« 栂池バックカントリー2:再び親沢滑走はワンウェイにて | Main | 栂池自然園散歩スキー »

April 24, 2019

好天の白馬乗鞍岳スキー

2週間前に親沢を滑走した栂池でしたが(2019年4月6日7日の記録)、今回はゴールデンウィークに予定している北海道・東北遠征前の最後の調整、およびテレマーク初心者2名の練習のために、再び栂池へ行ってきました。

【日程】2019年4月20日(土)
【山域】北ア後立山
【場所】白馬乗鞍岳
【メンバー】Fukikoさん、マメゾウムシ
【天候】晴れ
【装備】テレマーク2
【コースタイム】栂池自然園駅9:01~天狗原10:07~白馬乗鞍岳11:02-50~振子沢1940m12:16-44~天狗原(祠)13:55-14:16~ゴンドラ栂の森駅14:46

Img_0284

八方からは白馬三山をはじめ、北アルプスの稜線がくっきり。栂池高原スキー場に着くと、知っている顔がちらほら。この日は白馬の山道具屋ラッピー主催による蓮華温泉往復のSKIMOレースがあるだけでなく、「うろこざんまい」というステップソールスキーのイベントもあったのでした。

P4200001_1

今回のメンバーは私とFukikoさん、そしてテレマーク初心者であるO夫妻の計4人。O夫妻にはゲレンデで練習してもらうことにして、Fukikoさんと一緒にゴンドラ・ロープウェイを乗り継いで、栂池自然駅まで上がる。蓮華温泉往復のラッピーチームも同じ方向なので、ここまでは同じ。彼らのスタートを見送ってから、我々も天狗原へ向けて登り始めた。

P4200002_1

ほぼ無風の快晴の天気のため、大勢のスキーヤー、ボーダー、登山者が登っていく。寝不足の初日のため、パフォーマンスはよくない。

P4200003_1

2週間前は強風で行けなかった白馬乗鞍岳だが、今日は行けそうだ。身体のパフォーマンスは悪いが、ゆっくりならば問題はない。天狗原では白馬乗鞍岳側に出て、山頂を目指す。

P4200005_1

雪も緩んでいて、シールだけで登れそうだ。

Img_0278_1

栂池自然園駅から2時間で、白馬乗鞍岳山頂に到着!

Img_0286

頸城方面の眺め。PeakFInderというアプリで山を同定しています。

Img_0279

テレ仲間のOさんとバッタリ。世界は狭いですね。蓮華温泉に向かうとのこと。

P4200007

天気がよいため、50分近くも山頂で過ごしてしまった。天狗原への滑走に入るとする。

P4200009

滑られていないラインを選ぶため、振子沢側へ大きくトラバースしてから斜面に飛び込んだ。湿雪ではあったが、悪くない雪でした。

Vlcsnap2019042318h38m02s815

Vlcsnap2019042318h37m37s703

Vlcsnap2019042318h37m50s911

Vlcsnap2019042318h38m59s706

Vlcsnap2019042318h38m38s123

滑走シーンは動画もご覧下さい。

P4200010

そのまま振子沢へ滑り込む。ここも滑られていない左岸側のラインを選ぶ。標高を下げるにつれて、湿雪重雪となった。

P4200011

このまま蓮華温泉まで行ってしまおうかとも思ったが、ゲレンデにO夫妻を残していることもあり、帰りが遅くなることは避けたい。標高1940mから登り返すことにした。

P4200012

次々と振子沢にスキーヤーが滑り込んできたことからも、今晩は結構な人数が蓮華温泉に宿泊するようだ。

P4200014

途中からフスプリ山から天狗原に続く尾根に上がった。

P4200015

正面は山ノ神尾根。天狗原の祠へ進む。

P4200018

天狗原の祠に到着すると、正面の白馬乗鞍岳大斜面はシュプールだらけになっていた。

P4200019

少々休んだら、成城大学小屋への滑走に。

P4200020

林道へ滑り込んだら、そのまま正面の沢へ。

P4200021

沢の中は2週間前と同様な生コンのような湿雪重雪でした。ゴンドラ栂の森駅まで滑り込んで終了。そのままゴンドラ中間駅までは滑ることができるのだが、中間駅から歩くのも面倒なので、ゴンドラ乗車で下山した。

YouTubeにアップした記録動画です。

|

« 栂池バックカントリー2:再び親沢滑走はワンウェイにて | Main | 栂池自然園散歩スキー »

Comments

いい景色ですね、一度行ってスキーしてみたくなった

Posted by: はんこ | April 24, 2019 02:55 PM

はんこさん、ぜひやりましょう!

Posted by: マメゾウムシ | April 25, 2019 12:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 栂池バックカントリー2:再び親沢滑走はワンウェイにて | Main | 栂池自然園散歩スキー »