« ワンダーフォーゲル部飯豊事故50回忌 | Main | 鳩塩の滝(はつしおのたき) »

August 09, 2020

奥美濃でテンカラ釣り

せっかく飯豊まで行ったので、しばらく周辺で沢登りや釣りでもと思ったが、天気予報的に1日は雨で停滞となりそうだった。梅雨明け直後で沢の水量も多い。車中泊は暑いし、堺ナンバーで東北をウロウロするのも何なので、思い切って南下することにした。下道400km走って、ワンゲル部の山小屋のある奥美濃へ移動。アキレス腱炎がまだ完治していないこともあり、ホームで平日ソロのテンカラ釣りをのんびり3日間楽しむことにした。

1日目は、近くの某谷の調査へ。沢の横を林道が走っているので期待はしていなかったが、時々魚影はあるものの、魚は釣れず。木の枝葉が川面を覆っている所が多く、テンカラも振りにくい。ここは早々と切り上げて、キャッチ&リリース区間へ移動した。キャッチ&リリース区間は餌釣りは禁止で、ルアー、フライ、テンカラ専用区であるが、カエシのある針の使用は禁止となっている。

P8030017

最初の1匹目はイワナだった。その後、もう1匹、イワナを釣る。キャッチ&リリース区間の魚はスレていると思われるが、そこそこは釣れる。なお、石徹白川流域での釣りには遊漁証が必要で、1日券は1000円、年券は5000円である。

P8030019_20200809122401

アマゴも釣れた。スタートは遅かったが、いい時間になったところで切り上げた。

Img_1819d

小屋に戻って、早速の一杯。赤魚の醤油漬けはなかなか美味だった。

Img_1822d

メインディッシュはステーキで、早めの就寝となった。

P8040020

2日目は、某谷の源流部へ。

P8040021

最初の1匹目。

P8040026

尺超えも出た。

P8040033

こちらも尺越え。いい釣果で終えることができた。

P8040040

帰りにカケスが岩の上で寝ていて、近づいても気がつかない。

P8040041

声をかけたら起きて睨まれた。去年もこの近くで人を恐れない似たようなカケスに会ったが、同じ個体か?

Img_1824

今宵も1人宴。

Img_1827

山小屋の雨戸にホタルがとまっていた。

Img_1829

山小屋で初めてホタルを確認したが、ヘイケボタルだった。標高の高い所は平地より発生時期が遅れるが、近くの沢で繁殖しているのだろうか? 来シーズンはホタル調査を行ってみよう。

|

« ワンダーフォーゲル部飯豊事故50回忌 | Main | 鳩塩の滝(はつしおのたき) »

Comments

コロナの最中でも精力的に活動していますね。
釣りの調子も絶好調のようで。
カケスって初めて見ました。岩場で寝ているなんて、のんきだなぁ。
私も、気兼ねなくのんびり山で過ごしたいです。

Posted by: cima | August 09, 2020 03:25 PM

CIMAさん、お元気ですか?
山は基本的に感染リスクは少ないと思います。
ソロならば、まあ問題はないです。

Posted by: マメゾウムシ | August 10, 2020 03:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンダーフォーゲル部飯豊事故50回忌 | Main | 鳩塩の滝(はつしおのたき) »