« December 2020 | Main | February 2021 »

January 26, 2021

必要緊急事態でのワンゲル部山小屋の雪下ろし

奥美濃に私が顧問をしているワンダーフォーゲル部の山小屋がある。例年ならば、ワンダーフォーゲル部の現役部員が12月末と2月に雪下ろしを行っているのだが、大学が新型コロナ感染対策のために学生の課外活動での合宿を禁止しているため、今年度は出動できない状況になっている。

Img_2135_20210126185801
(寒波前の山小屋)

年末の12月27日から30日まで、私は若いOBと一緒に、この山小屋に滞在していたのだが、その時点で屋根上にはおよそ80cmほどの積雪があった(上の写真)。

その後、年末年始と1月3連休の2回の寒波があり、一気に2mを超える雪が積もったことが想定された。新型コロナウイルス流行で緊急事態宣言が出ていたが、そんなことは言っていられない明らかな必要緊急の事態であった。当初から裏山でのBCのために入舎の予定をしていたこともあり、雪下ろしを手伝ってもいいと言ってくれるスキー仲間のKaoriさんとたっさんの2名、そして雪下ろし目的メインのOB2名と一緒に、1月16日〜17日の日程で山小屋入りした。

1338_1
(2回の寒波後の山小屋)

屋根上の積雪は、想定よりも多い2m越えで、2m近い雪庇までも張り出していた(上の写真)。たぶん今回入っていなかったら、山小屋倒壊の危機だったかもしれない。

Img_2232

2m近く張り出した雪庇のため、最初の突破に苦労する。

Img_2235

最初の突破は一人しか作業できないが、なんとか屋根上へのルートを切り開く。

Img_2238

ようやく複数人が屋根の上に乗れるようになった。

Img_2241

その後は作業が急速に進む。

Img_2240

危険な雪庇ははしごを使って落としていくが、不安定なハシゴ上からの作業は高度なテクニックが要求される。たまった積雪は、下層は重さで密度が高くなり氷に近い状態になってしまい、簡単には切り出せない。

92c59cf19269454e9e64d5e6e0e13781

7fd416f4b2a3483490133df2500aac9b

2日間の作業で、構造的に弱い庇上の雪だけをおおよそ落とすことができ、山小屋倒壊は免れた模様。2月に本格的な雪下ろしを予定しているが、それまではおそらくもってくれるだろう。

P1170004  

さすがにゲストのKaoriさんとたっさんを雪下ろしで2日間丸々拘束するのは申し訳なかったので、日曜日の午前は、私のプライベートゲレンデでもある裏山のBCルートをご案内した。

P1170008

残念ながら前日の気温上昇と雨で、表面がクラストし、見事なモナカ雪であった。降雪直後ならば最高のパウダーが味わえるところなのだが。午後からはまた雪下ろしに戻る。

9e72d0cc05ad400c971bc8347fe97377

2日間の作業を終えて、スキーを履いての山小屋から退去。

隣接するウイングヒルズ白鳥スキー場は、従業員に新型コロナ感染者が複数出たため、急遽、1月16日(土)から臨時休業となっていたが、1月23日(土)から営業を再開している。

今回、OB等が雪下ろしに急遽出動したのは、現役部員が大学からの合宿禁止要請のため出動できないからだが、ワンダーフォーゲル部の山小屋のために重症化リスクのある年配のOBが出動しないといけない状況はおかしな気がする。必要緊急の事態であるのだから、感染対策をしっかりしたうえで、現役部員が出動できるような体制を作れないものか、大学と交渉していく必要があるだろう。

| | Comments (0)

氷ノ山 仙谷

正月ボケですっかり忘れていた重要業務を行うため、1月の3連休はまるまる休めず、最終日のみバックカントリーへ。行き先は、昨年は雪不足で行けなかった氷ノ山。正月の蒲原山に引き続き、今回も寒波のおかげで、上等のパウダー滑走を楽しめました。

【日程】2021年1月11日(月)
【山域】中国東部
【場所】氷ノ山
【メンバー】どうちゃん、ばるちゃん、マメゾウムシ
【天候】曇り
【装備】テレマーク3
【コースタイム】わかさ氷ノ山スキー場リフトトップ8:50~三ノ丸9:57~二ノ丸手前小ピーク10:21-40~東面滑走~1320m10:44-11:01~氷ノ山12:01-18~東面滑走~1290m12:29-44~氷ノ山13:42-55~仙谷滑走~リフト乗り場14:41

正月は白い粉に酔いしびれ、すっかり忘れていた重要業務。1月の3連休は、その業務を行うことを最優先にしたため、まるまる休めなかった。連休2日間の作業を終えたところで、なんとか締切日に間に合わせる目処ができた。そうなったら、連休の最終日はもちろんバックカントリーに使う。日帰りで行くとなると、近場しかない。昨年は雪不足のため滑りに行けなかった氷ノ山だ。

氷ノ山を鳥取側のわかさ氷ノ山スキー場からアプローチするには、大阪の堺からは片道3時間半はみないといけない。スキー場のリフト運行開始は8時であることを考えると、4時には自宅を出たい。歳を取ったせいか、最近は早朝出発はさほど苦にならない。3時に起床し、予定通りに4時に出発した。

途中で朝食を食べたり、何度かトイレに寄ったりしたが、7時40分にわかさ氷ノ山スキー場に到着。車は無料の第3駐車場に駐車した。リフト乗り場の前で、前夜からスキー場入りしていたテレ仲間のどうちゃん・ばるちゃんと合流。リフト乗場前にあるパトロールの詰所にて、入山届を記入する。

P1110003

1回券(300円)2枚を購入したら、リフト2本を乗り継いで、ゲレンデトップに上がる。ここでシールをスキーに装着する.他にもスキーヤーや登山者が何人か上がってきた。

P1110004

出だしから樹林の尾根の急登を登る。トレースはまだついておらず、我々が先頭でラッセルだ。どうちゃんが先頭でガンガン登っていく。

P1110005

昨シーズンは雪不足だった氷ノ山だったが、今シーズンは雪庇ができるぐらいの積雪があり、本来は見られる風景に安堵する。

P1110006

樹林帯を抜けて稜線に出ると、斜度が緩くなる。いつもは風が強い場所だが、今日はほとんど風がない。ただし寒波の影響がまだ残っており、気温は低い。

P1110008

三の丸避難小屋を通過する。ガスが出ていて、視界が悪い。

Img_6513

ガスが抜けると、東面によい斜面が見えた。これは滑るしかない。二ノ丸手前の小ピークから東面に、まずは最初の滑走を行った。気温が低いため、前日の降雪が極上のパウダーとして維持されていた。1週間前の蒲原山よりも軽い激パウだった。

上の動画は、最近購入した360°カメラを使って、滑走時に撮影した動画です。360°動画の編集には試行錯誤していますが、編集次第で面白い動画になりそうです。これから撮影・編集ともに腕を磨いていきます。

P1110011

谷地形になった標高1320mまで滑走し、登り返すことに。

P1110012

登り返しは臑ぐらいのラッセルとなり、深いところもあった。

P1110016

二ノ丸の東面をトラバース気味に登って稜線に戻る。

P1110017

樹氷が美しい。

Img_6538

稜線に戻ったら、一登りで氷ノ山の山頂だった。避難小屋の前で記念撮影。

P1110022

山頂から東尾根を滑走するが、斜度が緩いため、途中から南側の谷方向へ滑る。谷が深くなる手前の標高1290mまで滑って、そこから山頂へ登り返す。

P1110024

谷は雪が吹きだまっていたため、出だしは深いラッセルだった。

Img_6557

自分たちのシュプールをたどる。

P1110029

山頂に戻ると、再びガスってしまった。

P1110031

シールを外して、最後の滑走は仙谷へ。山頂からそのままドロップできる。

Img_6560

仙谷の出だしは広い。ここも雪がよく、スプレーが顔にかかる。

P1110032

次第に谷が狭まってくる。そのまま滑っていくと、大蔵谷と合流する。この合流地点は沢割れがあり、要注意な場所だった。

P1110033

そのまま左岸を滑っていくと、わかさ氷ノ山スキー場のゲレンデに出た。このゲレンデは入山時のゲレンデとは異なる。入山時のリフト乗場に戻るには、高度をあまり落とさずにゲレンデをトラバース気味に滑っていく必要がある。テレマークならば問題はない。パトロールに下山届を出して、解散となった。15時前に下山でき、雪もよく、お手軽ながら充実したBCだった。関西の雪も捨てたものではないと思う。今シーズンはあと何回よい雪が滑れるだろうか。この直後に大阪府では緊急事態宣言が発令されてしまうのだが...

| | Comments (0)

January 24, 2021

蒲原山 湯原ルート

2021年の初バックカントリーは、信州テレマークスキー組合とのコラボにて、蒲原山の東面へ行ってきました。年末年始の寒波のおかげで、深雪激パウ滑走での新年スタートとなりました。

【日程】2021年1月3日(日)
【山域】北ア・後立山
【場所】蒲原山
【メンバー】信テレ関係者5名、むねちさん、Kaoriさん、マメゾウムシ
【装備】テレマーク6、ATスキー2
【天候】雪
【コースタイム】国道148号駐車地点7:35~除雪終了地点7:45-50~790m台地9:49~1000m滑走開始地点11:04-28~790m台地11:42-55~1000m地点12:27-44~除雪終了地点13:08~国道148号駐車地点13:19

蒲原山は昨年の正月に木地屋から北面を登って滑ったが(2020年1月の記録)、今回は湯原からの東面を登る。湯原からは2012年の年末に行ったことがあるが、その時は雨のため標高1000mの手前で撤退した。今シーズンは年末年始の寒波によって、白馬ではずっと降雪が続いていたが、この日も朝から雪だった。道の駅小谷にて7時に信テレメンバーと合流し、取り付き場所の湯原バス停へ移動した。

P1030002

湯原バス停より総勢8名にて登り出す。

P1030005

除雪は湯原の集落までされていたが、そこからは、早速、膝上の深雪ラッセルとなった。

P1030007

途中にスリット型堰堤があり、そこから右方向へ登った。

P1030010

深雪ラッセルを切り開く先頭はさすがにきついが、疲れたら交代すればよい。総勢8名で先頭を交代していけば、時間はかかるが、トータルの労力的にはそれほど大変でもない。

P1030015

標高1000m地点まで登ったら、シールを外して滑走の準備に。今日は最初から山頂は目指さない。

P1030017

さて、行きます!

8d66d248861d459792d56b52b7f8e5b7

深雪の腰パウダーで、顔面にスプレーがかかる激パウだ。私の滑走写真です。

P1030018

標高790m付近の台地まで滑走したら、シールをつけて登り返す。

P1030020

高速道路ができているので、登り返しは速い。

5e9836ab6b7d4729a29feb864603c464

再び標高1000m地点に着いて、シールを外そうと、板を外して、うかつに足を置いたら、深雪のため埋まった。なんとか脱出したが、深雪では、足の置き場には気をつけないといけない。

P1030023

さて、2本目の滑走へ。2本目は斜面を変えて滑る。滑走シーンは動画をご覧ください。

5ab3017eff684d70b8392d4955667d5c

そのまま除雪終了地点まで滑りこんだ。後は、板を外して、歩いて下山。

P1030024

深雪パウダー滑走にて。幸先のよいスタートとなった2021年となったが、問題は新型コロナウイルスの流行である。はたして思うように滑りに行けるだろうかと不安がよぎるのだった。

YouTubeにアップした記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧ください。

こちらは信テレのKさんが撮影・編集したものです。うまく撮れていますね。

| | Comments (0)

年末年始は白馬にてゲレンデパウダー!

年明けからいろいろと多忙だったため、3週間以上ぶりのブログ更新となってしまいました。遅ればせながら、これまでの記録をアップしていきます。

新年の挨拶に書きましたように、年末は奥美濃にあるワンダーフォーゲル部の山小屋で過ごし、30日夕から31日にかけて白馬へ移動し、白馬にていつものメンバーと新年を迎えました。

年末年始は寒波到来にて、白馬は大雪でしたが、白馬では以前はよくあった景色でした。今年は久しぶりに冬らしい感じがします。悪天で山には入れませんでしたが、ゲレンデでパウダーを充分に堪能できました。今後もこんな本来の冬が続いてほしいところです。

白馬コルチナでの初滑りシーンを編集した動画です。

| | Comments (0)

January 01, 2021

謹賀新年2021 & 年末年始速報

Newyear

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

134533849_401857381029818_11738511777235

新年は例年通りに白馬にて毎年恒例の友人たちと迎えました。
白馬は昨日から大雪ですが、最近はなかった本来の冬の光景のように思います。
いつまでもスキーを楽しめるように願いたいです。

Img_2135

年末はワンダーフォーゲル部の山小屋にて過ごしておりました。

Pc300013

裏山の偵察にも行きましたが、充分に滑ることのできる積雪があります。このような状況が今後も続くことを願いたいです。

裏山滑走の動画です。この時点でなんとか滑れるぐらいの積雪量でしたが、この後の年末年始と1月3連休の2度の寒波で、2m以上の積雪量となっています。

| | Comments (0)

« December 2020 | Main | February 2021 »