« 2度目のワンゲル部山小屋の雪下ろし | Main | 近況報告 »

February 19, 2021

ワンゲル部山小屋をベースに裏山スキー

前の記事で書いたように、先週は、ワンダーフォーゲル部が奥美濃に所有する山小屋の雪下ろしに行ってきた。4日間の滞在中はずっと雪下ろしをしていたわけではなく、裏山にバックカントリーに行くぐらいの時間はあった。正確には、バックカントリーの時間も取るために4日間も滞在したのである。

E49c0eea12314ce792b29c2118b531f7

山小屋の玄関からスキーを履いて行ける裏山の最高地点は水後山である。

水後山の山頂からは、晴れていれば360°の展望が味わえる。上の動画は、360°カメラで撮影した画像をアニメーション化したものである。

E438b7a6ecbc4c318bb2561f1ca82564

正面は大日が岳への縦走路で、正面に鎌ヶ峰で、奥に大日が岳が見える。

C31a195d356e4ffbb664ed5d813f910c

西に小白山、野伏ヶ岳、薙刀山の眺め。

Ea8cb5d0b6e64fd3909eab55d7c3dbae

東側の遠くには、左から乗鞍岳と木曽御嶽山の眺め。

水後山からは複数の滑走ルートが取れるが、石徹白側に下降する場合は、下降場所に車のデポをした方がようだろう。今回は山小屋からの往復なので、途中まで往路を戻る。

555265acf7cb491382969ad0ec7b639b

新たにこんなオープンバーンも見つけた。登り返して遊べば、結構楽しめる。

Aff659fa605c4bb6ad387e092e753c61

昨シーズンはまったく積雪がなかったが、標高1200mあたりで積雪深は1m60cm弱だった。気温の上昇で積雪が沈降したのかもしれないが、平年並みぐらいだろうか。

C954221ff87b45628482e18f708c57f7

下部は針葉樹の植林が中心だが、野生動物は豊富である。ここ最近はクマの気配が濃い。クマ棚はかなり多い。

Hawk

クマタカらしい猛禽類が飛んでいた。

3003bae0660f412ebe9e0cf3eb6348f3

キツネの足跡。

4a2df85a045f45acb729cf8e89c278fb

カモシカの足跡。

P2140015

ノウサギノ足跡。新雪ではなく腐れ雪なので、爪痕までくっきり残っていた。

P2140018
これは前日につけた自分の足跡。

水後山往復の記録動画です。

|

« 2度目のワンゲル部山小屋の雪下ろし | Main | 近況報告 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2度目のワンゲル部山小屋の雪下ろし | Main | 近況報告 »