« シーズン最後のテンカラ釣り | Main | 台風通過後に岩湧山から一徳坊山へ »

October 08, 2019

百丈岩でロープワーク練習

日曜日は天気がもちそうだったので、Oさんにお願いされていたロープワーク練習のために、兵庫県の百丈岩へ。今回の練習会、せっかくなので、ワンゲル部メンバーにも声をかけてみた。直前なので誰も参加しないだろうと思いきや、部員5名が手を上げてくれた。そんな訳で、7名が道場駅に集合した。

Img_0936

百丈岩入口にある労山施設の百丈やぐらでは救助訓練が開催されていて、50人ぐらいの人たちで賑わっていた。その中にはワンゲル部OBのTさんもいた。練習場所として予定していた百丈岩の下部岩壁にはすでに多くのクライマーが貼り付いていた。どうやらこちらも山岳会の研修らしく、いろいろな訓練をしているようだ。

Img_0937

ようやく涼しくなって、クライマーが百丈岩のような低山の岩場に集まることは想定のうちなので、山の樹林の急斜面を使ってロープワークの練習をすることにした。支点の構築、トップの確保、リード、セカンドの確保、懸垂下降のロープワークを確認した。

Img_0938

懸垂下降途中で停止し、両手をフリーにするための方法について学ぶ。

Img_0943

そこからフリクションノットを使ったロープの登り返しも練習。この場合は空中がよいので、ハンマーを投げてロープを木に引っかけた。

こちらはその時の動画で、シャクトリ虫のようにロープスリングを交互に上げながら登っていく。この作業は結構ハードな筋トレである。アッセンダーを使えば、もう少し楽に登れるだろう。

Img_0945

下部岩壁が空いたので、私がリードで登り、トップロープを設置し、参加者に登ってもらった。上まで登ったワンゲル部員1回生をロワーダウンで下ろすが、怖がってクライムダウンになってしまう。もっと上半身を後ろに反らせないといけないのだが、どうもわからないようだ。これでは懸垂下降もできないので、その後、立ち方の訓練を先輩達から受けていた。

Img_0946

全員が登り終わって、ロープを回収したら、すでに時間は17時。結構しっかり練習した1日だった。道場駅前にてまずは乾杯。

Img_0947

現役部員はそのまま帰路についたが、私、社会人のOさん、院生のHくんの3人で梅田で打ち上げ。場所は梅三小路に入ってすぐ左のビアバー肉彩。アルビのところです。ビールはヒューガルデン・ホワイト。

Img_0948

燻製の盛り合わせ。

Img_0949

肉三種盛り。

Img_0950

ドイツビールのデュンケルで締める。ほどほどの酔い加減で終了。

スキーシーズン開幕までにちょっとしたバリエーションルートにも行きたいところだが、次の3連休は台風の影響を受けそうだ。

|

« シーズン最後のテンカラ釣り | Main | 台風通過後に岩湧山から一徳坊山へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« シーズン最後のテンカラ釣り | Main | 台風通過後に岩湧山から一徳坊山へ »