« 石徹白のカンバタ谷を再訪 | Main | 大和川水系 石川 クレン谷 »

July 26, 2019

金剛山 高天谷左俣

遅くなりましたが、先週末の記録です。大雨の翌日ということで、予定していた大峰の沢はやめて、ワンゲル部員2名と地元の金剛山の高天谷へ。いつもより水量はだいぶ多かったが、普段の和泉の沢のチョロチョロ状態よりはこれぐらいの方が沢登りとしてはちょうどよい。ただし、地元ホームの沢ということでつい油断してしまい、ヒヤリがありましたが...

【日程】2019年7月20日(土)
【山域】生駒・金剛・和泉
【渓谷名】大和川水系 高天谷左俣
【メンバー】M主将、Mくん(OPUWV部)、マメゾウムシ
【天候】曇り
【コー スタイム】高天彦神社駐車場9:34~高天滝下9:42~10m大滝下9:55~二俣10:50~郵便道(920m地点)12:02-18~高天彦神社駐車場12:52

高天谷は6月に右俣を遡行しているが、今回は最後の詰めが楽な左俣へ。

P7200001

高天彦神社よりスタート。

P7200002

入渓地点にある高天滝6m。大雨の翌日だけあり、水量は多い。

P7200003

無理はせず、左岸にある鉄梯子を使って高巻く。

P7200006

2m滝を2つ越えると、3m滝とその背後に堰堤。

P7200007

まとめて右岸から巻く。

P7200009

堰堤の上は開けて、その先に高天谷1番の大滝である10m滝。水量が多いので迫力がある。2017年10月に本州に上陸した台風21号によって川床が土砂で埋まったため、今の高さは8mぐらいか?

P7200010

大滝は左岸から高巻く。

P7200014

その先は崩壊地で、右岸・左岸両方から崩れているが、右岸側の方が崩れ方が大きい。かっては倒木帯で、木を何度もくぐり抜ける必要があったが、2017年の台風21号によってほとんどの倒木は一掃されて、だいぶすっきりしてしまった。

P7200015

崩壊地を抜けると樹林の中に入り、連瀑帯となる。

P7200019

3mから5mほどの滝が続く。

P7200025

左の壁が立って、4m斜滝。

P7200027

10m斜滝を登って、次の3m滝を登る時にヒヤリ発生!

いつもはソロで容易に登っている滝だが、まさかの指が滑り転落しかける。なんとか転落せずに踏みとどまったが、勢いで側壁に腰を強打した。打撲だけで済んだのは幸いだった。あのまま後ろ向きに谷の方へ落ちていたら、ただ事では済まなかっただろう。普段よりかなり水量が多かったのが滑った原因だったが、ホームの沢ということで油断はしていた。こういう気の緩みはしっかり引き締めていかねばと肝に命じた。

P7200028

両岸が立ち、ゴルジュ状となる。

P7200029

ゴルジュの中は5mトイ状滝。

P7200031

上から。

P7200032

3m滝も水量が多いと迫力あり。

P7200033

2017年の台風で壊れた堰堤を通過。

P7200035

ホタルブクロがたくさん咲いていた。

P7200038

右岸が遥か上の登山道より崩壊した箇所を通過。

P7200041

二俣に到着。

P7200043

今回は最後の詰めが楽な左俣へ。すぐに大滝が現れる。

P7200044

4段40mとされているが、2段で15mと7mではないだろうか? ワンゲル部員達のロープワーク練習も兼ねてロープを出す。リードもビレイも部員にさせる。

P7200047

1段目を登ったところで、M主将がピッチを切る。

P7200051

確保中のM主将。

P7200052

2段目はトップをMくんに交替して、2段目の上にて確保体制に入るMくん。

P7200055

2段目を登り切って、しばらく進むと4m滝。

P7200056

また4m滝。

P7200057

最後の4m滝と、4m滝が3つ続く。

P7200059

その上は水量も少なくなり、植林の中の流れをしばらく進むと、左に郵便道が現れる。

P7200060

郵便道に出て、遡行終了!

P7200061

沢装備を解除したら、下山へ。

P7200063

35分ほどの下山時間で、高天彦神社に戻って終了。

ホームとは言え、油断は大敵です。

|

« 石徹白のカンバタ谷を再訪 | Main | 大和川水系 石川 クレン谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 石徹白のカンバタ谷を再訪 | Main | 大和川水系 石川 クレン谷 »