« 2020年 謹賀新年 および 年末年始スキー遠征(速報) | Main | ワンゲル部年末スキー合宿:若手テレマーカーの育成 »

January 07, 2020

新しいテレマークスキーギア:22デザイン リンクス、スカルパ TX pro、BD ヘリオ95を使用しての感想と、バックカントリーでのトラブル

年末から9日間連続で、新しいテレマークスキーギアで滑っていました。話題になっている22デザインのリンクスです。組み合わせは、ブーツはスカルパのTX pro、板はBDのヘリオ95です。今シーズンに入ってから、ゲレンデは11日、BCで4日ほど使用して、これらのギアについての長所および短所がわかってきたのでご報告致します。バックカントリーではギアのトラブルが命にかかわる事態になりかねますので、この情報がリスク回避のためにお役に立てば幸いです。ちなみに昨シーズンまでは75mmユーザーで、ブーツはスカルパT2 ecoをメインに使っていました。

Img_1425d

初めて新しいギアでゲレンデを滑った時は、その硬さにかなり違和感を感じました。ちなみにT3からT2 ecoに替えた時も同様な違和感を感じました。リンクスもそのバネの強さにテレマーク姿勢の取りにくさを感じました。そのため、TX proはパックルは緩く締めて、ウォークモードにて、リンクスのピンは一番前にして滑っていました。それでなんとか75mmに近い感じで滑ることができました。その時の滑りは、75mm使用時と比べると疲れますが、キレのあるターンができるなと思いました。それから2日ほど滑り込んでいくと、ブーツが足に馴染んでいったのか、道具に慣れたのか、ブーツに緩さを感じたので、パックルをきつめに締めることにしました。ただし、その時はまだウォークモードにて。そのうちにさらにブーツの緩さを感じてきたので、スキーモードにして滑ってみました。リンクスのバネの強さに違和感を感じましたが、後ろ足を引く滑りではなく、次々と前に足を出す滑りがしやすいことを感じました。ちなみにリンクスのピンは一番前のままです。不思議なことに、滑り込んでいくほど、次第にそのモードにも慣れてきて、75mmの時よりも容易にキレのある滑りができるようになりました。

問題はバックカントリーですが、2点ほどトラブルが発生しました。よく起こったのはシール歩行時にブーツとビンディングがはまってしまい滑走モードになってしまうことです。これはクライミングサポート使用時には生じません。歩き方も関係するかもしれませんが、歩行時の衝撃でリンクスのブーツとの固定金具が上がってしまい、ブーツ裏にはまってしまいます。ストレスは感じますが、解除は容易ですし、シビアな登行状況ではクライミングサポートを使用しているので、それほど支障はないと感じています。雪がビンディングの上に乗っていくと、この症状は起こりにくくはなります。

もう1つはリンクスの前爪がブーツの穴にしっかり奥まではまらずに、登高時に簡単に外れてしまうトラブルです。それは妙高神奈山に行った際に生じました。登っていくほど、この頻度が高くなり、最終的にブーツ穴には爪は浅くしかはまらなくなり、シール登行が不可能になってしまいました。その場では原因がわからず、ビンディングかブーツの初期不良かと思いました。この状況で滑走ができないと、BCでは命に関わる深刻な状況になります。最悪、片足スキーかスキーを担いでの下山も覚悟しましたが、滑走時には前爪だけでなく、ブーツ裏での固定もされるので、幸いなことになんとか滑って下山できました。

その翌日にゲレンデで滑った時には、ブーツとビンディングの装着に問題は生じなかったので、このトラブルには明らかに雪が原因していると思われます。考えられる原因は2点で、ブーツのリンクスの前爪を入れる穴内に雪が入って凍結してしまったか、ビンディングバネ部分に雪が挟まって固着し、前爪がしっかり締められなかった可能性です。湿雪でしたので、おそらく前者の可能性が高い感じがします。現場でのこのトラブル解決にはお湯で溶かすのがベターと思いますが、お湯の場合は再び凍結してしまう可能性が高いので、マイナスドライバーのようなキリ状の道具もあった方がよいかもしれません。私としてはトラブル解消には他の用途も含めてお湯は必需と考えています。後者によるトラブルがあった場合は、雪を取り除くためのブラシも必要ですね。

以上のトラブルはありましたが、容易にキレのある滑りができることから、リンクスとTX proの組み合わせは、75mmから替えた価値は充分にあると思っています。ヘリオ95とリンクスの組み合わせは軽量化にもなります。特にBCでは安全に下山するという点では、これらの利点は重要です。ちなみに私は細革も楽しんでいますので、状況に応じてギアを使い分ければよいと考えています。

|

« 2020年 謹賀新年 および 年末年始スキー遠征(速報) | Main | ワンゲル部年末スキー合宿:若手テレマーカーの育成 »

Comments

私は、G3タルガアセントで苦い思いをしたことがあります。
外国メーカーは、日本のベタ雪のことを考慮していないのですね。
メーカーにフィードバックしたら、改良版が出るかも。

Posted by: cima | January 07, 2020 08:17 PM

タルガアセントは私も同じ思いをしています。
聞くところによると、テックビンディングを使用している山スキーヤーにも同様なトラブルがあるようです。
皆さん、凍結しないための工夫と、解氷するための解氷剤などを持参しているようです。

Posted by: マメゾウムシ | January 08, 2020 08:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2020年 謹賀新年 および 年末年始スキー遠征(速報) | Main | ワンゲル部年末スキー合宿:若手テレマーカーの育成 »