« 台風21号の被害 | Main | 石徹白 倉谷 カンバタ谷遡行 »

September 10, 2018

地図読み実習にて高丸山登山

先週は公務にて兵庫県香美町の美方高原自然の家へ。ここで3泊4日の生態学と分類学についての実習を行なう予定だったが、台風21号の通過により実習スタートを1日遅らせて、2泊3日の短縮日程にて行った。

その実習の中で、地図読み実習を行った。地図読みは登山だけでなく野外調査を行ううえでも身につけておくべき技術。

P9060001

目的地は高丸山。ハチ高原スキー場のゲレンデ内にあるピークである。

P9060003

美方高原からは谷地形に入り。

P9060006

谷地形の登りは、つづら折りの急登。

P9060008

尾根に出て、尾根と谷の違いを学ぶ。

P9060010

途中、いいブナ林があり。

P9060012

尾根と尾根の合流地点を目指す。自分の位置を知るポイントごとに地図で確認してもらう。

P9060015

尾根上にある東屋で休憩。

P9060016

目的地の高丸山。左にある小ピークは斜面をトラバースする。

P9060017

トラバースは藪が少々うるさい。

P9060019

高丸山手前の稜線鞍部に出て、鉢伏山方面。

P9060020

高丸山は鉢伏山とは反対方向にあるすぐのピーク。

Img_3663

兵庫県最高峰の氷ノ山。

P9060022

展望のよい高丸山に到着。

P9060024

山頂からは鞍部である小代越えに下る。ここでコンパスの使い方についても指導。

P9060025

さらに北方向にある林道へ下る。

P9060026

来た道を振り返る。あとは林道を美方高原まで下る。

P9060028

美しい赤色のマユミの実。

3時間ほどのお手軽なハイキングでしたが、地図読みは理解できたかな?

|

« 台風21号の被害 | Main | 石徹白 倉谷 カンバタ谷遡行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 台風21号の被害 | Main | 石徹白 倉谷 カンバタ谷遡行 »