« 金剛山から西ノ行者を経て天見へ:2020年初のハイク | Main | 視界不良の白馬乗鞍岳滑走 »

March 11, 2020

栂池ちびスペ同窓会

先週末は娘そしてテレ弟子2名と栂池高原スキー場へ行ってきました。娘と最後に一緒に滑ったは娘が小6の時なので、なんと7年ぶりでした。現在、大学1年生の娘は、小学生の時は栂池スキー学校で開講されていたちびっこスペシャルスキーチーム(ちびスペ)に参加していました。ちびスペとは、同じインスラクターがポール練習を中心に子どもを1シーズンしっかり指導してくれるというレッスンプログラムのことです。当時は、娘をちびスペに預けている間に、テレのコソ練をしたり、栂池上部にプチBCに行ったりもしていました。また、子どもたちと一緒にポールを滑ったりもして、自分のテレマークスキーの技術向上にも役立った時間でした。そのちびスペも少子化とスキー人口減少の流れには逆らえず、今シーズン限りで終了とのこと。その同窓会が栂池の雪の祭典に合わせて「ちびっ子スペシャル感謝Day」として開催される予定だったのですが、残念ながらコロナウイルス対策のために中止となってしまいました。それにもかかわらず、非公式ながら、かっての参加者と父母が集まりました。

Img_1591

娘は6年ぶりのスキーとのことで、道具を新調しました。右が娘のアルペン板で、左は私のテレ板です。

Img_1593

白樺ゲレンデに集合。娘は6年ぶりの割には、結構滑れるではありませんか! ローテーション滑りになってますが、身体が覚えているんですね。

Img_1594

栂の森ゲレンデでポールを滑る。

Img_1599d

天気もよく、雄山もくっきり! 小蓮華岳の大斜面には点発生雪崩と思われる雪崩跡が5本ぐらいありました。

Img_1606

記念撮影! このあと、馬の背ゲレンデのコブをみんなで滑ったりと懐かしい時間を過ごしました。

Img_1602

今宵の宿は久しぶりのひらたさん。いつもながらここの食事は美味しい。

Img_1603

夕食後は、居酒屋クローシュにて、ちびスペ同窓会の夜の部。お腹は一杯でしたが、しっかり飲みました! ちびスペはなくなっても、1シーズンに1回ぐらいは集まろうという話しになりました。また来年にお会いしましょう!

|

« 金剛山から西ノ行者を経て天見へ:2020年初のハイク | Main | 視界不良の白馬乗鞍岳滑走 »

Comments

  高です。
 栂池、いいですね! クローシュは昔ですが何度か行ったことが有りますヨ。( 常宿の1軒が直ぐ上だったので。)
 船越の頭,小蓮華山の写真を見ると雪が少なくて山ひだがそのまま出ているみたいですね。
 自然園入り口からの大雪崩跡は例年 ( 最近はいつの事を言うか定かでないですが・・ ) なら、林道滑りより楽しく ハンノキコース ( 遊休?中のシングルリフト降り場裏 ) に出られますが、今年は凸凹みたいで、雪が少ないから最後に沢を渡るのが無理でしょうね。
 新型コロナウィルスや諸々有って、高は年始の 神楽スキー場以来滑れていません。
 ブログ楽しみにしています。

Posted by: 高です | March 11, 2020 04:12 PM

高さん、コメント有り難うございます。
大雪崩跡は以前に参加していた山岳スキーレースのコースにもなっていたので知っています。
数十年に1回ぐらい大きな雪崩があるみたいですね。
今シーズンは標高の高い所はGWぐらいまではいけそうですが、下部の雪の無くなりが早いのでアクセスが苦労しそうですね。

Posted by: マメゾウムシ | March 12, 2020 12:24 PM

  高です
 大雪崩ですが、高が 30歳前の頃だったと思います。
 3月初め?に自然園入り口まで行き、木の幹が切断されているのを見て「ここまで雪崩が来るんだ?!」と思った時の景色を今も覚えています。もう 40数年前になりますね。その頃は 4月になるまで 自然園の奥には入るなと言われてましたよ。

Posted by:   高です | March 13, 2020 06:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 金剛山から西ノ行者を経て天見へ:2020年初のハイク | Main | 視界不良の白馬乗鞍岳滑走 »