« ジャンダルム:奥穂高岳から西穂高岳へ縦走 | Main | 大和葛城山から二上山へダイトレ縦走 »

October 22, 2019

天生湿原

ジャンダルム登頂の翌日は、疲労抜きで北飛騨の天生湿原を散策してきた。

前日の11時間に及ぶ岩稜歩きで、朝の遅い起床は激しい筋肉痛を伴った。この日は午後から雨予報。当初はナメがきれいでお手軽な沢上谷を遡行する予定だったが、筋肉痛と寝坊でテンションは低く、気が乗らない。おまけにこれからスタートすると雨に遭うことは間違いなし。ふと思い出したのは天生湿原である。天生湿原は飛騨市河合町と大野郡白川村の境にあり、奥飛騨からは近い。2015年1月に白川郷から籾糠山をスキーを使って単独ラッセルで登ったことがあるが、天生湿原からはその籾糠山への登山道もついている。冬は遠い籾糠山だが、無雪期は天生峠から比較的楽に登れる。そんな訳で、このような時にしか行く機会がない天生湿原に、疲労抜きを兼ねて、散策に行くことにした。

Img_0992

出発前に道の駅スカイドーム神岡の軽食コーナーにて朝ラー。軽食コーナーは9時にオープンする。飛騨市神岡町には「ニュートリノ」の研究でノーベル物理学賞をもたらした「スーパーカミオカンデ」をはじめ、宇宙と素粒子の謎を探求するための研究拠点が集まっている。道の駅スカイドーム神岡には、こうした研究の魅力を広く伝え、科学と社会の新しい関係性をつくるための見学施設がある。出発前に見学もさせてもらった。解説員が丁寧に説明もしてくれる。

Img_0993

天生峠に到着。

33e9808d0e5544fdaa95f005b9df3b4453917000

協力金500円を支払って入山する。

Img_9837

熊よけのためにドラム缶を叩く。

Img_9838

湿原は電気柵に囲まれている。電気柵によって大型の動物が湿原内に入れないので、湿原の貴重な植物が守られる。人は扉を開けて入る。

Img_0996

クマに囓られた案内。クマはペンキの味が好きなようで、ペンキの部分を囓るらしい。

Img_0997

天生峠から30分ほどで天生湿原に到着。

Img_0998

まずまずの色づきだが、例年よりは色つきが悪いらしい。

Img_9843

伝説。

Img_0999

雲行きが怪しい。

Img_9847

湿原の奥まで来た。ここから柵の外に出る。

Img_9849

樹林の散策。

Img_1002

カツラの巨木。

Img_9859

分岐。ブナの巨木を見に行くことに。

Img_1003

ブナの巨木。

Img_9866

ブナの倒木からはえるナメコ? 成長しすぎで腐りかけている。

Img_9871

こちらはまだ食べられそうなナメコ?

Img_1007

香りの強いブナハリタケ。

Img_1009

トチノキの巨木。

Char4

往きにも渡った沢では、イワナがペアリング中だった。

Char1

水中写真を撮ってみた。

Char3_20191022160301

一応、写っていたが、ピンボケ気味だった。

こちらは動画です。

Img_9887

雨が降り出したところで、天生峠に戻る。2時間20分ほどのハイキングだった。

GPSログです。ヤマレコにも記録をアップしてます。

|

« ジャンダルム:奥穂高岳から西穂高岳へ縦走 | Main | 大和葛城山から二上山へダイトレ縦走 »

Comments

天生湿原はお気に入りの場所ですが、数年前に電気柵が設置されて、少し興ざめです。
雪の季節の湿原一帯もいいですよ。ガツガツ滑る感じにはなりませんけどね。

Posted by: CIMA | October 23, 2019 05:00 AM

雪の季節に雪洞泊でその辺りを徘徊したいと思ってます。
静かな雪山散策ができそうです。

Posted by: マメゾウムシ | October 23, 2019 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ジャンダルム:奥穂高岳から西穂高岳へ縦走 | Main | 大和葛城山から二上山へダイトレ縦走 »