« 常願寺川水系 真川 鳶谷:ヌメリと高度感がヤバかった! | Main | シーズン最後のテンカラ釣り »

September 26, 2019

金剛山 高天谷:サクッと今季3度目の遡行

9月2回目の3連休は台風接近による悪天予報のため沢泊山行は中止。日曜日の日中は天気がもちそうだったので、ワンゲル部のHくんとサクッとホームの金剛山高天谷へ。高天谷は今季3度目の遡行で、右俣(2019年6月の記録)と左俣(2019年7月の記録)を1回ずつ遡行している。身体が沢慣れしたためか、前回より楽に、雨が降り出す前にサクッと遡行できた。

【日程】2019年9月22日(日)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷右俣
【メンバー】Hくん、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】高天彦神社駐車場9:18~高天滝下9:27~10m大滝下9:40~二俣10:39~郵便道(920m地点)11:42-58~高天彦神社駐車場12:38

高天谷は半日コースではあるが、夕方から雨予報なので、早めの行動ということで、9時に高天彦神社の駐車場に到着。

Img_0859

歴史的に古い高天彦神社であるが、高天を詠んだ歌についての碑がある。

Img_0860

沢装備でスタートし、登山道を歩いて行くとすぐに高天滝6mが現れる。水量はやや多めか。

Img_0861

今回も左岸に設置されたハシゴで巻く。

Img_0863

3m滝とその背後に堰堤。

Img_0864

まとめて右岸から巻く。フイックスはあるが頼りない。

Img_0866

次は大滝。かっては10mの高さがあったが、台風による土砂崩れなどで川床が埋まってしまい、今は7mぐらいの高さか。

Img_0867

左岸から高巻くが、出だしの泥斜面は崩れやすく要注意。

Img_0868

最後はヘツリで沢に戻る。

Img_0869

標高570m付近にある二俣。本流は右俣で水量が違う。

Img_0870

崩壊地を通過する。

Img_0871

フサフジウツギ。すでに秋の花が咲く時期になっていた。

Img_0872

ミズヒキ。

Img_0873

アキチョウジ。

Img_0874

樹林の中の連瀑帯に入る。ここからはほとんどの滝が直登できる。

Img_0875

3mかr5mほどの滝が続く。

Img_0877

直登で。

Img_0879

左の壁が立って、4m斜滝が現れる。

Img_0882

ゴルジュの中の5mトイ状滝。

Img_0885

3m滝。

Img_0886

2017年の台風で壊された堰堤。

Img_0888

ここは右岸が遥か上の登山道より崩壊している。

Img_0890

トリカブト。

Img_0893

770m二俣に到着。

Img_0894

右俣はナメが続く。

Img_0895

左俣にはすぐに大滝がある。この大滝は4段40mと言われているが、実際には2段で15mと7mぐらい。今回は左俣を進むが、念のためロープを出した。

Img_0896

大滝の次に4m滝。

Img_0897

また4m滝。

Img_0898

最後の4m滝。

Img_0901

イヌショウマ。最後の滝を越えると、植林の中のショボい流れとなる。

Img_0902

郵便道に出て、遡行終了。沢装備を解除して下山へ。

Img_0903

登山道上に咲いていたアキギリ。

Img_0904

高天滝まで下りたら、高天彦神社はすぐ。

Tigerbeetle

途中にいたハンミョウ。道しるべのように道の先へ先へと飛んでいく。派手な昆属光沢色だが、意外と道の上では目立たない。

Frog

高天谷に多いトノサマガエル。これも見事な保護色。

沢の季節もあとわずか。そろそろスノーシーズンに向けての準備も始めねば。

|

« 常願寺川水系 真川 鳶谷:ヌメリと高度感がヤバかった! | Main | シーズン最後のテンカラ釣り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 常願寺川水系 真川 鳶谷:ヌメリと高度感がヤバかった! | Main | シーズン最後のテンカラ釣り »