« 滝畑 石川 上山谷 | Main | 奥三河 栃木沢 »

June 25, 2019

第10回テンカラ釣り北陸講習会

今年も白山麓で開催された京都北山テンカラ会主催の第10回テンカラ釣り北陸講習会に参加してきました。2014年に参加した際にテンカラ釣りデビューしたので、今年は6年目のテンカラ釣りシーズンになる。もともとルアーやフライフィッシングはやっていたが、テンカラ釣りは道具がシンプルなため、沢登りでは最も効率的な釣り方と思う。

今回は入門者20代2名を含む4名で参加。昨年同様に全員がテレマーカー、もしくはその経験者であるのが異色だ。この講習会には北陸の山屋さんが多く参加していることもあり、釣りを含めた北陸の山や谷についての情報交換とお互いの親睦も重要な目的である。もちろんテンカラ釣り入門者にとってはいろいろと教えてもらうよい機会ではある。

土曜日は昨年も入った白山麓の某谷に入るも、林道奥に先行者の車あり。地元の人と思われるが、こんな林道の奥まで車で入るのは反則だ。せめて一般車道の方に車が駐めてあれば、先行車がいることがわかったのに。仕方なく竿抜けしているであろう下流部の堰堤と堰堤の間に入る。結構林道からは深い谷なので、藪を下っていく。奇跡的にちょうどうまく堰堤の上に出た。上流部は開けた谷なのだが、ここは上部の枝がうるさい。入門者にはキャスティングもままならない修行の場となってしまった。

P6220001

最初はなかなかアタリがなかったので、水温が低くてイワナの活性が悪いと思い、ビーズ付きの毛鉤に替えて毛鉤を沈めてみた。その成果なのか、ようやく最初の1匹目を釣り上げる。15cmぐらいのサイズだった。

P6220007

その後も同様なサイズを2匹ほど釣り上げたが、

P6220008

目の前には次の堰堤が現れた。他のメンバーには釣果はなったが、とりあえず竿をたたむ。

P6220011

その堰堤を沢登りのように高巻いて上流に出ようとしたが、雨が降り出した。テンションも下がり、そのまま林道まで上がることにした。

P6220010

堰堤の上には7〜10mほどの滝があった。

P6220013

戻る途中に谷の上部が開けたところがあったので、そこで入門者のキャスティング練習を行うことにした。深い淵があり、そこでなんと入門者にアタリがあったが、残念ながらバラしてしまった! 問題はアワセだね!

P6220012

ササユリが咲いていた。

そんな訳で、早めにテンカラ釣り講習会の会場であり、宿泊場所でもある白山里へ移動した。まずは冷えた身体を温泉で温めて、かつ着替えて、それから講習会のスタートを迎えた。

Img_0659

地元世話役は私のテンカラの師匠であるナベさん。そして京都北山テンカラ会副会長のHさん。ありがとうございます。今回は会長の富士先生は残念ながら欠席であった。

Img_0661

今回は加賀竿の伝承者である中村滋さんの講演があった。加賀藩は武芸の練習として釣りを奨励し、それで加賀竿が作られたとのこと。現在、その伝承者は中村さんだけとのこと。

Img_0667

H副会長によるテンカラ釣りの基礎講座。

Img_0673

その後は毛鉤巻きの練習。H副会長の毛鉤作りを動画に撮る参加者たち。

Img_0670

若者に教えるOさん。

Img_0671

初めてなのに器用に本格的な毛鉤を作ってしまったO女史。その毛鉤ならば釣れます!

Dscn2954

それからキャスティング練習を行った。いかに毛鉤をうまく飛ばし、狙ったところに落として流すか。なかなか難しい技術ですが、練習あるのみ。

Dscn2963

集合写真の撮影。その後、夕食までフリーな時間があったが、すでに入浴済みの我々は飲み始めたのであった!

Dscn2971

夕食に突入!

Dscn2976

宴は夕食後も続き、山と釣り談義で盛り上がるのだった。睡眠不足気味の私は日が変わる前には床に向かったが、その後のことは知らない...

P6230014

翌日は朝食後に各グループに分かれての入渓。我々は昨年と同じ近くの渓へ。私はいつもながらの飲み過ぎで体調悪し。ここは釣り人が入りやすい場所なので、当然魚はスレている。

P6230016

それでも1匹目を釣り上げて、ボーズは回避。

P6230017

25cmぐらいの良型も釣れた。2日間で1番大きなサイズだった。でも私だけ釣ってはダメですね! 入門者にも釣らせてあげないと。

P6230018

堰堤の下まで釣り上がって終了。この堰堤下でも1匹釣れて釣果は4匹となったが、入門者には厳しかった。昨年はイワナを釣らずにカジカガエルを釣った変なおばさんがいたことを思い出してしまった。次はよく釣れる源流部に連れて行きますので。

Img_0676

そば処花川にてお蕎麦をたべてから帰路についた。今回は入門者には厳しい釣果だったが、これにめげずにまた行きましょう! 次は沢登りついでにテンカラ釣りかな...

|

« 滝畑 石川 上山谷 | Main | 奥三河 栃木沢 »

Comments

沢登りの技術があると、テンカラ釣りも行動範囲が広がりますね。普通の釣り人が入れない場所にも行けるし。そのような場所では、入れ食いの確率も高いはず。

Posted by: CIMA | June 26, 2019 02:48 PM

Cimaさん、どちらかというと、沢登りついでにテンカラ釣りですね。
だいたい源流部は入れ食いです。
林道や登山道が横を通っているところは釣り人が入るので厳しいですね。

Posted by: マメゾウムシ | June 27, 2019 09:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 滝畑 石川 上山谷 | Main | 奥三河 栃木沢 »