« 伯耆大山遠征3:番外編で足立美術館と米子城跡見学 | Main | 野伏ヶ岳:残雪の中央ルンゼ滑走 »

April 04, 2021

扇ノ山AGAIN:上山高原から革靴・ステップソール板にて軽快に!

西日本のバックカントリースキーはほぼ終了モードであるが、西日本で最も遅くまで残雪スキーを楽しめるのが扇ノ山である。昨シーズンは全国的な積雪不足で、まともに滑れなかった扇ノ山だったが(2020年3月29日の記録)、例年であれば4月下旬までは滑ることができる(2015年4月11-12日の記録)。扇ノ山は、今年の2月に鳥取側の姫路集落から往復し、パウダー滑走もしている(2021年2月6日の記録)。今回は、革靴・ステップソール板のライトな組み合わせにて、シールを貼らずに、上山高原から軽快に扇ノ山を往復してきた。

【日程】2021年4月2日(金)
【山域】中国東部
【場所】扇ノ山
【メンバー】FUkikoさん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク2
【コースタイム】上山高原9:07~小ズッコ登山口10:10-17~小ズッコ10:55~大ズッコ11:26~扇ノ山11:57-12:31~大ズッコ12:52~小ズッコ13:15~河合谷牧場1160m小ピーク13:25~小ズッコ登山口13:55~上山高原14:33

平日ではあるが、テレ仲間のFukikoさんより、「ライトな道具で扇ノ山に行ってみませんか。」とお誘いがあった。金曜日は比較的休みを取りやすいこともあり、二つ返事で行くことにした。

当日の早朝5時前に自宅を出発し、道の駅村岡ファームガーデンでFukikoさんと合流した。1週間前に行った人の話では、上山高原までの林道の除雪はされておらず、シワガラの滝駐車場より歩いたとのこと。2台の車でシワガラの滝駐車場まで上がってみると、その先の林道は除雪されていそうな感じがする。私の車は大きいため、念のためにこの駐車場にデポし、小回りが利くFukikoさんの小型車1台で林道を進むことにした。

P4020002

予想通りに上山高原までの除雪はすでに終了していて、避難小屋の前まで車で上がることができた。これで徒歩1時間分が節約されたのはラッキーだった。

P4020003

今回の装備は、今シーズン初のライトなテレマーク革靴と3ピンビンディング付きステップソール板の組み合わせ。今シーズンは革靴でゲレンデ練習をしていないのが、少々不安だが。

P4020004

林道上には残雪があったので、板を履いてのスタート。上山高原からのコースは緩斜面中心なので、シールを貼らずにステップソール板だけで登っていける。そのまますぐに滑ることもできるのが、ステップソールテレマークスキーのメリットである。

P4020005

途中、2カ所ほど雪が途切れていたため、その間では板を脱いだ。帰りにはさらに雪融けが進んでいて、3回ほど板を脱ぐことになった。

P4020008

タムシバの花が咲いていた。

P4020009

1時間ほどの林道歩きで、小ズッコ登山口に着く。

P4020010

小ズッコ登山口からは林道を離れ、沢を詰めていく感じで稜線に上がる。

P4020012

稜線に出る。小ズッコまでは少々藪がうるさかったが、昨シーズンに比べたら支障がない程度である。昨シーズンの扇ノ山は藪の迷路状態で、コース取りに難儀した。

P4020015

小ズッコ付近にあるスギの老木。

P4020016

小ズッコを超えると、いい感じの樹間のブナ林になる。

P4020017

大ズッコのピーク付近は、日当たりが良いのか、融雪が進んでいて、藪がうるさかった。大ズッコから扇ノ山手前の鞍部まで最初の滑走となるが、南面のためツリーホールが発達していた。

P4020022

扇ノ山への最後の登りになる。

P4020023

扇ノ山の山頂に到着。

P4020024

山頂のすぐ南側正面に見える氷ノ山は、だいぶ雪が減った感じだ。山頂周辺ならばまだ滑れそうな感じはするが、スキーを担ぐ距離は長くなっているだろう。

P4020025

2月に来た時は、避難小屋の2階から出入りしたが、今回は1階から出入りできた。融雪はだいぶ進んでいたが、それでも山頂付近には1mぐらいの残雪は残っている。小屋内でランチとした。

P4020026

扇ノ山の山頂からは東斜面を滑って、その後、トラバース気味に滑って大ズッコ手前の鞍部に戻った。細板革靴でも問題なく操作できる快適ザラメ雪であった。鞍部からは大ズッコまでは、シールを貼らずにそのまま登り返す。

P4020027

時間はあるので、小ズッコから西側にある河合谷牧場まで寄り道することにする。

P4020028

河合谷の1160m小ピークまで登ってみる。革靴練習には少々斜度が緩かったが、大雪原の中にいるのは実に気持ちが良かった。

P4020031

牧場沿いに歩いて稜線に戻る。

P4020033

林道への滑走は、ほぼトラバースであった。

P4020034

林道に出たら、そのまま林道上を滑っていく。

P4020036

融雪が進んでいて、林道上の滑走では3階ほど板を脱いだ。

P4020038

上山高原まで滑り込んで終了。最後まで誰にも会わず、2人だけで静かな扇ノ山を独占した1日であった。ライトな革靴と細めのステップソール板にて、シール無しで軽快にBCが楽しめるのは、テレマークスキーならでなのメリットであるだろう。

Img_2388d

シワガラの滝駐車場で咲いていたキブシ。

YouTubeにアップした記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧ください。

|

« 伯耆大山遠征3:番外編で足立美術館と米子城跡見学 | Main | 野伏ヶ岳:残雪の中央ルンゼ滑走 »

Comments

 マメゾウムシさん、お疲れ様です。京都府北部、丹後半島のヘタレマーカー、はいかいです。
 1日違いで上山高原から扇ノ山へ入山しました。実は、昨年も数日違いだったようです。小ヅッコ・大ヅッコを経て扇ノ山へのルートは、ステップソール向きですね。当方も20年ほどここを歩いていますが、最後にシールを使ったのは十数年前です。
 mishihaさんは覚えていらっしゃらないかもしれませんが、2010年4月10日に野伏ヶ岳で出会っています。やっぱりこの世界は狭いですね。それ以来、精力的な活動の様子をインターネット上で拝見しています。
 さて私は、中国山地東部を中心に細々と活動しています。マメゾウムシさんも滑られたことがある大江山連峰は、1996年1月以来、26シーズン欠かさず滑っています。地元の強みで、雪の少ない年には降雪直後を狙い、雪が多い年には他の人が滑った記録がない斜面を滑りました。
 もちろん、この一週間前にシワガラの滝から歩いた人のことも知っています。オン・オフで何度かやり取りしたことがあるので、私のことも覚えていらっしゃるのではないでしょうか。
 また、私のテレマークスキーも飛騨古川YHから始まりました。今シーズンがちょうど20シーズン目でしたが、相変わらずのヘタレです。
 いつか山で再会するかもしれませんね。その時はよろしく。

Posted by: はいかい | April 06, 2021 08:25 PM

はいかいさん、ご無沙汰しております。
野伏ヶ岳でお会いしたことは覚えております。
昨日はその野伏ヶ岳へ行っていました。
はいかいさんも飛騨古川YHスタートでしたか!
古川はしばらくご無沙汰しておりますが、太田さんをはじめ皆さんお元気ですかね。
どこかでお会いできればと思います。

Posted by: マメゾウムシ | April 08, 2021 10:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 伯耆大山遠征3:番外編で足立美術館と米子城跡見学 | Main | 野伏ヶ岳:残雪の中央ルンゼ滑走 »