宣言や週末の悪天予報が続いたので、ようやくのスタートです。

C59bb56d9417418ca0feaa89fbd7cfd2

1日目は、昨シーズンの最後に開拓して爆釣りしたA谷へ。

Bb04f4b71142446dad087803001b00e9

この谷は小ぶりだが美しい滝が2つほどある。

98165fcee9414842b83bb8d38d08bfa1

ナメや自然林もあったりで、なかなかよい雰囲気の谷である。

しかし、イワナが釣れだすのは、滝や堰堤を越えて、1時間以上歩いたところからになる。ようするに一般の釣人が入らないところまで入らないといけない。沢沿いに林道は一応あるのだが、かなり荒れているので、入渓すると、沢を戻るか、上に抜けるしかなく、沢ヤ向きとも言える。今回は、この谷に沢登り要素があるかを確認することも目的として、沢登り装備での釣りとなった。

387a93e0be404bee9086a6c6026dca0c

A谷は出だしは悪かったものの、今回も裏切らず、またもや爆釣りとなった。上の写真は記念すべき今季最初の1匹目である。

8674b9d5c41942bb8619c06973ed3e7d

私だけでおよそ20匹のイワナを釣り、そのうちの4匹が尺超えだった。ただし、バラシが多かったのが、今回の反省点である。シーズン初なので少々アワセの勘が悪かった気がする。

De083df4b378489ea320d300af2ee1f0

上の写真は今回一番の大物で、32cmだった。

90e49386990240c58338b86e7766bd84

沢の規模の割にA谷のイワナの密度が高く型がよいのは、流域が深い自然林に覆われていて、餌となる虫が多いからだろう。

A30fb534657944a2838910cae18ad853

同行者のHくんも初の尺越えを一匹釣り、計5匹ほどを釣り上げた。

1307047386304c319e4e4c4f48cc113b

Hくんが釣り上げた尺イワナ。

A谷はテンカラ向きの溪でもある。沢の規模としては藪沢になってもよさそうだが、うまい具合に流れの上は枝葉がそんなに覆っておらず、テンカララインを振りやすい。釣ったイワナはすべてリリースした。

300ea55a43144319abe8693e9a07f9dd

イワナの生息上限まで釣り上がり、沢の詰めに入ったが、源頭部に滝はなく、平凡な沢歩きであった。

D654234dadde44c982d5a32b1a77031b

最後はルンゼを詰めて、濃い笹藪を少し漕いで、尾根に抜けることができた。

結果的にはA谷には沢登り要素はあまりなかったが、イワナの密度は高く、型もよく、比較的山小屋に近いので、今後は自分のプライベート釣り場として使うことになるだろう。先日に作ったゼンマイの毛で胴を巻いた毛鉤のイワナへの反応は比較的よかった。

2日目は、A谷の隣のB谷へ入溪した。B谷は昨シーズンに1回入溪はしているのだが、魚影はあるものの、その時はまったく釣れずに、途中で諦めて他へ転進した。

25e55f51ff7643d08f7272c9f3232033

B谷はA谷と同じぐらいの規模の谷で、雰囲気も似ている。

9a02eee330d745a58e2f51be6b12e8cf

A谷とは異なるのは、沢沿いに整備された林道が走っていて、アプローチが容易ということである。要するにこちらは一般の釣人が比較的入りやすい。そこで前回よりも上流部に絞って釣ってみることにした。林道を30分ほど登ってから入溪した。

Ebb376831d1d4f9880a03cb9dab02abb

B谷の雰囲気はA谷に似てはいるものの、A谷に比べると、沢の上を枝葉が覆っているところが多く、テンカララインを振りにくい箇所が多い。最初の一匹目を釣り上げるのに少々時間はかかったが、それからはポツポツと釣れだした。尺超えも1匹出た。

E1b4a072fb554ad9b7acf2160aabed71

Hくんも釣れたが、途中で竿の穂先を折ってしまった。時間はまだ早いものの、1人で釣るのも悪いので、ツ抜けする前に終了とした。

とりあえずは昨シーズンのB谷のリベンジもでき、幸先よいスタートが切れた。今シーズンも禁漁までしっかりテンカラ釣りを楽しむつもりだ。

1日目のイワナのヒットシーンを動画に編集してみました。これだけポンポンとイワナが釣れると実に気持ちがよい。

|

« 今季3度目の金剛山高天谷は増水気味! | Main | 奥美濃 石徹白川 小白山谷:詰めは野伏平で激藪漕ぎ! »

Comments

Hくん、学生さんですか?
本当にうれしそう。
沢歩きだけでも楽しめそうですかね?

Posted by: Cima | July 26, 2021 08:33 PM

Cimaさん、どうもです。
Hくんはワンゲル部OBの社会人2年目です。
A谷はナメもあり、自然林もきれいなので、沢歩きだけでも楽しめると思います。

Posted by: マメゾウムシ | July 27, 2021 08:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今季3度目の金剛山高天谷は増水気味! | Main | 奥美濃 石徹白川 小白山谷:詰めは野伏平で激藪漕ぎ! »