« 白馬五竜でゲレンデ初滑り:新しいギアでのテレマークスキー | Main | 金剛山から紀見峠へリハビリハイク:2019年最後の山行? »

December 20, 2019

アバランチナイト大阪(2019-2020シーズン)

本格的なシーズンイン前に行われる日本雪崩ネットワーク(JAN)主催のアバランチナイトが今年も大阪で開催されました。
アバランチナイトとは、JAN代表の出川さんが日本全国を行脚しながら行う無料の雪崩安全セミナーです。
10日前にその学生版である第5回雪崩リスクを考える学生の会があったばかりですが、出川さんにとっては今月2回目の来阪でした。

Img_1342d

JAN賛助会員である私は毎年恒例のお手伝い。
今回はいつも手伝ってくれるTガイドが不在で、私と出川さんだけで参加者の受付作業を行うことに。
当然人手が足りないので、これはたいへん。
急遽、ワンゲル部員にも受付を手伝ってもらって無事乗り切ることができた。

Img_1343d

肝心のアバランチナイトの前半部分については、受付作業でほとんど聞けませんでした。
チラチラと覗いた限りでは、最初にビデオ上映で、その後に、雪崩の基本知識とバックカントリーでの雪崩対策としての7つのステップについて説明が行われたようです。

Know Before You Go from Trent Meisenheimer on Vimeo.

昨年と同じならば、この動画ですが、アバランチナイトでは字幕入りだったようです。

受付作業が済んだ後半は、着席して話を聞けました。
後半は雪崩事故の事例報告で、伯耆大山、白馬乗鞍、谷川岳などの事故について詳しい説明がありました。

アバランチナイト終了後は、出川さん、関学ワンゲル部監督、私の3人にて、恒例のアバランチナイト2次会へ。
こちらもたいへん有意義な時間で、大学の指導者として関西の大学山岳関係のクラブ全体をよい方向に変えて行くためのアイディアを得ることができました。
それを実現させるには、胸ラッセルで遠い山頂を目指すことになるかもしれませんが、できることから始めてみようと思います。

しかし雪が降らないですね。
このままでは、全国的に雪不足で、スキー業界への打撃は避けられないかもしれません。
個人的にも、年末に予定しているワンゲル部山小屋スキー合宿ができるかどうか怪しくなってきました。
雪乞いの儀式でもしなければと思うこの頃です。

|

« 白馬五竜でゲレンデ初滑り:新しいギアでのテレマークスキー | Main | 金剛山から紀見峠へリハビリハイク:2019年最後の山行? »

Comments

この日、JR高槻~京都間が止まっていて、天王寺到着が20時過ぎになりそうやったんで行くのをやめました。なので うらやましいです。おつかれさまでした

Posted by: Kamachan | December 20, 2019 03:08 PM

それは不運でしたね。
雪が降ってほしいですね。
今シーズンも安全に楽しみましょう。

Posted by: マメゾウムシ | December 20, 2019 04:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 白馬五竜でゲレンデ初滑り:新しいギアでのテレマークスキー | Main | 金剛山から紀見峠へリハビリハイク:2019年最後の山行? »