« 金剛山 高天谷左俣:4月のシャワー撤退のリベンジ | Main | 岩湧山 中ノ谷右俣 »

July 09, 2020

妙見谷から金剛山、そして紀見峠へ

今年は梅雨らしい長雨が続き、なかなか沢に行く機会が得られない。普段のトレーニングも少々不足気味。そんな中で日曜日は日中は天気がもちそうだということで、トレーニングがてら金剛山へ行くことにした。普通に登山道を登るのは面白くないので、2年ぶりに妙見谷を登ってみた。妙見谷では2018年8月に崩壊地で滑落死亡事故があり、妙見谷林道ゲートには入山禁止の看板が、崩壊箇所には立入禁止のロープが張られていた。

【日程】2020年7月5日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 妙見谷
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】雨のち曇り
【コー スタイム】金剛山登山口バス停8:18〜妙見滝下8:47〜山頂広場10:09〜金剛山10:23〜千早峠11:49〜行者杉12:22〜杉尾峠12:42〜山ノ神13:43〜紀見峠駅14:25

42109026a4694c53a3e37e0abb5fd5b7

妙見谷を最後に遡行したのは2018年7月のことなので、2年ぶりの遡行であった。今回驚いたことは、妙見谷林道のゲートにあった入山禁止の看板であった。当初は新型コロナウイルス騒動で入山禁止かと思ったが、実は、2年前の遡行の翌月に、妙見谷上部の崩壊箇所にて滑落死亡事故があり、その後にそのような事故防止のために設置されたようだ。

3bb3c954a8b640daab0710f80730df51

梅雨時だけあり、林道には草が生い茂っていた。

8ca7a5fe49494cb48ed9baf1ee633aa2

途中、タマゴタケが出ているのを見つける。

80c7da3ef09d4b6cb79c493e453b9978

林道から山道になり、左下には妙見谷の連瀑が見える。今回は沢装備ではないので、ここは省略。

Da9ce80390f54f4c98e612a03868ff95

妙見滝の手前に倒木あり。

5732f02f20cd4770bded72ba7d167bb5

妙見滝10m。ここから沢に入るが、この滝は沢装備ならば直登もできそうだが、フィックスロープがある右から巻くのが無難。水量は梅雨時だけあり多め。

527e6d7b9dda4188b11cf77aab132029

落口からの妙見滝。

Dd24164b68254ed09482bd0f2c60fa68

中間部の2m、4m、4mの連瀑。上の2段は左から巻く。雨がパラつくが雨具を着るほどではない。

82381c61c9a54d3db71e35e02a6ca257

次々に現れる小滝を超えていく。どれも直登は容易。今回はトレランシューズだが、水量が普段より多いといっても、小さな沢なのでそんなに足下は濡れない。

1645ff5f1d2240fdbfe6a230b4619434

ヤマアジサイ。

0785c8377e904696ae2b46b57f653142

やがて上が開けた崩壊箇所が現れる。以前から左の千早本道側から崩壊はしていた箇所だが、2017年10月の台風21号の被害で崩壊の規模が拡大したもよう。

713308e60e6b40ecb0a7a3a698249bed

千早本道側から崩壊している箇所には立入禁止のロープが張られていた。2018年8月の滑落死亡事故はここで起こったようだ。

21c19301791d481e9e8dee927af3d63f

流れに忠実に行くのが正しいルートで、右上の暗い樹林の中に入る。

013ba4d49fcb428dbee633ef328a4462

そのまま沢を詰めていくと、水流がなくなり、ガレから山道に変わる。

555977367ffd4b278d296c939c7fab80

そのまま進むと、山頂広場に出る。

B172ec980b9241a0adbb9f9ac127e3ee

山頂広場の気温は18℃でガス。雨は止んでいた。

Img_1793

金剛山の山頂を経てから、ダイトレの縦走に入る。天気は回復に向かっていたので、紀見峠まで歩くことにした。

B0f9618261eb43988bb8790ec88cfd01

途中にまだ咲いているササユリがあった。

910a3405943e42f4b34f27c68c817054

千早峠、行者杉、杉尾峠を越えて、山ノ神を通過。

Img_1794

紀見峠駅に下山して、早速、駅前の酒屋でビールを購入して喉を潤す。下山後の一杯は格別ですね!

梅雨明けしたらすぐに本格的な沢に行けるように、雨の隙をついてのトレーニングは重要です。登り累積標高差1000m、総距離17km、所要6時間ほどの山行でした。

|

« 金剛山 高天谷左俣:4月のシャワー撤退のリベンジ | Main | 岩湧山 中ノ谷右俣 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 金剛山 高天谷左俣:4月のシャワー撤退のリベンジ | Main | 岩湧山 中ノ谷右俣 »