« ワンゲル部山小屋の裏山にある藪沢にて釣り遡行 | Main | 毘沙門岳:ワンゲル部山小屋の裏山にて釣りと登山 »

September 27, 2018

前鬼川本流を禊ぎ遡行!

9月2回目の3連休は、ワンゲル部員2名と北アルプスの沢に行くことを予定していたが、どうも天気が思わしくないということで、近場の沢に変更。沢の経験が少ない部員もいたので、お手軽で美しい前鬼川本流に連休中日の日帰りで行くことにした。前鬼川本流は3年前に行っているが(2015年7月の記録)、その時は増水で意外と手こずった。今回は平水でさほど苦労せずに遡行できた。俗世間で穢れた体の禊ぎにもなっただろうか。

【日程】2018年9月23日(日)
【山域】大峰
【渓谷名】北山川水系 前鬼川本流
【メンバー】Hくん、Mくん、マメゾウムシ(OPUWV部)
【天候】晴れ時々曇り
【コー スタイム】前鬼林道駐車地点7:48〜本流出合7:56〜10M滝下8:19〜箱状廊下9:15〜水垢雛場9:38-58〜2段7m滝上10:16~水垢雛場10:34~三重滝10:57-11:06〜水垢雛場11:37-12:18~閼伽坂峠12:42〜前鬼宿坊13:04〜駐車地点13:32

前夜のうちに道の駅吉野路上北山まで入り、翌朝に前鬼林道から入渓地点に移動した。前鬼林道は路肩が崩れているところが1箇所あるので、あくまで自己責任で注意して通行して下さい。駐車地点では、我々3人以外に男女2人組のパーティーが支度をしており、彼らも前鬼川本流を遡行するとのこと。

P9230001

駐車地点から黒谷に下降し、その黒谷をしばらく下降すると前鬼川本流との二俣に出る。ここから本流の遡行となる。

P9230004

早速、美しい前鬼ブルーが癒やしてくれる。

P9230004_2

1mほどの斜滝。これは左の岩の下を通ればよいが、

P9230005

若きワンゲル部員達には右から挑戦してもらう。実は3年前に私もトライしたが、ホールドもスタンスもなく上がれません。

P9230006

早速、禊ぎをしてもらった後は、岩の下から簡単に乗り越えてもらう。

P9230008

トイ状の美しい流れ。

P9230009

すぐに2段10m滝が現れる。

P9230010

3年前にはなかったロープが滝右のルンゼにフイックスされていた。キャニオニングツアーのためだろうか? 我々もここを登る。

P9230011

2段10m滝の落口に出る。

P9230012

滝上は 右岸へ徒渉したいところだが、流されると滝を落ちてしまう。行けそうではあったが、左岸を巻くことにする。

P9230013

踏み跡を辿って巻く。

P9230014

その上は美しいナメだ。

P9230015

100m以上のナメがつづく。

P9230017

ナメが終わっても美しい景色はつづく。釜でテンカラ竿を振ってみるが、アタリはなしだった。

P9230018

コバルトブルーの釜が美しい!

P9230019

美しい釜がつづく!

P9230024

ドーナツ状の淵を持った6m滝。

P9230025

右岸をヘツリ気味に越える。

P9230027

前鬼川本流のハイライトである箱状廊下! ここは右も左も進めるが、3年前は右岸から行ったら、その先で増水のため徒渉ができなかった。今回は左岸から行ってみた。

P9230029

本流だけでなく、あちこちから流れが滝となって箱状廊下に流れ込んでいる。

P9230030_2

周囲ではあちこちから水が湧き出している!

P9230035

本流をさらに進む。

P9230037

2段7m滝は左から簡単に越える。

P9230039

垢離取場に到着。先行していた男女2名のパーティーが休憩中だった。彼らはもう少し先へ行ってみるとのこと。

P9230040

垢離取場で穢れを落とそうとするMくん!

P9230041

我々ももう少し登ってみることに。垢離取場の上の釜も美しい!

P9230043

2段7m滝。

P9230044

釜が深く美しい!

P9230045

2段7m滝は右岸から巻いたが、その上のチョックストーン2m滝の手前で引き返すことにした。

P9230048

垢離取場へ戻ったところで、まだ時間的に早いので、裏行場登山道で三重滝へ行ってみることにする。

P9230049

このような案内はあるが、裏行場登山道は斜面をトラバースしていく道で、途中、倒木やら崩れていたりで道が不明瞭な箇所が多い。

P9230051

最後だけ立派な階段があった。

P9230053

三重滝とは50m滝3つのことで、ちょうど真ん中にある千手滝の下に出た。

P9230056

Mくんは滝行にて、さらに穢れを落とすつもりのようだ。

P9230062

すぐ下は、三重滝の一番下にある不動滝の落口だった。一番上にある馬頭滝は今回は省略した。

P9230066

再び垢離取場に戻り、裏行場登山道から小仲坊を通って駐車地点に戻ることにする。ちょうど男女2人組も戻ってきたが、彼らはそのまま沢を下降するようだ。

P9230067

先日の台風によるものか、倒木が多い。

P9230069

閼伽坂峠に到着。

P9230068_2

お地蔵様がいる。ここまでは登りだったが、小仲坊まではトラバース気味に下りとなる。

P9230070

途中で見つけたキノコ。乳液が出てきたのでチチタケ?

P9230073

いきなり家が現れてびっくりしたが、ここが小仲坊だった。キャンプサイトもあり、奈良教育大学の学生たちが実生の調査に来ていた。

P9230075

前鬼山由緒の説明あり。

P9230077

あとは林道を歩いて駐車地点へ。途中、サルの群れに会う。

駐車地点にはすでに男女2人組がすでに戻っていた。やはり沢を下降した方が早いようだ。Mくんの足にはたんまり血を吸って膨らんだヒルがついていた。何度も禊ぎをして、さらにヒルに献血するとは、Mくんはさぞかし穢れのない清い身体になったにちがいない。

Img_3694

帰りに林道途中から眺めた不動七重の滝。

Img_3697

上北山温泉薬師湯にてさらに身体をきれいしてから帰路についたのでした。

|

« ワンゲル部山小屋の裏山にある藪沢にて釣り遡行 | Main | 毘沙門岳:ワンゲル部山小屋の裏山にて釣りと登山 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワンゲル部山小屋の裏山にある藪沢にて釣り遡行 | Main | 毘沙門岳:ワンゲル部山小屋の裏山にて釣りと登山 »