« ワンゲル部山小屋にて年末スキー合宿 | Main | 元旦恒例の白馬乗鞍岳方面バックカントリー »

January 30, 2019

集まろうテレマーク2019! 雨にも負けず盛会にて終了!

P1050485

今年も、西日本のテレマークスキーイベント「集まろうテレマーク!」が、1月19日〜20日に兵庫県神鍋高原の万場スキー場にて開催されました。

新スタッフになって2回目の開催になります。経緯については昨年の記録をご覧下さい。今シーズンは暖冬のため雪が降らず、ようやくオープンしたスキー場も降雪が続かずクローズ寸前の瀕死の状態。おまけに2日目には雨が降る始末。それでもなんとか最後まで予定通りの内容を行い、参加者の雨にも負けない熱気のおかげで盛会にて終了できました。スタッフとして、参加して下さった皆様には本当に感謝致します。ありがとうございました。

Img_4104

今回は、北海道からアルペンの元国体選手であり、テレマークスキーでもワールドカップ5位入賞の経歴をもつ上野英孝さんをゲストに招きました。上野さんにはその素晴らしい滑りを披露していただいただけでなく、講習会の講師として上級クラスを担当していただきました。

P1192135

さらには、今回の参加者のためにテレマークスキーの教本を自ら作成し、懇親会にて参加者全員にテレマークスキー技術についての解説もしていただきました。この教本をいただいただけでも参加した価値は充分にあり、参加者の満足度も高かったのではないでしょうか。

以下、写真にてイベント内容を報告しておきます。

Img_4102

土曜日朝に宿泊先の名色ホテルにて参加者受付。慌ただしく受付の準備をするスタッフ。

P1050368

開会式は万場スキー場内に設営した本部テント前にて。

P1050371

ゲストの上野さんのご挨拶。

P1050381

午前中はテレマークスキー講習会。上野さんは上級クラスを担当。

P1050384

P1050386

クラス別にてレッスン開始。

P1050387

私はSaya-chanと初心者クラスを担当。うちのワンゲル部員が2名入っています。

P1050389

親子での参加もありました。

Imgp3609

午後はスラロームレース。初心者も躊躇せずに参加してくれました。記録は関係ない! スラロームレースの様子については動画をご覧下さい。

Imgp3612_2

午後には上野さんによる上級者限定の特別講習もありました。

Img_4106

夜の懇親会では、世界で戦った上野さんと坂根さんの対談もあり。

Img_4108

上野さんによるテレマークスキーの技術についての説明は、受講生を使ってのアクティブラーニング。

B53e6ed1c9e84733a347e99951132059

私もバックカントリーの勧めという話題提供を。

Img_4110

Img_4113

懇親会の中でスラロームレースの表彰式も行いました。入賞者には豪華景品が。

P1192162

記念撮影で締めました!

P1200014

翌朝最初の行事はスタッフと滑ろう!

P1050485_2

本部前へみんなで滑り込みました! こちらも詳細は動画にて。

P1200020

それから講習開始でしたが、生憎の雨が降り出す!

P1200029

P1200031

P1200032

熱気があれば、雨にも負けない!

Ec62b06ba8464343bfa75dcb8a7d7a67

午後はフォロロゲイニング大会。スキー場内に決めた複数の目標物を制限時間内に効率よく回り写真を撮ってくるというレース。残念ながらロゲイニング中の写真はなしです。

P1200049

フォトロゲイニング大会の上位入賞者です。

P1200046

最後は恒例のテレジャン・テレジェンヌコンテスト。雨のため会場変更になりましたが、しっかり仕込んでくる参加者もありで盛り上がりました! こちらも動画をご覧下さい。

P1050497

そして閉会式。お疲れ様でした!

P1200051

ゲレンデ最下部はこんな酷い状態になっていましたが、無事開催・終了できてなによりです。

参加して下さった皆様、ありがとうございました。3月30日か31日のいずれかの日に春の集まろうテレマークも計画しています。詳細が決まりましたら参加者には連絡しますので、ぜひ予定を空けておいて下さい。それでは3月末にまたお会いしましょう。

YouTubeに動画をアップしましたので、その時の盛り上がりを感じてみてください!

|

« ワンゲル部山小屋にて年末スキー合宿 | Main | 元旦恒例の白馬乗鞍岳方面バックカントリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル部山小屋にて年末スキー合宿 | Main | 元旦恒例の白馬乗鞍岳方面バックカントリー »