« ワンゲル部年末スキー合宿:若手テレマーカーの育成 | Main | 新年初BCは木地屋から蒲原山 »

January 07, 2020

年超え白馬スキー

ワンゲル部員達が帰路についた翌日は、いよいよ2019年最後の日である大晦日。

Img_1393

白馬にはきれいな虹が出ていたが、正午ぐらいから悪天となる予報のため、山には入らず、白馬コルチナスキー場へ向かうことにした。

Img_1394

白馬コルチナスキー場は、前日までは雪不足でクローズしていた。それを目当てに、新ギアでの登行を試すために、シールでゲレンデを登るつもりでいた。ところが、前日の降雪で積雪が増えたためか、この日は急遽オープンとなっていた。この日だけ限定で、リフト1日券は半額の2100円だったので、普通にゲレンデを滑ることにした。

Img_1397

動いているリフトは2本だけだったが、急遽オープンしたこともあり、人が少ないのがよい。

Img_1395

トレイルランナーのKaoriさんとTさんが合流し、一緒に滑る。ここ何年かは年末年始に一緒に過ごすメンバーだ。

Img_1398

天気予報通り、午後からは結構な降雪となり、風も強まり、ゲレンデは真っ白に。ちょっとしたゲレンデパウダーも味わえた。

Imgp0207

その晩は、この遠征唯一のペンション泊。Kaoriさん一家や、Tさん、むねちさんたちと、一緒に飲んだり、ボードゲームなどして年越しをした。

P1000038

元旦は、まだリフトが動いていない白馬乗鞍温泉スキー場の若栗ゲレンデをシールで登る。新ギアのビンディングであるリンクスが強制滑走モードになる不具合を体験した。クライミングサポート使用時は問題ないが、いちいち直すのに少々ストレスを感じる。

P1000042

若栗ゲレンデの滑走へ。スタートが遅かったので、すでに新雪は重雪だったが、圧雪されたゲレンデを滑るよりは楽しい。悪雪でも新ギアで安定した滑りができることを確認できたのは収穫だった。

Img_1401

午後はコルチナスキー場へ移動し、

Img_1979

みんなでゲレンデ滑走。

Img_1402d

今年もよい1年となりますように!

|

« ワンゲル部年末スキー合宿:若手テレマーカーの育成 | Main | 新年初BCは木地屋から蒲原山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル部年末スキー合宿:若手テレマーカーの育成 | Main | 新年初BCは木地屋から蒲原山 »