« スキー再開にて、2019-2020シーズン納板は立山詣で | Main | 妙見谷から金剛山、そして紀見峠へ »

June 28, 2020

金剛山 高天谷左俣:4月のシャワー撤退のリベンジ

6月最後の週末はパッとしない天気予報だったが、土曜日の日中は雨が降らないということで、ワンゲル部OBのHくんと近場の高天谷を遡行してきた。高天谷は4月のあたまに沢始めした沢だが、その時(2020年4月の記録)は5mトイ状滝のシャワーを低温と水圧に耐えられずに撤退し巻いてしまった。今回は気温的にむしろシャワーを浴びるぐらいがちょうどよく、難なくクリアーできた。

【日程】2020年6月27日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷右俣
【メンバー】Hくん、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】高天彦神社駐車場10:19~高天滝下10:27~10m大滝下10:40~二俣11:45~郵便道(920m地点)12:54-13:09~高天彦神社駐車場13:51

高天彦神社の駐車場は、登山者に咥えて、神社への観光客も結構来ることもあり、満車に近い状態であった。沢装備を装着して、入渓地店の高天滝まで登山道を進む。

P6270002

ミミズを咥えたトノサマガエル。

P6270003

ヤマホタルブクロ。

P6270004

高天滝の前には不動明王の石像と手書きの説明。この手書きの説明は前からあったっけ?

P6270005

正面に高天滝6m。

P6270006

高天滝は何度か直登したことはあるが、左岸にハシゴが取り付けられているので、無理せずそれを利用して巻く。

P6270010

すぐに3m滝と背後の堰堤が目に入る。

P6270011

右岸から堰堤までまとめて巻く。

P6270012

沢が開けて、奥にかって10mの高さがあった大滝。今は沢床が土砂で埋まって8mぐらいの高さ。

P6270014

左岸から大きく巻く。

P6270015

ヤマアジサイ。

P6270016

以前は激しい倒木帯だったところ。両岸が崩れている。

P6270017

倒木帯を抜けて樹林の中に入ると、連瀑帯が始まる。

P6270019

小滝を超えて。

P6270020

左岸からの流れがあるのに初めて気づく。梅雨時だけに現れる流れか?

P6270021

5m滝は直登。ちょっとイヤらしい!

P6270026

前回に低温と水量の多さで撤退したシャワーを浴びる5mトイ条滝。

P6270027

シャワーを浴びながらも難なくクリア! この気温ならば、シャワーを浴びるぐらいがちょうどよい!

P6270031

二俣は詰めが楽な左俣へ進み。すぐに大滝。

P6270032

難しくはないが高さがあるので、念のためロープを2ピッチ出す。

P6270034

最後の3m滝を登ると、

P6270035

植林の中の緩い流れとなる。そのまま詰めていくと、左前方に登山道が現れて終了。

P6270036

郵便道を下山。

高天谷は滝も多く、梅雨の合間を狙ってサクッと行くのによい裏山の沢です。

|

« スキー再開にて、2019-2020シーズン納板は立山詣で | Main | 妙見谷から金剛山、そして紀見峠へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スキー再開にて、2019-2020シーズン納板は立山詣で | Main | 妙見谷から金剛山、そして紀見峠へ »