« 北アルプス 折立から真川ゴルジュの偵察 | Main | 奥美濃 石徹白川 推高谷:和田山牧場跡への林道を探して藪漕ぎ! »

August 31, 2020

3年ぶりの赤木沢は中俣乗越へ

折立・黒部方面遠征の1日目は真川ゴルジュの偵察だったが、2日目は薬師沢小屋へ移動した。今回の目的は赤木沢の遡行。私にとっては3年ぶり3度目の赤木沢となる(2017年7月の記録)。最終日は美しく明るい赤木沢に癒やされた遡行となった。

【日程】2020年8月23日(日)〜24日(月)
【山域】北ア立山
【渓谷名】黒部川 薬師沢中俣・赤木沢
【メンバー】どうちゃん、ばるちゃん、mizoken、マメゾウムシ
【天候】8/23 晴れのち雨、8/24 晴れのち雨のち曇り
【コー スタイム】
8/23 折立7:05〜太郎平小屋10:26-49〜第二徒渉点11:36-12:04(薬師沢中俣下降)〜第三徒渉点13:31〜薬師沢小屋14:09
8/24 薬師沢小屋5:49〜赤木沢出合7:23〜大滝下9:41〜中俣乗越10:57-11:17〜北ノ俣岳12:23-32〜太郎平小屋13:42-57〜折立16:35

2eae0b46f07148138b40f579d4da1a0c

2日目の出発前に起こったのが、クマによる車上荒し騒動だった。薬師沢小屋で1泊している間に、今度は自分の車がやられないかが心配だ。窓を完全に閉めて、しっかりドアの施錠を確認してから折立を出発した。

1b981c5734794dd3aa6124ede2d48688

太郎平小屋への登山道を登る。途中で剱岳が姿を現した。

550a2ae745cd4f6f983064be71201364

折立からおよそ3時間半で太郎平小屋に到着。

20e760af13ed436a9de5c2b893a10bbb

第二徒渉点より薬師沢中俣を下降することにした。

756fe82ebb4d4325820e6a1e3927461d

下降しながらテンカラ竿を出すと、イワナが釣れた。

C089877e56d04a94ba6f9ec1aa3b0331

薬師沢右俣との二俣に近づくと、急に空が暗くなり、雷が鳴り出した。薬師沢左俣に入り、第三徒渉点より登山道にエスケープした。幸いなことに雨はそれほど強くは降らず、さほど濡れることなく薬師沢小屋に着いた。

Ace807e01fd349599f5f635d4c0f0bda

翌朝は6時前に薬師沢小屋を出発した。黒部川奥ノ廊下を進む。途中、テンカラ竿を出してみたが、イワナの反応はまったくというほどなかった。

0731b2714abd45ef98cdfe8888ca721f

黒部川本流の滝は巻かずに左から越えた。ちょっとイヤらしい。

Img_4923

赤木沢出合に到着。黒部川本流には本流最後の滝がある。ここまで薬師沢小屋からのんびり歩いて1時間半ほど。

1afef6ce6cfe4976b1b3b3d06672462d

赤木沢出合の深い淵を右からヘツって越える。

4f037a63dbb44163961115f0177514ef

早速、赤木沢はナメが迎えてくれた。

787babf668464e71a86d0d079fc3a62c

大きな釜をもった美しい滝も早速現れる。

Img_4962

果敢に泳いで滝を攻める若者!

95837bc6be4d414e9498f94621674df1

ナメと滝の競演!

 Img_4972

ナメ歩き。

0d671e522bd34cc0b9c01c363848fecd

美しい!

Img_5028

次々と滝を越える。

Ce05d72cad404f6fb8e61023821060c3

大滝が近い!

Ebc41355ef5f4cf2920222adfd7b776c

大滝が現れたが、水量はだいぶ少ない!

3b20926749744b1a92c2909f98b85ccf

大滝手前の左岸の尾根状地形から高巻く。高巻き途中からの大滝。

Fc788608f938489db4f4f822f5bfdb7c

前回は大滝上からすぐに右俣に入ったが、今回は本流沿いに中俣乗越を目指す。

C19e5a21213b440bb721c6a942147b42

美しい風景はまだ続く。

B7daa34b6a764c1c85bc2738c5c7f595

ウサギギク。

Img_5064

水流がなくなった所からの、稜線の眺め。

83ea38d17bfb49c0bb8c6eefbee6dbfe

高山蝶のベニヒカゲ。

6920901203a6456ebd394361baa01270

ミヤマリンドウ。

F330a087a3fc41f78b354f732bcbf3fd

最後の詰めは藪漕ぎもなく。

97b0d3dabc19454a8d7e101090c47e62

比較的楽に中俣乗越に出た。ここで沢装備を解除する。ここからの下山が長くキツい。

D382da8fc34d44e0a9d5bad0be447763

まずは北ノ俣岳のピークを踏む。大滝下から北ノ俣岳までの所要時間は2時間42分だった。前回は大滝上ですぐに右俣に入って、2時間49分だった。当時の方が体力もあったはずなので、稜線に出るのが楽な中俣乗越経由の方が時間的にも速いようだ。稜線に出てから急に雲が出てきて、北ノ俣岳から雨が降り出した。

Ae2c6f60fb1347e08f7e436ac66b20d2

薬師岳の眺め。

Img_5079

太郎平小屋に着くと雨は止んだが、折立への下山で雨がまた強く降り出した。川のようになった登山道の下山だったが、折立に着いた頃には雨は止んでいた。折立に一晩泊めた車は異常なしで、実に安堵した。しばらく折立でのクマ被害は続きそうな気がする。下山の天気は悪かったが、赤木沢は裏切らなかった!

|

« 北アルプス 折立から真川ゴルジュの偵察 | Main | 奥美濃 石徹白川 推高谷:和田山牧場跡への林道を探して藪漕ぎ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北アルプス 折立から真川ゴルジュの偵察 | Main | 奥美濃 石徹白川 推高谷:和田山牧場跡への林道を探して藪漕ぎ! »