« June 2021 | Main | August 2021 »

July 28, 2021

奥美濃 石徹白川 小白山谷:詰めは野伏平で激藪漕ぎ!

7月の4連休は、奥美濃にあるワンゲル部山小屋に山仲間たちと滞在し、周辺の溪でテンカラ釣り三昧だったが、最終日のみ真面目に沢登りをしてきた。行き先は、禁漁区となっている小白山谷。遡行する人はほとんどいないようで、ネット上には記録が見つからない。はたしてこの谷に沢登り要素はあるのだろうか。

【日程】2021年7月25日(日)
【山域】奥美濃
【渓谷名】九頭竜川水系 石徹白川 小白山谷
【メンバー】ktn92さん、マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れ
【コー スタイム】白山中居神社6:59〜最後の堰堤上7:42〜870m二俣8:55〜2段5m滝下9:40〜1020m二俣10:25〜1070m二俣10:40〜遡行終了地点11:09〜野伏ヶ岳ダイレクト尾根北側林道合流1100m12:44〜和田山牧場跡13:07〜白山中居神社14:32

雪のある時期に野伏ヶ岳へバックカントリーに行くときは、必ず小白山谷にかかる橋を渡る。石徹白川支流としては、小白山谷の水量はそこそこ多い。小白山谷の源頭部には登山道がなく、遡行する人はほとんどいないようで、ネット上にも記録が見つからない。はたして、この谷に沢登り要素があるのか、以前から気にはなっていた。昨年に、小白山谷の1つ北にある推高谷左俣を遡行したが、その時にササ藪漕ぎに苦労しながらも、野伏ヶ岳のダイレクト尾根基部から和田山牧場跡までは、なんとか歩ける林道があることは確認している。よって小白山谷を遡行する場合は、遡行終了からダイレクト尾根基部までの行程の藪の濃さが問題になるだろう。地形図には、小白山谷右俣の源頭部近くまで林道は描かれている。運がよければ、まだその林道が残っているかもしれない。そんな計画を秘めながらも、なかなか機会とパートナーに恵まれないでいた。今回の4連休は、ktn92さんという強力な山スキー仲間がたまたま山小屋に遊びに来てくれていた。ktn92さんに、その計画について話すと、実に乗り気で、最終日に実行に移すことになった。

話は変わるが、4日間も山小屋に滞在して、山仲間が入れ替わりで遊びに来てくれると、当然のことながら、夜は激しい飲み会となる。つい飲み過ぎてしまい、日中のテンカラ釣り行では体のバランスが実に悪くなる。ただでさえアキレス腱痛で本調子ではない。テンカラ釣り行ではテンカラ竿をもったまま遡行するので、バランスを崩しやすく、転倒を繰り返してしまった。今回の小白山谷でも転倒して強く右膝を打ってしまったが、前々日にも2回転倒して、胸とアバラを強く岩に打っていた。ひょっしたらアバラにはヒビが入っているかぐらいの痛みが残っていた。そんな満身創痍でも行ってしまうのが、どM山屋の悲しい性である。

P7250001

野伏ヶ岳や薙刀山でのスキーではお馴染みの白山中居神社の駐車場に車を駐めて、ここから沢装備を装着してスタートする。

P7250002

石徹白川にかかる大進橋の上から上流部を眺める。左から入ってくる支流が小白山谷である。

P7250003

大進橋を渡り、和田山牧場跡への林道を進むと、小白山谷にかかる橋に出る。水面を覗くとイワナが泳いでいる姿が確認できる。小白山谷は禁漁区となっているので、釣りはできない。禁漁区の案内板には、「過去に上流で釣人の事故が相次いだので禁漁区とした」というようなことが書かれていた。上流には堰堤が見える。航空写真で確認したが、この上にも堰堤がいくつかあるようだ。

P7250004

小白山谷の右岸についている林道を進み、1つめの堰堤をそのまま越える。

P7250005

その上の堰堤もそのまま右岸から超えたが、林道は2つめの堰堤の手前で消えていた。

P7250006

2つめの堰堤の上から入渓する。

P7250007

すぐに3つめの堰堤で、右から超える。

P7250008

4つめの堰堤も右から超えるが、

P7250009

堰堤上の左岸は護岸工事がなされていて、しばらく沢より高い位置を歩いて、舗装部分がなくなったところから沢に下りた。

P7250010

5つめの堰堤が最後の堰堤だった。

P7250011

最後の堰堤も右から超える。

P7250013

堰堤の上を進むと、すぐにゴルジュ状となる。

P7250014

ゴルジュ内に最初の2m斜滝が現れる。深い釜をもつが、右をへつって超える。

P7250015

滝上はナメだった。

P7250017

癒やし系の谷か!

P7250018

谷が左にカーブする所に深い釜をもつ4m滝。ktn92さんは右からへつって超えたが、私は左をへつって超えた。おそらく左からの方が楽だろう。

P7250020

S字状4m斜滝が現れる。

P7250021

チョックストン2m滝。

P7250022

2m滝。

P7250023

大岩をはさんで流れが2つに分かれて、右には2m滝があった。

P7250024

2段4m滝。

P7250025

2m滝で連瀑は終了。どの滝もさほど苦労せずに越えられた。

P7250027

谷が開けて、左岸からスダレ状の流れが落ちる。

P7250028

2m滝が現れたが、基本的に小滝中心の谷のようだ。

P7250030

しばらく歩くと、流れが2つに分かれて、右に5m斜滝がかかっていた。

P7250031

ナメ滝1m。

P7250032

標高870mの二俣。水量が2:1で多い左俣を進む。

P7250033

チョックストン3m滝。

P7250034

2段3m滝。

P7250035

ナメ滝2段2m。

P7250036

河畔には、いい自然林が残っている。

P7250037

2m滝。

P7250038

2m滝。

P7250039

2段2m斜滝。小滝ばかりで、普通の沢歩きという感じになるが、自然林がきれいなので飽きない。

P7250041

油断していたところに、突然,2段5m滝が現れる。滝の左右ともに岩盤が立っていて、どう攻略すべきか難しい。釜を泳いで、滝の右側をシャワーを浴びながら登るというのもできそうだが...

P7250042

50代2名は無理せずに、左岸から高巻くことにする。この2段5m滝が、この谷で唯一直登できなかった滝であった。

P7250044

標高970mで、右岸から滝状の枝沢が入る。

P7250045

1m滝。

P7250046

大岩をはさんで2条2m滝。

P7250050

1020m二俣に到着する。水量はほぼ1:1で、左俣には立派な5m滝がかかるが、右俣へ進む。

P7250051

2段2m斜滝。

P7250054

突然、右岸の岩盤からスダレ状の美しい流れが落ちる。これだけ広く水が落ちるのは珍しい。この谷で一番美しいと思った場所である。

P7250055

巨岩帯となる。

P7250056

今度は右岸からもスダレ状の流れが落ちるが、幅は先ほどの左岸からの流れのよりも狭かった。

P7250057

巨岩帯の中で、1070mの二俣となる。水量は1:1で、本流は左俣だが、右俣へ進む。この二俣の下あたりまでは、イワナの魚影を目撃した。

P7250059

巨岩の中に、チョックストン2段5m滝。

P7250060

チョックストンの下をくぐり抜けることもできる。

P7250061

巨岩帯を過ぎると、緩やかな流れとなる。

P7250063

標高1150mあたりで、地形図で林道が描かれているところの末端に直近となるので、その方向に向かって沢を離れる。ここからが地獄となるのだった。

P7250064

猛烈なササ藪漕ぎとなる。ササだけならまだしも、ヤマブドウやサルナシの蔓が絡んでいて難儀する。GPSを頼りに地形図の林道上辺りを進むが、完全に林道は消えていて、なかなか進まない。ダイレクト尾根の基部近くで、木にテープがついているのを見つけるが、林道はやはりはっきりしない。野伏平付近で行ったり来たりしてしまう。ダイレクト尾根の北側には比較的明瞭な林道があることは昨年に確認済みなので、そのまま真北に向かってダイレクト尾根を乗っ超すことにした。これは正解で、さほど藪は濃くなく、無事、林道に出ることできた。

P7250065

あとは林道を進むだけだが、所々で林道が消えかかっているので油断はできない。それでも安心感は大きかった。

P7250066

和田山牧場跡まで来と、大進橋までの林道は車が通れるほど整備されている。ここからは1時間半ほどで白山中居神社に下山できた。

小白山谷は、どちらかというと癒やし系の沢であったが、最後の猛烈な藪漕ぎを考えると、もう1回同じ行程を行くのは躊躇してしまう。入溪から遡行終了地点までおよそ4時間かかり、そこから藪漕ぎをして下山するまで3時間20分ほどかかった。これはどう見ても、沢を戻った方が速くて楽そうだ。次に行くときは、源頭部で1泊して、周囲を散策し、翌日に沢を戻るのが無難だろう。今回は、小白山谷に沢登り要素がそこそこあることと、野伏ヶ岳ダイレクト尾根の南側にある林道は消えていることがわかったことが大きな成果と考えることにしよう。

Photo_20210728200501

小白山谷の遡行図を書いてみました。誤りがあるかもしれないので、各自の自己責任にてご利用下さい。

| | Comments (0)

July 21, 2021

今季初のテンカラ釣り in 奥美濃

先週末は3ヶ月ぶりに奥美濃にあるワンゲル部の山小屋に入り、今季初の渓流テンカラ釣りをしてきました。緊急事態宣言や週末の悪天予報が続いたので、ようやくのスタートです。

C59bb56d9417418ca0feaa89fbd7cfd2

1日目は、昨シーズンの最後に開拓して爆釣りしたA谷へ。

Bb04f4b71142446dad087803001b00e9

この谷は小ぶりだが美しい滝が2つほどある。

98165fcee9414842b83bb8d38d08bfa1

ナメや自然林もあったりで、なかなかよい雰囲気の谷である。

しかし、イワナが釣れだすのは、滝や堰堤を越えて、1時間以上歩いたところからになる。ようするに一般の釣人が入らないところまで入らないといけない。沢沿いに林道は一応あるのだが、かなり荒れているので、入渓すると、沢を戻るか、上に抜けるしかなく、沢ヤ向きとも言える。今回は、この谷に沢登り要素があるかを確認することも目的として、沢登り装備での釣りとなった。

387a93e0be404bee9086a6c6026dca0c

A谷は出だしは悪かったものの、今回も裏切らず、またもや爆釣りとなった。上の写真は記念すべき今季最初の1匹目である。

8674b9d5c41942bb8619c06973ed3e7d

私だけでおよそ20匹のイワナを釣り、そのうちの4匹が尺超えだった。ただし、バラシが多かったのが、今回の反省点である。シーズン初なので少々アワセの勘が悪かった気がする。

De083df4b378489ea320d300af2ee1f0

上の写真は今回一番の大物で、32cmだった。

90e49386990240c58338b86e7766bd84

沢の規模の割にA谷のイワナの密度が高く型がよいのは、流域が深い自然林に覆われていて、餌となる虫が多いからだろう。

A30fb534657944a2838910cae18ad853

同行者のHくんも初の尺越えを一匹釣り、計5匹ほどを釣り上げた。

1307047386304c319e4e4c4f48cc113b

Hくんが釣り上げた尺イワナ。

A谷はテンカラ向きの溪でもある。沢の規模としては藪沢になってもよさそうだが、うまい具合に流れの上は枝葉がそんなに覆っておらず、テンカララインを振りやすい。釣ったイワナはすべてリリースした。

300ea55a43144319abe8693e9a07f9dd

イワナの生息上限まで釣り上がり、沢の詰めに入ったが、源頭部に滝はなく、平凡な沢歩きであった。

D654234dadde44c982d5a32b1a77031b

最後はルンゼを詰めて、濃い笹藪を少し漕いで、尾根に抜けることができた。

結果的にはA谷には沢登り要素はあまりなかったが、イワナの密度は高く、型もよく、比較的山小屋に近いので、今後は自分のプライベート釣り場として使うことになるだろう。先日に作ったゼンマイの毛で胴を巻いた毛鉤のイワナへの反応は比較的よかった。

2日目は、A谷の隣のB谷へ入溪した。B谷は昨シーズンに1回入溪はしているのだが、魚影はあるものの、その時はまったく釣れずに、途中で諦めて他へ転進した。

25e55f51ff7643d08f7272c9f3232033

B谷はA谷と同じぐらいの規模の谷で、雰囲気も似ている。

9a02eee330d745a58e2f51be6b12e8cf

A谷とは異なるのは、沢沿いに整備された林道が走っていて、アプローチが容易ということである。要するにこちらは一般の釣人が比較的入りやすい。そこで前回よりも上流部に絞って釣ってみることにした。林道を30分ほど登ってから入溪した。

Ebb376831d1d4f9880a03cb9dab02abb

B谷の雰囲気はA谷に似てはいるものの、A谷に比べると、沢の上を枝葉が覆っているところが多く、テンカララインを振りにくい箇所が多い。最初の一匹目を釣り上げるのに少々時間はかかったが、それからはポツポツと釣れだした。尺超えも1匹出た。

E1b4a072fb554ad9b7acf2160aabed71

Hくんも釣れたが、途中で竿の穂先を折ってしまった。時間はまだ早いものの、1人で釣るのも悪いので、ツ抜けする前に終了とした。

とりあえずは昨シーズンのB谷のリベンジもでき、幸先よいスタートが切れた。今シーズンも禁漁までしっかりテンカラ釣りを楽しむつもりだ。

1日目のイワナのヒットシーンを動画に編集してみました。これだけポンポンとイワナが釣れると実に気持ちがよい。

| | Comments (2)

July 07, 2021

今季3度目の金剛山高天谷は増水気味!

前日の土曜日はワンゲル部新歓ハイクに同行したので、翌日は休養のつもりでいたが、日曜日も前日同様に日中は天気がもちそうである。そんな時に、テレ仲間のどうちゃんから金剛山の沢でもと声がかかった。お手軽な金剛山の沢ならばということで、急遽、ホームの高天谷の沢登りとなったのだった。今季3度目の高天谷は、梅雨時で雨が続いていたこともあり、かなり増水気味であった。

【日程】2021年7月4日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷左俣
【メンバー】どうちゃん、ばるちゃん、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】高天彦神社駐車場9:48~高天滝下10:00~10m大滝下10:12~二俣11:31~郵便道(920m地点)12:33-56~高天彦神社駐車場13:49

この日の行き先は直前までイワゴノ谷の予定だった。高天彦神社に着いて、出発準備中に雨がぱらつきだした。それで急遽、イワゴノ谷よりも行程の短い高天谷に行き先を変更することにした。

高天谷は今季は5月に2回遡行している(2021年5月4日5月23日の記録)。緊急事態宣言下ということで、遠出できなかったこともあり、近場の沢ばかりに行っていた。その中でも高天谷は好んで行くホームのお手軽な沢である。前日にワンゲル部新歓ハイクでそこそこ歩いたこともあり、アキレス腱痛も出ていたので、行程の短い高天谷はリハビリにもよい。どうちゃんたちも今季初の沢登りということで、沢に体を慣らすのにも高天谷はちょうどよいレベルかもしれない。問題は梅雨時ということで水量であるが、平水時は水量が少ない高天谷は多少増水しているぐらいの方が面白くなるにちがいない。

P7040002

入渓地点の高天滝7mまで来てみると、確かに水量は多い。

P7040003

高天滝下の川床は、以前の台風災害で2m以上埋まってしまったことがあった。埋まった当時は、写真の左にある堤防の高さの上まで土砂で埋まっていた。そのため高天滝の高さも2/3まで低くなってしまった。今は土砂が撤去されて、川床は元の深さに戻り、高天滝の高さも元に戻っている。

P7040004

高天滝はかっては直登したこともあるが、無理はせずに、左岸に設置されているハシゴを利用して高巻く。

P7040005

3m滝と背後の堰堤は、いつも通りにワイヤーが設置されている右岸からまとめて巻く。

P7040006

少々緊張する高巻きであるので、初心者同行の場合はロープを出してもよいかもしれない。

P7040007

かっての10m滝が現れる。ここは川床が土砂で埋まったままであり、滝の高さは8mぐらいになっている。ここは左岸から高巻く。踏み跡はいろいろついているが、楽な巻き方はわかっている。

P7040008

崩壊地を過ぎると、いよいよ連瀑帯に入る。ここまでは巻きばかりだったが、ここからは滝のほとんどを直登できる。

P7040009

まずは5m滝。

P7040010

直登する! シャワーを浴びるが、これぐらいの水量の方が沢登りらしい。

P7040011

念のため、後続をロープで確保する。

P7040013

ゴルジュもある。大人数の先行パーティーが奥に見えたので、少々休憩とする。

P7040014

ここ2回ほどはゴルジュの中のこの滝をうまく登れなかったのだが、今回は登ることができた。左から取り付いて、体をムーブ的に持ち上げる思いっきりの良さが重要なようだ。

P7040015

ばるちゃんを確保するどうちゃん。

P7040018

次のゴルジュ。

Img_8027

トイ状5m滝はシャワーを浴びながら直登したが、水圧は思ったほどキツくはなかった。

Img_8031

3m滝もシャワーを浴びながら直登する。いつもよりは水温は低い感じ。

P7040024

倒木に埋まった二俣に到着。右俣は倒木に埋まっていて苦労しそうなので、左俣へ進む。

P7040025

左俣の大滝はちょうど先行パーティーが登攀中だった。またも少々休憩とする。

Img_8033

左俣の大滝は2段で、1段目が15m、2段目が5mぐらいか。フリクションは効くのだが、ホールドやスタンスが細かい。高さもあるので、ロープは出した方がよいだろう。ここは私がトップで行かせてもらう。

P7040028

後続に上がってもらう。2ピッチ目はどうちゃんにトップで行ってもらった。

Img_8036

2ピッチ目の終了地点に白いキノコのようなものがあった。調べてみると、キヨスミウツボという寄生植物であるらしい。

P7040029_20210707225301

続く4m滝をフリーで登る。

P7040031

最後の3m滝を登る。この後は植林の中の緩い流れになる。

P7040032

そのまま詰めていくと、やがて上部に登山道である郵便道が見えてくる。郵便道に出て遡行終了。ここで沢装備を解除し、郵便道を下山する。

P7040033

登山道上では、ギボウシが花を咲かせていた。

単独で行くことが多い高天谷であるが、仲間と行くのは楽しかった。梅雨時で雨が続くが、そろそろ遠出の沢にも行きたいし、テンカラ竿も降りたい。

記録をスライドショー的な動画にしてみました。

| | Comments (0)

大和葛城山から岩橋山へ:ワンゲル部新歓ハイク

悪天予報だった週末は、アキレス腱痛もあったので、特に予定を入れずに休養のつもりでいた。ところが、直前に日中は天気がもつ予報に変わった。ちょうどワンゲル部の新歓ハイクが行われるとのことだったので、新人の様子見と自分のアキレス腱痛のリハビリを兼ねて同行することにした。

【日程】2021年7月3日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【メンバー】ワンゲル部員4名、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】葛城登山口バス停10:23〜天狗谷道ベンチ11:03-10〜大和葛城山11:44-47〜持尾辻バイオトイレ12:45〜岩橋山13:27-37〜平石峠14:00〜磐城駅15:04

日中は天気がもちそうとの予報で、山行を思い立ったのは当日の朝だった。高天谷でも遡行しようという考えもあったが、ワンゲル部の新歓ハイクが今日行われることを思い出した。彼らは富田林駅9:50発の水越峠行きのバスに乗ると聞いていた。今から準備しても、間に合いそうである。新人の様子見と自分のアキレス腱痛のリハビリを兼ねて、同行することにした。歩調が合わなければ別行動でもよいだろう。

Img_2743

富田林駅9:50発の水越峠行きのバスに乗ると、ワンゲル部員たちがすでに着席していた。天気がパッとしないので、乗客は多くはなかった。葛城山は天狗谷道から登るので、葛城山登山口バス停で下車した。

Img_2745

湿度が高い中を歩く。沢沿いの道から尾根への取り付きになるのだが、いつもながらの急登で、心拍数が上がり、汗が噴き出す。新人たちもキツそうだ。

Img_2746

予想はしていたが、上部はガスが濃い。

Img_2747

葛城山には、全員が特に問題なく登頂できた。

Img_2751

展望がないので、どう進むべきか悩むところだが、当初の予定通りに、ダイトレを縦走して岩橋山まで行くことになった。

Img_2752

岩橋山への急登で、遅れ気味になる部員が1名いたが、全員が無事、岩橋山に到着できた。リハビリにしてはちょっと距離が長かったような。

Img_2753

平石峠から奈良側に下山することにした。

Img_2755

磐城駅までの道中、竹内街道を通る。ここ綿弓塚には、松尾芭蕉が門人・苗村千里(なえむらちり)の旧里である竹内に宿泊した時に詠んだ句を記念し、1809年に建てられた句碑がある。句碑の建つ庭と近くの民家を整備して休憩所とし、芭蕉の資料や司馬遼太郎氏の色紙などが置かれている。

Img_2754

竹内街道(たけのうちかいどう)は、大阪府堺市から東へ向かい、二上山の南麓・竹内峠を越えて、奈良県葛城市の長尾神社付近に至る約26 km の日本最古の街道である。

近鉄の磐城駅に下山し、所要4時間、総距離14kmほどのハイクとなった。緊急事態宣言が解除されて、ワンゲル部の活動は再開となったが、未だ大学から合宿は禁止されている。山岳系のクラブとしては山で泊まってこそ、技術や文化の継承がなされるものである。任意ではあるが、大学生へワクチン接種が現在進められている。1日も早く合宿の許可を得られることを願いたい。

| | Comments (2)

« June 2021 | Main | August 2021 »