« おじろスキー場にてテレマーカーの秘密集会 | Main | 上越BC遠征2:爆風で敗退の巻機山 »

February 29, 2020

上越BC遠征1:守門大岳で重雪滑走

2月の3連休は、厳冬期としては10年ぶりの上越へバックカントリー遠征へ行ってきました。守門岳、巻機山、平標山の3座にトライし、巻機山だのみ悪天で登頂できずでしたが、他の2座は山頂から滑走できました。雪質には恵まれませんでしたが、久しぶりに上越の山を楽しんだ3日間でした。まずは1日目の守門大岳の記録です。

【日程】2020年2月22日(土)
【山域】越後
【場所】守門岳
【メンバー】雪豹、ktn92、マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れのち小雨
【装備】テレマーク2,ATスキー1
【コースタイム】冬季除雪終了地点7:35〜保久礼小屋9:13〜キビタキ避難小屋10:00〜守門大岳10:57-11:19〜母川1170m地点11:38-46〜尾根1280m地点12:02-11〜保久礼小屋12:26-33〜冬季除雪終了地点13:19

大阪から上越までは600kmほどあるのだが、それを1人で運転していくのはきつい。途中に休憩箇所があって、運転も代わってもらえればだいぶ楽になる。今回は前日の夕方に愛知まで自走し、ktn92さんの車に乗り換えて安曇野へ移動。安曇野の雪豹さん宅で前泊させてもらい、翌日早朝に雪豹さん宅を出発し、守門岳の登山口へ移動した。愛知から上越往復を運転したktn92さんにはたいへん感謝である。おかげで、2泊3日の割には、精神的にも肉体的にもだいぶ楽な移動となった。

P2220003

守門岳への車道は除雪終了地点に車を駐めた。ここには5台ほど駐められるスペースが除雪されていた。まずは長い林道歩きから始まる。

P2220005

途中、3箇所ほど水が流れていて、雪が途切れる所がある。シールを濡らさないためにスキーを外して渡る。

P2220006

沢から離れて、尾根に取り付く。

P2220007

急登を登り切って尾根上に出ると、保久礼小屋がある。

P2220008

尾根上を登っていく。

P2220010

パウダーならば滑るのに良さそうな斜面だが、残念ながら気温が高くて湿雪である。

P2220012

登るにつれて、木がまばらになっていく。

P2220015

やがて木のない斜面となり、山頂も近づいてくる。

P2220016

守門大岳の山頂に着くと、見たことのある顔が! なんとRSSAのYさんでした。背後には守門名物の大きな雪庇が張り出している。

P2220017

南には守門の本峰。

1c9a3e533e529079519d5abb80423292

まずは母川へドロップ。

04c22ee61b544a7e198e19c3dad7b006

重雪とクラストのミックスで疲れる。

Cad1a4c687c354f37757251e7071b859

パウダーでなくても、滑れるならば文句は言わない!

P2220018

滑った斜面。

P2220020

標高1170mまで滑ったら、尾根へ登り返す。積雪が充分で沢が埋まっていれば、そのまま沢を滑って行けるのだが。

P2220021

尾根へ登り返したら、往路を戻る。

Vlcsnap2020022613h12m43s297

最初はオープンバーンの滑走。

Vlcsnap2020022613h12m57s801

樹林帯の滑走となる。

Vlcsnap2020022613h15m04s903

キビタキ避難小屋を通過。

Vlcsnap2020022613h17m03s463

尾根を外れて林道への滑走。雪が重さを増して疲れる滑りとなる。

Vlcsnap2020022613h19m41s022

林道に出る。

Vlcsnap2020022613h17m34s443

雪が途切れている所は、面倒なのでスキーをつけたまま通過。13時20分に除雪終了地点に下山。往復6時間ほどの行動時間でした。

YouTubeにアップした記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧下さい。

上越BC遠征2:爆風で敗退の巻機山につづく

|

« おじろスキー場にてテレマーカーの秘密集会 | Main | 上越BC遠征2:爆風で敗退の巻機山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おじろスキー場にてテレマーカーの秘密集会 | Main | 上越BC遠征2:爆風で敗退の巻機山 »