« 上越BC遠征2:爆風で敗退の巻機山 | Main | 金剛山から西ノ行者を経て天見へ:2020年初のハイク »

March 01, 2020

上越BC遠征3:平標山 ヤカイ沢滑走

上越遠征最終日の平標山の記録です。

【日程】2020年2月24日(月)
【山域】谷川連峰
【場所】平標山
【メンバー】雪豹、ktn92、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク2,ATスキー1
【コースタイム】平標登山口バス停6:47〜岩魚沢林道ヤカイ沢分岐7:17〜尾根上1480m付近9:00〜夏道合流1860m地点10:49〜平標山11:15-57〜ヤカイ沢滑走〜岩魚沢林道合流13:17〜平標登山口バス停13:29

P2240001

平標山は登山口バス停がある国道の路肩に車を駐めるスペースがあるのだが、到着した時にはすでに多くの車が駐まっており、かろうじて駐車することができた。ここが人気の山であることを知る。

P2240003

すでに多くのスキーヤーや登山者が出発していたが、我々もスキーを履いて林道を歩き出す。後で知るのだが、この林道の名前は岩魚沢林道というらしい。林道上の雪は硬く、前日の巻機山では大量降雪があったはずなのに、こちらはほとんど雪が降っていなかった感じがする。ちょっと場所が違うだけでこうも降雪量が変わるのか。

P2240004

岩魚沢林道からヤカイ沢方面へ入る。

P2240006

右にある尾根に取り付くが、斜面は凍っているし、予定の位置より早く取り付きすぎたため、かなりの急斜面の登行となり、クトーを装着する。ここの通過がこの日の核心で、登行に苦労する。キックターンでバランスを崩して滑落しかけるわ、ビンディングのリンクスの爪が外れるわで、スキーを担いでアイゼン歩行の方が時間的には速かったに違いない。尾根上に出たが、予定より下の位置だった。予定通りに行ければ、もう少し斜度が緩かったようだ。とりあえず、尾根上に乗ることるとができて一安心ではあった。

1ca60206b9af8a2ed9cf5eddac736817

尾根に乗ると、斜度は落ち着くが、斜面は相変わらず凍っているので、しっかりクトーを効かせないといけない。おまけに風も強い。

P2240009

本来出るべき位置にて休憩する。上部はガスがかかり、風がさらに強そうだが、予報的には回復に向かうはずだ。

P2240010

下からは急そうに見えた斜面も、登ってみるとそれほどでもなかった。

P2240012

最後は木のない斜面を登っていく。風もだいぶ落ち着いてきた。

E1455c0a1f4f633ffbb16a8d25e51f53

山頂は多くのスキーヤーや登山者で賑わっていた。3人で記念撮影をする。初日の守門岳に引き続き、この平標山も初めての山である。

P2240015

仙ノ倉山方面の眺め。

Vlcsnap2020022613h20m17s634

問題は滑走ルート。往路をカチカチ斜面だったが、山頂から見えるヤカイ沢の斜面が良さそうだ。シュプールも何本かついている。ヤカイ沢滑走を決めて、稜線をコルまで滑る。

P2240018

これからドロップするヤカイ沢の斜面。結構な急斜面である。

Be0ec14c7f45ea88ebb6661948d37915

ガスが晴れてきたところで、まずは私がトップでドロップ。雪崩リスクがあるので、1人ずつドロップする。

96e799227af277a665483c7383f063bb

ヤカイ沢には柔らかい雪が溜まっていた。

F88b8c294cc1bb524b514c9fc9d647c2

パウダーではなく、風で移動した密度の高い雪だが、上部は悪くはなかった。

4ac6859d41ba17b835178d039ecf5e0f

積雪も比較的安定している。

60bf7a6c975cf1d5d62fca90223dfcaf

クラストと柔らかい雪のミックスもあり、テクニカルな滑走が要求される。

Vlcsnap2020022613h21m36s349

下部は重雪で疲れる滑りとなる。

P2240019

後ろを振り返ると、あっという間に高度を落としていたことに気づく。

P2240020

低木の中の滑走となる。ここまで来ると安全地帯だ。

Vlcsnap2020022613h22m46s613

やがて沢筋の樹林の滑走となる。気温も高くなり、朝はカチカチだった雪も緩みだしていた。

P2240021

滑ってきた斜面ははるか後方になっていた。カチカチの往路を戻らず、ヤカイ沢を選択したのは正解だった。

Vlcsnap2020022613h23m01s007

作業道に出たら、岩魚沢林道はすぐ。

P2240022

最後は林道を滑って、林道上に雪が無くなっても端にある雪をつないで滑る。

P2240023

最後までスキーを脱がずに下山。これで3日間の上越遠征が終了した。雪豹さん、ktn92さん、3日間ご一緒いただきありがとうございました。

YouTubeにアップした記録動画です。滑走シーンはこちらをご覧下さい。

|

« 上越BC遠征2:爆風で敗退の巻機山 | Main | 金剛山から西ノ行者を経て天見へ:2020年初のハイク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 上越BC遠征2:爆風で敗退の巻機山 | Main | 金剛山から西ノ行者を経て天見へ:2020年初のハイク »