« November 2019 | Main | January 2020 »

December 24, 2019

大阪周辺テレマーカー 雪乞い忘年会 & 2020シーズン決起大会

なかなか雪が降らない2019-2020シーズンの始まり。関西や奥美濃では人工雪ゲレンデしかまだオープンしていない。年末年始に予定を立てているスキーヤーの皆さんは、何とも不安な気持ちで過ごしているのではないでしょうか。その気持ちは私も同じで、「なんとか雪よ降ってくれ」と祈るばかりです。そんな私の急な思いつきで、大阪の梅田にて、雪乞い忘年会 & 2020シーズン決起大会を開催しました。

Img_1353d

企画から開催までわずか3日しかなかったのに、10人ものテレマーカーが、大阪だけでなく、京都や兵庫からも集まってくれました。国内唯一のテレマークスキー専門ショップであるテレマークスキーショップSOUの店長も、お店の営業を終えてから駆けつけてくれました。

だんだんと宴は盛り上がってきて、ロシアンルーレットたこ焼きの登場! 私は当たらなかったが、その激辛ぶりを経験したくなり、追加で注文して、2個も食べてしまった。激辛さは口では騙せても、翌朝にお尻は嘘つかなかった。

きっと雪は降ってくれるにちがいない!

Img_1362d

帰る頃の記憶があまり残っていない...

| | Comments (0)

December 23, 2019

金剛山から紀見峠へリハビリハイク:2019年最後の山行?

大阪マラソン終了後からどうも右足首に痛みがあり、体調もマラソン前の状態にまだ戻っていない。年末年始のバックカントリー遠征を控えてはいるが、雪がなかなか積もらない今シーズンである。いつでもバックカントリーに出られるように体調は整えておく必要がある。そこで体力維持とリハビリを兼ねて、久しぶりに金剛山から紀見峠までややトレランチックに歩いてみた。

【日程】2019年12月21日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【場所】金剛山
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】曇り時々晴れ
【コースタイム】金剛山登山口バス停11:24〜千早本道五合目11:48〜転法輪寺12:13-18〜金剛山12:24〜伏見峠12:43〜久留野峠13:00〜中葛城山13:06〜高谷山13:22〜千早峠13:40〜行者杉14:07〜杉尾峠14:21〜西ノ行者14:44〜山ノ神15:08〜紀見峠15:22〜紀見峠駅15:44

ゆっくり起床して、それから準備してからの出発。公共交通機関利用ということもあり、金剛山登山口スタートは11時24分だった。

Img_1345d

千早本道をノンストップで登るが、後半は失速気味になってしまい、まだ体調が戻っていないことがわかる。

Img_1346

金剛山の山頂に到着。ここからは下りは、軽く走ってみることにする。

Img_1347

身体は重いが、下りと平坦地は走って、出発から2時間30分で行者杉に到着。

Img_1348

出発から4時間で紀見峠に到着。トレランのレースに出ていた時は、ここまで3時間を切っていたのだが、その時と比べるとだいぶ遅くなってしまった。年齢による衰えか、それとも走り込みが足りないのか? ここからは舗装路で紀見峠駅への道となる。

Img_1349d

紀見峠駅に下山。4時間20分の所要時間であった。少しはリハビリになっただろうか?

おそらく関西や奥美濃あたりは年末は雪不足のため、人工雪のゲレンデしか滑れなそうだ。これが年内の最後の山行になる可能性が高い。今シーズンの暖冬と雪不足はバックカントリースキーヤーにとっては深刻な事態だ。せめて年明けには、積雪が間に合ってほしいと祈る気持ちだ。

| | Comments (0)

December 20, 2019

アバランチナイト大阪(2019-2020シーズン)

本格的なシーズンイン前に行われる日本雪崩ネットワーク(JAN)主催のアバランチナイトが今年も大阪で開催されました。
アバランチナイトとは、JAN代表の出川さんが日本全国を行脚しながら行う無料の雪崩安全セミナーです。
10日前にその学生版である第5回雪崩リスクを考える学生の会があったばかりですが、出川さんにとっては今月2回目の来阪でした。

Img_1342d

JAN賛助会員である私は毎年恒例のお手伝い。
今回はいつも手伝ってくれるTガイドが不在で、私と出川さんだけで参加者の受付作業を行うことに。
当然人手が足りないので、これはたいへん。
急遽、ワンゲル部員にも受付を手伝ってもらって無事乗り切ることができた。

Img_1343d

肝心のアバランチナイトの前半部分については、受付作業でほとんど聞けませんでした。
チラチラと覗いた限りでは、最初にビデオ上映で、その後に、雪崩の基本知識とバックカントリーでの雪崩対策としての7つのステップについて説明が行われたようです。

Know Before You Go from Trent Meisenheimer on Vimeo.

昨年と同じならば、この動画ですが、アバランチナイトでは字幕入りだったようです。

受付作業が済んだ後半は、着席して話を聞けました。
後半は雪崩事故の事例報告で、伯耆大山、白馬乗鞍、谷川岳などの事故について詳しい説明がありました。

アバランチナイト終了後は、出川さん、関学ワンゲル部監督、私の3人にて、恒例のアバランチナイト2次会へ。
こちらもたいへん有意義な時間で、大学の指導者として関西の大学山岳関係のクラブ全体をよい方向に変えて行くためのアイディアを得ることができました。
それを実現させるには、胸ラッセルで遠い山頂を目指すことになるかもしれませんが、できることから始めてみようと思います。

しかし雪が降らないですね。
このままでは、全国的に雪不足で、スキー業界への打撃は避けられないかもしれません。
個人的にも、年末に予定しているワンゲル部山小屋スキー合宿ができるかどうか怪しくなってきました。
雪乞いの儀式でもしなければと思うこの頃です。

| | Comments (2)

December 17, 2019

白馬五竜でゲレンデ初滑り:新しいギアでのテレマークスキー

先週末は、白馬五竜スキー場にて、関西のテレマークスキー仲間とゲレンデ初滑りをしてきました。

Img_1329

白馬五竜スキー場の麓は人工雪のゲレンデですが、ゴンドラにてアルプス平ゲレンデに上がると天然雪がありました。

Img_1330

今シーズンは新しいテレマークスキー道具一式を手に入れた。板はBDのヘリオ95、ビンディングは22デザインのリンクス、ブーツはスカルパのTXプロ。初めてのNTNブーツに、テック系テレマークビンディング、そして軽量板の組み合わせだ。まずはそれを試す。

今までのギアは、75mmのケーブルビンディングで、スカルパのT2 ECOを履いていた。T2 ECOに比べると、TXプロはハイカットの4パックルブーツで、ブーツがふくらはぎまで覆ってしまうので、最初はその硬さに難儀して、なかなか思うように滑れなかった。いろいろと試行錯誤しながら滑っているうちに、だんだんとブーツも足に馴染んできた。最終的に落ち着いた一番よい調整方法は、ビンディングのリンクスのピンを一番前にセットして、ブーツのTXプロのパックルは緩めに締めて、ウォークモードで滑ることだった。これで75mmとおよそ同じ感じで滑れるようにはなった。あとはシール登行の具合を確認したいところだが、これは年末になってしまうだろう。

午前中は晴れていたが、午後から雪となった。翌日の新雪滑りに期待したい。

Img_1331

今回は白馬五竜観光協会のリフト券付き宿泊プランを利用した。この時期は安く、1泊2食付、リフト2日券、食事券1100円、白馬五竜限定通過「ebe(えべ)」600円がついて、なんと1人11,000円だった。ebeはゲレンデでも使えるので、1700円分をランチに使えることになり、だいぶお得感がある。上の写真は泊まった白馬荘の夕食。宿の質を落とせば、もっと料金を安くすることもできたようだが、白馬荘は食事も美味しく、部屋もきれいで、充分に満足のいく宿だった。

Img_1332

デザートのクレープ。

Img_1333

しっかり朝食を食べて、2日目も白馬五竜スキー場へ。

Img_1334

期待通り、アルプス平ゲレンデには新雪が積もっていた。3本ほどかっ飛ばして滑ったところで、だいたい新雪は食いつくされた。

Img_1336

今回は新人若手テレマーカーのMくんとOさんの育成も目的。Mくんは昨シーズンに体験的に1日だけテレマークスキーを履いているが、今回が本格的なテレデビュー。アルペンが上手いだけあり、すぐにコツを掴んだようで、とてもテレマーク2〜3日目とは思えない滑りができるようになった。しっかり練習すれば、今シーズン中にかなり上手くなりそうだ。昨シーズンから滑りをみているOさんも地道に頑張っている。

YouTubeにアップした動画です。こんな感じで滑っていた。

Img_1335

後立山の稜線がきれいに見えていた。

雪不足が危惧される今シーズンだが、これからの降雪を祈りたい。

| | Comments (2)

December 12, 2019

集まろうテレマーク!2020のご案内

今シーズンも関西のテレマーカーの祭典である「集まろうテレマーク!2020」を開催します!

関西だけでなく、広く日本全国からのテレマーカーの参加をお待ちしております。

初心者も歓迎します。
この機会にテレマークスキーを始めてみませんか?

以下、募集要綱です。

****************************************************************
ヒールフリーの世界へようこそ!

Heelfree

集まろうテレマーク!2020 

2020年2月1日(土)、2日(日)

Dsc02282

全国のテレマーカーで盛り上がる盛り上がる2日間!

テーマ1 テレマーカーの輪を広げよう!

レースやゲームで一緒に滑り、懇親会で盛り上がり、繋がりが広がります。

Geme

テーマ2 講習会でスキルアップをしよう!

初級~上級、細板革靴 までレベルに合わせた 講習会を行います。

Seminar

テーマ3 初めての人もテレマークスキーに挑戦しよう!

スキー未経験者も大歓迎。初心者講習やゲームを通して、楽しみましょう♪

Let

Kawakami  特別講師:川上 敦 氏

Yamamoto 特別ゲスト:山本 由紀男 氏

★場所:神鍋高原 万場スキー場   宿泊:名色ホテル

★参加料:一般12,000円、学生9,000円(1泊2食付、懇親会代、保険代込)

 ※早割価格::2019年12月31日までにお申込みいただくと1000円割引致します!

★講習費(希望者のみ):2時間1コマ 一般 3,000円、学生 2,000円

★申込締切:2020年1月23日

申込先 https://cloud.conference-er.com/event/c1468037101 Code

     申込後5日以内に参加費の振込をお願いします。

主催・問い合わせ先:集まろうテレマーク2020実行委員会
              E-mail: kansai.telemark(at)gmail.com((at)を@に変えて下さい)
              Facebookページ

集まろうテレマーク2020要項PDFをダウンロード

| | Comments (0)

December 10, 2019

第5回雪崩リスクを考える学生の会

隔年にて関東と関西で交互に開催される「雪崩リスクを考える学生の会」が、今年は関西学院大学西宮上ヶ原キャンパスにて開催された。

Img_1320d

ワンダーフォーゲル部の顧問になった年である2年前に第3回に参加したのだが、今回はその時に比べると。参加大学および参加人数も少なく、少々寂しく感じた。おそらくアナウンスが開催の1週間前とのことで宣伝が足りなかったことが原因と思うのだが、関学ワンゲル部員に聞いたところ、一応、1ヶ月ぐらい前には近隣の大学には声はかけたのこと。

Img_1319d

講師はもちろん日本雪崩ネットワーク代表の出川あずささん。このためだけにわざわざ遠方から来ていただいた。内容はほぼアバランチナイトと同じで、前半は雪崩についての基本的事項の説明で、その中でグループディスカッションも行い、学生たちにも考えてもらった。後半は雪崩事故の事例報告。

前回は終了後にアルコール無しの懇親会があったが、今回は無し。大学間の交流を考えるならば、懇親会みたいなものはあってもよかったように思う。

懇親会の代わりに、出川さん、関学ワンゲル部OB・OG会の3人、京都府大ワンゲル部OB、私の指導者6名でお茶会へ。いろいろと情報交換やディスカッションができ、たいへん有意義な場となった。

大学のワンゲル部や山岳部など山岳関係のクラブは、指導者がいない、パートナーがいない、技術の伝承ができないなど、どこも多くの問題を抱えている。そのような問題を解消するために、複数の大学で協力して1つの組織を作って、お互いにサポートし合うことは、たいへんよいアイディアではないだろうか。他大学の指導者とも相談しながら、具体的に考えていきたいと思う。

Img_1325d

解散後は、京都府大ワンゲル部OBのMくんと大阪市内に移動して、2次会へ。

| | Comments (0)

京大坂道より高野山弁天岳へ

大阪マラソンのダメージがまだ残る翌週は、疲労抜きのために、高野七口街道の1つである京大坂道を歩いてきた。町石道黒河道に続く今年3つめの高野七口街道であったが、最初の2つに比べると、案内が少なく、女人堂まではすべて舗装路で、面白みには欠けるコースであった。

京大坂道は、京都府八幡市からの東高野街道と、大阪府堺市から、下高野街道、中高野街道を合流した西高野街道が、大阪府河内長野市で高野街道京大阪道となり、高野山へ至る参詣道である。この街道は、江戸時代末期になると、圧倒的に利用者が多くなり、旅館や茶屋で賑わうようになる。道中には堺市の十三里石から始まって不動坂口女人堂まで約一里(4 km)ごとに里石(道標)が建っている。

【日程】2019年12月7日(土)
【山域】紀伊
【場所】高野山 京大坂道
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】学文路駅11:23〜西光寺・学文路刈萱堂11:36〜大師の硯水12:12〜丹生神社・日輪寺12:22〜千石橋・二里石12:32〜作水集落・第五の地蔵12:44〜「高野の仇討ち」解説板13:33〜日本最後の仇討墓所13:41〜旧白藤小学校13:50〜極楽橋14:08〜不動坂口女人堂14:49〜弁天岳15:10-13〜不動坂口女人堂15:29-39〜極楽橋駅16:07

京大坂道は、町石道、黒河道に比べると距離が短いので、のんびり遅めに自宅を出発した。

Img_1282

学文路駅スタートは11時半近くだった。

Img_1283

いきなり駅から出たところで、どう行くべきかウロウロしてしまった。学文路駅の改札口から正面に出て、車道を右に進み、2つめの角を右に曲がり、踏切を渡ると、案内板を見つけた。

Img_1284

坂を登っていくと、カラスウリの実がなっていた。

Img_1285

すぐに最初の名所である西光寺・刈萱堂に到着。

Img_1287

刈萱とは、出家した武士、刈萱道心とその息子、石童丸にまつわる物語のことで、ここには石童丸の母である千里の墓がある。人魚のミイラがあることでも有名。

Img_1289

案内に従って坂を登っていくと、見事なイチョウの木の紅葉を発見。

Img_1290

案内に従って左へ進む。

第三の地蔵を過ぎて、右手にトンネルがある立派な新道を横切って進む。

Img_1292

ほぼ登り切った所に、大師の硯水の説明板があった。

Img_1291_

どうやらこれが大師の硯水らしい。ポンプが動いていたので、今でも生活用水として使われているようだ。

Img_1293

さらに進むと工事中で本来の道が通れないらしい。工事関係者に案内されて迂回する。

Img_1296

第四の地蔵の所から、正規の道に戻って下っていくと、河根の集落に入る手前に河根丹生神社があった。

Img_1297

丹生神社の奥は日輪寺で、鐘がある。

Img_1299

河根の集落にある元本陣の中屋旅館跡。かっての宿場町である。

Img_1300

丹生川に架かる千石橋の手前に二里石が建っている。

Img_1301

千石橋からの下流方向の丹生川の眺め。

Img_1302

急な作水坂を登る。ここからストックを出す。途中の農家で収穫された柿をいただいた。この道は時々車が通るので要注意!

Img_1303

第五の地蔵を通過。

Img_1305

さらに登りは続いて。ほぼ登り切った所にある日本最後の仇討ちの解説版。

Img_1306

解説版からさらに進むと、日本最後の仇討墓所がある。

Img_1307d

ほぼ平坦だが下り基調の道を進み、神谷宿に入る。かつては「日が昇ると銭が湧く」というほど賑わった宿場町だったそうだ。昭和天皇のご成婚を記念して建立されたご成婚記念道程標がある。

Img_1309

さらに進むと旧白藤小学校がある。

Img_1308

ここにはトイレと休憩用ベンチがある。

Img_1310

右下に南海高野線を見ながら進むと、極楽橋が見えた。

Img_1312

極楽橋を渡って、不動坂の登りに入る。不動坂を登りに使うのは初めてだが、下りには何回か使っているので、ここからは迷うことはない。

Img_1313d

途中でおばさんパーティーを追い抜いて、清不動を通過。

Img_1314

不動坂口女人堂に到着。ここまで全て舗装路だった。ここからようやく未舗装のトレイルに入り弁天岳を目指す。

Img_1315

20分ほどで弁天岳に到着。6月に弁天谷を遡行して以来の山頂だ。

Img_1318

不動坂を下って、弁天岳から1時間ほどで極楽橋駅に下山。

京大坂道は全てが舗装路で、あまり面白くないコースだったが、歴史に触れられるのは興味深かった。総距離16.9 km、登りの累積標高差1200m、所要時間5時間で、リハビリハイクとしては膝に悪いことを除けばちょうどよかった。

| | Comments (0)

December 06, 2019

大阪マラソン2019:4年ぶりのフルマラソン

4年ぶりで3回目の大阪マラソンを走ってきました。

Certificate1

結果は
ネットタイム:4:15:27
グロスタイム:4:17:15

Img_1272

完走はしたが、これまで続けてきたサブ4は達成できず。

4年前よりも1kmあたり30秒は遅くなっているし、30kmを過ぎてからの失速がひどかった。
ランニングウオッチは30kmを過ぎたあたりでGPSからの位置情報を取得できなくなり、ペースがわからなくなるという状況も発生。
おまけにトイレが我慢できず、トイレタイムで時間ロス。
ここで緊張の糸が途切れてしまった。
それでもOさんの応援は嬉しかった。
一時的に元気が復活した。

長期的な視点で見ると、4年のブランクと、加齢による衰えも原因か?

今回の記録は過去ワーストかというと、2012年3月に参加した篠山マラソンが4時間20分でワーストだった。
この時はスキーシーズン中だったので、充分な走り込みができなかった。

今回は、2週間前に風邪を引き、1週間前に立山初滑りで、直前の調整に問題があったのは確か。
そもそもフルマラソンの記録よりも立山初滑りを優先するということで、大阪マラソンにエントリーしたのだった。

そういう訳で、まだ加齢のせいにはせず、次回はサブ4復帰を目指すことにします。

Img_1273d

どちらかというと、記録よりもこちらの方が...

動画を編集して、YouTubeにアップしました。

| | Comments (0)

« November 2019 | Main | January 2020 »