« 石徹白川 北願教寺谷遡行・西笠羽谷下降:2つの大滝と藪漕ぎ! | Main | 比良 ヘク谷 »

August 31, 2019

白山 大白水谷

奥美濃での沢登りの翌日は、白山の大白水谷を遡行してきました。明るい美しい谷で、登攀要素もあって楽しめました。

【日程】2019年8月25日(日)
【山域】白山
【渓谷名】庄川水系 大白水谷
【メンバー】みぞken(KPUWV部)、タッキー(OPUWV部)、マメゾウムシ
【天候】晴れののち曇り
【コー スタイム】大白川ダム駐車場7:00~転法輪谷出合7:56~20m滝下8:33~7m滝下10:45~1800m二俣11:37~稜線12:23~大倉山避難小屋12:30-56~大白川ダム駐車場14:14

P8250071

大白川ダム駐車場からスタート。ここに来るのは、2014年4月に白山東面台地を滑った時以来で、無雪期は初めてである。

P8250072

大白水谷出合。右岸の踏み跡をたどって、堰堤を越えてから入渓する。

Rimg8889

実に明るい谷だ。沢には温泉成分が含まれているとのことで、水はやや白く濁っていて、イワナはいない。

P8250079

転法輪谷との二俣。

P8250082

転法輪谷との二俣を過ぎると、谷が急になり、滝が現れる。

P8250086

水量は多めなので、迫力がある。

P8250088

8m滝は右を直登。

P8250089

奥に20m滝が姿を現す。

P8250091

20m滝はロープを出して、みぞkenリードで左を直登。カム、ハーケンで中間支点を取ったが、岩が脆く、効きが悪い。

P8250093

2段15m滝。

P8250094

2段15m滝は左岸草付きから巻いた。

P8250095

2段15m滝の落口。

P8250096

3m斜滝。

P8250097

確かこの滝では、手前の左岸のツルツルの岩壁をみぞkenがタッキーのショルダーで越えて、後続をロープで引っ張り上げた。

P8250098

その上の15m滝。

P8250099

15m滝の落口を覗き込むみぞken。

P8250101

幅広5m滝。

P8250102

それにしても明るい谷だ。

P8250104

2条4m滝は右を直登。

P8250105

明るく美しい谷!

P8250106

末広がり5m滝。

Rimg8909

ラスボスの7m滝は、みぞkenリードで左壁から登る。中間支点が取れないので、落ちると落下距離は大きくなるのがリスキーだったが、無事クリア。

P8250107

S字3m滝。空が雲に覆われ、風も出てきたので、先を急ぐ。

P8250109

1800m二俣で左俣に入る。右俣を進めば、御前峰近くまで詰め上がることができるが、今回は左俣から大倉山避難小屋へ抜ける。

P8250110

次の二俣も左へ。

P8250111

さらに左の枝沢へ入り、最後の詰めに入るが、雨がパラつき始めた

P8250112

水流が無くなって、ほとんど藪漕ぎ無しに稜線に出た。白山に向かう登山者が結構通る。

P8250114

大倉山避難小屋にて沢装備を解除。雨は、幸いなことにパラついただけで止んでくれていた。

P8250116

眼下に大白川ダム湖。

Rimg8913

三方崩山。

P8250119

1時間半かからずに大白川ダムに下山。標高差800m、行動時間7時間20分の沢登りでした。前日の石徹白での藪漕ぎで、疲れが残っていた身体にはちょうどよい負荷で、滝の登攀もそこそこ楽しめ、美しい明るい谷は癒やしにもなりました。

|

« 石徹白川 北願教寺谷遡行・西笠羽谷下降:2つの大滝と藪漕ぎ! | Main | 比良 ヘク谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 石徹白川 北願教寺谷遡行・西笠羽谷下降:2つの大滝と藪漕ぎ! | Main | 比良 ヘク谷 »