« April 2020 | Main | June 2020 »

May 05, 2020

3週連続で裏山散策

昨年のGWは北海道の利尻山から北海道・東北を南下しながらのバックカントリー三昧だったが、今年のGWは緊急事態宣言下で行動自粛中ということで、せいぜい地元裏山の散策ぐらいしかアウトドア活動ができない。連休初日の5月2日は、コロナウイルス感染防止をして、3週連続の地元裏山の散策へ行ってきた。

まずは出会った花たち。

P5020001_20200505110501

サツマイナモリ

P5020008_20200505110501

クサイチゴ(左)とチゴユリ(右)

P5020011_20200505110601

タチツボスミレ

P5020012

ナガバモミジイチゴ

P5020018

ヤマルリソウ

P5020020

ヤマブキ

P5020021

コバノミツバツツジ

P5020022

ミヤマシキミ

P5020023

ショウジョウバカマ

コバノミツバツツジとショウジョウバカマは標高の低いところではすでに咲き終わっているが、標高800mぐらいでちょうど咲きごろである。同様にコシアブラやタラなどの山菜も標高の高いところに移ってきた。

P5020015

コシアブラ

P5020017

タラ

P5020031

ゼンマイ

新たな山菜も出ていた。

P5020024

ウド

P5020029

沢筋にはウルイ(オオバギボウシ)

地元裏山と言っても毎回同じところを歩いているわけではなく、人の多いメジャーピークやメジャールートを避けながら、場所を変えて楽しんでいる。地図を見ながら、適当に林道やトレイルなどを繋いで、おおよそ累積標高差1000m以上、総距離15〜20kmぐらいのルートとなるようにしている。

里に下りて、民家近くには、

P5020034

外来種のツルニチニチソウ

P5020035

フジ

累積標高差1100m、20km近い散歩であった。

Img_1739d

本日の収穫。これ以上の標高は裏山にはないので、タラやコシアブラは今週でおそらく終わりであろう。

P5020001-1

今週も美味しくいただいた。

| | Comments (0)

« April 2020 | Main | June 2020 »