« October 2018 | Main | December 2018 »

November 30, 2018

集まろうテレマーク2019!のご案内

今シーズンも関西のテレマーカーの祭典である「集まろうテレマーク!」を開催します!
以下募集要綱です。

**************************************
集まろうテレマーク2019!

Dsc02280

主役はテレマーカーの皆さんです!
今年も一緒にテレマークを盛り上げましょう♪

今回は特別ゲストとして、上野英孝さんがやってきます!
上野さんはテレマークスキーワールドカップ5位の経歴をもつ日本を代表するテレマーカー。
一緒に滑るだけでなく、上級者向け特別講習も開催します。夜の懇親会ではお話をお伺いします。

■テーマ
1.テレマーカーの輪を広げよう! 〜ゲーム、懇親会を通じてテレマークの繋がりを作ります〜
2.スキルアップをしよう! 〜伸び悩んでいる方、講習会やります!
3.初めての人もテレマークスキーに挑戦しよう! 〜初心者大歓迎!

■日程 2019年1月19日(土)・20日(日)

■会場 神鍋高原 万場スキー場
兵庫県豊岡市日高町万場

■宿泊・パーティー 神鍋高原 名色ホテル
兵庫県豊岡市日高町名色

■募集人数 先着80名

■参加費  一般 11,000円、 学生 9,000円 (1泊2食、パーティー代、保険代込み)

■講習会費(希望者のみ) 2時間1コマ 一般 3,000円、 学生2,000円
※上野英孝さんの講習(上級者向け)を希望の場合は申し込みフォームに明記してください。
人数に限りがあるため、スキルによって希望通り受講できない場合もあります。ご了承ください。

■申込締切 2019年1月10日(締切前でも定員になり次第締切)

■申込方法 エントリーページに入り、必要事項を記入して送信して下さい。
申し込み完了後、5日以内に参加費の振り込みをお願いします。

■注意事項
①お申込み後、開催まで1カ月を過ぎてから参加者の都合によりキャンセルした場合、参加費の返金はできませんのでご承知おき下さい。
②積雪不足等などでやむを得ず中止の場合は、1月15日に決定し、メール・FAXなどで御連絡致します。その場合は、一律1000円を差し引いた金額を返金させて戴きます。ご理解ください。
③あくまでも自己責任による個人参加を前提としていますが、万一事故があった場合は加入保険の補償範囲内で対応させていただきます。

■スケジュール(予定)※時刻やゲーム内容は変更する場合があります。
1月19日(土)
7:30~8:25 名色ホテルロビーにて受付
10:20 開会式 集合:万場スキー場
10:30~12:30 テレマーク講習会
14:00~【ゲーム①】クラシックスプリントレース
18:30 夕食
20:00~ 懇親会

1月20日(日)
9:00【イベント】スタッフと一緒に滑ろう! 集合:万場スキー場
10:00~12:00 テレマーク講習会
13:00~【ゲーム②】フォトロゲイニング
14:30~【ゲーム③】テレジェンヌ&テレジャンコンテスト
15:30 閉会式

★ゲーム上位者には景品をプレゼントします!
★テレジェンヌ・テレジャンコンテストは仮装、コスプレ歓迎♪
★今年もカフェブース開設予定!カップを持参してください。

■主催・問い合わせ先 集まろうテレマーク実行委員会
Email:kansai.telemark@gmail.com
Facebookページ

集まろうテレマーク2019要項PDFを「1205.pdf」をダウンロード

| | Comments (0)

November 17, 2018

大杉谷から大台ヶ原2日目(桃の木山の家〜日出ヶ岳〜大台山上駐車場)

大杉谷から大台ヶ原の2日目の記録です。概要については1日目の記録をご覧下さい。

Img_3835

朝食は6時から。ご飯は1回限りでお替わりできる。

2日目は平日の月曜日。本日は、堂倉滝まで大杉谷を歩いたら、登山道にて大台ヶ原最高地点の日出ヶ岳に抜けて、大台山上駐車場に下りる予定である。大台山上駐車場からは奈良交通バスにて近鉄の大和上市駅に出る予定だが、バスが出る時刻は15時30分である。大台山上駐車場までのコースタイムは6時間だが、そんなにはかからないだろう。早く着きすぎるとバスの待ち時間が長くなるので、9時に出てもいいぐらいである。さすがにそこまで出発を遅くすると、小屋に迷惑がかかりそうなので、一番最後に小屋を出て、ゆっくりと歩くことにした。20名の高年者の団体などの出発を見送って、一番最後の登山客と同じぐらいに出発した。それでも7時ちょっと前の出発となったので、そんなに遅くはなく、待ちきれなかったというのが正直なところだった。

Pb120049

再び大杉谷の左岸を歩く。転落注意の道だが、高度感はそんなに感じなかった。

Pb120054

15分ほど歩くと、本流に滝が現れた。

Pb120056

七ッ釜滝である。左岸から道は巻いているが、ここで早くも20名の団体を追い抜くことになる。団体の先頭は年輩の女性で、どうやらツアーガイドらしいのだが、ピッケルを杖代わりにして登っていた。ピッケルのピックを鎖に引っかけて登るのには感心したが、こういう鎖場で本当に有効な方法なのだろうか? 他のメンバーもダブルストックが多かったが、むしろバランスを崩しやすいと思うのだが? 私であれば、このような鎖場ではストックは使わないように指導するだろう。私もストックは持参していたが、堂倉滝から先の尾根道に入ってから使う予定としていた。

Pb120058

七ッ釜滝を巻き終わると吊橋で右岸に渡る。

Pb120063

再び狭い鎖場を進む。川床が近く高度感はないが、流れが比較的急で迫力は感じる。

Pb120065

やがて大岩だらけの崩壊地の通過となる。ここは平成21年9月の台風21号による被害で、壊滅的な打撃を受けた箇所だそうだ。

Pb120067

崩壊地の先には庄野ヶ浜とよばれる広い河原が広がる。

Pb120068

その先には光滝が豪快な姿を現す。道は光滝を右岸から高巻く。

Pb120070

光滝の高巻きを終えると吊橋を左岸に渡る。吊橋の上から光滝の落口を見る。

Pb120071

吊橋の反対側には隠滝。

Pb120074

しばらく進むと木々の間から与八郎滝が見える。これは支流の滝である。

Pb120078

渓谷美がしばらく続く。実際の滝の流れについては動画をご覧下さい。

Pb120080

堂倉吊橋を右岸に渡る。

Pb120081

吊橋からは上流部に取水堰堤が見える。

Pb120082_2

しばらく進むと沢は二俣となり、再び吊橋を渡ると、堂倉滝が姿を現す。2015年8月に日出ヶ岳からここまで登山道を下り、堂倉谷を遡行した記憶が蘇る(2015年8月の記録)。3年ぶりの堂倉滝の再訪である。その時は堂倉滝を右岸から高巻いた。大杉谷の峡谷歩きはここで終了である。

Pb120085

堂倉滝からは沢を離れて、日出ヶ岳までは尾根道を進むことになる。ここからはストックを使って四駆で進む。ゆっくり歩いていたつもりだったが、ここまで先行者をだいぶ追い抜いてしまった。このままだと山頂に早く着きすぎてしまうかもしれない。

Pb120086

途中、林道に出る。林道を進むと粟谷小屋であるが、登山本道を進むことにする。

Pb120088

林道から上がってすぐの所にある堂倉避難小屋。粟谷小屋が営業している間は施錠されている。

Pb120089

途中、ヌタ場があった。イノシシやシカなどが体表についているダニなどの寄生虫や汚れを落とすために泥を浴びる場所だ。シカなどの足跡がたくさん残っていた。

Pb120090

シャクナゲ坂を登る。ここまでまた先行者を4人ほど追い抜く。上から下りてくる人とも2名ほどすれ違った。

Pb120092

シャクナゲ坂を登り切ると、シャクナゲ平。

Pb120095

上部はすでに紅葉は終了していて葉がない。

Pb120097

日出ヶ岳への最後の登り。

Pb120098

スタートしてから4時間半ほどで日出ヶ岳に到着。いつの間にか先行者をほとんど追い抜いていたようで、唯一追い抜けなかった先行者1名がちょうど山頂を発つところだった。

Img_3837

雲は多くなったが、大峰の山々が見える。さて、時刻は11時半前。最短で30分で駐車場に下山できるが、バスの時刻までまだ4時間もある。どのようにして時間を潰すかが問題だ。大蛇嵓・シオカラ谷方面を3時間ほど周遊してから下山することにする。

Pb120101

いい展望ではあるが、これは森林が衰退した姿であり、本来の大台ヶ原の姿ではない。原因は昭和34年の伊勢湾台風や大台ヶ原ドライブウェイの開通、シカの個体数の増加など複合的な要因によるのだが、現在は森林衰退をくい止めるための取り組みが進められている。

Pb120103

正木ヶ原。

Pb120104

神武天皇像。

Pb120105

神武天皇像のある一帯は牛石ヶ原とよばれ、神武天皇像の反対側の笹原に牛石という岩がある。昔このあたりはさまざまな妖怪の住処だったそうで、高僧が妖怪たちを牛石に封じ込めたそうだ。

Pb120107

大蛇嵓は高度感満載の断崖。

Pb120108

Pb120109

Pb120110

大蛇嵓の展望台よりの眺め。ちょっと雲が多くなってしまったのが残念。

Pb120112

西大台方面の眺め。西大台に入るには事前に許可を得る必要がある。

Pb120115

いったんシオカラ谷まで下る。魚影はなかったが、このあたりは魚はいないのだろうか?

Pb120116

吊橋を渡る。この2日間でいくつの吊橋を渡っただろうか?

Pb120118

大台山上駐車場に14時に到着。駐車場までの道は登りで、左側は西大台地区のために立入禁止となっていた。

バスの時刻まではまだ90分あるが、2時間半ほど時間を潰せたのは大きい。あとはビジターセンターを見学したり、売店でカップラーメンを購入して食べたりなどしてうまく時間を潰せた。ビールを売っていれば、なおよかったのだが、それは下界に下りてからでよいだろう。途中で追い抜いた登山者たちも続々と到着していた。20名の団体ツアーはバスが発車する15:30迄には到着しなかったが、すでに迎えのマイクロバスは駐車場に駐まっていた。遅くなっても、道に迷いさえしなければ問題はないだろう。

大和上市駅までは、奈良交通バスで2時間で、運賃は2000円。小屋で一緒だった登山者も、団体ツアー客を除いてだいたい乗車していた。ICカードが使えたのは助かった。大和上市駅前には何もなく、残念ながらビールを購入することはできなかった。17:41発の大阪阿部野橋行きの急行に乗車して帰路についた。

今回の大杉谷トレッキングは、黒部川下ノ廊下を歩いてきた翌週だったので、つい比較してしまうが、大杉谷は西日本一の峡谷であることは確かだ。紅葉の美しさやスケールでは大杉谷は確かに黒部峡谷には劣るが、黒部にはない優しさがあるように思う。夏に沢装備で水線通しに遡行するのもよいかもしれない。

YouTubeにアップした動画です。実際の滝の落ちる様子についてはこちらをご覧下さい。

いよいよ次は立山初滑りの予定なのだが、雪がありません。

| | Comments (0)

November 16, 2018

大杉谷から大台ヶ原1日目(大杉谷登山口〜桃の木山の家)

黒部川下ノ廊下トレッキングの翌週に、今度は西日本を代表する峡谷である大杉谷から大台ヶ原まで歩いて来ました。大杉谷は黒部峡谷に比べるとスケールは落ちるが、西日本では一番の峡谷コース。絶景を独占とはいかなかったが、2週続けて美しい峡谷に癒やされてきました。

【日程】2018年11月11日(日)〜12日(月)
【山域】台高
【場所】大杉谷 大台ヶ原
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】11/11 晴れ、11/12 晴れのち曇り
【コースタイム】
11/11 大杉谷登山口11:55〜千尋滝13:01〜シシ淵13:38〜桃の木山の家14:31
11/12 桃の木山の家6:55〜七ッ釜滝7:15〜光滝7:55〜堂倉滝8:31-40〜堂倉避難小屋9:33〜シャクナゲ平10:42〜日出ヶ岳11:21-39〜尾鷲辻12:16〜大蛇嵓12:39-56〜シオカラ谷吊橋13:26〜大台山上駐車場14:01

最初は自家用車で行くことも考えていたが、ワンウェイで行くとなると、車の回収が面倒である。大杉谷登山口から日出ヶ岳のピストンも考えたが、大杉谷登山センターのホームページより大杉谷登山口までの登山バスがあることがわかった。ただし登山バスの登山口到着は正午で、日出ヶ岳に抜けるためには桃の木山の家に1泊が必要となる。たまには山小屋泊もよいだろうということで、公共交通機関と登山バスを利用を利用して、1泊2日で大杉谷から大台ヶ原に抜ける行程とした。

この山行の前に2件の予約が必要となる。1つは登山バスの予約である。予約の詳細については登山バスを運行しているエス・パール交通のホームページに書かれているが、3日前までに予約する必要がある。登山バスは募集型企画旅行として運行し、最少催行人数は4名である。運行状況はホームページでわかる。登山バスは道の駅奥伊勢おおだいを10時30分に出発し、大杉谷登山口に12時に到着する。道の駅奥伊勢おおだいまではJR三瀬谷駅から徒歩10分のアクセスである。

もう1件の予約は桃の木山の家である。こちらも3日前に予約した方がよいだろう。5月及び10、11月の土曜日は大変混雑するようなので、今回は月曜日に休暇を取得して、日・月で行くことにした。他に、松阪までの近鉄特急の予約も必要になるかもしれない。

当日は堺の自宅を6時15分に出て、大阪上本町7:10発五十鈴川行きの近鉄急行に乗車。財布の中身を見ると、必要ぎりぎりの金額しか入っていない。これではなにかあっては困る。松阪駅で近鉄からJRに乗り換えるのだが、この乗り換え時間10分でお金を下ろすことにした。松阪駅JR側前には三菱UFJ銀行があることはスマホで確認済みである。ATMに行列もなく、余裕を持ってお金を下ろし、JRに無事乗り換えることができた。

Img_3831

松阪駅ではPITAPAなどICカードはJRでは使えないので、1回、改札機にICカードを通して近鉄分を支払い、改札外でJRの切符を購入した。なお、松阪駅はJRと近鉄の共同使用駅となっており、JRと近鉄の間に乗換改札はない。ICカードでなければ、そのままJRに乗り換えて、車内で精算もできるようだ。

三瀬谷駅には10:14に到着。この日は道の駅で行事があるため、登山バスは三瀬谷駅発となっていた。三瀬谷駅前には、すでに先着した登山客を乗せたバスが待っていた。バス代、正確にはツアー料金2,500円は乗車時に支払う。10名ほどの登山客を乗せて、バスは予定通りの10:30に大杉谷登山口に向けて出発した。

Img_3833

登山バスはトイレ休憩と登山届の提出のために大杉谷登山センターに途中停車する。ここで登山センターの職員より大杉谷峡谷通行における注意点などの説明も受ける。隣には20人ほどの団体客を乗せたマイクロバスも到着していた。どうやらこの日の入山客は少なくとも30名はいるようだ。

Img_3832

大杉谷登山センターの横にトイレがある。

Pb110001

大杉谷登山センターからは狭い道となり、30分ほどで大杉谷登山口に到着した。登山口には駐車スペースがあるが、日曜日ということもあり、おおかた埋まっていた。

Pb110003

簡単に昼食を済ませたら、早速出発。

Pb110004

谷の左岸を進み、すぐに宮川第三発電所を通過。

Pb110006

大日嵓の通過は、1週間前に行った下ノ廊下を思い出す岩を削った歩道。充分に幅はあるし、鎖もあるので問題はない。

Pb110008

支流の沢が入る箇所には吊橋がついている。このような吊橋を何回か渡る。常緑樹が多いのか、紅葉はイマイチな感じだった。

Pb110013

美しい大杉谷の流れ。木の葉が結構茂っているので、流れが見えない箇所は多い。そんなに急ぐ必要はないのだが、先行者を次々と追い越してしまう。

Pb110017

千尋滝前の休憩舎。

Pb110018

こちらが千尋滝(せんぴろたき)。支流の滝である。

Pb110021

危険箇所にはこのような転落注意の警告板がある。大杉谷は下ノ廊下に比べるとスケールと感と高度感は劣るが、通過に注意は必要である。

Pb110025

やがて両岸が狭くなり、その先に大きな滝が見えた。

Pb110026

途中、このような自然のトンネルを通る箇所がある。

Pb110027_2

シャワーを浴びる箇所もある。下ノ廊下にもこういう所があったな。

Pb110029

シシ淵だ。夏ならば、沢装備で水線通しに進んで、淵を泳いで通過するのも面白そうだ。

Pb110030

シシ淵を高巻く箇所にある枝沢からの滝。

Pb110032

先ほど奥に見えていた滝はニコニコ滝だった。これも支流の滝である。この前にも休憩舎がある。

Pb110035_2

ニコニコ滝を過ぎてすぐのところにある平等嵓吊橋。ここで左岸から右岸に渡る。

Pb110036_2

圧巻の平等嵓の岩壁。このような岩壁を嵓とよぶらしい。

Pb110040

しばらく右岸側の道を進むと、吊橋が現れ、その先に本日の目的地である桃の木山の家が見えた。

Pb110041_2

登山口から3時間かからずに到着してしまった。本日の宿泊客は30人少々とのこと。どうやら宿泊予定者としては1番乗りのようだ。登山口で一緒だった登山者がこれからどんどん到着するだろう。この山小屋はお風呂に入れるが、すでに沸いているとのことで、空いている今のうちに入ることにする。おかげさまで、ゆっくりと湯船を独占して入ることができた。なお、石鹸、シャンプーは使えない。

Pb110043

お風呂から出たら、もちろん一杯。缶ビール500ml、赤ワイン280ml、白ワイン280ml、計1kgほどの酒類を持参した。夕食前と夕食後に分けて軽く飲み干してしまったが、追加で購入することはなかった。飲んでいるうちに続々と登山者も到着し、お風呂は男女の交代制となっていた。

Img_3834

夕食はカツカレー。1回限りでお替わりができる。

18時近くになって20名の団体客がヘッデンを点けて到着した。ほぼ全員が高齢者だったが、あの程度の距離をちょっと時間がかかりすぎではないだろうか。まあ、バラバラにならなければ大丈夫とは思うが。

夕食後はお酒が切れた時点で就寝へ。19時に布団に入ると、やはり夜中に何度か起きてしまった。

大杉谷から大台ヶ原2日目(桃の木山の家〜日出ヶ岳〜大台山上駐車場)につづく

| | Comments (0)

November 09, 2018

黒部川下ノ廊下トレッキング2日目(阿曽原温泉〜黒部ダム)

黒部川下ノ廊下トレッキングの2日目の記録です。概要については1日目の記録をご覧下さい。

Pb020058

翌朝は4時45分に起床し、6時出発を目指したが、出発準備を終えたのは、周囲がすっかり明るくなった6時20分過ぎであった。他パーティーはまだ撤収中であったが、欅平に行くのであればそう急ぐことはないだろう。黒部ダムに向かうこちらは、これから約14.7kmを歩かねばならないので、もう少し早く出発したかった。

Pb020059

阿曽原温泉小屋の前を通り、登りに入る。

Pb020060

つづら折りをしばらく登る。

Pb020061

そして下る。

Pb020063

いきなり関西電力人見平宿舎が現れる。

Pb020064

人見平宿舎を通過すると、扉を開けてトンネル内にという案内がある。

Pb020065

トンネルの中を案内に沿って進む。途中、線路があったり、高熱でサウナのようになった箇所を通る。

Pb020066

仙人谷ダムに出る。写真はダム下。

Pb020067

ダム上。

Pb020069

仙人谷ダムを振り返る。

Pb020068

いよいよ下ノ廊下に入る。

Pb020071

雲切谷の滝。

Pb020073

しばらく林道を歩く。

Pb020074

正面の山肌に黒四発電所。黒四ダムで溜めた水は地下水路でここまで運ばれる。こんな所にこんなものが昭和20〜30年代に作られたとは実に驚きである。

Pb020076

東谷吊橋。いよいよ下ノ廊下の核心部に入る。

Pb020077

吊橋から下を見る。結構スリルがある。部分的にちょっと凍結している箇所があり、少々緊張した。

Pb020079

橋を渡ったら少し登る。

Pb020084

そして断崖絶壁に作られた水平な道に入る。

Pb020085

S字峡付近。

Pb020086

半月峡。

Pb020087

早くも1名とすれ違ったが、緊張感をもって歩く。

Pb020090

このあたりの色づきもよい。

Pb020091

峡谷内にも朝日が射してきた。

Pb020093

十字峡剱沢吊橋を渡る。

Pb020095

十字峡だ! 黒部川に剱沢・棒小屋沢が両側から流れ込んで十字となっている。

Pb020096

せっかくなので、フイックスされたロープ沿いに進み十字峡の見学に。わざわざ見に来る価値がある絶景で、迫力も充分。

Pb020099

朝日に輝く見事な紅葉!

Pb020100

シャワーを浴びて濡れる箇所あり。

Pb020102

絶景がつづく。

Pb020104

川岸に近い所を通る。少し緊張感がほぐれる。

Pb020107

白竜峡に入る。

Pb020109

美しい眺め!

Pb020111

この水量と流れでは、とても水線沿いには進めないだろう。

Pb020116

大イワナがいそうな。

Pb020117

こんな所によく道を作りましたね。1920年代に作られたとは恐れ入る。

Pb020118

ロープがフイックスされているところから、黒部別山谷出合に下りる。

Pb020120

黒部別山谷。

Pb020121

黒部別山谷は徒渉して渡る。この先で数パーティーとすれ違う。

Pb020123

リンドウが咲いていた。

Pb020124

大へつり。

Pb020127

いまだ大きな雪渓が残っていた。

Pb020128

新越沢の滝。

Pb020130

河原を歩く箇所が出てきて、渓相が優しい感じになる。

Pb020131

イワナはちょうど繁殖期で雌雄がペアリングしていたが、写真にはうまく写らず。

Pb020133_2

美しい景色がつづく。

Pb020135

鳴沢小沢の滝。

Pb020137

黒部川の流れ。

Pb020139

内蔵助谷出合を通過。正面に丸山東壁。ここからは普通の登山道という感じになる。

Risu2

ニホンリスがちょこまかと樹上を動き回っていた。

Pb020150

ついに黒部ダムが見えた。

Pb020149

ダム下の橋を渡って。

Pb020152

黒部ダム駅までの標高差200mの急登を登る。

Pb020156

黒部ダム駅に到着! 阿曽原温泉からおよそ7時間半の旅でした。

Pb020154

白くなった立山。11月後半には立山にて初滑りを予定しているが、滑れる積雪量になるにはもう一降りは必要そうだ。

Img_3805

信濃大町駅に出て、駅そばで鴨そばを食べる。

Img_3807

その後はJRにて塩尻の健康ランドに移動し、汗を流してから1人飲み。そのまま健康ランドで1泊し、翌日に松本より高速バスにて帰阪した。

これで黒部川の下ノ廊下から上ノ廊下までつながった。あとは奥ノ廊下を源流まで遡行すれば、黒部川は完全制覇となる。今回は、阿曽原温泉小屋が営業を終了した後の平日ということもあり、すれ違う登山者も少なく、たいへん静かな山行となった。紅葉もちょうどよい色づきで、絶景に心が癒やさ、よい思い出となりそうだ。ワンウェイの山行の場合は、うまく公共交通機関が利用できると、無駄なく効率的に動くことができる。下ノ廊下はまさに公共交通機関利用にふさわしいルートだった。

今回の下ノ廊下トレッキングをスライドショーにしてみました。

| | Comments (2)

November 08, 2018

黒部川下ノ廊下トレッキング1日目(欅平〜阿曽原温泉)

黒部川の上ノ廊下は2回遡行しているが(2018年8月2016年8月の記録)、下ノ廊下はまだ歩いたことがなかった。そんなわけで、黒部川の下ノ廊下と上ノ廊下をつながるために、欅平から黒部ダムまでトレッキングしてきました。

【日程】2018年11月1日(木)〜2日(金)
【山域】北ア立山
【渓谷名】黒部川 下ノ廊下
【メンバー】マメゾウムシ
【天候】11/1 晴れ、夕方一時雨、11/2 晴れ
【コースタイム】
11/1 欅平駅9:50〜水平歩道始・終点10:37〜蜆谷11:18〜志合谷トンネル11:54〜大太鼓12:27〜オリオ谷12:50〜阿曽原温泉14:12
11/2 阿曽原温泉6:23〜権現峠6:52〜仙人谷ダム7:18〜東谷吊橋7:40〜半月峡8:18〜十字峡9:07-21〜白竜峡10:04〜黒部別山谷出合10:38-49〜内蔵助谷出合12:33〜黒部ダム下13:21〜黒部ダム駅13:52

黒部川の上流部は、源流部から薬師沢小屋付近までを奥ノ廊下、その下流部の黒部ダムまでを上ノ廊下、さらにその下流部の仙人谷ダムまでを下ノ廊下と呼んでいる。上ノ廊下と奥ノ廊下は沢登りとなるが、下ノ廊下には戦前からつづく電源開発の調査目的で道がつけられており、通常の登山装備で行くことができる。ただし、ひじょうに狭い断崖絶壁沿いの道が続く上級者コースで、事故が絶えない。今年も開通してからわずか1ヶ月ほどで3件の死亡事故が発生している。峡谷ということで雪融けが遅く、9月中旬から10月にかけて登山道の整備が行われてから登山道が開通する。残雪が多い年には開通しないこともある。

下ノ廊下が通れるのは、わずか1〜2ヶ月ほどで、宿泊地が阿曽原温泉だけということもあり、開通期間の週末はたいへん混雑する。阿曽原温泉小屋は10月末で営業を終了するが、小屋が解体される11月第1週末まではトイレと露天風呂は利用できる。今回は、登山者が少ないだろうと思われるこの営業終了後の平日を狙って行くことにした。上ノ廊下とつなげるためにはやはり登りだろうということで、欅平から黒部ダムを目指すことにした。問題はどうやって行くかだが、単独ということもあり、車の回収の必要がない公共交通機関利用で行くことにした。

Img_3791

前夜に梅田阪急三番街21:50発の夜行バスに乗り、富山駅に5時45分に到着。予定より7分早く到着してくれたおかげで、電鉄富山駅5:58発の宇奈月温泉行きの列車に乗ることができた。この列車に間に合わなければ、あいの風とやま鉄道にて富山駅から魚津駅へ行って、富山地方鉄道に乗り換える予定であった。

Img_3792

宇奈月温泉駅からは宇奈月駅に移動し、トロッコ電車に乗り換える。事前に予約と支払は済ませてあるので、切符を受け取るだけ。予定通り、予約した電車に間に合ってなによりであった。

Img_3793

8:17発のトロッコ電車に乗車。平日なのに観光客は結構いた。

Img_3794

500円を余計に支払って、窓のあるリラックス車両に乗車。夜行バスで来た体には背もたれのある方が有り難い。もう若くはないので。客車番号は指定されるが、どこの席に座るかは自由。

Img_3800

欅平駅に9:33に到着。雰囲気的に水平歩道方面に行く登山者は私だけのようだ。

Pb010002

対岸の山の紅葉はちょうどよい感じ。

Pb010003_2

登山口は階段。

Pb010004

健脚者限定だそうだ。私はどちらかというと健脚の方なので、進むことにする。

Pb010005

登山道はつづら折りになり、結構高度を上げる。

Pb010006

雪を被った毛勝三山が雲の隙間から見えた。

Pb010009

送電線の鉄塔まで上がると、尾根上になる。

Pb010012

しばらく進むと、水平歩道の開始地点である。

Pb010014

断崖絶壁沿いの狭い歩道が始まる。

Pb010015

蜆谷付近のトンネル。

Saru

ニホンザルがいた。

Saru3

こちらを伺うサル。

Pb010021

色づいた峡谷の絶景が広がる。

Pb010022

一応、水平歩道には、手すりとして束ねた針金やロープが設置されているが、部分的にないところもある。

Pb010025

支流の谷が入ってくる箇所は、対岸の水平歩道が見える。

Pb010027

志合谷のトンネル入口。

Pb010028

結構長いトンネルなので、ヘッデンが必要。トンネル内には水が流れているので、トレランシューズでは濡れる。

Pb010029

志合谷には雪渓が残っていた。

Pb010031

こんな所で登山者とすれ違うのは一苦労。広めの所に戻ったりしてすれ違うわけだが、すれ違ったのは4名だけだった。

Pb010033

オリオ谷は堰堤内のトンネルで渡る。内部には水が結構溜まっていて、トレランシューズでは靴下まで濡れてしまった。

Pb010035

折尾ノ大滝。

Pb010037

絶景!

Pb010039

道が広くなると緊張もほぐれる。本当にいい色づきだ。

Pb010040

紅葉とナメ滝。

Pb010043

阿曽原温泉小屋が見えた。テントは1張りのみ。

Img_3803_2

阿曽原温泉小屋には従業員がいて、テント泊の受付をしている。幕営料800円と入浴料700円の計1500円を支払う。ビールの自販機があった。それから住居の確保。軽量化のためツエルト泊だが、お酒だけで1kgあり。

Img_3801

ツエルト設営中に駒沢大学ワンダーフォーゲル部のパーティーが黒部ダム方面から到着したので、ワンゲル部関係者として少し話しをかわした。

Pb010046

設営が済んだらもちろん露天風呂へ。幕営地から5分ほど下った所にある。

Pb010047

風呂のお湯は高熱隧道内からこの抗口を通して引かれているようだ。

Pb010052

ちょっとお湯はぬるかったが、これぐらいが長湯ができてちょうどよい。おまけに独り占めだ。絶景を見ながらの入浴は最高であった。

Pb010054

幕営地に戻ると、黒部ダム方面から何組か到着していた。最終的には全部で6張ぐらいになったが、欅平からは私だけのようだった。まずは持ち上げたビールで1人乾杯。それから白と赤ワイン、そして日本酒と続いたのだった。

Pb010057

夕方に一時的に雨となり、ツエルトの中へ。夜には天気は回復し、深夜にトイレに起きた時には満天の星空であった。

黒部川下ノ廊下トレッキング2日目(阿曽原温泉〜黒部ダム)につづく

| | Comments (0)

« October 2018 | Main | December 2018 »